PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

マネックス証券のIPO投資情報

[PR]「いろはに投資」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(ポリシーを見る)

このページではマネックス証券の公式サイト(https://www.monex.co.jp/)を元に、IPO取扱い実績や抽選方法、取引手数料などを分かりやすくまとめています。

マネックス証券のここに注目(クリックで該当箇所に飛びます)

※いずれも2023年10月時点の情報

\IPO投資をするなら/

IPO基本データ

マネックス証券のIPOおすすめ画像

以下では、マネックス証券のIPO取扱い実績や抽選方法について解説します。

IPO取扱い実績

マネックス証券の直近6年間のIPO取扱い実績を見ると、毎年60%前後のIPO企業を取扱っていることが分かります。

取扱い企業数IPO企業数
2022年61社(67.0%)91社
2021年72社(57.6%)125社
2020年55(59.1%)93社
2019年48(55.8%)86社
2018年59(65.6%)90社
2017年54(60.0%)90社
マネックス証券 過去の取扱銘柄一覧を元に作成

ANYCOLORpluszerotriplaなど、いろはに投資でも評価の高いIPO企業を取り扱っているよ!

IPO抽選方法

マネックス証券のIPOでは、1口座1票の完全平等抽選方式を採用しています。

優遇抽選を行っている証券会社が多い中、マネックス証券は資金力に関係なく、誰でも平等に当選する機会が与えられるのです。

取引量が少ない初心者でも安心ね!

マネックス証券の公式HPには、以下のように記載されています。

マネックス証券の新規公開株(IPO)/公募・売出株式(PO)の抽選においては、コンピューターで無作為に抽選を行っています。

この過程はシステム化されており、人間の恣意が途中で関与することはありません。

マネックス証券公式HP 抽選方法より

IPO投資向けのサービスが豊富

マネックス証券のIPOは、申し込み時や当選後の買付手数料が無料。

マネックス証券の即時入金サービスを利用すれば、入金手数料がかからず、金額も即時反映されます。

NISA口座でIPO投資ができることもマネックス証券のメリットの一つです。

NISA口座でIPO投資ができない証券会社もあるから、ありがたいね!

NISA口座で売却益を非課税にしたい人にとっては、マネックス証券がぴったりだと言えます。

さらに便利なのが、マネックス証券で取扱う新規公開や公募、売出銘柄の情報をメールでお知らせする機能がある点です。

これによって、申し込み忘れを減らすことができます。

マネックス証券は、サポートセンターの対応が丁寧なことでも有名だワン!

\特典がお得な証券会社/

マネックス証券公式サイト

マネックス証券では、クレカ積立の還元率が1.1%、1株投資の買付手数料が0円などお得な特典が充実!
口座開設(無料)はスマホで簡単にできるので、早めに申し込みましょう。

マネックス証券と組み合わせたい証券口座

マネックス証券はIPO取扱い実績が豊富ですが、以下2つの弱点があります。

  1. 主幹事証券になる確率がそこまで高くない
  2. 事前の入金が必要

「1.主幹事証券になる確率がそこまで高くない」に関しては、主幹事証券になる割合が高いSMBC日興証券や野村證券、SBI証券の口座も開いておくのがおすすめです。

「2.事前の入金が必要」に関しては、事前入金の必要が無い松井証券SBIネオトレード証券DMM株での口座開設がおすすめです。

マネックス証券の基本情報

マネックス証券公式サイト

マネックス証券では米国株式に強みを持っており、豊富な銘柄取扱数や手数料、ツールの利便さなどが特徴的です。

また、クレカ積立でのポイント還元率は1.1%と業界最高水準です。

取扱い商品

マネックス証券は大手ネット証券のため、個別株からNISA、iDeCo、米国株など様々な商品を取り扱っています。

国内株式米国株投資信託NISA/つみたてNISA
iDeCoIPO/POETFFX
暗号資産CFD債権信用取引先物/オプション
中国株金・プラチナ単元未満株
マネックス証券のWebサイトを元に作成

取引手数料(現物株式)

マネックス証券の手数料には、次の2つのコースがあります。

  • 取引毎手数料:注文ごとに手数料を支払う
  • 一日定額手数料:1日の約定金額の合計額に対して手数料がかかる

それぞれの手数料は以下の通りです。

取引毎手数料コース(クリックして見る)
1注文の約定金額取引毎手数料コース(現物/税込)
5万円以下55円
5万円超〜10万円以下99円
10万円超~20万円以下115円
20万円超~50万円以下275円
50万円超~100万円以下535円
100万円超~150万円以下640円
150万円超~3,000万円以下1,013円
3,000万円超1,070円
一日定額手数料コース(クリックして見る)
1日の約定金額一日定額手数料コース(現物/税込)
100万円以下550円
100万円超、300万円ごと2,750円

取引の回数が少なくて小額なら取引毎手数料コース、1日で何回も取引をするなら一日定額手数料コースを選択しましょう。

自分の取引スタイルに合わせて手数料を選ぶんだワン!

クレカ積立で積立額の1.1%が還元(2023年10月から2024年9月まで最大2.2%のキャンペーン中)

マネックス証券ではNISAやつみたてNISA口座を使って「クレカ積立」ができます。

クレカ積立はポイントが貯まって普通に投資するよりもお得なんだよね!

以下は、他のクレカ積立サービスのポイント還元率と比較した表です。

証券会社×クレジットカードポイント還元率
マネックス証券×マネックスカード1.1%
SBI証券×三井住友カード0.5%
楽天証券×楽天カード0.2% or 1%※
※楽天証券は代行手数料が0.4%未満か以上かでポイント還元が異なる

さらに、2023年10月2日(月)~2024年9月30日(月)の期間はポイント還元率がアップするキャンペーンを行っており、ポイント還元率は最大で2.2%になります。

マネックスカード積立は他のクレカ積立と比べて、ポイント還元率が最大ということが分かります。

\クレカ積立がお得/

マネックス証券なら、カード積立で1.1%のポイント還元!
主要ネット証券(手数料無料のクレカ)で最大規模のポイント付与率です。

マネックス証券の口座開設方法

マネックス証券の口座開設では、インターネット経由か郵送のどちらかを選択することができます。

  • マネックス証券の口座開設サイトにアクセス
  • 「オンライン口座開設」か「郵送による口座開設」のどちらかを選択する
  • 指示に従ってあなたの情報を入力する
  • 本人確認書類を提出する
    [オンライン口座開設] 本人確認書類の撮影
    [郵送による口座開設] 開設キットに従って本人確認書類のコピーを返送
  • 入力内容をチェックする
  • 案内メールを受け取る

未成年の方や外国籍、海外に移住している方は郵送のみの手続きになるよ!

\特典がお得な証券会社/

マネックス証券公式サイト

マネックス証券では、クレカ積立の還元率が1.1%、1株投資の買付手数料が0円などお得な特典が充実!
口座開設(無料)はスマホで簡単にできるので、早めに申し込みましょう。


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU