PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

LINE NFTとは?使い方や出品方法・注意点や無料配布の受け取り方を解説

いろはにマネーNFT【図解】NFTとは?仕組みや始め方・買い方を初心者向けにわかりやすく解説 > LINE NFTとは?使い方や出品方法・注意点や無料配布の受け取り方を解説

※当記事はLINE BITMAXの「PR」を含みます。

LINE NFTはかんたん操作でNFTの売り買いができるサービスです。
これまでに香取慎吾さんや内村航平選手など、各業界の著名人や人気コンテンツがNFTを出品しています。

今回はLINE NFTの特徴や口コミ評判、使い方や出品方法をわかりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

LINE NFTとは?特徴やメリットを解説

LINE NFTとは?特徴やメリットを解説
名称LINE NFT
運営会社LINE Genesis
対応チェーンLINE Blockchain
対応ウォレットDOSI Wallet
公式サイトhttps://nft.line.me/
公式ツイッターhttps://twitter.com/linenft_jp
フォロワー数:5万人以上
※2023年4月上旬時点

LINE NFTとは、LINEが手掛けるNFTプラットフォームのことです。

アニメ・エンタメ・スポーツなど、様々なジャンルのNFTが販売されています。

用語解説

  • NFTとは
    →ブロックチェーンを活用して作られた「替えの効かないトークン」のこと。アートなどのデジタルデータに資産価値が付くようになった
  • ブロックチェーンとは
    →偽造や改ざんが極めて難しい、分散型のデータベース

LINE NFTでは、日本で人気の有名人・コンテンツのNFTが幅広く扱われているよ。

LINE NFTの主な特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

手軽にNFTアートを取引できる

手軽にNFTアートを取引できる
出典:LINE NFT

LINE NFTはNFTを手軽に売買できるマーケットプレイスです。
NFTを購入した経験がない人にも分かりやすい仕組みになっていて、誰でも簡単に始められます。

LINE NFTの無料配布が受けられる「NFTプレゼント」や、LINEスタンプで利用できる「LINEスタンプ付きNFT」など、初心者が利用しやすいサービスも用意されています。

LINE NFTには、どんな使い道があるのかな?

NFTをLINEのプロフィールアイコンに設定したり、コレクションしたりできるよ。
買ったNFTをLINE NFTのマーケットに出品して、値上がり益を狙うのも手だね。

日本円と仮想通貨LINKで購入可能

LINE NFTは日本円でNFTを購入できるため、仮想通貨を用意せずにNFTを買えるメリットがあります。

また、LINE独自の仮想通貨である「FINSCHIA(FNSA)」を使った取引にも対応しています。

LINEの仮想通貨って何のことかな?

仮想通貨のLINKはLINEブロックチェーン上で使われているよ。
LINEの仮想通貨取引所「LINE BITMAX」で買える通貨で、将来の値上がりに期待して投資している人もいるんだ。

参加クリエイターが豪華

参加クリエイターが豪華
出典:LINE NFT

LINE NFTには日本で人気のクリエイターやコンテンツが数多く参加しており、多彩なジャンルのNFTを購入できます。

LINE NFTの参加クリエイター(例)

  • ももいろクローバーZ(ももクロメモリアルNFTトレーディングカード)
  • 吉本興業(よしもとNFTシアター)
  • PUI PUI モルカー
  • 機動警察パトレイバー
  • Jリーグ(Jリーグ エールトレカ)

クリエイターにとって、LINE NFTを利用するメリットはなんだろう?

LINE NFTのクリエイターには、NFTが転売(二次流通)された際に収益の一部が還元されるメリットがあるよ。
日本人になじみ深いLINEのプラットフォームを選ぶ著名人も多くいるんだ。

スクエニのNFT「資産性ミリオンアーサー」や、赤西仁さん・西島隆弘さんのNFTも登場しているワン!

NFTや仮想通貨デビューにおすすめ!LINE BITMAXの詳細を見る→こちらから

LINE NFTのデメリット・注意点

LINE NFTのデメリット・注意点

LINE NFTのデメリットも知っておきたいな。

LINE NFTのデメリットや注意点は以下の通りだワン!

個人での出品ができない

LINE NFTでは個人が作成したNFTの出品・販売はできません
自作のNFTを販売したい方は、OpenSeaなど別のNFTマーケットプレイスを利用しましょう。

なお、LINE NFTで購入したNFTや、LINKブロックチェーン上に発行されているNFTの出品(二次流通)は可能です。

LINE NFTクリエイターになるのはハードルが高いんだ。
クリエイターを目指すなら、OpenSeaなど誰でも自作NFTを売れるマーケットを使ってみよう。

取扱いNFTが限定的

LINE NFTで買えるのはLINEブロックチェーン上のNFTに限られており、世界的に人気なイーサリアムチェーンのNFTは購入できません

クリプトパンクスMoonbirdsOthersideなどのNFTに興味がある方は、別のNFTマーケットプレイスをチェックしましょう。

LINE NFTは日本人向けのサービスで、世界的なコンテンツにはあまり対応していないんだ。
メタマスクにも非対応だよ。

他のNFTマーケットプレイスについては「NFTマーケットプレイスおすすめ14選!出品方法・使い方を徹底解説【一覧で比較】」を参考にするワン!

サービスの終了に注意

LINE NFTはプライベートチェーン型のブロックチェーンを採用しており、運営元がサービスを終了した場合には購入したNFTを失う可能性があります。

また、LINE NFTアカウントを誤って消去した場合も、NFTに関する権利が消滅してしまいます。
LINE NFTを利用する際は、あらかじめ利用規約を一読しておきましょう。

LINE NFTサービス利用規約(抜粋)

第14条(権利帰属)

7 前項にかかわらず、利用者は、LINE NFTサービスが終了した場合、または商品の取扱いが停止された場合、利用者が保有する商品を構成するコンテンツを視聴・鑑賞することができなくなることを、あらかじめ理解し、承諾するものとします。

第19条(LINE NFTアカウントの解約等による終了および終了後の措置)

2 理由の如何を問わず、LINE NFTアカウントの解約、削除等が行われた場合には、LINE NFTアカウントを含むLINE NFTサービスに関する一切のアカウントは終了し、当該LINE NFTサービスに関する一切のアカウントに記録された商品の入出履歴、その他一切の利用者の権利および情報は、法令または本規約に定めるものを除き、理由を問わず、すべて消滅するものとします。利用者が誤ってLINE NFTアカウントを解約した場合や、LINE NFTサービスへの再加入をした場合であっても、これらの権利および情報の復旧はできませんのでご注意ください。

出典:LINE NFTサービス利用規約

LINE NFTは大企業が運営している安心感はあるけど、サービス自体がなくなった場合にNFTがどうなるかは分からないんだ。

とはいえ、「ガス代(手数料)が無料」「詐欺NFTを買うリスクが低い」などのメリットもあるワン。
サービスには一長一短があって、LINE NFTは手軽に始めたい人向きのマーケットと言えるワン!

LINE NFTの口コミ・評判

LINE NFTの口コミ・評判

LINE NFTの口コミや評判はどうなんだろう?

Twitter上の口コミ評判を紹介するワン!

ガス代無料で利用できる

LINE NFTには一般的なNFTマーケットで発生するガス代(手数料)が発生しないため、「分かりやすい」「簡単」という評判が複数見られました。

日本語で直感的に操作できるので、「最初のNFTマーケットプレイスとしてLINE NFT を選んだ」という声もありました。

難しそうなNFTが簡単に始められるのは嬉しいな!

無料配布のプレゼントを受け取れる

LINE NFTでは無料のNFTが配布されており、Twitter上では「NFTのエアドロップ(無料配布)を受けられた」という声が多数見られました。

LINE NFTアカウントを開設するだけで受け取れるNFTの他、各コンテンツがNFTの無料配布イベントを行っている時期もあります。

TBSの人気番組「SASUKE」のNFTや、日本人からの知名度が高いCNPなど、様々なコンテンツが無料配布を行っているワン!

イーサリアムに対応していないのが残念

LINE NFTで買ったNFTはOpenSeaなどのNFTマーケットでは売却できず、世界で主流のNFTとは異なる性質を有しています。

ブロックチェーンやWeb3.0に詳しい人の中には、LINE NFTではなく別のマーケットを使いたいと考える方もいるようです。

日本の規制に準拠したサービスだから、世界のサービスとは少し違った仕組みになっているんだ。

日本で注目のWeb3.0については「Web3.0とは?問題点や具体例・ブロックチェーン技術の将来性をわかりやすく解説」を参考にするワン!

\ 1円から仮想通貨を買える /

LINE NFTの使い方・始め方

LINE NFTの使い方・始め方

LINE NFTをやってみたい!
始め方が知りたいな。

LINE NFTではアカウントの作成後、購入方法によって始め方の流れが異なるワン。
2種類のやり方を紹介するワン!

LINE NFTアカウントを作成

まずはLINE NFTのアカウントを開設します。

LINE NFTの画面右上にある三本線をタップし、LINE NFT公式アカウントの承認を行いましょう。

LINE NFTアカウント開設の流れ

  • LINE NFT公式アカウントの承認を許可
  • DOSI Walletの作成と利用規約の確認
  • メールアドレス・パスワードの認証を設定

DOSI Walletは、LINEブロックチェーンのNFTや仮想通貨を管理できるウォレットサービスだよ。
安全なウォレットを無料で利用できるんだ。

①日本円でNFTを購入する場合

日本円でNFTを購入する場合は、LINE Payへの登録が必要です。

LINE PayはLINEが提供するスマホのお財布サービスで、全国のLINE Pay加盟店での支払いにも利用できます。

ちなみに、LINE Payをよく使うなら「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」を登録し「チャージ&ペイ」を使えば最大5%還元されるワン!

LINE Pay登録の流れ

  • LINEアプリのウォレットのタブから登録に進む
  • 規約を確認して「新規登録」をタップ
  • パスワードを設定
  • 本人確認を行う
  • LINE Payをチャージ

本人確認の審査は数日かかることもあるから、余裕をもって登録しておくといいよ。

②仮想通貨でNFTを購入する場合

LINEBITMAX

LINE NFTでは、仮想通貨FINSCHIA(FNSA)の取引にも対応しています。

LINKは仮想通貨取引所のLINE BITMAXで購入可能です。

LINE BITMAXの登録方法

  • LINE BITMAX公式サイトで無料登録を行う
  • 口座が開設されたら日本円を入金する
  • 仮想通貨LINKを購入する

LINKでNFTを取引するメリットはなんだろう?

LINKがもらえるキャンペーンの「LINKリワード」など、LINKの利用事例が増える見込みだよ。
ちなみに、LINE Pay加盟店でLINK決済すると、LINKで10%還元が受けられるんだ。

LINEを売買できる取引所の詳細は「LINE BITMAXの評判は?始め方・手数料・使い方を解説【ラインで始める仮想通貨】」を確認するワン!

\ LINEで仮想通貨デビュー /

LINE NFTの出品方法

LINE NFTの出品方法

LINE NFTでの出品方法も知りたいな。

ここからは、LINE NFTで購入したNFTを出品(転売/二次流通)する方法を紹介するワン!

出品したいNFTを選ぶ

LINE NFTで購入したNFTや、LINEブロックチェーン上のNFT※はマーケットで出品できます。※一部例外あり

LINE NFTにログインして画面右上の三本線をタップし、保有中のNFTの中から出品するNFTを選びましょう。

日本円で決済するならLINE Pay、LINKで決済するならLINE BITMAXの登録を行っておこう。

出品手続きを行う

販売するNFTを選んで「出品する」をタップしたら、決済手段や販売価格を入力します。
販売内容を確認したら出品してください。

出品したNFTが購入される前であれば、出品のキャンセルや価格変更ができます。

出品したNFTが購入されたら、アカウントに通知が届くワン。
LINE Payの残高に売り上げが入るワン!

売買成立後にLINKを日本円に換金

LINKを決済手段に選んだ場合、出品したNFTが購入されるとLINE BITMAXのアカウントにLINKが入庫されます

LINE BITMAX内でLINKを日本円に換金すれば、自分の銀行口座に送ったり、他の仮想通貨を購入したりできます。

NFTや仮想通貨デビューにおすすめ!LINE BITMAXの詳細を見る→こちらから

LINE NFTに関するQ&A

LINE NFTに関するQ&A

LINE NFTのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、LINE NFTの疑問を解消するワン!

LINE NFTのクリエイターになるには?

LINE NFTの発表している「セールスパートナー制度」は主に企業を対象としており、個人がクリエイターになるのは難しいのが現状です。

NFTクリエイターを目指している方は、OpenSeaなどの誰でも出品できるNFTマーケットの利用がおすすめです。
日本のNFTマーケットで出品したい方は、公認クリエイター制度を導入しているSBI NFTをあわせてチェックしておきましょう。

LINEのNFTは友達にプレゼントできる?

LINE NFTを保管するウォレット「DOSI Wallet」には、LINEの友だちや別のウォレットアドレスにNFTを送る機能が用意されています。

なお、2023年4月時点では、LINEの友だち送付機能は一時停止中です。

気軽にNFTを送り合えるシステムは便利そうだね!

LINE NFTで売れない時はどうすればいい?

出品したNFTが売れない場合、価格設定が高すぎる可能性があります。
マーケット内のNFT価格の相場を見ながら、価格変更を検討しましょう。

また、大量に発行されているNFTや、無料配布のNFTは売却が難しいケースがあるため注意が必要です。

LINE NFTの利用者がさらに増えていけば、売却が成立しやすくなるかもしれないね。

LINE NFTのキャンペーン内容は?

LINE NFTでは不定期にキャンペーンが実施されています。

過去に行われた主なキャンペーンは以下の通りです。

LINE NFTで過去に実施されたキャンペーン

  • NFTで宝くじキャンペーン
    →アカウント開設でAmazonギフト券が当たる
  • NFTプレゼント
    →アカウント開設でNFTがもらえる
  • アサヒ飲料のNFTキャンペーン
    →アンケート参加で5種類のNFTトレカ+シークレットバージョンが1日1種類もらえる

その他、各コンテンツによるNFTの無料配布キャンペーンも行われているワン!

LINE NFTの無料配布を受け取る方法は?

LINE NFTのエアドロップNFT(無料配布)は、LINE NFTアカウントがあれば簡単に受け取れます

無料配布の受け取り方

  • 無料配布NFTの受け取りQRコードを読み取る
  • LINE NFTのアカウントを開設
  • NFTを受け取る

LINE NFT公式の無料配布NFTは、アカウントを開設するだけで受け取れるものもあるよ。

【まとめ】LINE NFTとは

【まとめ】LINE NFTとは

LINE NFTについて、よく理解できたよ!

今回はLINE NFTの特徴や使い方・出品方法を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • LINE NFTはLINEが提供するNFTマーケットプレイス
  • 日本円や仮想通貨LINKで簡単にNFTを買える
  • 仮想通貨LINKはLINE BITMAXで購入・換金できる

LINE NFTで利用できる仮想通貨のLINKは、LINEの仮想通貨取引所「LINE BITMAX」で購入できます。

新たなブームが期待されるLINE NFTを利用して、次世代のWeb3.0サービスを体感しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日にLINKを取引できるワン!

\ 1円から仮想通貨を買える /

【消費者庁・金融庁提供】暗号資産投資に関する注意喚起

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
moonoo banner
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU