【2022年】楽天ゴールドカードのメリット・デメリットは?お得な年会費や切り替え方法も徹底解説

楽天ゴールドカードとは

・楽天ゴールドカードのメリットやデメリットはどんな感じ?
・一般の楽天カードから、どう切り替えたらいいの?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • 楽天ゴールドカードは年会費が格安かつ付帯サービスが豊富でおすすめ
  • ポイント還元率や付帯保険は無料の楽天カードと同様
  • 切り替え時は自動で引き継がれる情報と手動で設定すべき情報をチェック

楽天ゴールドカードは、楽天カードよりもワンランク上のクレジットカードです。

最近改悪されたみたいだけど、年会費を払ってまでカードを保有する価値はあるの?

そう疑問に感じている方は多いでしょう。

結論、楽天ゴールドカードは年会費が格安かつ特典内容も豊富なため、切り替える価値のあるカードです。

今回は楽天ゴールドカードを発行するメリット・デメリットから、切り替えの方法まで詳しく説明していきます。

この記事を読めば、自分にとって楽天ゴールドカードが必要か分かるワン!

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天ゴールドカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+2倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

楽天ゴールドカードとは?【特典を紹介】

楽天ゴールドカードとは

そもそも、楽天ゴールドカードの特徴って何なの?

カード名楽天ゴールドカード楽天カード
年会費2,200円(税込み)永年無料
国際ブランドVisa・Mastercard・JCBVisa・Mastercard・JCB・AMEX
対象年齢20歳以上18歳以上
ポイント還元通常:100円で1ポイント
楽天市場:最大+2倍
通常:100円で1ポイント
楽天市場:最大+2倍
利用可能額最高200万円最高100万円
保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円海外旅行傷害保険:最高2,000万円
追加カード家族カード:550円(税込み)
ETCカード:無料
家族カード:無料
ETCカード:550円(税込み)
空港ラウンジ利用◯(年間2回無料で利用可能)×
トラベルデスク利用◯(世界38拠点)×

楽天ゴールドカードとは、楽天カード株式会社の発行するゴールドカードのことです。

無料発行できる楽天カードと比べて付帯サービスが充実しており、ステータス性のある上位カードと呼ばれています。

ゴールドカードならではの特典に注目だワン!

楽天カードの種類についてはこちらの記事で解説しています。

それでは実際に楽天ゴールドカードを作成する価値があるのかどうか、一緒に確認していきましょう。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違い

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードって別物?

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードはどちらも楽天の上位カードですが、以下のように違いがあります。

カード名楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
年会費2,200円(税込み)11,000円(税込み)
国際ブランドVisa・Mastercard・JCBVisa・Mastercard・JCB・AMEX
楽天市場のポイント還元率最大+2倍最大+4倍以上
利用可能額最高200万円最高300万円
保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円海外旅行傷害保険:最高5,000万円
国内旅行傷害保険:最高5,000万円
空港ラウンジ年間2回無料で利用可能無制限かつ無料で利用可能
プライオリティ・パスの無料登録×

楽天ゴールドカードは年会費が格安な分、他会社のゴールドカードと比べればラウンジ利用回数に制限があるなど、物足りない点もあります。

ゴールドカードとして十分な付帯サービスを利用したい方は、楽天プレミアムカードがおすすめです。

どれほどクレカや付帯サービスを利用するかによって、選ぶのが良いワン!

楽天ゴールドカードのメリット5つ

楽天ゴールドカードのメリット

楽天ゴールドカードを発行するメリットって何だろう?

楽天ゴールドカードを作成するメリットとしては、以下の5つが挙げられます。

それぞれ無料の楽天カードにはない魅力的な点が多いため、順に確認していきましょう。

①格安でゴールドカードを取得可能

楽天ゴールドカードは年会費が2,200円(税込み)となっており、他会社のゴールドカードと比べても圧倒的に安いです。

実際に他の有名なゴールドカードと年会費を比較すると、以下の通り。

カード名年会費(税込み)
楽天ゴールドカード2,200円
三井住友カード ゴールド(NL)5,500円
dカード GOLD11,000円
ライフカード ゴールド11,000円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード31,900円

ゴールドカードの年会費は相場が10,000円前後となっており、楽天ゴールドカードがいかにお得か分かるはず。

ステータス性のあるゴールドカードをとにかく安く所持したい方は、是非とも発行したいカードですね。

月180円相当でゴールドカードを持てると考えたら、本当に格安だね!

その他のゴールドカードも併せて検討したいという方は、以下の記事ご覧ください。

②誕生月は獲得ポイントが最大4倍

楽天ゴールドカードは「お誕生月サービス」として、誕生月に以下のサービスでカードを利用すると、ポイントが+1倍進呈されます。

  • 楽天市場:総合ショッピングモール
  • 楽天ブックス:楽天直営のオンライン書店

そのため誕生月に楽天市場で買い物したら、最大4倍のポイントがもらえるのです。

楽天市場での買い物1倍(基本)
楽天カード通常分+1倍
楽天カード特典分+1倍
楽天ゴールドカード誕生月特典分+1倍
合計ポイント4倍

無料の楽天カードには誕生月サービスがないため、楽天ゴールドカードだけの魅力的な特典だと言えますね。

誕生月特典分は月間2,000ポイントが上限だワン!

③空港ラウンジ利用が年2回まで無料

楽天ゴールドカードでは付帯サービスとして、年に2回まで空港ラウンジを無料で利用できるようになります。

ゴールドカードの付帯サービスと言えば、空港ラウンジ利用よね!

2022年4月現在、利用できるラウンジは以下の通り。

利用できる空港ラウンジ一覧(タップすると開きます)
空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
ノースラウンジ
函館空港国内線ビジネスラウンジ
旭川空港ラウンジ大雪
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
新潟空港エアリズムラウンジ
富山空港らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジセントレア
第2プレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田空港 第2旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 2
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
関西国際空港六甲
関西国際空港 アネックス六甲
関西国際空港 金剛
NODOKA
伊丹空港ラウンジオーサカ
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港ヴォルティス
福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
大分空港ラウンジくにさき
長崎空港ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港ラウンジ「ASO」
宮崎ブーゲンビリア空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 国際線ターミナルIASS HAWAII LOUNGE
韓国/仁川国際空港IASS INCHEON LOUNGE-MATINA-(EAST・WEST)
IASS INCHEON LOUNGE2-Air Cafe-

旅行前に空港へ早く着いて身体を休めたい場合など、静かで快適な空間で搭乗までの時間を過ごすのは極上の体験。

対象ラウンジは主に日本国内ですが、ハワイと韓国でも利用できる空港ラウンジがあるため、海外旅行にも役立つでしょう。

④ETCカードの年会費が永年無料

有料道路の決済専用ICカードである「楽天ETCカード」は、無料の楽天カードだと550円(税込み)の年会費がかかります。

しかし、楽天ゴールドカードならその年会費が無料になります。

車に乗る機会が多い方には嬉しい特典ね!

さらに魅力的なのが、楽天市場での買い物と同じように通行料金100円ごとに1ポイントが貯まること。

そのため有料道路の通行料金が高くても、メリットを十分に活かせるのが良いですね。

楽天ETCカードは新規入会時でも、後からでも申し込めるワン!

⑤カードの利用限度額が高め

楽天ゴールドカードは、カードの利用限度額が高く設定されているのが特徴です。

無料の楽天カード、年会費がさらに高い楽天プレミアムカードと限度額を比較してみると、以下の通り。

カード名利用限度額
楽天ゴールドカード最高200万円
楽天プレミアムカード最高300万円
楽天カード最高100万円

楽天プレミアムカードよりは少ないものの、無料の楽天カードから切り替える場合は限度額もアップしやすいです。

仕事やプライベートを含め、大きな額の買い物が多くなりがちな方は見逃せません。

実際の限度額は審査状況によって変わるから、要チェックだワン!

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天ゴールドカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+2倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

楽天ゴールドカードのデメリット4つ

楽天ゴールドカードのデメリット

楽天ゴールドカードの注意すべき部分も知っておきたいな。

楽天ゴールドカードを作成するデメリットとしては、以下の4つが挙げられます。

カードを切り替えた後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、1つずつ確認していきましょう。

①通常獲得ポイントは楽天カードと同等

楽天ゴールドカードの通常獲得ポイントは、無料の楽天カードと同等の1%〜3%が基本です。

無料の楽天カード、年会費がさらに高い楽天プレミアムカードとポイント還元率を比較してみると、以下の通り。

カード名楽天市場での買い物街での買い物
楽天ゴールドカード最大3%最大1%
楽天プレミアムカード最大5%最大1%
楽天カード最大3%最大1%

街での買い物はどのカードも1%ですが、楽天市場での買い物は楽天ゴールドカードのみ楽天カードと同等の3%です。

とはいえ楽天カードにはない誕生月ボーナスがあるので、楽天ゴールドカードを作る方は積極的に活用しましょう。

獲得ポイントよりは、付帯サービスで切り替えを検討するのが良いね!

②海外旅行保険が楽天カードと同様

海外旅行保険に関しても、楽天ゴールドカードは無料の楽天カードと内容は同じです。

カード名海外旅行保険国内旅行保険
楽天ゴールドカード最高2,000万円 (利用付帯)なし
楽天プレミアムカード最高5,000万円 (一部自動付帯)最高5,000万円 (自動付帯)
楽天カード最高2,000万円 (利用付帯)なし

また、楽天カードと楽天ゴールドカードに付帯している海外旅行保険は利用付帯です。

つまり、 旅行代金の支払いにカードを使用しないと有効にならないのね…

そして両者とも国内旅行保険が付帯しないことから、海外に行かない方には使いづらいのが現実。

クレジットカードの付帯保険は利便性も高いので、そちらを重視したい方は楽天プレミアムカード等を検討してみましょう。

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天プレミアムカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+4倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

③アメックスの選択が不可

楽天ゴールドカードは国際ブランドとして、アメリカン・エキスプレス(アメックス)の選択ができません。

選べる国際ブランドは以下の3種類となっています。

  • Visa(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)

無料の楽天カードや楽天プレミアムカードはアメックスを選べることから、選択肢が少ないのは物足りないですね。

とはいえ日本でアメックスの加盟店舗は多くないため、利用機会の多さを重視する方にはさほど影響はないでしょう。

アメックスの楽天カードから切り替える場合は、3種類の国際ブランドから選び直せるワン!

④空港ラウンジ利用に回数制限あり

楽天ゴールドカードは、空港ラウンジを無料利用できる回数が年に2回までと制限されています。

飛行機に乗る機会が多い人には物足りないかも。

とはいえ毎年1度、飛行機に乗るか乗らないかのような方であれば、不都合には感じないかもしれません。

年会費も2,200円と格安なので、初めてのゴールドカードを使い、お試し感覚でラウンジ利用をしたい方には最適ですよ。

楽天ゴールドカードへの切り替え方法【超簡単】

楽天ゴールドカードへの切り替え

楽天カードから楽天ゴールドカードはどうやって切り替えたらいい?

楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替え方法はいたって簡単で、以下のような流れで手続きできます。

楽天ゴールドカードへの切り替え方法

  • 「楽天e-NAVI」にログイン
  • 「カードお申し込み・切替」を選択
  • 切り替え先のカードから「楽天ゴールドカード」を選択
  • 必要事項を入力して申込み内容を確認
  • 申し込み完了を選択

表示されている項目に従って進めるだけなので、早い人は3分もかからず手続きが完了するはずです。

新しく作った楽天ゴールドカードは届くまでに1週間前後を要するため、余裕を持って申し込みをしましょう。

切り替えに手数料はかからないから、安心して手続きできるワン!

楽天ゴールドカードに切り替える時の注意点

楽天ゴールドカードに切り替える際の注意点として、あらかじめ知っておくべき重要なポイントは以下の4つです。

  • カード番号が変更される
    →旧カード番号を登録しているサービスは変更が必要
  • 家族カードが利用不可になる
    →新たに家族カードの申込が必要
  • 国際ブランドの変更は不可
    →アメックス以外は旧カードと同じ国際ブランドとなる
  • 楽天Edy残高は自動で移行されない
    →旧カードの残高は手動での移行が必要

切り替えによりカード番号が変わるため、旧カードで定期的な引き落としを設定していた場合は忘れずに変更しましょう。

さらにカードの切り替えでは、自動で継続される機能と手動で再設定の必要な機能があります。

楽天ゴールドカード切替時の設定事項

楽天ポイントや引き落とし口座は、自動で引き継がれるから安心だね!

これまで使えていた機能を切り替え後も安心して使えるようにするために、よく確認しておきましょう。

楽天ゴールドカードで貯めたポイントのお得な使い道3つ

楽天ポイントの使い道

貯めた楽天ポイントはどう使うのがおトクなの?

楽天ゴールドカードで貯めたポイントのお得な使い道としては、以下の3つが挙げられます。

楽天ポイントには通常ポイントより有効期限が短い期間限定ポイントもあるため、幅広い使い道を知っておくのが大切。

せっかく貯めた楽天ポイントを無駄にせず、効率よく活用するためにも1つずつ確認していきましょう。

①普段のショッピングに活用する

楽天ポイントで最も便利な使い方こそ、楽天カードを使ったショッピングの支払いに活用することです。

楽天ゴールドカードの請求額を通常ポイントで支払えば、ポイントで支払った代金も含めてポイント還元を受けられます。

ほとんどのクレカは現金での支払い分しかポイントが付かないから、超おトクだワン!

さらに利用期限が短い期間限定ポイントも、楽天ポイントカードや楽天ペイの加盟店なら、実店舗の支払いに利用できて便利です。

楽天市場でも実店舗でもショッピングの機会が多い人は、ポイントを活用してよりお得に買い物を楽しみましょう。

楽天ポイントは使用できる幅の広さも魅力的だよね!

②ポイント投資でお金を増やす

ポイントを貯めてもショッピングの機会がないという方は、楽天証券でポイント投資を始めるのがおすすめです。

ポイント投資とは現金を1円も払うことなく、楽天ポイントの通常ポイントだけを活用して投資信託や株を買うこと。

投資は難しそうな印象があったけど、ポイントで始められるなら挑戦したい!

楽天証券でポイント投資を始めるのはSPU(スーパーポイントアップ)の条件でもあり、さらにポイントを貯める土台が築けます。

買った投資商品が値上がりすれば、すぐに売却して現金化できるため、ぜひ楽天ポイントで投資デビューしてみましょう。

ポイントだけで投資するなら、100ポイントから購入できるワン!

③ふるさと納税で返礼品をもらう

楽天ゴールドポイントで貯めた楽天ポイントは「楽天ふるさと納税」を通して、ふるさと納税に利用可能です。

ふるさと納税は地域からもらえる返礼品が人気ですが、楽天ポイントだけで返礼品をもらうこともできます。

ふるさと納税は、期間限定ポイントの利用もできるワン!

寄付先となる自治体は1,000以上から選べるため、興味がある地域の応援としても楽天ポイントを役立てられるのは良いですね。

ふるさと納税は最近話題だし、貯まったポイントでなら気軽に始められるね!

ふるさと納税について詳しく知りたい方は、以下の記事で解説したのでチェックしてみましょう。

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天ゴールドカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+2倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

楽天ゴールドカードに関するよくある質問

楽天ゴールドカードのよくある質問

楽天ゴールドカードで、まだ気になってたことが残ってる…。

楽天ゴールドカードについて、切り替え前によく挙げられる質問としては以下の通りです。

楽天ゴールドカードへの切り替えについてモヤモヤしていた項目も、一気に解消していきましょう。

楽天ゴールドカードは学生も申し込める?

楽天ゴールドカードは残念ながら、学生の申し込みができません。

対象年齢は20歳以上ですが、公式サイト内に「学生の方は申し込みいただけません」との記載があります。

ゴールドカードは安定した収入がある方向けのカードのため、就職していない学生はなかなか発行しづらいのが現状です。

三井住友カード ゴールド(NL)」なら学生不可の記載がなく、付帯サービスも豪華なので発行を検討してみましょう。

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費5,500円と、比較的安いのも魅力だワン!

楽天ゴールドカードは改悪後でも発行すべき?

楽天ゴールドカードは2021年に実施されたポイント還元率の改悪後も、発行する価値は大いにあると言えます。

改悪された内容とは、これまで楽天市場の利用におけるポイント還元率が最大5%だったのが、最大3%に減少されたこと。

今まではもっとポイントが貯まるカードだったんだね…

そのためポイント還元率においてはアドバンテージがない一方、無料の楽天カードにはない豊富な付帯サービスは健在です。

2,200円という破格の年会費でゴールドカードを持てることに魅力を感じる方は、ぜひ切り替えてみましょう。

ステータス性の高いゴールドカードは、保有の価値があるワン!

楽天ゴールドカードは審査落ちしない?

楽天ゴールドカードは他のゴールドカードと比較して、審査落ちしづらいです。

楽天ゴールドカードは流通系クレジットカードの一種で、若者や主婦にも所持しやすいよう審査難易度は低めに設定されています。

さらに楽天カードからの切り替えなら、元のカードの利用状況を踏まえて判断されるため、より審査に通りやすいでしょう。

とはいえこれまでのカード利用で延滞が多かったりと問題があれば、審査落ちの可能性は高まるのでご注意ください。

さらに多重申し込み等も、審査落ちの原因になるから注意だワン!

楽天ゴールドカードがおススメの人は?

楽天ゴールドカードがおすすめな人の特徴としては、以下の通りです。

  • 初めてのゴールドカードを作りたい人
  • 楽天が提供している他のサービスを使っている人
  • 国内の空港ラウンジをお試しで使ってみたい人
  • 現在使っている楽天カードの上限額では足りない人
  • 楽天ポイントせどりを行う人

上記の中でどれか1つでも当てはまれば、楽天ゴールドカードの恩恵を十分に受けられるでしょう。

やっぱり年会費の安さが魅力ね!

【まとめ】楽天ゴールドカードはおすすめのクレカ

楽天ゴールドカードはおすすめ

楽天ゴールドカードについて理解できた!僕も切り替えてみようかな!

楽天ゴールドカードに関するメリットやデメリットを中心に、切り替えの方法まで詳しく解説してきました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • 楽天ゴールドカードは年会費が格安かつ付帯サービスが豊富でおすすめ
  • ポイント還元率や付帯保険は無料の楽天カードと同様
  • 切り替え時は自動で引き継がれる情報と手動で設定すべき情報をチェック

楽天ゴールドカードは年会費2,200円でゴールドカードのステータスが手に入る、魅力的なクレジットカードです。

ポイントの誕生日ボーナスや年2回の空港ラウンジ無料利用特典もあるため、ぜひ発行や切り替えをしてみてくださいね。

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天ゴールドカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+2倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加