【遅すぎる?】格安SIM25社の速度を徹底比較!遅い理由や対処法・おすすめ9社を解説

格安SIM遅いアイキャッチ

・格安SIMは遅すぎるって聞いたけど、実際の通信速度はどうなのかな?
・通信速度に優れる格安SIMがあれば知りたい!

このような疑問にお答えします。


この記事の結論

  • 格安SIMは回線をレンタルしているため、キャリアに速度面では敵わない
  • 使う時間帯をずらしたりスマホを再起動したりすることで、遅さはある程度解消できる
  • 格安SIMが不安なら「LINEMO」のようなキャリア格安プランを検討するのもおすすめ

スマホ代を大きく節約できることで注目を集める「格安SIM」。

反面、通信速度が遅いというネガティブな意見も多いことから「乗り換えても大丈夫かな…」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

安くなるのは嬉しいけど、スマホが使い物にならないほど遅くなりそうで怖い…

この記事では「格安SIMは本当に遅いのか」という疑問を解消するべく、スマホが快適に使える速度を解説した上で、格安SIM25社の通信速度を徹底比較していきます!

比較結果をもとに、本当におすすめできる格安SIM9選も紹介しますので、ぜひ乗り換えに役立ててみてください!

格安スマホを本格的に検討している方は「人気の格安スマホ(SIM)を徹底比較!どこがいい?おすすめランキング・料金・端末も紹介」もご覧ください。

おすすめの格安SIM TOP3

  • LINEMO おすすめ!
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    3GB990円という安さでソフトバンク回線が使える!LINEのデータ消費がゼロになるので、使い勝手も抜群。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    auセット割を使えば3GB990円から契約可能に!データ繰越・節約モード搭載で賢く運用できます。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安SIMの評価部門で数多く最優秀賞を受賞!毎月速度状況の公表・改善を図るユーザーファーストな姿勢が魅力。

格安SIMの通信速度は本当に遅い?

格安SIMの通信速度は本当に遅い?

正直なところ、格安SIMって遅いの?

通信面で悪い噂の多い格安SIMですが、結論を言うと以下2点にまとめられます。

  • 使う時間帯や場所によって、著しく速度が低下することがあるのは事実
  • 格安SIMの中でも、会社によって速いところもあれば遅いところもある

お昼時間帯・通退勤ラッシュ時など、多くの人がスマホを利用するタイミングは格安SIMが特に苦手とする場面です。

通信会社によっては、ネットの利用が全くままならないものも。

※AM9時(通勤時間帯)の通信速度
※PM6時(退勤時間帯)の通信速度

格安で提供している以上、キャリア同等のサービスが期待できないことは致し方ないけど、ここまで遅いと不安になるね…

しかし反対に言ってしまえば、通信する時間帯・選ぶ通信会社を間違わなければ格安SIMでも不自由なく普段使いできるということ。

格安SIMは、通信速度が優秀な会社を選ぶことはもちろん「遅い場面があることを十分理解した上で賢く使う」のが重要だということを理解しておきましょう。

格安スマホの弱点については「格安スマホやSIMフリーのデメリット7選!メリットはある?後悔しないために知っておきたいこと」もご覧ください。

格安SIMがキャリアよりも遅い理由

格安SIMがキャリアに通信速度で劣る理由は、主に以下2点です。

  • 格安SIM自体は回線を持っておらず、キャリア回線をレンタルしている
  • レンタルしている回線数には限りがある

通信回線は「道路の車線」と同じように、本数が多いほど流れもスムーズになります。

回線が少ない格安SIMはすぐに渋滞が起きてしまい、速度低下に陥ってしまうというわけです。

格安SIMの通信速度の変化

  • 回線が多い&利用者が少ない
    =空いていて通信も快適
  • 回線が少ない&利用者が多い
    =回線が渋滞状態!通信もままならない

どの通信会社がどれくらいの回線をレンタルしているかは公表されていないからね…料金だけに惹かれると、後悔することになるかも。

格安SIMを選ぶ際には、ネット上に公開されている各通信会社の速度を確認したり、通信環境改善に積極的な会社に狙いをつけたりすると良いでしょう。

速度面で優秀な格安SIMについては、記事中盤で解説していくワン!

快適に使える目安の通信速度

スマホで行う各種操作には、ストレスなく使うための速度がある程度決まっています。

  • LINE、メール:128kbps~1Mbps
  • 各種SNS:1~3Mbps
  • Web閲覧:1Mbps~10Mbps
  • 動画視聴(Youtube等):0.7~20Mbps
  • ビデオ通話(Zoom等):0.6~4Mbps
  • オンラインゲーム:30Mbps以上

参考:YouTubeZoom

やりたいことによって異なるものの、平均として「5Mbps程度」確保できていれば、普段使いで困ることは少ないと言えます。

上記はあくまで一般的な数値だから、利用者によって体感速度が異なる点には留意してほしいワン!

おすすめの格安SIM TOP3

  • LINEMO おすすめ!
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    3GB990円という安さでソフトバンク回線が使える!LINEのデータ消費がゼロになるので、使い勝手も抜群。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    auセット割を使えば3GB990円から契約可能に!データ繰越・節約モード搭載で賢く運用できます。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安SIMの評価部門で数多く最優秀賞を受賞!毎月速度状況の公表・改善を図るユーザーファーストな姿勢が魅力。

格安SIM25社の通信速度比較

格安SIM25社の通信速度比較

たくさんの格安SIMがあるけど、通信速度が優秀なのはどこなんだろう?

ここでは、数ある格安SIMの中から人気のある25社を厳選して、通信速度を徹底比較してみました。

先述した「快適に使える目安速度」を参考に、どの会社が優れているかを確認していきましょう。

表は「下り速度の降順」で記載しているワン!

格安SIM名下り(ダウンロード速度)上り(アップロード速度)
LinksMate83.76Mbps11.44Mbps
ペンギンモバイル81.15Mbps12.81Mbps
y.u.mobile66.3Mbps15.56Mbps
UQモバイル65.92Mbps12.02Mbps
ワイモバイル64.6Mbps16.11Mbps
OCNモバイルONE63.14Mbps13.45Mbps
J:COM MOBILE58.92Mbps10.5Mbps
イオンモバイル56.65Mbps12.97Mbps
NUROモバイル54.93Mbps13.73Mbps
IIJmio49.63Mbps11.63Mbps
LINEモバイル48.47Mbps12.41Mbps
b-mobile47.69Mbps12.46Mbps
HISモバイル47.43Mbps9.16Mbps
mineo41.37Mbps8.59Mbps
日本通信SIM38.58Mbps11.09Mbps
QTモバイル37.63Mbps10.89Mbps
NifMo36.52Mbps11.0Mbps
スターモバイル35.95Mbps10.48Mbps
BIC SIM35.42Mbps8.8Mbps
DMMモバイル28.65Mbps6.75Mbps
TONEモバイル21.5Mbps8.15Mbps
エキサイトモバイル19.57Mbps6.5Mbps
ロケットモバイル15.79Mbps9.06Mbps
BIGLOBEモバイル12.71Mbps9.31Mbps
LIBMO10.1Mbps8.7Mbps

普段のネットやゲームでは「下り速度」が重要になるよ。比較する際は「上り」よりも重視するようにしよう。

一口に格安SIMといっても、各社によって通信速度は全く異なっていることが分かるかと思います。

キャリアのサブブランドであるUQモバイル・ワイモバイルを筆頭に、人気の高い格安SIMは大体通信速度も優秀な印象です。

月額料金の安さももちろん大事だけど、ブランド力も重視するとなお安心だワン!

キャリアの通信速度との比較

格安SIMの中で速度面・サービス面で特に優れる「UQモバイル」「OCNモバイルONE」「mineo」「イオンモバイル」の4社と、大手4キャリアの通信速度を比較してみました。

通信会社名下り(ダウンロード速度)上り(アップロード速度)
mineo41.37Mbps8.59Mbps
イオンモバイル56.65Mbps12.97Mbps
楽天モバイル58.14Mbps26.26Mbps
OCNモバイルONE63.14Mbps13.45Mbps
UQモバイル65.92Mbps12.02Mbps
au79.91Mbps14.14Mbps
ソフトバンク102.65Mbps20.46Mbps
ドコモ202.14Mbps20.85Mbps

一概にこの数値が出るとは言えないものの、やはりキャリアの通信速度は抜きんでていることが分かります。

ドコモとソフトバンクに至っては3桁!いかにキャリア回線が安定しているかを思い知らされるね。

しかし、普段スマホを使っていて100Mbps以上必須となるケースはほとんどありません。

キャリアに比べると確かに見劣りはするものの、格安SIMの通信速度も十分実用範囲内と言えるでしょう。

YouTubeのHD動画でも5Mbpsあれば見れてしまうから、格安SIMでも不満を感じることは少ないワン!

おすすめの格安SIM TOP3

  • LINEMO おすすめ!
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    3GB990円という安さでソフトバンク回線が使える!LINEのデータ消費がゼロになるので、使い勝手も抜群。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    auセット割を使えば3GB990円から契約可能に!データ繰越・節約モード搭載で賢く運用できます。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安SIMの評価部門で数多く最優秀賞を受賞!毎月速度状況の公表・改善を図るユーザーファーストな姿勢が魅力。

速度・サービスが優秀なおすすめ格安SIM5選

速度・サービスが優秀なおすすめ格安SIM5選

結局、どの格安SIMを選んだらいいんだろう…?

ここでは、先述した通信速度も参考にしつつ、サービス面も踏まえてトータルでおすすめできる格安SIMを5社紹介していきます。

「どこにしたらいいかわからない!」という人は、まずはこの中から検討してみるのがおすすめです。

①mineo

通信会社名mineo
回線MVNO(トリプルキャリア)
月額料金/データ量1,298円/1GB
1,518円/5GB
1,958円/10GB
2,178円/20GB
通信速度(実効値)41.37Mbps
低速通信時最大200kbps
支払い方法口座振替
クレジットカード
デビットカード(一部)
サポート・オンラインチャット
・メール
・SNS
・電話
キャンペーン【かけ放題割引キャンペーン】
①10分かけ放題・完全かけ放題どちらも初月無料
②2ヶ月目以降も、1年間各オプションが最大220円割引
特徴・トリプルキャリア対応で手持ち端末を活かせる
・独自のデータオプションが豊富
・データ無制限も格安で利用可能
公式HPhttps://mineo.jp/

mineo(マイネオ)は、格安SIMを評価する部門で数多く1位を獲得している老舗サービスです。

顧客満足度が非常に高く、通信速度も必要十分なので、多くの人に選ばれています。

参考:「【遅い?】mineo(マイネオ)各プランの通信速度を他社と比較!速度低下の原因やその対策法も解説

格安SIMの中では珍しい「トリプルキャリア」に対応している点もポイント。

どのキャリアのSIMカードでも契約できるので、手持ちの端末を無駄にせず活用可能です。

1キャリアしか選択できない会社も多い中、これは嬉しいね!端末を買う必要も、SIMロック解除する必要もなし!

また、mineoユーザーとデータを譲りあえる独自オプションが多数用意されているので、データ不足で悩むことが少ないのも嬉しいところですね。

格安SIM選びで迷ったときは、mineoを検討すればまず間違いありませんよ!

\格安SIMデビューに/

1GB 1,298円~/月から使える! 3大キャリア回線から選べて乗り換えも簡単。
データ容量をシェア&コミュニティサイトも充実。初めての格安SIMのおすすめです!

さらに詳しくは「【口コミ】mineo(マイネオ)の評判はやばい?他社より料金・キャンペーンがお得か徹底解説」をご覧ください。

②OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
通信会社名OCNモバイルONE
回線MVNO(ドコモ)
月額料金/データ量550円/500MB
770円/1GB
990円/3GB
1,320円/6GB
1,600円/10GB
通信速度(実効値)63.14Mbps
低速通信時最大200kbps
支払い方法クレジットカード
(口座振替、デビットカードも条件付き可)
サポート・オンラインチャット
・メール
・電話
キャンペーン【スマホセール】※不定期
人気の格安スマホが最安1円から購入可能
(基本他社からのMNPが条件)
特徴・ドコモ回線の格安SIMで通信速度1位
・バースト転送付きで制限時もある程度快適
・スマホセールがかなりお得
公式HPhttps://service.ocn.ne.jp/mobile/

OCNモバイルONEは、通信会社大手「NTT」のグループ会社である「NTTレゾナント」が運営する格安SIMです。

ドコモと同じ強力なバックボーンがついているため、ブランド力は申し分ありません。

格安SIMは安さもそうだけど、運営会社の実績も重視したいところだね。

OCNモバイルONEはドコモ系列らしく、通信速度に優れているのが特徴

MM総研の調査では、ドコモ回線の格安SIMの中で4期連続通信速度1位に輝いています!

不定期で開催しているスマホセールを狙えば、なんと端末が最安1円から購入可能

OCNモバイルONEなら、乗り換え時の費用負担をグッと抑えられますよ!

\月額550円から契約可能/

大容量10GBでも月額基本料金1,600円(税抜)!
ドコモ回線で通信速度も安心!安さと品質を求める方におすすめの格安SIMです。

詳しくは「OCNモバイルONEの評判解説!料金やメリット・注意点」をご覧ください。

③イオンモバイル

通信会社名イオンモバイル
回線MVNO(ドコモ、au)
月額料金/データ量最小:803円/0.5GB
最大:5,258円/50GB
※詳細は本表の下部参照
通信速度(実効値)56.65Mbps
低速通信時最大200kbps
支払い方法クレジットカード
サポート・メール
・電話
・店舗
キャンペーン【秋のお乗り換えキャンペーン】
他社から乗り換え+対象スマホ購入で
最大10,000WAONポイント付与
特徴・1GB刻みで設定できるプラン
・データ繰越も可能
・実店舗が充実していて安心
公式HPhttps://aeonmobile.jp/
イオンモバイルの料金プラン詳細(クリックで開きます)
データ量月額料金
0.5GB803円
1GB858円
2GB968円
3GB1,078円
4GB1,188円
5GB1,298円
6GB1,408円
7GB1,518円
8GB1,628円
9GB1,738円
10GB1,848円
20GB1,958円
30GB3,058円
40GB4,158円
50GB5,258円

イオンモバイルは、ショッピングモール「AEON」で有名な「イオン株式会社」が運営している格安SIMです。

通信速度も実効値で50Mbps以上確保できているので、不便に感じることは少ないはず。

大体40〜60Mbps程度出ている格安SIMは、ブランド力もあって運営に積極的なイメージがあるね。

格安SIMの中でも珍しい「1GB刻みで設定できるプラン」を展開している点は特に魅力

自分の使うデータ量に応じてプラン選びができるので、スマホ代を最適化することができます

サポート体制が不安で格安SIMを躊躇している人もいるかと思いますが、イオンモバイルは実店舗が非常に充実しているので安心です。

全国200店舗以上のイオンで取り扱っているので、買い物ついでに気軽に相談できますよ!

\1GB刻みで細かくデータ設定可能/

格安SIMの中でも抜群にプラン選定がしやすい点が特徴。自分にぴったり合ったデータ量で契約できるので、無駄なスマホ代を削減できます!

④NUROモバイル

NUROMobile公式
通信会社名NUROモバイル
回線MVNO(トリプルキャリア)
月額料金/データ量NEOプラン Lite:2,090円/20GB
NEOプラン :2,699円/20GB(オプション付)
VSプラン:792円/3GB
VMプラン:990円/5GB
VLプラン:1,485円/10GB
通信速度(実効値)54.93Mbps
低速通信時最大200kbps
支払い方法クレジットカード
サポート・メール
・オンラインチャット
・電話
キャンペーン【15,000円キャッシュバック】
NEOプラン(20GB)に他社から乗り換えで、
現金15,000円キャッシュバック
【バリュープラス乗り換えキャンペーン】
バリュープラス(VS,VM,VL)に他社から乗換えで、
初期手数料3,300円が割引
特徴・トリプルキャリアに対応
・初月料金0円
・各種アプリのデータ消費がゼロになるオプションあり
公式HPhttps://mobile.nuro.jp/

NUROモバイルは、2021年度オリコン顧客満足度1位に輝いた実績のある、ソニーグループの格安SIMです。

ソニー独自のAI技術で通信の最適化を図っていることもあり、通信速度は約55Mbpsと十分な値となっています。

大手企業が運営しているというだけでも、安心感は段違いだね。ネット上でもポジティブな口コミが多いよ!

データ量ごとに細かくプランが分けられているので、自分に合った契約を見つけやすいのもポイント。

さらに有料オプションを付ければLINEやTwitter等のデータ消費をゼロにすることもできるので、使い勝手は抜群です!

SNS等をたっぷり使いたいという人に、NUROモバイルは特におすすめだワン!

\ソニー独自技術で通信を最適化/

独自のAI技術により、格安SIMの中でも通信面で安定しているのが特徴!SNS・LINE等がデータフリーになるオプションもあり使い勝手抜群です!

⑤HISモバイル

HISモバイル公式画像
通信会社名HISモバイル
回線MVNO(ドコモ、ソフトバンク)
月額料金/データ量290円/100MB
550円/1GB
770円/3GB
990円/7GB
2,190円/20GB
5,990円/50GB
通信速度(実効値)47.43Mbps
低速通信時最大200kbps
支払い方法クレジットカード
サポート・オンラインチャット
・電話
キャンペーン【初期手数料キャッシュバック】
複数回線同時申し込みで、契約時の初期手数料が
最大8,250円キャッシュバック(5回線まで)
特徴・最安290円からスマホを持てる
・従量制だから使った分だけ
・プリペイドSIMの提供もあり
公式HPhttps://his-mobile.com/

HISモバイルは、その名の通り旅行会社「エイチ・アイ・エス」が運営する格安SIMです。

格安SIMの老舗「日本通信」と協同していることもあり、サービスの質は申し分ありません。

HISモバイルの特徴はなんといっても「月額料金の安さ」

最安290円という破格の値段で、音声通話SIMが契約できてしまいます!

この価格は業界最安級!ただし従量制プランだから、意識しないと月額が上がってしまう点には注意してね。

旅行会社ならではの特徴として「プリペイドSIM」が提供されているのも面白いところ

国内はもちろん海外でも使えるので、一定期間スマホを使いたいというときにも大活躍しますよ!

\今すぐ料金プランをチェック/

音声通話格安SIMが月額290円(税込)~! *データ100MB未満の場合
eSIM対応!月額料金の安さにこだわる方におすすめです。

詳しくは「HISモバイルの評判徹底調査!悪い口コミやデメリット・おすすめプランを解説」をご覧ください。

格安SIMが遅いと不安な人におすすめのプラン4選

格安SIMが遅いと不安な人におすすめのプラン4選

やっぱり、格安SIMは遅いって評判が多いから心配だな…

通信速度面で格安SIMの契約をためらっている人は、キャリアのサブブランドや格安プランを検討するのがおすすめです!

通信を安定させつつ、スマホ代も抑えられるおすすめ4社をご紹介します。

①LINEMO

LINEMO公式
通信会社名LINEMO
回線ソフトバンク
月額料金/データ量ミニプラン:990円/3GB
スマホプラン:2,728円/20GB
通信速度(実効値)60.84Mbps
低速通信時最大1Mbps(ミニプラン:300kbps)
支払い方法クレジットカード
口座振替
PayPay
サポート・オンラインチャット
・LINE公式アカウント
キャンペーン【PayPayポイントあげちゃうキャンペーン】
他社からLINEMOのスマホプランに乗り換えで10,000円相当プレゼント
【基本料最大半年間実質無料キャンペーン】
新規・乗り換えどちらでも、基本料金990円分を6か月間PayPayポイントで還元
※2023年1月末まで、最大8ヶ月に増量中
特徴・1,000円以下でキャリア回線が使える
・LINEのデータ消費ゼロ
・キャンペーンで大量のPayPayポイント付与
公式HPhttps://www.linemo.jp/

LINEMOは、ソフトバンクの格安プランとして提供されているサービスです。

3キャリアの格安プランの中で唯一「ミニプラン」を展開している点が魅力。

データ量3GBで月額990円という、下手な格安SIMより安い料金でキャリア回線が利用できます!

さらにLINEMO独自の特徴として、LINEのデータ消費がゼロになる「LINEギガフリー」まで付いてくるという大盤振る舞い。

LINEをコミュニケーションツールとして使っている人は多いかと思いますので、大半の人がデータ量を大幅に削減できるはずです!

チャットはもちろん、音声通話やビデオ通話までカウントフリー対象!LINE使い放題だね。

LINEMOは乗り換えキャンペーンも豊富で、今ならスマホプランは約4か月、ミニプランは8か月実質無料で使えます!

初期手数料も不要なので、迷ったらまずはLINEMOにしてみて損なしですよ!

\キャンペーン実施中/

シンプルな2種類の料金プランがお得!3GBのミニプランなら基本料月額990円(税込)
LINEトークもビデオ通話もギガ消費ゼロ&ソフトバンク回線で通信品質も高い!

詳しくは「LINEMOの評判・特徴を徹底解説!ahamo・povo・楽天モバイルとの比較」をご覧ください。

②ahamo

ahamo画像
通信会社名ahamo
回線ドコモ
月額料金/データ量2,970円/20GB
通信速度(実効値)138.42Mbps
低速通信時最大1Mbps
支払い方法クレジットカード
口座振替
サポート・オンラインチャット
・電話
・店舗(有料)
キャンペーン【大盛オプション実質0円】
初めて大盛オプションを適用する場合に限り、
2022年12月までオプション代1,980円がdポイントで還元
特徴・ドコモ既存プランに負けない圧倒的な速度
・+1,980円でデータ量を100GBにできる
・5分かけ放題が標準付帯
公式HPhttps://ahamo.com/

ドコモの格安プランでは、20GB2,970円というプラン一本の「ahamo(アハモ)」が提供されています。

通信速度は138Mbpsと、本家ドコモに負けない圧倒的な速度で利用できると評判です。

これだけ早ければ、普段のスマホ利用で不便に感じることはほとんどなさそうだね!

「20GBじゃ物足りない!」という人に向けて、+1,980円で付き100GBまで使えるようになる「大盛オプション」も用意されています。

もちろんテザリングも無料で使えるので、スマホをポケット型Wi-Fiのように活用することもできますよ。

さらに5分かけ放題が標準でついてくるのもポイント!キャリアならではの充実したプランになっているワン!

\24時間オンライン受付中/

たっぷり20GBで基本料金2,970円(税込)!シンプルな料金体系が魅力です。
時間帯による速度制限もなし!お得な料金で高品質ネットワークが使えます。

さらに詳しくは「【評判】ahamo(アハモ)はデメリットが多い?口コミやメリットを元におすすめの人を徹底解説」をご覧ください。

③UQモバイル

通信会社名UQモバイル
回線au
月額料金/データ量プランS:1,628円/3GB
プランM:2,728円/15GB
プランL:3,828円/25GB
通信速度(実効値)65.92Mbps
低速通信時最大1Mbps(プランS:300kbps)
支払い方法クレジットカード
口座振替
サポート・オンラインチャット
・電話
・店舗
キャンペーン【オンラインショップ限定キャンペーン】
オンラインショップで他社から乗り換え+増量オプション加入で、
最大13,000円分auPAY還元
特徴・セット割を使うと月額990円~に
・データ繰越&節約モードあり
・質のいい中古端末が買える
公式HPhttps://www.uqwimax.jp/mobile/

UQモバイルは、auのサブブランドとして提供されている格安SIMです。

基本の月額料金は3GB1,628円〜とそこまで安くないものの、au系列のインフラサービスとのセット割を利用できる点が魅力

電気やWi-Fiをauで揃えているなら、月額990円〜に大幅割引されます!

キャリアでは省かれがちな「データ繰越」や「節約モード」もしっかり搭載されているので、使い勝手も抜群。

特に節約モードは「常にONにしておいても快適」と言われているほど好評です。

プランSだけは制限時最大300Mbpsと、ほか2プランより若干遅い点には注意!ただそれでもTwitter・LINE程度なら問題なく使えるワン!

「au Certified」という質の良い中古を購入することもできるので、端末代含めスマホ代をトータル的に節約したい人にぴったりですよ。

\安定したau回線の格安スマホ/

迷わないシンプルな料金プランが魅力!
純粋なau回線だからサクサク通信が楽しめます。

④楽天モバイル

通信会社名楽天モバイル
回線楽天モバイル、au
月額料金/データ量~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
無制限:3,278円
通信速度(実効値)58.14Mbps
低速通信時最大1Mbps
支払い方法クレジットカード
口座振替
楽天ポイント
サポート・オンラインチャット
・電話
・店舗
キャンペーン【iPhone得トク乗り換えキャンペーン】
初回申し込み+対象iPhone購入で最大24,000円分ポイント還元
【スマホ得トク乗り換えキャンペーン】
初回申し込み+対象スマホ購入で最大19,000円分お得
※16,000円割引+3,000円分ポイント還元
特徴・キャリアなのに格安SIM並の安さ
・3,278円でデータ使い放題
・楽天ポイントが貯まる/使える
公式HPhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは、2020年から自社回線での提供を開始した、ドコモ・au・ソフトバンクに続く第4のキャリアです。

他キャリアとは異なり、使った分だけ月額料金が上がる「従量制」を採用している点が特徴。

最安1,078円、最高でも3,278円という格安SIM並の安さでキャリア回線を使えます

3,278円でデータ使い放題なんてとってもお得!下手なWi-Fiを契約するより、楽天モバイルにした方が良い場合もありそうだね。

しかも2022年10月には、これまでネックだった「1日10GBまで」の制限が撤廃されました。

これにより3,278円で完全無制限となり、固定費を大きく節約できるスマホプランとして再注目されています!

もちろん楽天系列のサービスなので、毎月の支払いで楽天ポイントが貯まるほか、そのポイントを支払いに充てることも可能で経済的。

スマホとWi-Fiにかかる費用をまとめて節約したいという人は、楽天モバイルの検討を強くおすすめします!

\3,278円でデータ使い放題/

キャリアながら、格安SIMのような価格の料金プランが特徴。従量制なので支払いは使った分だけ!楽天ポイントもザクザク貯まります。

詳しくは「【楽天モバイルの評判】口コミはどう?電波は悪い?メリットやデメリット、おすすめできる人」をご覧ください。

格安SIMで「遅い」と感じた時の対処法

格安SIMで遅いと感じたときの対処法

格安SIM、なんかいつもより遅いな…

格安SIMを使っていると、ふとしたタイミングで動作が遅くなってしまうことがあります。

そんな突然の通信不良を少しでも解消するための、おすすめの対処法を5つまとめました。

スマホ本体を再起動する

格安SIMかどうかに関係なく、スマホ本体が動作の遅さに関係しているケースもよくあります。

著しく速度が低下した場合には、一度スマホの再起動を試してみましょう

再起動方法は簡単!基本的には電源ボタンを長押しするだけだよ。

スマホは、長時間起動しておけばおくほど余計なタスクが蓄積してしまいます。

一度再起動をかければ、バックグラウンドで動いていたシステムがリセットされ、動作改善が期待できますよ。

いつでもすぐ試せる速度改善方法だから、困ったらまずは「スマホの再起動」を試してみるワン!

データ通信をON/OFFしてみる

スマホから送られている電波を、基地局(アンテナ)でうまくキャッチできていないこともあります。

このような時は、一度スマホのモバイルネットワーク(データ通信)をON/OFFするのも有効です。

基地局がスマホからの電波を再認識してくれるようになる場合があります。

機内モードのON/OFFも同様の効果が期待できるよ。いずれかの方法を試してみよう。

アプリ側で表示設定を見直す

格安SIMだけの問題ではなく、スマホのスペック不足も相まって通信が遅延している可能性もあります。

「特定のアプリを利用するときだけなぜか遅い」という場合には、そのアプリ側の設定を見直してみましょう

例えばゲームなら、設定から表示画質を下げることでサクサク動くようになったりするよ。

いくら安定したキャリアを契約していたとしても、数年前の古いスマホを使っていれば、性能を十分に発揮することはできません。

スマホの寿命は一般に3〜4年と言われていますので、適宜買い換えることをおすすめします。

データ残量を確認する/節約モードをチェックする

どの通信会社を使っていたとしても、契約したデータ量を使い切った場合には「通信制限」にかかってしまいます

この状態では、通常の50分の1程度の速度しか出すことができません。

キャリアの場合は1Mbps、格安SIMの場合は200kbpsが基本。簡単なテキスト送受信程度しかまともに使えないよ。

突然通信が途切れてしまった場合には、データ切れを起こしているかもしれません。

データ残量が残っているか確認し、翌月まで我慢するか、データ追加をするか等、何らかの対処を検討しましょう。

節約モードのある通信会社の場合、意図せず節約モードがONになっていることがある様子。併せて確認してみるワン!

通信速度に優れる他社に乗り換える

ここまで解説した対処法を実践しても速度が改善しない場合、もしかしたら通信速度が今一つの格安SIMを契約しているのかもしれません

素直に、知名度・評価の高い格安SIMへの乗り換えを検討するのも一つの手です。

通信会社を変えるだけで、驚くほど通信速度が上がるというのはよくある話だよ。

「また格安SIMに乗り換えても、結局遅いんじゃないかな…?」と不安な人は、キャリア回線が使えるプランを選びましょう

LINEMOのミニプランなら、3GB990円という格安SIM並の価格で契約できるにもかかわらず、安定したソフトバンク回線をバッチリ使用可能です!

LINEMOの通信速度は60.84Mbps!さらには、格安SIMが苦手とするお昼時間帯でも快適に使えるんだワン!

\キャンペーン実施中/

シンプルな2種類の料金プランがお得!3GBのミニプランなら基本料月額990円(税込)
LINEトークもビデオ通話もギガ消費ゼロ&ソフトバンク回線で通信品質も高い!

格安SIMが遅いことに関するよくある質問

格安SIMが遅いことに関するよくある質問

格安SIMでの通信について、もうちょっと知っておきたいんだけど…

ここでは、これまで解説してきた格安SIMの通信速度問題についてのまとめと、解説しきれなかったよくある質問について、5点ご紹介します。

キャリアと格安SIM、結局どっちがいいの?

求める通信速度や、許容できる月額料金等が異なるため、一概には言えないのが正直なところです。

それぞれおすすめできる人を以下にまとめてみました。

  • キャリアがおすすめな人
    ・お昼時間帯など、通信が混雑するタイミングでも快適に通信したい
    ・多少月額料金が高くても、安定した回線と安心のサポートを重視したい
  • 格安SIMがおすすめな人
    ・高速通信を必要とする使い方をしない
    ・スマホは普段使いできればいいから、とにかく月額料金を安くしたい

自分がスマホに何を重視するかをよく考えて、後悔のない選択をしてほしいワン!

乗り換えキャンペーンがある格安SIMは?

乗り換えキャンペーンを開催している通信会社は多数ありますが、中でも特におすすめなのはソフトバンクのLINEMOです。

LINEMOの乗り換えキャンペーンの詳細は以下の通りです。

  • PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
    他社からLINEMOのスマホプランに乗り換えで10,000円相当プレゼント
  • 基本料最大半年間実質無料キャンペーン
    新規・乗り換えどちらでも、基本料金990円分を6か月間PayPayポイントで還元
    ※2023年1月まで、最大8か月間還元に増量中!

乗り換えるだけで、使い勝手のいいPayPayポイントが大量にもらえるんだよ!もちろん、LINEMOの支払いに充当することも可能!

乗り換えキャンペーンのお得さで選ぶなら、ぜひLINEMOを検討してみてください!

\キャンペーン実施中/

シンプルな2種類の料金プランがお得!3GBのミニプランなら基本料月額990円(税込)
LINEトークもビデオ通話もギガ消費ゼロ&ソフトバンク回線で通信品質も高い!

その他、乗り換えにおすすめの通信会社については「【必見】スマホ乗り換えにおすすめの会社7選!お得なキャンペーン・デメリットや注意点について解説」も要チェックです。

普段使いに支障のない速度はどれくらい?

SNSやコミュニケーションツールといった軽い動作だけなら、1Mbps程度あれば問題なくこなせる場合がほとんどです。

もちろん、動画視聴は5Mbps、オンラインゲームは30Mbps以上という風に、用途によって目安速度も異なってきます

スマホの使い方も考慮したうえで、自分に合った通信速度を見つけてみてください。

突然ネットに繋がらなくなったんだけど…

「さっきまで正常に通信できていたのに、急に繋がらなくなった!」という場合、格安SIM以外の問題が起きている可能性があります。

端末自体の故障や、レンタル元のキャリアで通信障害が起きていないか確認しましょう。

そのほかにも、データがなくなっていないか確認したり、本体の再起動を試したりしてみてほしいワン!

格安SIMが特に遅い時間帯は?

格安SIMはキャリアほど回線の数が多くないため、同時に利用する人数が多くなると遅くなりがち

通退勤ラッシュ時やお昼時間帯等は、スマホを開く人が多いため、通信速度の低下は顕著に現れます。

このような時間帯には、通信料の少ない使い方をする等、格安SIMの特性を考慮した使い方をするのがおすすめです。

アプリのインストールやアップデートなどの大量通信を要する作業は、時間をずらしたり、Wi-Fiを使ったりするといいね。

おすすめの格安SIM TOP3

  • LINEMO おすすめ!
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    3GB990円という安さでソフトバンク回線が使える!LINEのデータ消費がゼロになるので、使い勝手も抜群。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    auセット割を使えば3GB990円から契約可能に!データ繰越・節約モード搭載で賢く運用できます。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安SIMの評価部門で数多く最優秀賞を受賞!毎月速度状況の公表・改善を図るユーザーファーストな姿勢が魅力。

【まとめ】格安SIMの速度比較・遅い理由と対処法

格安SIM遅いまとめ

格安SIMの速度が遅い理由がわかったよ。キャリアの格安プランとも並行して検討していこうかな!

この記事では「スマホが快適に使える速度」をはじめ「格安SIM25社の速度比較」「おすすめの格安SIM9選」まで徹底解説してきました。

最後に、この記事の結論を以下にまとめます。


この記事の結論

  • 格安SIMは回線をレンタルしているため、キャリアに速度面では敵わない
  • 使う時間帯をずらしたりスマホを再起動したりすることで、遅さはある程度解消できる
  • 格安SIMが不安なら「LINEMO」のようなキャリア格安プランを検討するのもおすすめ

キャリアから回線をレンタルして運営しているという都合上、格安SIMが通信速度面でデメリットを抱えている点は否めません。

しかし、それを補って余りあるほど費用面でメリットがあるのは確か。弱点を理解したうえで利用できれば、キャリアよりも良い選択肢となるケースは十分あります

それでも格安SIMが不安という人は、キャリアのサブブランド・格安プランを検討してみましょう

安定したキャリア回線が使えるにもかかわらず料金は格安SIM並なので、両方のいいとこどりができますよ!

おすすめの格安SIM TOP3

  • LINEMO おすすめ!
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    3GB990円という安さでソフトバンク回線が使える!LINEのデータ消費がゼロになるので、使い勝手も抜群。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    auセット割を使えば3GB990円から契約可能に!データ繰越・節約モード搭載で賢く運用できます。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安SIMの評価部門で数多く最優秀賞を受賞!毎月速度状況の公表・改善を図るユーザーファーストな姿勢が魅力。
LINEのバナー