PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

SMBC日興証券のIPO投資情報

このページではSMBC日興証券の公式サイト(https://www.smbcnikko.co.jp/)を元に、IPO取扱い実績や抽選方法、取引手数料などを分かりやすくまとめています。

SMBC日興証券のここに注目(クリックで該当箇所に飛びます)

※いずれも2023年10月時点の情報

\IPO投資をするなら必須/

IPO基本データ

SMBC日興証券のIPO

以下では、SMBC日興証券のIPO取扱い実績や抽選方法について解説します。

IPO取扱い実績

SMBC日興証券の直近6年間のIPO取扱い実績を見ると、毎年約50~80%程のIPO企業を取扱っていることが分かります。

また、SMBC日興証券はIPOの主幹事を引き受けることも多く、2022年は23社の主幹事となりました。

取扱い企業数IPO企業数
2022年47社(51.6%)91社
2021年81社(64.8%)125社
2020年52社(55.9%)93社
2019年61社(70.9%)86社
2018年66社(73.3%)90社
2017年71社(78.9%) 90社

2022年だと、monoAI technologyスマートドライブpluszeroなどの主幹事だよ!

IPO抽選方法

公正な抽選10%
ステージ別抽選5%
裁量配分(店舗などの対面)85%

SMBC日興証券のWebサイトでは、以下のように記載されています。

お取引コースが総合コースおよびダイレクトコースのお客様を対象として、当社で一般投資家のお客様へ配分する数量の 10%について、以下の方法により、同一条件・同一確率の抽選(同率抽選)を行います。

同率抽選では、一人のお客様からの申告に対し、機械的に一つの乱数を付番いたします。付番した乱数を小さい数値の順に並べ替え、同率抽選の配分数量に達したところまでを当選といたします。

同率抽選の結果、当選されなかったダイレクトコースのお客様を対象として、当社で一般投資家のお客様に配分する数量の最大 5%について、以下の方法により、当社が設定するお客様のステージに応じて当選確率が変動する抽選(ステージ別抽選)を行います。

SMBC日興証券 募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針

85%は対面での裁量配分となるため、SMBC日興証券の店舗で口座を持っている人の中でも特に資産が多い人などが優先される可能性が高いです。

そのため、一般の投資家はSMBC日興証券のオンライン口座で申し込むのがおススメです。

ステージ別抽選が特徴的

SMBC日興証券では「 ステージ別抽選」という独自のシステムがあります。

IPOのうち最大15%を目処にネットに配分されますが、そのうち10%が同一条件・同一確率の「同率抽選」、最大5%が当選確率が最大25倍に変動する「ステージ別抽選」へと振り分けられます。

「ステージ別抽選」の対象はダイレクトコースの顧客のみです。

IPOチャレンジポイント

ステージ別抽選ではステージが上に行けば行くほどIPOに当たりやすくなります。

新規口座開設するだけで3か月間はブロンズステージで抽選を受けられるので、これからIPO投資を始める人はお得ですね。

\口座開設で3ヵ月ブロンズ保証/

SMBC日興証券と組み合わせたい証券口座

SMBC日興証券はIPO投資におすすめの証券会社ですが、以下2つの弱点があります。

  1. 取扱いの無いIPO企業もある
  2. 事前の入金が必要

「1.取扱いの無いIPO企業もある」に関しては、IPOの取扱い数が豊富なSBI証券マネックス証券楽天証券の口座も開いておくのがおすすめです。

「2.事前の入金が必要」に関しては、事前入金の必要が無い松井証券SBIネオトレード証券DMM株での口座開設がおすすめです。

SMBC日興証券の基本情報

SMBC日興証券

取扱い商品

SMBC日興証券は大手証券会社のため、個別株からNISA、iDeCo、米国株など様々な商品を取り扱っています。

国内株式(現物・信用)米国株ETF/ETNREIT
中国株ロボアド投資信託iDeCo
ファンドラップFXNISA/つみたてNISA債券
SMBC日興証券のWebサイトを元に作成

取引手数料(現物株式)

SMBC日興証券にはダイレクトコースと総合コースがあり、手数料を安く取引できるダイレクトコースがおすすめです。

総合コースでは支店担当者からアドバイスや投資情報を得ながら取引ができますが、その分手数料は高くなります。

ダイレクトコースはパソコンやスマートフォンで取引ができ、手数料も抑えられています。

ダイレクトコース

一注文の約定代金手数料(税込)
~10万円137円
~20万円198円
~30万円275円
~50万円440円
~100万円880円
~200万円1,650円
~300万円2,200円
~500万円3,300円
~1,000万円4,950円
オンライントレードの場合

総合コース

一注文の約定代金手数料(税込)
~100万円0.8855%(最低1,925円)
~200万円0.6930%+1,925円
~300万円0.6160%+3,465円
~400万円0.5775%+4,620円
~500万円0.5390%+6,160円
~1,000万円0.4620%+10,010円
オンライントレードの場合

日興フロッギーでは記事を読みながら投資できる

SMBC日興証券は「日興フロッギー」というWebサイトも運営していて、SMBC日興証券のオンライントレード口座があれば株の売買も可能です。

2,000本以上の記事を無料で利用でき、記事を読みながらdポイントも貯めることができます。

また、日興フロッギーでは100円から株式やETF、REITへ投資でき、dポイントでも株を買うことができます。

100万円まで買い手数料がゼロだし、手数料500円につきdポイント1ptの付与もあるよ!

SMBC日興証券のIPO投資方法

SMBC日興証券では以下の4ステップでIPO投資ができます。

  • 口座を開設する
    SMBC日興証券の公式サイトから口座開設をしましょう。
    オンラインで完結するため、スマートフォンで簡単に口座開設ができますよ。
  • 購入代金の入金
    IPO株に申し込む際には、当選した場合に支払う購入代金相当額を事前に入金しておく必要があります。
    通常、数十万円程度必要になります。
  • IPOが実施されるタイミングで需要申告(申し込み)をする
    IPOに申し込む際には、需要申告受付期間中に取扱銘柄一覧画面より需要申告画面へ進みます。
    需要申告画面では申告株数を入力し、仮条件(主幹事となる証券会社から提示される価格帯)の範囲で申告金額を選択したうえで申告を行います。
  • 抽選結果の確認
    抽選日になったら、抽選の「需要申告・募集申込状況一覧」を確認してください。

\IPO投資をするなら/

取り扱い銘柄・主幹事数ともに多いSMBC日興証券がおすすめ。

口座開設後3ヵ月間はステージ別抽選での優遇特典もあるため、当選確率が上がります!


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU