【2022年最新】人気の格安スマホ(SIM)を徹底比較!どこがいい?おすすめランキング・端末も紹介

格安スマホアイキャッチ

・格安スマホ(SIM)、たくさんあるけどおすすめはどこ…?
・格安スマホ(SIM)各社の比較情報が知りたい!

このような疑問にお答えします。


この記事の結論

  • 格安スマホは、料金・データ量・速度等をトータル的に判断して選ぼう
  • 安定した回線を重視したいなら、ドコモの格安プラン「ahamo」がおすすめ!
  • 速度よりも価格とデータ量を重視したいなら、MVNOの「mineo」が優秀

「毎月のスマホ代を抑えるために格安スマホを検討しているけど、どこを選んだらいいかわからない…」という方、いらっしゃるのではないでしょうか。

各社の特徴を理解して契約しないと、せっかく格安スマホにしてもそこまで安くならなかったり、速度面で悩まされたりしてしまいがちです。

格安スマホ(SIM)を販売している会社は、国内だけでも約1,000社存在するみたいよ。

この記事は「格安スマホ、どこにしたらいいの!?」という疑問を解決すべく、人気のある格安スマホ7選と、とにかく価格が安い格安スマホ3選をご紹介していきます

格安スマホを選ぶポイントや、キャリアから格安スマホに乗り換えるメリットデメリット等も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

格安スマホ(SIM)におすすめの端末も紹介するワン!

どこがいいか悩んでいる方におすすめの格安スマホ(SIM)

  • mineo(マイネオ) おすすめ!
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安スマホ(SIM)の中で総合満足度1位!月額990円でデータ無制限!
  • LINEMO(ラインモ)
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    選べる2つのプランが魅力!あなたの使い方に合った選び方ができます。
  • OCNモバイルONE 
    公式サイト:https://service.ocn.ne.jp/mobile/
    プランが豊富で月額料金の安さが魅力!端末セットで変えたい方におすすめ!

おすすめの格安スマホ(SIM)比較表

mineoLINEMOOCNモバイルONEahamo楽天モバイルUQモバイルHISモバイル
月額料金1,298円~2,728円550円~2,970円1,078~3,278円1,628円~290円~
回線MVNO(ドコモ、au、ソフトバンク)ソフトバンクMVNO(ドコモ)ドコモ楽天モバイル(au)MVNO(au)MVNO(
データ量1,5,10,20GB20GB500MB1,3,6,10GB20GB~無制限3,15,25GB100MB,~50GB
特徴・月額350円のオプションプラスでデータ無制限
・月額990円でほぼデータ使い放題の「マイそく」プランも
・月額990円、3GBの身にプランあり
・LINEギガフリー
・バースト転送モードがあり低速時もある程度快適
・500MBコースは最大10分通話無料が付帯
・5分以内通話かけ放題
・プラス1,980円で月100GB使える
・約3,000円でデータ使い放題(楽天回線エリア)
・楽天ポイントも貯まる、使える
・節約モードが最大300kbpsと比較的高速
・関連サービス利用で月額990円に割引
・月のデータ使用料100MB以下なら月額290円
・通話料9円/30秒と大手の半額以下
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

格安スマホ(SIM)の選び方

格安スマホ選び方

数多くの格安スマホ(SIM)の中から、自分にぴったりのものを選ぶポイントをまとめました。

自分のスマホの使い方と、これらのポイントを照らし合わせて格安スマホ選びを進めてみてください。

どれか一つではなく、すべてのポイントをトータル的に判断するのがおすすめだよ!

選び方①:月額料金

格安スマホにする目的は「スマホ代を安くすること」なので、月額料金は要チェックです。

まずは自分が毎月支払っているスマホ代を参考に「どれくらい安くできるのか?」「自分はどれくらいまで下げたいのか?」という目安を決めるのをおすすめします。

行き当たりばったりで格安スマホ選びをスタートすると、何から初めていいかわからなくなることも…

選び方②:データ容量

月額料金がいくら安くても、毎月使えるデータ量がほんのちょっとでは快適とは言えません。

今契約しているプランを確認したり、実際の月々のデータ使用量をチェックしたりして、自分が本当に必要なデータ容量を見極めましょう

20GBプランに契約していたとしても、毎月数GBしか使っていないなら思い切って小容量プランを選ぶのも手だね。

選び方③:オプション

格安スマホ会社は、どこも様々なオプションを用意しています。

毎月データを使い切れるか心配なら「データ繰越」、通話をいっぱいしたいなら「かけ放題」といったように、自分が求める機能をプラスできる格安スマホ会社を選びましょう

オプションに関しては、後から気になったものを追加してみるのも全然OKだワン!

選び方④:通信速度(回線)

スマホは高速通信でストレスなく使いたい!という人は、各社がどこの回線を使用しているのかを忘れずにチェックしておきましょう

キャリアから回線を借りているMVNOは、速度は少々遅くなりがち。速度重視なら、キャリアから出ている格安プランを選ぶと安心です。

もちろんMVNOにも良さがあるから、スマホ選びで重要視したいポイントを明確にしておこう!

格安SIMに変えるのが不安な方は「格安スマホ・SIMはやめとけ?理由と後悔しないための7つの注意点を解説」もご覧ください。

人気の格安スマホ(SIM)おすすめ7選

格安スマホおすすめ7選

ここから「格安スマホを検討するなら絶対に候補に入れるべきおすすめ7社」をご紹介します!

各社のプランや特徴を詳細にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめランキング順で紹介しているから、迷っている人はぜひ上位から参考にしてほしいワン!

おすすめ①:mineo

【マイピタ】データ容量月額料金(音声通話SIM)
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円
マイピタプラン 料金表
【マイそく】データ容量月額料金(音声通話SIM)
無制限(最大1.5Mbps)990円
無制限(最大3Mbps)2,200円
マイそくプラン 料金表

mineoは、数ある格安スマホ(SIM)の中でも総合満足度1位に輝いた実績のある人気格安スマホです。

使いたい容量に合わせて選べる「マイピタ」と、お昼時に強制通信制限がかかる代わりにデータ無制限の「マイそく」の2つのプランで展開されています。

月額990円でデータ無制限は、驚きの安さだね!

mineoの特徴

回線ドコモ、au、ソフトバンク
通話料金22円/30秒
オプション【一部掲載】
・パケット放題プラス:最大1.5Mbpsでデータ使い放題(月額385円)
・フリータンク:mineoユーザーで余ったデータをシェア
・パスケット:繰越期間無制限のデータ貯金箱(月額110円)
支払い方法口座振替、クレジットカード、デビットカード(一部)
サポート窓口・オンラインチャット・メール
・SNS
・電話
その他特徴・mineoアプリからの通話で10円/30秒
・独自サービスが非常に豊富
・データ無制限に特化
公式サイトhttps://mineo.jp/

mineo(マイネオ)の特徴は、とにかく独自サービスが多い点です。

無料で使えるものを多く、うまく利用すると月額料金以上にデータを利用することができます

無料オプション「フリータンク」を使えば、毎月契約データ量+1GBを使えるよ!

そのほか「マイそく」や「パケット放題プラス」など、格安でデータ無制限が実現可能なのも魅力の一つです。

格安スマホで料金は抑えたいけど、データ量は妥協したくない!という方におすすめできます!

\格安SIMデビューに/

1GB 1,298円~/月から使える! 3大キャリア回線から選べて乗り換えも簡単。
データ容量をシェア&コミュニティサイトも充実。初めての格安SIMのおすすめです!

mineoの詳しい特徴や口コミ評判については「【口コミ】mineo(マイネオ)の評判はやばい?他社より料金・キャンペーンがお得か徹底解説」 をご覧ください。

おすすめ②:LINEMO

LINEMO公式
データ容量月額料金(音声通話SIM)
3GB990円
20GB2,728円

LINEMOは、ahamoやpovoに対抗して大手ソフトバンクが発表した格安プランです。

ahamoと同じ20GBのプランのほか、MVNOのような小容量プランも用意されています。

3GBで990円は、他の格安スマホと比べてもかなり安いね!

LINEMOの特徴

回線ソフトバンク
通話料金22円/30秒
オプション・5分/回かけ放題:550円
・完全かけ放題:1,650円
支払い方法口座振替、クレジットカード
サポート窓口・オンラインチャット
・LINE公式アカウント
その他特徴・速度制限時も1Mbps(20GBプランのみ)
・LINEのデータ消費なし
・5分かけ放題1年無料キャンペーンあり
公式サイト https://www.linemo.jp/

LINEMOはahamoと同じくキャリア回線を使用しているため、速度面で非常に安定していることがメリットです。

またミニプランという3GBで990円のコースも用意されていることで、スマホライトユーザーの方でも使いやすい格安スマホとなっています。

速度制限時、20GBコースは最大1Mbps、3GBコースは300kbpsと微妙に違いがある点は注意だワン!

サービス名からもわかるように、LINE関係の特典が充実しているのも嬉しいところ。

LINEのギガ消費量ゼロ、LINEスタンプ使い放題と、LINEをメインで使っている人には特に便利です!

\キャンペーン実施中/

シンプルな2種類の料金プランがお得!3GBのミニプランなら基本料月額990円(税込)
LINEトークもビデオ通話もギガ消費ゼロ&ソフトバンク回線で通信品質も高い!

おすすめ③:OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
データ容量月額料金
500MB550円
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,600円

OCNモバイルはドコモ回線を利用したMVNOで、格安スマホデビューにピッタリの小容量プランを主軸に提供しています。

500MBとかなり小容量ではあるものの、ワンコイン(税抜)でスマホを持てるのは非常にお手軽です。

OCNモバイルはドコモ回線のMVNO6社のうち、3期連続で通信速度1位を獲得しているよ!

OCNモバイルONEの特徴

回線ドコモ
通話料金11円/30秒
オプション・10分かけ放題:935円
・トップ3かけ放題:通話料上位3番号との通話無料(935円)
・完全かけ放題:1,430円
支払い方法基本クレジットカードのみ(口座振替、デビットカードも条件付き可)
サポート窓口・オンラインチャット
・電話
・メール
その他特徴・端末キャンペーンが非常にお得
・速度制限時もバースト転送機能で快適
・1契約を容量シェアで複数人使える
公式サイトhttps://service.ocn.ne.jp/mobile/

OCNモバイルはプランの豊富さ・月額の安さも、もちろん魅力なのですが「スマホ本体も新しく購入したい!」という人にピッタリのMVNOです。

頻繁に端末セールを開催しており、時には最新スマホがなんと1円から購入できることも!

格安SIMと一緒にスマホも購入したいなら、OCNが一番お得だね!

速度面でも優秀で、ドコモ回線MVNOでトップの速度であるうえ、速度制限時には「バースト転送機能」も備わっています。

OCNモバイルONEの「バースト転送機能」とは

速度制限時や節約モードON時でも、通信開始後150KBまでは高速通信が可能な機能です。

メールやLINE等の小容量通信はストレスなくできるうえ、重めのWebサイトも表示されるまでの時間が短縮され快適になります。

月額が安いので、まずは格安スマホがどんなものか試してみたいという人にもおすすめだワン!

\月額550円から契約可能/

大容量10GBでも月額基本料金1,600円(税抜)!
ドコモ回線で通信速度も安心!安さと品質を求める方におすすめの格安SIMです。

興味がある方はOCNモバイルONEの評判を解説した記事もあわせてご覧ください。

おすすめ④:ahamo

ahamo画像
データ容量 月額料金(音声通話SIM)
20GB2,970円

ahamo(アハモ)は、大手ドコモが展開している格安プランです。

料金は20GBで2,970円のわかりやすいワンプランとなっており、誰にでも最適となり得るそのサービス内容から、人気を集めています。

ahamoの特徴

回線ドコモ
通話料金22円/30秒
オプション大盛:プラス1,980円で80GB増量
支払い方法口座振替、クレジットカード、デビットカード(一部)、dポイント
サポート窓口・オンラインチャット
・窓口(1回3,300円)
その他特徴・速度制限時も1Mbps
・5分以内かけ放題が無料付帯
公式サイト https://ahamo.com/

ahamoは、大手キャリアのドコモが提供しているプランだけあって、速度面が非常に優秀です。

キャリア回線を借りているMVNOにはできない安心感があり、毎日快適にスマホを使うことができます。

その他、通信制限下でも最大1Mbpsも速度が出たり、5分かけ放題が標準でついてきたりと、ストレスなく格安スマホライフを始めることができるおすすめのプランです!

データ容量20GBが不安な人は、大盛オプションで100GBにも増やせるから安心だワン!

\24時間オンライン受付中/

たっぷり20GBで基本料金2,970円(税込)!シンプルな料金体系が魅力です。
時間帯による速度制限もなし!お得な料金で高品質ネットワークが使えます。

より詳しくahamoに関する口コミ・評判を知りたい方は「【評判】ahamo(アハモ)はデメリットが多い?口コミやメリットを元におすすめの人を徹底解説」 をご覧ください。

おすすめ⑤:楽天モバイル

楽天モバイル公式画像
データ容量月額料金(音声通話SIM)
~3GB1,078円
3~20GB2,178円
無制限3,278円

楽天モバイルは、2019年10月から自社回線を使用し始め、ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ4つ目のキャリアとなりました。

使った分だけ料金が変わる「従量課金制」になっている点が、他キャリアとの違いです。

2022年7月に「1GBまで0円」が廃止され、現在の最低利用額は1,078円だワン!

楽天モバイルの特徴

回線楽天モバイル、au
通話料金22円/30秒
オプション・15分かけ放題:1,100円
支払い方法口座振替、クレジットカード、楽天ポイント
サポート窓口・オンラインチャット・電話サポート(通話料自己負担)・店舗窓口(550円~)
その他特徴・専用アプリ「Rakuten Link」利用で国内通話無料
・申し込みや支払い等、楽天ポイントがどんどん貯まる
公式サイトhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは、楽天経済圏を活用している方に特におすすめの格安スマホ(SIM)です。

申し込み特典はもちろん、月々の支払いでも楽天ポイントが貯まるため、ポイ活がはかどります。

貯まったポイントを楽天モバイルの支払いに使えるのも嬉しいね!

他キャリアのプランのように月のデータ量が固定されていない点も特徴です。

月によって使うデータ量がまちまちという人は、従量課金制である楽天モバイルならいつも最適な金額で使えます!

Rakuten Linkアプリを使えば、通話料も完全無料になるのが嬉しいワン!

\キャンペーン実施中/

格安SIM並みのお得な価格が魅力!3GB1,078円から気軽に使える!
さらに3,278円だと完全無制限で使い放題になります。

さらに詳しくは「楽天モバイルの評判 電波は悪い?口コミ徹底解説」をご覧ください。

おすすめ⑥:UQモバイル

UQモバイル
データ容量月額料金(音声通話SIM)
3GB1,628円
15GB2,728円
25GB3,828円

UQモバイルは実はMVNOではなく、auと同じKDDIが運営している格安スマホ(SIM)です。

au回線のため通信速度に定評があるほか、格安スマホを評価する調査でmineoに次いで総合満足度2位になった実績もあります。

UQモバイルの特徴

回線au
通話料金22円/30秒
オプション・月60分通話定額:550円
・10分かけ放題:770円
・完全かけ放題:1,870円
・データ増量:最大5GB増量(550円)
支払い方法口座振替、クレジットカード
サポート窓口・オンラインチャット
・メール
・電話
その他特徴・速度制限時も1Mbps(3GBコースは300kbps)
・データ繰越あり
・データ増量1年間無料キャンペーン
公式サイトhttps://www.uqwimax.jp/

auのサブブランドということもあり、UQモバイルの月額料金はそこまで格安ではありません

しかしそれと引き換えに「安定した回線」「速度制限・節約モード時も最大1Mbps」という、通信周りでの大きいメリットが提供されています

速度面がネックで格安スマホを躊躇している人も、UQモバイルなら安心だね。

さらに今なら、各プランのデータ増量オプションが無料になるキャンペーンも実施しています。

プランにもよりますが最大で5GBも増量しますので、UQモバイルを契約するなら今がチャンスです!

\ データ増量キャンペーン中/

おすすめ⑦:HISモバイル

HISモバイル公式画像
データ容量月額料金
~100MB290円
~1GB550円
~3GB770円
~7GB990円
~20GB2,190円
~50GB5,990円

HISモバイルは、旅行会社「HIS」が日本通信株式会社と共同で運営している格安スマホ(SIM)です。

従量課金制を採用しており、月のデータ使用料が100MB未満なら290円という価格でスマホを持つことができてしまいます。

月額290円って、もはやスマホを持ってる気がしないよ…!

HISモバイルの特徴

回線ドコモ(一部ソフトバンクも)
通話料金9円/30秒
オプション・5分かけ放題:500円
・完全かけ放題:1,480円
支払い方法クレジットカードのみ
サポート窓口・オンラインチャット
・電話
その他特徴・最短8日から使えるプリペイドSIMが魅力
・海外用のプリペイドSIMも
公式サイトhttps://his-mobile.com/

HISモバイルの魅力は、なんといっても月額料金が格安なところです。

従量課金制ではあるものの、データ使用料をしっかり管理できれば、月290円で音声通話付きのスマホが利用できてしまいます

カフェでコーヒーを一杯買うお金があれば、スマホを持てちゃう時代なんだね…

また航空会社であることを活かして、海外でも利用可能なプリペイドSIMの提供も行っています

海外旅行等の際にわざわざ新しいSIMを契約し直さなくても、プリペイドSIMを購入すればすぐにスマホ環境が整って便利ですよ。

もちろん国内で使えるプリペイドSIMも用意されていて、2000円台から購入可能だワン!

\今すぐ料金プランをチェック/

音声通話格安SIMが月額290円(税込)~! *データ100MB未満の場合
eSIM対応!月額料金の安さにこだわる方におすすめです。

格安スマホ(SIM)月額安さトップ3

格安simトップ3

今回紹介したおすすめ格安スマホ7選の中で、とにかく月額料金が安いトップ3をご紹介します!

価格を最優先で格安スマホを検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

No.3が同率で2社あったから、計4つの格安スマホ会社を紹介するよ!

月額安さNo.1:HISモバイル

HISモバイル公式画像
最小データ容量最安月額料金
~100MB290円

「とにかく安く格安スマホを使いたい!」という方は、月額最安290円のHISモバイルがおすすめです。

ただし、290円で利用できるデータ量は100MBとメインとして使うにはかなり少なめであることは留意しておきましょう。

サブ回線として時々SNSやメールをするくらいなら、100MBで十分な場合もありそうだね。

通信速度や通話品質などを実際に体感して「格安スマホってどんな感じ?」を解消するのには便利なプランです。

\キャンペーン実施中/

月額安さNo.2:OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
最小データ容量最安月額料金
500MB550円

月額料金が2番目に安いのはOCNモバイルONEです。月額550円で500MB使うことができます

この最安プランには、月10分通話無料が含まれている点も嬉しいところ

さらにOCNには「バースト転送機能」が備わっているのも相まって、メイン機として十分使えるポテンシャルを持っています

スマホはSNSやメールくらいで、動画視聴等の重い作業は自宅のWi-Fiでやるという人は、OCNモバイルONEがピッタリかも!

\月額550円から契約可能/

大容量10GBでも月額基本料金1,600円(税抜)!
ドコモ回線で通信速度も安心!安さと品質を求める方におすすめの格安SIMです。

月額安さNo.3:LINEMO

LINEMO公式
最小データ容量最安月額料金(音声通話SIM)
3GB990円

月額安さNo.3の一つ目は、ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」です。

3GB990円と、大手キャリアから出ているプランとは思えない安さで格安スマホを持てます。

LINEのデータ消費ゼロだし、LINEをメインの連絡ツールとして使っている人には間違いないね!

MVNOと同程度の安さでキャリアの安定した回線を使えるLINEMOは、かなりおすすめできるプランです。

\キャンペーン実施中/

シンプルな2種類の料金プランがお得!3GBのミニプランなら基本料月額990円(税込)
LINEトークもビデオ通話もギガ消費ゼロ&ソフトバンク回線で通信品質も高い!

月額安さNo.3:mineo

【マイそく】最小データ容量最安月額料金(音声通話SIM)
無制限(最大1.5Mbps)990円

LINEMOと並んで月額安さNo.3となったのはmineoです。

基本プランの「マイピタ」ではなく、比較的新しめのプラン「マイそく」が月額990円で利用可能となっています。

マイそくの特徴は、圧倒的低価格でデータ無制限であること

12時~13時の1時間以外は、最大1.5Mbpsでデータ使い放題という太っ腹さがとにかく魅力的です。

速度はあまり求めないけどデータはたっぷり使いたいという人には、mineoのマイそくが最適だね!

\格安SIMデビューに/

1GB 1,298円~/月から使える! 3大キャリア回線から選べて乗り換えも簡単。
データ容量をシェア&コミュニティサイトも充実。初めての格安SIMのおすすめです!

格安スマホ(SIM)におすすめの端末3選

格安スマホおススメ端末

ここでは、格安スマホにおすすめの端末を3つ紹介します。

SIM契約と同時にスマホも新調するという方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ端末①:iPhone SE(第2世代)

格安スマホを検討するなら、価格と性能のバランスが抜群に取れた「iPhone SE(第2世代)」は外せません

5万円代で購入できるにもかかわらず、10万円以上するiPhone 11 Proと同じ処理性能を誇る価格破壊スマホです。

価格約50,000円
SoCA13 Bionic
実行メモリ3GB
内部ストレージ64/128/256GB
リアカメラメイン1200万画素広角
フロントカメラ700万画素
OSios 13~
画面4.7インチ(1334×750 Retina HD)
バッテリー1821mAh
重量148g
その他IPX7防水、IP6X防塵、Touch ID付ホームボタン

2022年3月には、5Gに対応し、さらに処理性能がアップした第3世代も登場しています。

ただし価格が約6万円に上がりますので、どうしても5G端末が欲しい!という人以外は、まだまだ第2世代がおすすめですよ!

持ち歩きやすいサイズと軽さは、iPhone SEならではの魅力だワン!

おすすめ端末②:OPPO Reno5 A

Androidでミドルレンジクラスのスマホが欲しい方は、OPPOの「Reno5 A」が間違いないです。

2022年6月に後継の「Reno7 A」が登場したけど、依然として高い人気を維持しているワン!

3万円台と、スマホの中では手頃な価格帯であるにもかかわらず、普段使いには申し分ないスペックを備えています

価格約30,000円
SoCSnapdragon 765G
実行メモリ6GB
内部ストレージ128GB
リアカメラメイン6400万画素×超広角800万画素×モノクロ200万画素×マクロ200万画素
フロントカメラ1600万画素
OSColor OS 11(Android 11ベース)
画面6.5インチ(2400×1080 FHD+)
バッテリー4000mAh
重量182g
その他IP68防水防塵、おサイフケータイ付

高速通信規格5Gに対応しているうえ、カメラも4眼構成と、間違いなく価格以上の性能を持っているよ!

おすすめ端末③:Xiaomi Mi 11 Lite 5G

OPPOと並んで高いコスパを見せているのが、中国Xiaomiの「Mi 11 Lite 5G」です。

ミドルレンジクラスの価格で、ほぼハイエンド級の処理性能を有しています。

価格約40,000円
SoCSnapdragon 780G
実行メモリ6GB
内部ストレージ128GB
リアカメラメイン6400万画素×超広角800万画素×テレマクロ500万画素
フロントカメラ2000万画素
OSMIUI 12(Android 11ベース)
画面6.55インチ(2400×1080 FHD+)
バッテリー4250mAh
重量159g
その他33W急速充電、おサイフケータイ対応

Snapdragon 780Gは3Dゲームも快適にプレイできるから、格安スマホでゲームもしたい人におすすめの端末だワン!

スマホ端末も選べる格安スマホ(SIM)

  • mineo(マイネオ) おすすめ!
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安スマホ(SIM)の中で総合満足度1位!月額990円でデータ無制限!
  • LINEMO(ラインモ)
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    選べる2つのプランが魅力!あなたの使い方に合った選び方ができます。
  • OCNモバイルONE 
    公式サイト:https://service.ocn.ne.jp/mobile/
    プランが豊富で月額料金の安さが魅力!端末セットで変えたい方におすすめ!

格安スマホ(SIM)に関するよくある質問

格安SIMよくある質問

格安スマホ、安いのはわかったけどまだちょっと心配だな…

ここでは、格安スマホ(SIM)に関するよくある質問をまとめました。

安心して格安スマホを契約するためにも、不安や疑問はすべて解消することをおすすめします。

いちばんおすすめの格安スマホ(SIM)はどこ?

安定したキャリア回線を使いたいなら「ahamo」、速度をあまり重視せずデータ量をとるなら「mineo」がおすすめです。

ご自身の普段のスマホの使い方を整理してから、格安スマホを選ぶと良いでしょう。

月額料金の安さや通信速度など、どこを重視するかで選ぶ基準が変わってくるワン!

\ 安定した回線の格安スマホなら /

格安スマホ(SIM)にしてデメリットはないの?

格安スマホはスマホ代を安くできる代わりに、通信速度が遅くなる傾向があります。

しかし昨今は大手キャリアからも格安プランが登場したことにより、デメリットが少なくなっているのが現状です。

ahamoやLINEMOはキャリア回線を使っているから、速度も変わらず安定しているワン!

格安スマホ(SIM)への乗換えは難しい?

キャリアから格安スマホへの切り替えに難しい手続きはなく、ネットで簡単に完結します。

各公式サイトから申し込みを進めるだけで、最短当日に使い始めることもできる手軽さが魅力の一つです。

もし行き詰ったときには、有人のオンラインチャットも用意されているから安心だよ!

格安スマホ(SIM)にするメリットは?

格安スマホにする最大のメリットは、毎月のスマホ代をグッと安く抑えられる点です。

例えば、キャリアの無制限プランを利用している人が、格安スマホmineoに切り替えた場合の支払金額の差は以下の通りです。

データ無制限プラン比較月額料金
ドコモ 5Gギガホプレミア7,315円
mineo マイそく990円
差額毎月6,325円お得!

格安スマホにするだけで、年間7万円以上も節約できるんだよ!

詳しい節約方法は「スマホ代を節約する方法を紹介!月5,000円安くなる見直しのコツ・おすすめ格安SIMも」をご覧ください。

【まとめ】おすすめの格安スマホ(SIM)比較

おススメの格安スマホまとめ

格安スマホ、今すぐ契約したくなったよ!

おすすめの格安スマホ(SIM)7選をはじめ、月額の安いスマホTOP3やおすすめの端末まで、詳細に解説してきました。

最後に、この記事の内容を4点にまとめます。


この記事の結論

  • 格安スマホは、料金・データ量・速度等をトータル的に判断して選ぼう
  • 安定した回線を重視したいなら、ドコモの格安プラン「ahamo」がおすすめ!
  • 速度よりも価格とデータ量を重視したいなら、MVNOの「mineo」が優秀
  • 格安スマホに使う端末は、iPhone SE(第2世代)やOPPO Reno5 Aが安定

格安スマホにネガティブな印象を抱いている人も少なくないかと思いますが、それはもう昔の話です。

今や各MVNOもサービスを強化してきているほか、大手キャリアまで格安スマホ業界に参入するほど盛り上がりを見せています

ぜひこの記事で紹介した情報をもとに、格安スマホライフに一歩踏み出してみてください。

年間数万円もスマホ代を節約できる格安スマホ(SIM)、利用しない手はありませんよ!

固定費節約の第一歩を、格安スマホから始めてみようワン!

どこがいいか悩んでいる方におすすめの格安スマホ(SIM)

  • mineo(マイネオ) おすすめ!
    公式サイト:https://mineo.jp/
    格安スマホ(SIM)の中で総合満足度1位!月額990円でデータ無制限!
  • LINEMO(ラインモ)
    公式サイト:https://www.linemo.jp/
    選べる2つのプランが魅力!あなたの使い方に合った選び方ができます。
  • OCNモバイルONE 
    公式サイト:https://service.ocn.ne.jp/mobile/
    プランが豊富で月額料金の安さが魅力!端末セットで変えたい方におすすめ!
LINEのバナー