PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【評判悪い?】ワイモバイルはやめたほうがいいの?口コミから分かったメリット・デメリットを徹底解説

※この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

・ワイモバイルの契約を考えているんだけど、悪い評判も目にする…やめたほうがいいのかな?
・「ワイモバイルはやめたほうがいい」と言われている、その根拠を教えて!

ワイモバイルは、CMでも積極的に宣伝されている格安スマホのひとつ。

お得に感じている人・乗り換えを検討している人は多いかと思います。

一方で、評判を調べてみると「ワイモバイルはやめたほうがいい」とのネガティブな意見も見かけるのも事実。

「評判が悪い理由は何?」「「別の会社にしたほうがいいの?」と、気になっている人もいるはず。

そこでこの記事では、ワイモバイルが「やめたほうがいい」と言われている理由やデメリットについて、口コミを引用しつつ徹底解説していきます!

併せて「ワイモバイルが持つ魅力」についてもまとめていますので、この記事を読めばワイモバイルを選ぶべきかどうかがバッチリ分かりますよ。

少しでもワイモバイルが気になっている人、必見だワン!

関連記事

■人気の格安スマホ各社を徹底比較!今乗り換えるならおすすめはどこ?↓

格安スマホ(SIM)厳選15社おすすめ比較ランキング!どこがいい?価格や速度をもとに選ぶべきサービスを紹介

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

この記事を書いた人:千歳 智(ちとせ とも)
この記事を書いた人:千歳 智(ちとせ とも)

節約・家計管理系の記事を手掛けるフリーランスWebライター。
格安SIM歴9年目で、これまでに「ワイヤレスゲートSIM→OCNモバイルONE→IIJmio→LINEMO→povo2.0→楽天モバイル→mineo」の計7社を利用。電力自由化を機に電力会社も「大手電力会社→楽天でんき→Teraseruでんき」と乗り換えを経験。
3級ファイナンシャル・プランニング技能検定取得済み。現在は2級取得に向けて勉強中。

ワイモバイルのサービス概要

ワイモバイル公式画像
携帯会社名Y!mobile(ワイモバイル)
回線サブブランド(ソフトバンク)
月額料金シンプルS:3GB2,178円
シンプルM:15GB3,278円
シンプルL:25GB4,158円
通信速度75.04Mbps
低速通信時シンプルS:300kbps
シンプルM・L:1Mbps
各種便利機能データ繰り越し
支払方法クレジットカード
口座振替
サポートチャット 電話
特徴・安定したソフトバンク回線を割安で使える
・各種割引が充実
・Yahoo!やPayPayユーザー向けの特典多数
公式サイトhttps://www.ymobile.jp/

ワイモバイルは、携帯キャリアで知られる「ソフトバンク」のサブブランドとして提供されているサービスです。

メディアへの露出も多いことから、名前は知っているという人も多いのではないでしょうか。

家族での利用がお得なイメージがあるよね。

サービスを開始したのは2014年と、数ある通信サービスの中でも実績はかなり豊富。

大手市場調査会社「J.D.パワー」が実施した「2022年携帯電話サービス顧客満足度調査」においても、総合No.1に輝いています!

大手ソフトバンクと同じ通信回線を割安価格で使える点が、ワイモバイルが人気を博している大きな理由と言えるでしょう。

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

2023年10月より新料金プラン「シンプル2」提供開始

ワイモバイルでは、2023年10月より新プラン「シンプル2」が始まります。

詳しい料金体系は以下の通り。

シンプル2Sシンプル2Mシンプル2L
データ量4GB20GB30GB
通常料金2,365円4,015円5,115円
各種割引適用後1,078円2,178円
※データ使用量1GB以下…1,078円
3,278円
※データ使用量1GB以下…1,078円

現行プランに比べ全体としてデータ量が増量し、それに合わせて月額料金も値上げ方向に修正されています。

また、既存の割引サービスの割引額が増額したり、新たな割引が追加されたりといった変化も。

  • 家族割引サービス
    2回線目以降の月額料金が1,100円OFF(シンプル2Sは対象外)
  • おうち割 光セット(A)
    Softbank Air/光契約時、月額料金が最大1,650円OFF(シンプル2Sは1,100円OFF)
  • PayPayカード割 New!
    毎月の支払をPayPayカードで行うと、月額料金187円OFF

既存の「シンプルS/M/L」に比べややわかりにくくなっているものの、しっかり割引が適用できればお得度は十分高いサービスと言えるでしょう。

競合のUQモバイルをはじめ、昨今はこういった「系列サービスの利用を推奨するプラン」が増えてきているワン。

普段からSoftbank系列のサービスを利用しているという人にとっては、追い風ともいえるプラン改定。

Softbank Air/光やPayPayカードを持っているのであれば、一度検討してみて損はないでしょう。

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

「ワイモバイルはやめたほうがいい」と言われる理由・デメリット

ワイモバイルはやめたほうがいいといわれる理由・デメリット

ワイモバイルに酷評が寄せられている理由はなんだろう?

実績豊富なワイモバイルですが、口コミや評判を見てみると「やめたほうがいい」という声がちらほら見受けられるのも確か。

ネガティブな評価を受けるのにはどんな理由があるのか、ここでは口コミを引用しつつ気になるデメリットについて探っていきます。

関連記事

■格安スマホ(SIM)全般に言えるデメリットについても確認しておこう↓

格安スマホやSIMフリーのデメリット8選!メリットはある?後悔しないために知っておきたいこと

■乗り換えて後悔しないために。格安スマホ(SIM)の注意点も要チェック↓

格安スマホ・SIMはやめとけ?理由と後悔しないための7つの注意点を解説!

月額料金がその他格安SIMより高め

第一のデメリットとして、価格の低廉化が進む通信サービスの中でも「ワイモバイルの月額料金は高め」であることが挙げられます。

データ量月額料金
シンプルS3GB2,178円
シンプルM15GB3,278円
シンプルL25GB4,158円

一番安いプランでも2,000円以上。ちょっと強気の料金設定だよね。

いわゆる格安SIM(MVNO)ではなくキャリアのサブブランドだからだと考えられますが、この価格設定に不満を抱いている人は多数いる様子。

500円〜1,000円程度の格安SIMが多数出回っている今、ワイモバイルは価格面でのお得さが薄いと言えるでしょう。

端末ラインナップが少ない/古い

通信サービス乗り換え時にスマホ(端末)を同時購入する人も多いはず。

しかしワイモバイルはあまり多くの端末を取り扱っておらず、特にiPhoneに関しては選択肢が比較的少ないのが難点です。

ワイモバイルと4大キャリアの端末取扱数を比較すると以下のようになります。

ワイモバイルソフトバンクドコモau楽天モバイル
Android26種30種(33種27種14種
iPhone6種25種(iPad等含む)26種(iPad等含む)7種7種
※2023年9月現在の情報です。時期によって変動する可能性があります。

Androidスマホの取扱数では、結構健闘しているんだね。 

また、ワイモバイルの取り扱い端末はキャリアと比べて古いものが多いという点にも注意が必要です。

例えば、2023年9月現在取り扱っている5種類のiPhoneは以下のとおり。

  • iPhoneSE(第3世代):2022年3月発売
  • iPhone12/12 mini:2020年10月発売
  • iPhoneSE(第2世代):2020年4月発売
  • iPhone11:2019年9月発売 

現状最新のiPhoneは2022年9月に発売した「14シリーズ」ですが、ワイモバイルで買えるiPhoneは2世代前の「12シリーズ」です。

3世代前のiPhone11がまだラインナップされているのもびっくり! 

高性能な最新スマホが欲しいという場合には、ワイモバイルだと目当ての端末を見つけられないかもしれません。

節約モード非対応

格安スマホの中には、以下のような便利機能が付帯するサービスもあります。

  • 節約モード
    自分で低速に切り替えることで、データ消費を抑えることができる
  • データ繰り越し
    余ったデータが翌月に繰り越され、無駄にならない
  • バースト転送
    低速モード適用時でも、通信開始の数秒のみは高速通信になる 

データを賢く運用するためにもぜひとも欲しい機能ですが、ワイモバイルは「データ繰り越し」にしか対応していません

特に利便性の高い「節約モード」が使えない点には、ユーザーも不満を抱いているようです。

メールやLINE、一部SNSなど、高速通信を必要としない作業は多々あるもの。節約したくてもデータ消費を避けられないのは痛いね… 

ちなみに、データ繰り越しに対応したのも2021年8月と非常に遅め。

この調子で今後ほかの便利機能に対応してくる可能性はありますが、少なくとも現状では「データのやりくりは難しい」と思っておいた方がいいでしょう。

料金プランが3種類のみ

ワイモバイルは「用意されている料金プランがわずか3種類」という点も、あまり評判がよくありません。

1GB刻みで契約できる格安SIMも多数存在するため、プラン選びの柔軟性には少々難ありといったところです。

ワイモバイルのプラン展開

  • シンプルS:3GB
  • シンプルM:15GB
  • シンプルL:25GB

シンプルSとMでデータ量の差が大きいのもちょっと使いづらいね。5GB、7GBくらいがちょうどいい人も多いんじゃないかな。

データ増量オプションを使えば多少使えるデータが増えますが、550円の月額料金がかかるためあまりコスパがいいとは言えません。

月5GB前後のデータを使用している人、大容量もしくは無制限プランが欲しいという人には、ワイモバイルは少々使い勝手が悪いでしょう。

関連記事

■月5GB程度のプランがあるおすすめ格安スマホ(SIM)を一挙紹介!↓

月5GB~7GB程度の格安SIM全10社を徹底比較!最安値はどこ?選ぶときのポイントや速度ランキングも紹介

サポート窓口が混雑しがち

日々スマホを使う上で、契約面や料金面などに疑問が生じることもあるかと思います。

そんな時に便利な対人サポートですが、ワイモバイルの電話窓口は「つながりづらい」「待ち時間が長い」と不評です。

トラブルがあって不安なときに、長時間待たされるのは確かにストレスだよね… 

ちなみに「つながってしまえば対応は良かった」との口コミも。

利用者が増えてきている関係で、カスタマーサポートも対応をさばき切れていないのかもしれません。

幸いワイモバイルにはチャット窓口も用意されているため、電話が混雑していても相談する手立てはあります。

口コミによれば使い勝手も良好のようですので、困ったときはチャット窓口もうまく活用してみるといいですね。

関連記事

■キャリア品質+対面サポートを両立したいなら「irumo」を要チェック↓

irumo(イルモ)の評判|改悪って本当?ギガライトと比較したデメリットやahamo・eximoとの違いまで解説

ソフトバンクからの乗り換えはお得度が薄い

ワイモバイルは、格安スマホの中でもキャンペーンが非常に豊富。

2023年9月現在、以下のようなキャンペーンが開催されています。

ワイモバイルで開催しているキャンペーンの例

  • 乗り換えでPayPayポイントプレゼント
    プランM・L契約後、対象加盟店で買い物すると最大23,000円分のPayPayポイントがもらえる
  • 端末割引
    他社からの乗り換えで、人気のiPhoneが最大21,600円引き 
  • タイムセール
    毎日21時~翌9時までの間、初期手数料や端末価格に割引がかかる

どれも魅力的でぜひとも活用したいところですが、残念ながらソフトバンク系サービスからの乗り換えは基本的に対象外となってしまうというデメリットも。

同じキャリア回線だし、ソフトバンクから乗り換えを考えている人は多いんじゃないかな。お得度が薄れるのは嫌だなぁ…。 

以下の通信サービスからワイモバイルに乗り換えた場合、受けられるキャンペーンが少なくなる可能性があるため注意してください。

  • ソフトバンク
  • LINEMO
  • LINEモバイル(ソフトバンク回線)
  • 各種MVNO(ソフトバンク回線) 

ソフトバンク回線のものは、基本的に適用されないと思っていた方がよさそうだワン…

一方で、ソフトバンクやLINEMOから乗り換えて得するケースもゼロではありません

ソフトバンク系サービスからLINEMOに乗り換えるメリット

  • 契約者情報が流用できるため、乗り換え作業が非常に楽
  • ソフトバンクかLINEMOからの乗り換えで、初月基本料金が0円に(2023年1月28日〜終了日未定)

ソフトバンク系サービスからワイモバイルへ乗り換えを検討している場合には、キャンペーンの有無などをよく考慮したうえで決定することをおすすめします。

関連記事

■ソフトバンクからの乗り換えを検討中の人に。おすすめサービスや乗り換え手順を解説↓

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIM6選!メリットデメリットや乗り換え手順まで徹底解説

通話料が高い

格安スマホは、通話アプリ・無料オプションなどで通話料が安くなるのがメリットでした。

ワイモバイルは良くも悪くもキャリアのサブブランドなので、通話料もキャリアと同じく高めになっているのが難点です。

ワイモバイルソフトバンクmineoNUROモバイル
種別サブブランドキャリアMVNOMVNO
通話料金22円/30秒22円/30秒10円/30秒
※mineoでんわ利用時
11円/30秒
※NUROモバイルでんわ利用時

格安スマホによってはキャリアの半額になるものもあるんだね。 

なお通話料金はキャリア準拠であるにもかかわらず、キャリアでは無料の「家族間無料通話」は、ワイモバイルでは利用できません

家族でワイモバイルを契約していたとしても、通話面でのメリットはないため気を付けましょう。

なお、有料ではあるものの、以下のようなかけ放題オプションは用意されています。

  • だれとでも定額(10分かけ放題):770円/月
  • スーパーだれとでも定額(完全かけ放題):1,870円/月 

ワイモバイルで長時間通話を考えているなら、必要に応じてこれらのオプションも活用すると良いですね。

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

こんな人はやめたほうがいい!ワイモバイルがおすすめできない人

こんな人はやめたほうがいい!ワイモバイルがおすすめできない人

ワイモバイル、自分はやめたほうがいいのかな…?

ここまで説明してきたワイモバイルのデメリット・悪い評判を参考に「ワイモバイルをやめたほうがいい人の特徴」を3点にまとめました。

  • 毎月のスマホ代を少しでも安くしたい人
  • 豊富なプランから自分に合った契約を見つけたい人
  • 契約と同時に端末の購入も考えている人 

ワイモバイルは、格安スマホにしては高めの料金設定である点が大きなデメリットです。

通信費削減を目的に乗り換えを考えているなら、あまり効果が感じられないかもしれません。

一番安いプランで2,178円、高いものだと4,000円以上もするよ。

また、データ量の選択肢が「3GB・15GB・25GB」の3つしか用意されていないのも惜しいところ。

中容量帯が欲しい人や、普段無制限プランを利用している人などには少々使い勝手が悪いでしょう。

セット購入できる端末も少なめ&古めなので、契約と同時にスマホを買い替えようと思っている人も十分注意してください。

最新のiPhoneが欲しいのであれば、現状ワイモバイルは選択肢から外れてきます。

ワイモバイルには基本型落ちのiPhoneしかラインナップされていないワン…

ワイモバイル以外におすすめの乗り換え先を調査したいという人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

■乗り換え先選びで難儀している人に。キャンペーン等をもとにおすすめを紹介↓

スマホ乗り換えに一番おすすめなサービスはどれ?全11社のお得なキャンペーンを比較!乗り換えタイミング・手順も解説

ワイモバイルを契約するメリット・良い口コミ評判

ワイモバイルを契約するメリット・口コミ評判

ワイモバイルはどんな点で選ばれているのかな?

ワイモバイルの悪い側面ばかり紹介してきましたが、もちろん魅力的な部分も多数あり、多くの人に選ばれていることは確かです。

ここからは「ワイモバイルを契約するメリット」について、口コミと共に解説していきます。

良い面もしっかりと理解したうえで、契約するべきかどうかを判断してみてくださいね。

格安SIMより通信速度が安定している

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用したサブブランドなので、通信面で非常に安定しているのが大きな魅力です。

通信サービスの速度比較サイト「みんなのネット回線速度」によれば、数ある格安スマホの中で2位にランクインするほどの速さとのこと。

回線種別通信速度
UQモバイルサブブランド82.24Mbps
ワイモバイルサブブランド75.04Mbps
NUROモバイルMVNO(トリプルキャリア)63.04Mbps
スターモバイルMVNO(トリプルキャリア)62.41Mbps
LinksMateMVNO(ドコモ)58.86Mbps
J:COM MOBILEMVNO(au)47.01Mbps
日本通信SIMMVNO(ドコモ)42.28Mbps
IIJmioMVNO(ドコモ、au)39.93Mbps
mineoMVNO(トリプルキャリア)39.29Mbps
※みんなのネット回線速度 格安SIMの通信速度ランキングより(2023年9月現在)

速度面で定評のあるOCNモバイルONEの上を行く速さなんだね! 

ネット上の口コミを見ても、ワイモバイルの速度に満足している声が多数見受けられました。

さらにデータを使い切ってしまったときの制限速度も魅力で、シンプルM・Lなら最大1Mbpsで使い放題です!

https://twitter.com/maribell_smith/status/1630298746826399744

1Mbpsあればメール・LINEでの連絡はもちろん、画質を落とせばYouTubeまで楽しめちゃうんだよ!ただしシンプルSだけは最大300kbpsなので注意。 

格安SIMは通信速度が心配…という人は、ワイモバイルにすればその不安を払拭できるでしょう。

関連記事

■格安スマホ(SIM)各社の速度が気になる人はこちらをチェック!本当に遅い?↓

【遅すぎる?】格安SIM25社の速度を徹底比較!遅い理由や対処法・おすすめ9社を解説

電話や店舗での契約が可能

格安SIMは安価で利用できる代わり、コスト削減のために店舗を持たないサービスが数多く存在します。

ネットでいつでも契約できる一方、申込時に不安なことがあっても相談することができないというデメリットも。

その点、サブブランドであるワイモバイルは、電話や店舗での契約にも対応している点が強みです。

特に店舗は非常に充実していて、全国に2,600店舗展開しているため気軽に相談に行けるはず。

やっぱり対面サポートは何かと安心だよね。

お住まいの地域にワイモバイルショップがあるかどうかは、公式サイトの「ショップ検索」から調べることができますよ。

セット割や家族割が充実

ワイモバイルは月額料金が高めである点がデメリットと説明しましたが、その代わり各種割引が充実しているというメリットがあります

具体的には以下の通り。

ワイモバイルの割引特典

  • 家族割引サービス
    家族にワイモバイル利用者がいる場合、2回線目以降の月額料金が最大1,188円OFF(9回線まで適応)
  • おうち割
    Softbank光/Airとのセット契約で、どのプランでも月額料金1,188円割引 

「家族割引」と「おうち割」いずれかを利用できれば、3GBのシンプルSがずっと990円に

割引特典をうまく活用することができれば、他社に負けずとも劣らないプランになるでしょう。

ワイモバイルは通信面で圧倒的に優れているから、料金が安くなれば隙なしだね! 

家族みんなでワイモバイルを利用していたり、すでに自宅のネット回線にソフトバンク系サービスを利用したりしているご家庭は、ワイモバイルを選ぶ価値が高いでしょう。

オンライン契約なら初期手数料が無料に

格安SIMの欠点として、契約時に3,000円程度の「初期手数料」がかかるというものがあります。

「いくらプランが安くても、乗り換えに数千円も支払いたくないな…という人も多いはず。

ワイモバイルも通常であれば3,300円取られてしまうものの、以下2つの条件を満たすと手数料無料で契約することができます

ワイモバイルを手数料なしで契約する条件

  • タイムセールが開催している時間帯
    (毎日21時~翌9時)
  • オンラインからの申し込み

たったこれだけで、初期手数料がタダになるのはかなりお得だね! 

店舗で相談しながら契約できるというメリットはなくなってしまうものの、一人で手続きすることに抵抗のない人はぜひ活用したい特典です。

タイムセール中は端末も割引価格で売り出されるので、併せて見てみると良いでしょう。

Yahoo!プレミアム会員特典を受けられる

ワイモバイルユーザーは、通常月額508円の「Yahoo!プレミアム」が無料で使い放題な点も大きな魅力。

Yahoo!プレミアムでは、以下のような特典が受けられます。

  • Yahoo!ショッピングでのPayPay払い利用で、PayPayポイントが最大12%貯まる
  • 雑誌110誌以上が読み放題
  • Yahoo!かんたんバックアップの容量無制限
  • ヤフオク出品時の「落札システム手数料」が10%→8.8%に etc… 

無料でこれだけ豊富な特典を受けられるなんてすごい! 

すでにYahoo!プレミアムを利用している人はもちろん、上記特典に魅力を感じた人であれば、ワイモバイルを選んで損はないはず。

ソフトバンクWi-Fiスポットを無料で使える

ソフトバンクでは、公衆無線LANサービスエリアとして「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供しています。

JRの主要駅や空港などでネットが使える嬉しいサービスですが、ワイモバイル利用者はなんと申込不要・月額無料

いつでも公衆無線LANが使い放題というお得さがあります。

データ量の節約にもなるし、これはありがたいね!

ソフトバンクWi-Fiスポットは全国各地に50万か所近く設置されているとの情報もあり、使い勝手は上々。

ワイモバイルは節約モードがないという欠点がありますが、無料Wi-Fiをうまく活用することでデータ切れを避けられるでしょう。

口座振替でも契約可能

一般的な格安SIMは、支払方法がクレジットカードに限定されてしまっているケースがよくあります。

「乗り換えたくても、カードを持っていないからどうしようもない…」と頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

サブブランドとして店舗も構えるワイモバイルなら、クレジットカードのほか「口座振替」での契約にもバッチリ対応しています!

口座振替に対応している通信サービス自体少ないから、ワイモバイルのありがたさがわかるね!

口座振替で契約する方法は以下3種類。

  • 郵送での手続き
    →申込完了まで1~2か月
  • 公式オンラインストアでの手続き
    →申込即時完了
  • ワイモバイルショップでの手続き
    →申込完了まで1〜2か月

各手続き方法で、申込完了までの期間や利用できる金融機関が異なってくるので注意が必要です。

迷ったら、申込が即時完了するうえ金融機関数も多い「公式オンラインストア」での手続きをおすすめします。

口座振替だけでなく、中にはデビットカードで支払える格安スマホもあるんだだワン!

関連記事

■デビットカード対応の格安SIMを探している人はこちらもチェック↓

デビットカードで支払えるおすすめ格安SIM10選!クレカなしのメリットや注意点まで徹底解説

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

ワイモバイルがおすすめな人の特徴

ワイモバイルがおすすめな人の特徴

私にワイモバイルは合っているかな?

ワイモバイルを契約するメリットを7つご紹介してきましたが「実際どんな人におすすめのサービスなの?」と疑問に思っている人もいるはず。

ここでは、ワイモバイルがおすすめできる人の特徴を3点ご紹介します。

  • スマホは通信速度を重視したいという人
  • Yahoo!関係のサービスやPayPayをよく活用する人
  • 家族にワイモバイルユーザーがいる人 

第一に「毎月の通信料は抑えたいけど通信速度が落ちるのは嫌だ…」という人にとって、純粋なソフトバンク回線を使えるワイモバイルは魅力あるサービスと言えるでしょう。

格安SIMが苦手とするお昼などの混雑時間帯でも安定して通信できるので、通信面でのストレスはまずないはず。

またソフトバンク系のサービスということもあり、Yahoo!やPayPayなどをよく利用する人にも特におすすめ

Yahoo!プレミアムが無料付帯したり、Yahoo!ショッピングでの買い物でPayPayポイントが12%還元されたりと、何かとお得になることが多くなっています。

キャンペーンでPayPayポイント付与などもあるから、ザクザク貯まりそうだね! 

ネックとなっていた月額料金も、家族にワイモバイルユーザーがいるのであれば大幅割引が適用されるため問題ありません。

みんなでワイモバイルを使えるのであれば、欠点のほぼない非常に魅力的なサービスと言えますよ!

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

ワイモバイルと他社通信サービスを比較

ワイモバイルと他社通信サービスを比較

他社と比べて、ワイモバイルは実際お得なの?

昨今の安価な格安SIMと比べると少々見劣りする部分もあるワイモバイルですが、キャリアや他社サブブランドと比べたときはどうでしょうか。

ここでは、キャリア含む5社の通信サービスと、料金や通信速度などの全8項目を比較してみました。

ワイモバイルUQモバイルソフトバンクauドコモ楽天モバイル
プラン名シンプルMトクトクプランメリハリ無制限使い放題MAX 5G/4Geximo(エクシモ)Rakuten最強プラン
種別サブブランド
(ソフトバンク)
サブブランド
(au)
キャリアキャリアキャリアキャリア
月額料金3,278円2,277~3,465円7,238円7,238円7,315円3,278円
データ量15GB15GB無制限無制限無制限無制限
通信速度75.04Mbps82.24Mbps90.17Mbps79.24Mbps118.22Mbps76.86Mbps
速度制限時1Mbps1Mbps制限なし制限なし制限なし制限なし
通話料金22円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒無料(専用アプリ使用時)
支払方法クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
インターネットバンキング(Pay-easy)
コンビニ払い
支払秘書
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
請求書
クレジットカード
デビットカード
口座振替
楽天ポイント

キャリアでは小容量or無制限の2択となってしまうため、中容量帯を希望しているのであれば同じサブブランドの「UQモバイル」が競合となり得そうです。

価格面・通信速度面などを見てもいい勝負をしていることから、普段au系のサービスを使っているのか、ソフトバンク系のサービスを使っているのかで判断したいところ

セットで契約すれば、月額料金に割引も効くからね。

データ量をさらに充実させたいという人は、第4のキャリア「楽天モバイル」も選択肢として入ってくるでしょう。

通信の安定面ではワイモバイルに劣るものの、月額3,278円でデータ無制限という魅力があります。 

各社それぞれ特徴を持っていますので、よく比較したうえで契約に踏み切るのがおすすめです。

各社のプラン内容をより詳しく把握したいという人は、以下の記事で詳細をご確認ください。

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

ワイモバイルの評判に関するよくある質問

ワイモバイルの評判に関するよくある質問

ワイモバイルについて、しっかり知り尽くしてから契約したいよ!

ワイモバイルの特徴を一通り解説しましたが「どうやって契約するの?」「乗り換えキャンペーンは?」など、気になる点は多々あるかと思います。

ここでは、そんな「ワイモバイルの評判に関するよくある質問」をまとめました。

契約前に疑問点・懸念点はすべて解消し、後悔のない選択をできるようにしましょう。

ワイモバイルの契約方法を教えて!

ワイモバイルを契約する方法には「新規」と「他社からの乗り換え」がありますが、いずれも手順に大きな違いはありません。

  1. MNP予約番号を発行(乗り換えのみ)
    乗り換え後も電話番号を継続利用する場合に必要な番号。現在契約している通信会社に問い合わせて発行してもらう
  2. 申し込み
    店舗・電話・オンラインストアのいずれかにより申し込む。初期手数料が無料になるオンラインストアがお得。
  3. 商品受領・初期設定
    申込完了後、最短2日で商品が手元に届く。MNP転出手続き等の初期設定を済ませて乗り換え完了 

わずか3STEPでワイモバイルを使い始められるんだね! 

契約手続きに不安がある人は電話や店舗を活用してもいいですし、一人でやることに抵抗のない人は公式サイトの「初期設定ガイド」を参考に進めることもできます。

ご自身にあったやり方で契約してみてください。

ワイモバイルはお得なキャンペーンを開催している?

ワイモバイルはキャリアのサブブランドということもあり、開催しているキャンペーン数は比較的豊富。

中でも特にお得度の高いものをいくつかご紹介します。

  • PayPay20%戻ってくるキャンペーン
    プランM・Lに加入後、対象加盟店でPayPayを使って買い物をすると、
    最大20,000円相当のPayPayポイント付与
  • 端末割引
    新規契約or他社からの乗り換えで、iPhoneなどの端末が最大21,600円OFF 

スマホ本体もお得に買えちゃうんだね! 

過去には、2回線目以降の料金が1年間2,288円OFFになる「ワイモバ親子割」なるものも開催されていました。

家族で通信サービス乗り換えを検討しているなら、ワイモバイルを選ぶ価値は高いでしょう。

ワイモバイルとソフトバンクはどっちがお得?

スマホの使い方にも左右されますが、単純に月額料金で見た場合はワイモバイルの方が圧倒的にお得です。

小容量3GBで比べてみても、月3,000円以上差があることが分かりました。

ワイモバイルソフトバンク
プラン名プランSミニフィットプラン+
データ量3GB3GB
月額料金2,178円5,478円

年間40,000円近く通信費が安くなることに!この差は大きいね。 

使用している回線も同じキャリア回線なので、とにかくスマホ代を抑えたいという人であればワイモバイルを選んで間違いはないでしょう。 

ただし、以下のような場合にはソフトバンクやその他通信サービスの方がお得になることも。

  • ソフトバンクを利用している家族が多い
    →家族間無料通話が活きる
  • 小〜中容量プランだとデータ量が足りなくなる
    →ソフトバンクには無制限プランがある 

状況に応じて、いろいろなサービスを比較してみると良いですね。

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

【まとめ】ワイモバイルはやめたほうがいいと言われる理由

ワイモバイルやめたほうがいいまとめ

ワイモバイルの良い点・悪い点がよくわかったわ!

この記事では「ワイモバイルはやめたほうがいい」と言われている理由やデメリットをはじめ、反対に魅力やメリットについてまで、ワイモバイルの評判を詳しく解説してきました。

最後に、この記事の結論を以下にまとめます。


この記事の結論

  • ワイモバイルは「月額料金の高さ」「料金プランの少なさ」が大きなデメリット
  • 一方サブブランドということもあり、通信速度面では非常に優秀なサービス
  • 各種割引特典も豊富なため、上手く活用すれば他社に引けを取らない高コスパに!

サブブランドであるワイモバイルは、昨今の格安SIMと比べると料金面でお得さが薄いのは確かです。

しかし、純粋なソフトバンク回線を使えるという特性のおかげで、通信面では圧倒的な快適さを誇ります

インフラサービスとの「セット割」や、2回線目以降が安くなる「家族割」など、各種割引特典が豊富なのも魅力

上手く活用できれば月額990円から利用することもできるので、割引対象となりそうな人はワイモバイルに乗り換えてみてください!

\PayPayポイント特典/

今なら申し込み前のエントリーで合計最大23,000円相当のPayPayポイントがもらえる!
ひとりでも家族でも料金がお得になる割引サービスが人気です。


※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは一部キャンペーン対象外。

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU