【必見】アメリカのおすすめ高配当株10選でインカムゲインを狙おう

約 9 分で読み終わります!

アメリカのおすすめ高配当株
SBI証券

・米国株投資で利益を出したい。
・アメリカの高配当株でおすすめなのはどこ?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • 高配当株の目安は配当利回り4%以上
  • 製薬会社や通信会社が高配当株に多い傾向
  • 配当だけでなく業績や成長性も考えよう

最近は長期にわたって上昇傾向の続いている、アメリカ株が日本でも注目されています。

とはいえ実際に米国株投資をしたくても、どの企業の株を買うべきか悩んでいる方も多いはず。

そこで今回は、今注目したいアメリカのおすすめ高配当株をわかりやすく解説していきます。

また、米国の高配当銘柄への投資は、手数料が安いSBI証券がおすすめ

Tポイント投資もできるので、ファミマなどで貯めたポイントを投資に使えますよ。

この機会にSBI証券で無料口座開設して、米国株への投資をスタートしましょう!

\口座開設数No.1/

そもそも高配当株とは

高配当株とは

そもそも高配当株って何なの?

高配当株の定義は人それぞれですが、一般的には配当利回り(一株当たりの年間配当金÷現在の株価)が高い株式のことを指します。

配当利回りが4%以上であれば高配当の基準とされやすく、もらえる金額も多いため投資家から人気を集めています。

とはいえ高配当株は配当利回りの高さが重視されているだけなので、これだけで購入する株式を選んでしまうのは危険です。

購入時には株価や業績(事業内容)、成長性にも注目して、株式を選ぶようにしましょう。

株価が低迷しているために高利回りである銘柄も多いから、注意するんだワン!

【一覧表】アメリカのおすすめ高配当株10選

アメリカのおすすめ高配当株

アメリカの高配当株って、どんな銘柄が当てはまるのかな?

アメリカのおすすめ高配当株を早く知りたい方に向け、まずは早見表で10社紹介していきます。

※あくまでも「高配当」という視点でのおすすめであり、個別銘柄の購入を推奨するものではありません。

銘柄名株価($)配当利回り銘柄概要
アッヴィ112.274.52%バイオ医薬品企業
エクソン・モービル53.776.47%石油化学メーカー
IBM139.304.68%コンピュータ関連企業
アルトリア グループ50.086.86%たばこメーカー
AT&T27.197.64%通信会社
SFL コーポレーション8.238.50%船舶会社
ベライゾン コミュニケーションズ54.944.56%電気通信事業者
ファイザー46.043.34%製薬会社
ルーメン・テクノロジーズ12.138.24%通信会社
メルク76.183.36%製薬企業
2021年9月1日現地取引終了時点の情報

コロナ禍ということも踏まえ、製薬会社が多数ランクインしている点は注目ですね。

特に必見の5社について、これから説明していくワン!

\ 圧倒的な口座開設数/

アメリカのおすすめ高配当株5社を徹底解説

アメリカのおすすめ高配当株

アメリカの高配当株を具体的に知りたいな…。

アメリカのおすすめ高配当株の中でも、特に注目すべき5社は以下の通りです。

  • アッヴィ
  • エクソン・モービル
  • IBM
  • アルトリア グループ
  • AT&T

どれも多くの投資家から人気を集めている銘柄なので、それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

米国株は1株から購入できるんだワン!

①アッヴィ(ABBV)

  • 株価:112.27
  • 配当利回り:4.52%

※2021年9月1日現地取引終了時点の情報

アッヴィは高配当であることで知られる、米国大手のバイオ医薬品企業です。

パーキンソン病やC型肝炎などの治療薬を製造しており、現在では170ヶ国以上で医薬品が使用されています。

連続増配年数は49年と非常に長く、配当金推移が増加傾向であるため、今後も安定した成長が期待できるでしょう。

新薬開発に向けた買収も進めるなど、積極的な姿勢が読み取れるワン!

②エクソン・モービル(XOM)

  • 株価:53.77
  • 配当利回り:6.47%

※2021年9月1日現地取引終了時点の情報

エクソン・モービルはテキサス州に本社を置く、大手の石油化学メーカーです。

世界最大級の総合エネルギー企業として、原油・天然ガスの探鉱や石油製品の製造、取引、輸送、販売等を行っています。

コロナショックの影響で株価は低調な推移を続けていますが、39年連続で増配しており配当への意識は高いです。

石油メジャーにとって原油価格の変動はリスクですが、石油需要が増加している点で今後の成長も期待できますね。

ESGの逆風もあるから、今後の減配には注意が必要だワン!

③IBM(IBM)

  • 株価:139.30
  • 配当利回り:4.68%

※2021年9月1日現地取引終了時点の情報

IBMはコンピュータ関連製品サービスやITコンサルティング事業等を行っている、老舗のハイテク企業です。

株価は低迷傾向ですが、5%近い配当利回りを維持しています。

今後は人工知能や量子コンピューター部門に注力する予定と、果敢にチャレンジする姿勢が読み取れますね。

連続増配年数は26年となっているワン!

株・投資信託ならネット証券のマネックス

④アルトリア グループ(MO)

  • 株価:50.08
  • 配当利回り:6.86%

※2021年9月1日現地取引終了時点の情報

アルトリア グループは米国最大手のタバコ製造・販売会社として知られています。

配当金は50年以上も連続増配をしており、利益の約80%を株主還元に回している点などから人気を誇る銘柄です。

ただしタバコ業界はESGが重視される現代において逆風下にあり、高利回りの裏に株価の低迷がある点も覚えておきましょう。

アメリカ株の中でも圧倒的な高配当が魅力なので、今後の状況に注視しつつ保有するのが良いですね。

タバコ関連株への集中投資は避け、他業種の銘柄と組み合わせるのが良いワン!

⑤AT&T(T)

  • 株価:112.27
  • 配当利回り:4.52%

※2021年9月1日現地取引終了時点の情報

AT&Tはアメリカのテキサス州に本社を構える、大手の電気通信事業者です。

子会社を通してインターネット接続や固定電話サービスのほか、テレビ番組の制作など多方面にわたり事業を続けています。

残念ながら2021年には経費削減などの原因で、36年間続いた連続増配が途切れてしまいました。

とはいえAT&Tはメインの通信事業から安定的な成長が見込めるため、長期投資としても十分期待できる銘柄です。

増配率はイマイチだけど、配当金には引き続き期待できるワン!

アメリカ株投資におすすめの証券会社4選

米国株投資のおすすめ証券会社

アメリカ株を買うには、何から始めたらいい?

アメリカ株を買うためには、米国株を取り扱っている証券会社で口座開設をする必要があります。

中でもネット証券はパソコンやスマホから簡単に開設でき、おすすめなのが以下の4社。

  • 楽天証券
  • IG証券
  • マネックス証券
  • DMM株

それぞれ順に解説します。

①楽天証券

楽天証券 米国株

楽天証券は手数料の低さや、多くのキャンペーンが実施されていることで人気のネット証券です。

取り扱う米国株銘柄は3,500銘柄以上で、充実した品揃えになっています。

また日本円のほかに米ドルでの決済に対応しているため、取引の幅を広げられるのも魅力です。

パソコンのみならずスマホアプリも使いやすく設計されているので、投資初心者の方はぜひ利用してみましょう。

楽天ポイントでお得に投資できるのが、最大の魅力だワン!

楽天証券の詳細については、「楽天証券の手数料・メリット・デメリットを解説」の記事も合わせてご覧ください。

②IG証券

IG

5年以上の歴史を持ち、世界中で約24万人以上が利用している大手証券会社のIG証券。

IG証券ではレバレッジをかけて17,000以上の銘柄のCFD取引が行えます。

CFD取引って何?初めて聞いたよ。

CFD取引とは、株式、商品、経済指数、先物など、あらゆる金融商品を差金決済で行う取引方法です。

現物を実際に保有しないため、売り注文からの取引(空売り)もでき、アメリカ株やアメリカ株価指数などに幅広く投資ができます。

IG証券では学習コンテンツ「IGアカデミー」や、ニュース分析レポートなども揃っているため、CFD初心者からプロまで満足できるでしょう。

\アメリカ株も手軽に取引できる/

③マネックス証券

マネックス

マネックス証券は外国株投資に注力している点から、今注目のネット証券です。

特に米国株の取扱銘柄数は4,000銘柄を超え、他の証券会社にはない、上場したての銘柄も取引できます。

また源泉徴収ありの特定口座にて米国株の取引もできるため、確定申告せずに済むのはメリット大ですね。

気になる取引手数料も低水準に設定されているので、コストが気になる方も安心して始められますよ。

外国株メインで投資すると決めているなら、最適だワン!

マネックス証券について詳しく知りたい方は、「マネックス証券の手数料や評判は?」の記事を参考にしてください。

④DMM株

DMM株

DMM株とは、総合エンタメサービスの提供で有名な株式会社DMM.comが運営するネット証券です。

選ぶ最大のメリットとしては、米国株の取引手数料が無料であることが挙げられますね。

また信用取引の担保に米国株を利用できるため、長期保有目的の米国株を短期投資に活用したい場合も必見です。

DMM株には新規口座開設が完了すると、国内株式が1ヶ月間無料になるキャンペーンなどもあるので、お見逃しなく。

DMM株の詳細については、「DMM株のメリット・デメリットから手数料、評判まで徹底解説」をご覧ください。

アメリカのおすすめ高配当株【まとめ】

アメリカのおすすめ高配当株

高配当の米国株について、よく理解できたよ!

アメリカのおすすめ高配当株を中心に、米国株投資でおすすめのネット証券等も解説してきました。

最後に、本記事でもっとも伝えたい重要ポイントを3つまとめます。

  • 高配当株の目安は配当利回り4%以上
  • 製薬会社や通信会社が高配当株に多い傾向
  • 配当だけでなく業績や成長性も考えよう

米国株は高い利回りが期待できるため、しっかり銘柄を選べばガツンと稼ぐことも十分可能です。

さらに投資の基礎を固めて利益を狙いたい方は、以下「株式投資を始めるための21の基礎知識」を活用してみましょう。

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする情報発信を行なっています。

「投資についてもっと知りたい!」と思った方は、さっそく追加してみてくださいね。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

※本記事は2021年9月28日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事は情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する意志決定はご自身の判断にてお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。