PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

月5GB~7GB程度の格安SIM全10社を徹底比較!最安値はどこ?選ぶときのポイントや速度ランキングも紹介

月5GBくらい使える格安SIMを契約したいとは思うものの「たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからない!」「そもそも5GBプランを提供している会社はどこ?」と頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、月5GB使える格安SIMを選ぶ際のポイントを解説したうえで、5GB程度のプランを提供しているおすすめ格安SIMを合計10社ご紹介していきます。

記事後半では「価格で選びたい」「通信速度は速い方がいい」といった人に向けたポイント別ランキングも掲載していますので、ぜひ最後までご覧ください。

月5GB~7GBプランがあるおすすめの格安SIM10選

▼サービス名をタップすると詳細説明をご覧いただけます。

関連記事

■より多くの格安スマホ(SIM)から自分にあったサービスを探すなら↓

格安スマホ(SIM)おすすめ比較ランキング!どこがいい?価格や速度をもとに選ぶべきサービスを紹介

この記事を書いた人:千歳 智(ちとせ とも)
この記事を書いた人:千歳 智(ちとせ とも)

節約・家計管理系の記事を手掛けるフリーランスWebライター。
格安SIM歴9年目で、これまでに「ワイヤレスゲートSIM→OCNモバイルONE→IIJmio→LINEMO→povo2.0→楽天モバイル→mineo」の計7社を利用。電力自由化を機に電力会社も「大手電力会社→楽天でんき→Teraseruでんき」と乗り換えを経験。
3級ファイナンシャル・プランニング技能検定取得済み。現在は2級取得に向けて勉強中。

月5GB~7GB使える格安SIMを選ぶときのポイント6選

月5GB~7GB使える格安SIMを選ぶときのポイント6選

格安SIMの中でも、5GB程度のプランを選ぶときに気をつけなきゃいけないことは何だろう?

格安SIMの中でも特に「小~中容量」のプランを選ぶときは、価格・速度・機能など、注意しなければ後悔しかねないポイントが多数存在します。

ここでは、5GB程度の中容量プランを契約する際に、特に気を付けたいポイントを6点にまとめました。

関連記事

■格安スマホ(SIM)自体のデメリットも併せて確認しておこう↓

格安スマホやSIMフリーのデメリット8選!メリットはある?後悔しないために知っておきたいこと

■格安スマホ(SIM)への乗り換えで後悔しないために。注意点を解説↓

格安スマホ・SIMはやめとけ?理由と後悔しないための7つの注意点を解説!

①月額料金は十分お得か

やはり第一に意識したいポイントは「月額料金」です。

格安SIMに乗り換える一番のメリットが「月々のスマホ代が安くなること」だと思うので、ここは十分比較検討したうえで決定するようにしましょう。

5GB程度の中容量プランを提供している格安SIM各社の、それぞれの月額料金を以下にまとめました。

携帯会社名データ量音声通話SIMの月額料金データ専用SIMの月額料金
DTI SIM5GB2,112円1342円
NUROモバイル(ニューロモバイル)5GB990円825円
mineo(マイネオ)5GB1,518円1265円
イオンモバイル5GB1,518円1078円
OCNモバイルONE6GB1,320円1188円
LinksMate(リンクスメイト)5GB1,210円858円
HISモバイル7GB990円880円
y.u mobile(ワイユーモバイル)5GB1,070円800円
BIGLOBEモバイル6GB1,870円1595円
IIJmio(アイアイジェイミオ)5GB990円900円※eSIMの場合660円
ロケットモバイル5GB1,430円1320円
J:COMモバイル5GB1,628円
ペンギンモバイル5GB1,760円990円
平均1,416円1,087円

上記に記載した会社はあくまで一例ですが、月5GB程度のプラン料金は「音声通話で1,416円」「データ専用で1,087円」程度が目安と言えそうです。

契約先を選ぶ際は、相場よりあまりにも高いところは選ばないほうが無難だよ。

もちろん、価格だけで決めてしまうと、いわゆる「安かろう悪かろう」を掴まされてしまう可能性もゼロではありません。

月額料金も選ぶ際の一つに基準としつつ、その他の部分も総合的に判断したうえで決定したほうがいいでしょう。

②通信速度は必要十分か

通信速度の速い・遅いの違いは、格安SIM会社によって顕著に現れるもの。

契約前には「みんなのネット回線速度」などを参考に、十分な速度が出る格安SIMかをチェックしておくのがおすすめです。

いくら安くてデータ量が十分でも、まともに通信できない格安SIMは使いたくないよね。

ちなみに、スマホで行う各種操作では、快適に使える目安となる速度がある程度決まっています。

  • LINE、メール:128kbps~1Mbps
  • 各種SNS:1~3Mbps
  • Web閲覧:1Mbps~10Mbps
  • 動画視聴(Youtube等):0.7~20Mbps
  • ビデオ通話(Zoom等):0.6~4Mbps
  • オンラインゲーム:30Mbps以上

参考:YouTubeZoom

上記を見るとわかる通り、一般的な用途なら最低でも5~20Mbpsあれば不便に感じることは少ないはず。

もちろん、高画質動画の視聴、ハードなオンラインゲームのプレイ等を検討している人はこの限りではありません。

自分のスマホ使用用途にも併せて、最適な通信速度を出せる格安SIMを選定してみてください。

関連記事

■「格安SIMは全体的に速度が遅いんじゃないの…?」と心配な人に↓

【遅すぎる?】格安SIM25社の速度を徹底比較!遅い理由や対処法・おすすめ9社を解説

③定額制or従量制のどちらが合っているか

格安SIMの料金プランには、大きく分けて「定額制」と「従量制」の2種類があります。

格安SIMの料金プラン2種

  • 定額制
    契約したデータ量(5GB)を使い切ったら、通信制限にかかり強制的に低速状態になるプラン。多くの携帯会社が採用している料金制度。
  • 従量制
    月々使えるデータ量が決まっておらず、使った分だけ料金が高くなっていくプラン。5GBを超過しても制限がかからず、通信は快適なまま。

月5GBはそこまで余裕のあるデータ量でもないため、月末近くなると通信制限にかかってしまうことがあるのではないでしょうか。

従量制の場合、料金段階が上がるため制限にはかからないものの、やはりスマホ代がかさんでしまうというデメリットがあります。

一方で定額制は、勝手に月額料金が上がらないかわりに、速度制限による低速通信を強いられることに。

定額制には「データチャージ」という方法もあるけど、基本的にかなり割高だからあまりおすすめはできないワン…。

毎月5GBでもデータが余る人はともかく、よく通信制限になる・頻繁にデータチャージを利用するという人は、定額制・従量制のどちらが自分に合っているかを考えてみてください。

④節約モード等の便利機能はあるか

月5GBという比較的少なめのデータ量で運用するためには「節約モード」や「データ繰り越し」等の便利機能はぜひほしいところ。

小~中容量プランにぜひ欲しい便利機能

  • 節約モード
    自分で高速通信・低速通信を切り替えられる。低速通信時はギガを消費しない
  • データ繰り越し
    その月に使わなかったデータ量が翌月に繰り越される。5GB契約で2GB余ったら、翌月は7GBに。
  • 初速バースト機能
    低速通信時でも、通信開始の最初の一定時間だけは高速通信と同じスピードが出せる。

特に節約モードは、無駄なデータ消費を防ぐことができる非常に有用な機能。

実は高速通信を使わなくてもこなせる作業は多数存在するため、意識して節約モードを使えば小〜中容量プランでも問題なくやりくり可能です!

5GB程度での運用を考えている人は「節約モード」か「バーストモード」のいずれかを搭載した格安SIMを選ぶようにするといいでしょう。

どちらも使える格安SIMなら、データ不足や速度低下のストレスを最小限に運用することができるワン!

⑤独自サービスやオプションが充実しているか

格安SIMは安さ優先で選ぶのももちろんありですが、その会社ならではの「独自サービス」や「オプション」に注目してみるのもおすすめです。

月5GBを少しでも長持ちさせるために、データ消費を削減できる「カウントフリーオプション」、万が一のときに他のユーザーからデータを譲ってもらえる「データシェアサービス」などが便利でしょう。

特に便利な独自サービス・オプションを持つ格安SIM会社の例をご紹介します。

サービス・オプション名サービス・オプション詳細
mineoパケット放題プラス
(有料オプション)
最大1.5Mbpsでデータ使い放題になる
mineoフリータンク
(無料サービス)
全mineoユーザーの余ったデータを貯めておけるタンク。
毎月1GBまで無料でもらえる。
LinksMateカウントフリーオプション
(有料オプション)
対象コンテンツ(ゲーム、SNS等)のデータ消費量90%カット。
データを使い切っても対象の通信は高速のまま。
独自サービス・オプションの一例

データを食いがちな音楽サービスやSNSをカウントフリーで使えるのは非常に便利!うまく活用すれば、月5GBでも全然使っていけそうだね。

価格重視のシンプルな5GBプランより、ちょっと高くても独自サービス・オプションのついたものを選んだほうが、ストレスなく快適に使える場合も多いはずです。

⑥乗り換え時のキャンペーンは豊富か

これは月5GBプランに限った話ではないですが、せっかく乗り換えするなら魅力的なキャンペーンを開催している格安SIM会社を選んだほうがお得です。

各社ユーザーを獲得しようとさまざまなキャンペーンを実施していますので、ぜひありがたく活用するようにしましょう。

キャンペーンには大まかに以下の5種類があります。

  • ポイント還元
    数千〜数万ものポイントがもらえる。
  • 月額料金割引
    純粋にスマホ代が抑えられる
  • 初期費用割引
    MVNOのネックである初期手数料が抑えられる
  • 端末割引
    スマホごとお得に買い替えられる。スマホ会社によっては1円端末も
  • データ増量
    同じ料金でたっぷりデータが使えるため、実質月額が抑えられる

中でも「ポイント還元」「月額料金割引」は、スマホ代節約に直接つながるのでぜひ狙いたいところ。

スマホを買い換えたい人は「端末割引」を活用して、初期投資をグッと抑えるのもいいですね。

キャンペーンだけで数万円レベルで得するものも!基本的に他社からの乗り換えしか条件がないから、使わないのは損だよ!

関連記事

■乗り換えキャンペーンの中でも「端末割引」が気になる人に↓

格安SIMの端末セットキャンペーンはどこがお得?厳選9社の特典内容を徹底比較

月5GB~7GBプランがあるおすすめの格安SIM10選

月5GB~7GBプランがあるおすすめの格安SIM

5GB程度のプランがある格安SIMの中で、どこを選ぶのが正解なんだろう…

5GB程度プランを提供している格安SIMは数えきれないほどあるため、どれを選んだらいいかわからないという人もいらっしゃるかと思います。

数ある格安SIM会社の中でも「ここの5GBプランを選べばまず問題なし!」というところを10社に厳選しました。

価格だけではなく、サービス面もトータル的に評価して選出した会社だから、迷ったらぜひここから選んでみてほしいワン!

HISモバイル

HISモバイル公式画像
携帯会社名HISモバイル
回線MVNO(ドコモ、ソフトバンク)
月額料金音声SIM:990円 (7GB)
データSIM:880円 (7GB)
通信速度120.49Mbps
※2023年12月現在
低速通信時200kbps
各種便利機能なし
支払方法クレジットカード
サポート・メール(問合せフォーム)
・店舗
特徴・旅行会社HISが運営する格安SIM
・7GB990円という圧倒的な安さ
・通話料も9円/30秒と業界最安級
公式HPhttps://his-mobile.com/

HISモバイルは、その名の通り旅行会社「エイチ・アイ・エス」が提供している格安SIMです。

格安SIMの老舗「日本通信」も共同出資して運営しています。

大手企業2社がバックボーンについているというのは、利用者からしても安心できるポイントだね。

HISモバイルの最大の魅力は、なんといってもスマホ代を最大限抑えられるところ。

音声通話つき7GBでも月額990円と、他社を圧倒する価格を実現しています!

格安SIMの小〜中容量プランにおいて、HISモバイルは業界最安級として今人気を集めているんだワン!

月額料金以外にも、通話料金まで30秒あたり9円と、安さにとことんこだわっています。

競合他社の通話料と比べると半額以下となっているため、HISモバイルを利用すればスマホ代をトータルで削減できるでしょう。

2023年7月からは、20GB以上のプランが「自由自在スーパープラン」として改定。

月額料金をそのままに「5分かけ放題」がプラスされたことで、さらにコスパが上昇しています!

ただし、節約モード・バースト機能・データ繰り越し等の各種便利機能が使えない点には注意するワン!

とにかくシンプルで安い5~7GBプランを探している人は、HISモバイルを検討してみる価値は大いにありますよ!

\今すぐ料金プランをチェック/

音声通話格安SIMが月額290円(税込)~! *データ100MB未満の場合
通話料もキャリアの半額以下!とことん安さにこだわる方におすすめです。

関連記事

■HISモバイルのより詳しい特徴・口コミ評判を知りたい人はこちら↓

HISモバイルは評判悪い?価格や速度に関する口コミをもとにメリット・デメリット解説

UQモバイル

UQモバイル公式画像
携帯会社名UQモバイル
回線au(サブブランド)
月額料金【4GB|ミニミニプラン】
音声SIM:2,365円(1,078円)
データSIM:-(なし)
※()内は割引後価格
通信速度94.12Mbps
※2023年12月現在
低速通信時最大1Mbps(ミニミニプラン:300kbps)
各種便利機能・節約モード
・データ繰り越し
支払方法クレジットカード
口座振替
デビットカード
サポート・オンラインチャット
・電話
・店舗
特徴・質のいいau回線がお得に使える
・節約モードが優秀
・増量オプションで6GBに増やすことも可能
公式サイトhttps://www.uqwimax.jp/mobile/

UQモバイルは、大手キャリアauのサブブランドとして提供されている格安SIMです。

auと同じキャリア回線を使っていながら、月額料金はauの半額以下となっています!

4GB15GB20GB
au6,215円(割引後:4,928円)
※スマホミニプラン 5G/4G
7,238円(割引後:4,928円)
※使い放題MAX 5G/4G
7,238円(割引後:4,928円)
※使い放題MAX 5G/4G
UQモバイル2,365円(割引後:1,078円)
※ミニミニプラン
3,465円(割引後:2,178円)
※トクトクプラン
3,278円
※コミコミプラン

格安SIMは通信面で心配なところがあるから、キャリア回線が格安で使えるのは嬉しいね!

一方で5GBプランがなく、やや小容量の4GBプランで契約しなければいけないという点には注意が必要。

ただしそのデメリットも、月額550円の増量オプションをつけることで解消できるようになっています!

オプションを使えば4GB→6GBに増量可能!しかも今なら7か月間オプション料0円キャンペーン中で、とってもお得なんだワン!

UQモバイルは安定したau回線を使っていることもあり、節約モードでも快適に通信できると評判です。

スマホ代は安くしたいけど、格安スマホ(SIM)の通信品質はちょっと心配…」という人でも、UQモバイルなら安心して使えるはずですよ!

\安定したau回線でサクサク快適/

使い方に合わせて選べる3プラン展開だから、誰にでも最適!
対象機種の下取りで最大74,800円相当のPontaポイント還元!

関連記事

IIJmio(アイアイジェイミオ)

IIJmio(みおふぉん)公式サイト
携帯会社名IIJmio
回線MVNO(ドコモ、au)
月額料金(5GB)音声SIM:990円
データSIM:900円※eSIMなら660円
通信速度47.13Mbps
※2023年12月現在
低速通信時最大300kbps
各種便利機能・節約モード
・データ繰り越し
・バースト転送
支払方法クレジットカード
サポート・問合せフォーム
・電話
・Twitter
特徴・電気通信事業者の老舗が提供するサービス
・5GB990円の高コスパプランを展開
・便利機能多数、サポート充実と隙なし
公式サイトhttps://www.iijmio.jp/

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、電気通信事業者として30年の実績を誇る老舗「インターネットイニシアティブ」の格安SIMです。

IIJmioでは、2023年4月より一部プランにおいて料金改定が行われました。

これにより、5GB990円の高コスパプランが誕生し、現在注目度が高まっています。

5GB990円は、格安SIM業界で見ても最安級と言える金額だよ! 

そのほか、節約モードやデータ繰越、バースト転送といった各種便利機能にもバッチリ対応。

サポート体制にも優れており、数ある格安SIMの中でも隙のないサービスに仕上がっています。

長年通信事業に従事してきた中で、ユーザーの声にしっかりと耳を傾けてきた様子が感じられるワン。

IIJmioは、スマホ本体が格安で提供される「スマホ特価セール」を不定期で開催している点も特徴の一つ。

わずか数百円~数千円程度で新品スマホが手に入ることもあるので、乗り換えと同時に機種変更も検討している人はIIJmioを要チェックです!

2023年12月現在、最安110円から新品スマホが買える「ゴーゴーキャンペーン」を開催中だワン!

\全格安スマホで契約数トップ/

老舗インターネット企業が運営する、端末販売数の多さが魅力の格安SIM!
人気機種から最新機種まで豊富に揃っているため、お気に入りのスマホがきっと見つかります。

関連記事

■IIJmioのより詳しい特徴・口コミ評判を知りたい人はこちら↓

IIJmioの評判は悪い?口コミをもとにメリットデメリット・お得なキャンペーンまで徹底解説

NUROモバイル(ニューロモバイル)

NUROMobile公式
携帯会社名NUROモバイル
回線MVNO(トリプルキャリア)
月額料金(5GB)【VMプラン】
音声SIM:990円
データSIM:825円
通信速度48.92Mbps
※2023年12月現在
低速通信時200kbps(一部プランのみ1Mbps)
各種便利機能・初速バースト機能
・節約モード
・翌月データ繰り越し
支払方法クレジットカード
サポート・チャット
・メール
・電話
特徴・5GBが業界最安級の990円で使える
・データ容量がプラスでもらえるオプションあり
・LINEの一部サービスがカウントフリー
公式サイトhttps://mobile.nuro.jp/

NUROモバイル(ニューロモバイル)は、ゲームやネットワークサービスでおなじみの「SONY(ソニー)」と同じ、ソニーグループが運営・提供する格安SIMです。

5GBプランが業界最安級の990円で利用できる点が魅力となっています!

5GBを1,000円以下で提供している格安SIMはそうそうないよ!大手ソニーグループが運営しているという点も安心だね。

もともと「データ繰り越し」「バースト転送」に対応していたこともあり、使い勝手は上々だったNUROモバイル。

2023年5月にはさらに「節約モード」にも対応したことで、隙のないサービスに仕上がっています!

ユーザーの声をしっかり聞いて、サービス向上に努めている様子は、誠実さが感じられるよね。

そのほか、NUROモバイルは以下のような無料オプションが用意されている点も強みです。

  • Gigaプラス
    3か月ごとに追加データ量が無料で受け取れる。
    5GBのVMプランは3GB/3か月
  • バリューデータフリー
    LINEの一部サービスがデータ消費ゼロで使える。
    トークの利用、スタンプショップの利用など

データがプラスでもらえるし、LINEデータ消費も抑えられるから、5GB程度の小〜中容量でも制限にかかりづらいよ!

契約初月は0円で使えるうえ、今ならキャンペーンで6か月間割引になるため、さらにお得に契約することができます。

5GBプランの格安SIMを検討しているなら、ぜひNUROモバイルは候補に入れてみてください!

\データフリーオプションが豊富/

5GBが業界最安級の990円で契約可能!
各種データフリーオプションを使えば、LINE・TwitterといったSNSも使い放題です。

関連記事

■NUROモバイルのより詳しい特徴・口コミ評判を知りたい人はこちら↓

NURO(ニューロ)モバイルの口コミ・評判は?料金・速度に関する利用者の声やメリットデメリットを徹底解説

mineo(マイネオ)

携帯会社名mineo
回線MVNO(トリプルキャリア)
月額料金(5GB)音声SIM:1,518円
データSIM:1,265円
通信速度42.4Mbps
※2023年12月現在
低速通信時最大200kbps
各種便利機能・節約モード
・データ繰り越し
・初速バースト機能
支払方法口座振替
クレジットカード
デビットカード(一部)
サポート・オンラインチャット
・メール
・SNS
・電話
・店舗
特徴・トリプルキャリア対応で端末買い替え不要
・ユーザー同士でギガを分け合える
・格安価格でデータ無制限にすることも可能
公式サイトhttps://mineo.jp/

mineo(マイネオ)は、関西電力系列の電気通信事業者「オプテージ」が提供する格安SIMです。

ユーザー同士の助け合いを尊重して運営しているため、データシェアオプションがとにかく豊富

周りにmineoユーザーがいればいるほど、5GBプランでも通信制限になることなく快適に使えます!

以下に、mineoが提供している助け合いサービスをまとめました。

  • フリータンク
    mineoユーザー全員が、余ったデータを貯めておける共用タンク。
    毎月1GBまでなら誰でも無料で引き出して利用可能。
  • パケットギフト
    余ったデータを、指定のユーザーにギフトとしてプレゼントできる。
  • パケットシェア
    最大10人のシェアメンバーの余ったデータを合算し、全員で利用できる。
  • ゆずるね。
    平日12時~13時の混雑時間帯に通信を控えることで、他のユーザーの快適な通信に貢献しつつ、自分はお礼としてデータ等の特典がもらえる

フリータンクがあるから、5GBで契約しても実質6GB使えることになるね!mineoは使いこなすほどデータに余裕が生まれるサービスだよ。

また、mineoのもう一つの特徴として「格安でデータ無制限を実現できる」というものがあります。

無制限の選択肢は以下2点です。

  • マイそく(プラン)
    お昼時間帯(12時〜13時)強制通信制限になる代わり、そのほかの時間はデータ無制限になるプラン。
    32kbps/250円のスーパーライト、300kbps/660円のライト、1.5Mbps/990円のスタンダード、
    3Mbps/2,200円のプレミアムがある。
  • パケット放題Plus(オプション)
    マイピタプランに+385円で付帯できる無制限オプション。
    節約モードをONにした時の通信速度が200kbps→1.5Mbpsになる。

いずれも5GBプランの月額料金と大差ないため「5GBじゃちょっと不安かも…」という人は、mineoの無制限を試してみるのも良いでしょう。

\格安SIMデビューに/

1GB 1,298円~/月から使える! 3大キャリア回線から選べて乗り換えも簡単。
データ容量をシェア&コミュニティサイトも充実。初めての格安SIMのおすすめです!

関連記事

y.u mobile(ワイユーモバイル)

y.u.mobile公式
帯会社名y.u.mobile(ワイユーモバイル)
回線MVNO(ドコモ)
月額料金(5GB)音声SIM:1,070円
データSIM:800円
通信速度66.38Mbps
※2023年12月現在
低速通信時最大128kbps
各種便利機能データ繰り越し
支払方法クレジットカード
サポート・店舗
・メール
・電話
特徴・大手企業2社が共同運営する格安SIM
・余ったデータは永久に繰越可能
・追加料金なしで端末の保険が付帯
公式サイトhttps://www.yumobile.jp/

y.u.mobile(ワイユーモバイル)は、動画配信サービスU-NEXTの親会社「USEN-NEXT HOLDINGS」と、ヤマダ電機で知られる「ヤマダホールディングス」が共同出資して立ち上げた格安SIMサービスです。

5GB1,070円という、シンプルなプランを展開しています。

大きな特徴は、便利機能の一つ「データ繰越」が他社よりも優れている点。

通常であれば、繰り越した分は翌々月には消滅してしまいますが、なんとy.u.mobileは「永久繰越」となっています。

もし繰り越し分を使いきれなくても、無駄になることがないよ!

さらに、y.u.mobileには追加料金不要の「修理費用保険」がついてくるのもポイント。

新品でも中古でも、お持ちの端末が万が一破損・故障した場合、年間最大3万円まで補償してくれます!

月5GB使える格安SIMの中でもサービス面でかなり充実しているので、y.u mobileを検討する価値は高いでしょう。

全国のヤマダ電機店舗でも契約できるから、オンライン契約が不安な人も安心なんだワン!

\最大4か月無料キャンペーン実施中/

5GB1,070円と業界最安級に迫る安さ! 通信速度も優秀と定評あり。
U-NEXTがお得に利用できるプランもあるので、家計全体の節約にも効果的です。

関連記事

■y.u mobileのより詳しい特徴・口コミ評判を知りたい人はこちら↓

y.u mobileの口コミ評判を徹底調査!速度は遅い?プラン内容を踏まえておすすめできる人を解説

イオンモバイル

携帯会社名イオンモバイル
回線ドコモ、au
月額料金(5GB)音声SIM:1,298円
データSIM:1,078円
通信速度37.7Mbps
※2023年12月現在
低速通信時200kbps
各種便利機能・節約モード
・データ繰り越し
・初速バースト機能
支払方法クレジットカード
サポート・電話
・メール
・店舗
特徴・全国のイオンで相談・サポート可能
・1GB単位で細かく変更できる料金プラン
・節約モード・バースト機能搭載
公式サイトhttps://aeonmobile.jp/

イオンモバイルは、ショッピングモール「AEON」でおなじみのイオンリテール株式会社が運営・提供する格安SIMです。

格安SIMはサポートが手薄な会社が多い一方、イオンモバイルは全国のイオン店舗でいつでも相談できるようになっています!

契約時も契約後も、困ったことがあったら近くのイオンで気軽に聞けちゃうのは嬉しいね!

また、1GB単位で細かく設定できる料金プランを採用している点も、イオンモバイルの魅力の一つ。

5GBで契約してみて、足りないようなら6GBへ、持て余すようなら4GBへ、といった調整が簡単です!

データ量の変更は毎月1回可能!ピッタリくるまで何度でも変更してみるワン!

節約モードやバースト機能もしっかり搭載されているので、低速通信を駆使しながら賢く運用するのもいいですね。

できるだけサポートの手厚い格安SIMを選びたいという人、イオンモバイル必見です!

\サポート面に優れた格安スマホ/

全国200以上あるイオン店舗で対面サポートが受けられるから、格安スマホが不安な人も安心!
データSIMなら月額528円~、音声SIMでも月額803円~と価格もリーズナブル。

関連記事

■イオンモバイルのより詳しい特徴・口コミ評判が知りたい人はこちら↓

イオンモバイルは評判が悪い?口コミから分かるメリットデメリット・おすすめな人を徹底解説

LinksMate(リンクスメイト)

リンクスメイト公式画像
携帯会社名LinksMate(リンクスメイト)
回線MVNO(ドコモ)
月額料金(5GB)音声SIM:1,210円
データSIM:990円
通信速度64.58Mbps
※2023年12月現在
低速通信時20GBプラン以下:200kbps
各種便利機能・節約モード
・データ繰り越し
支払方法クレジットカード
リンクスメイトポイント(LP)
サポート・チャット
・電話
特徴・料金プランが1GB単位で調整可能
・オプション加入で対象サービスの通信料90%OFF
・クレジットカードなしでも契約OK
公式サイトhttps://linksmate.jp/

LinksMate(リンクスメイト)は「LogicLinks」というスマホ・通信事業会社が運営する格安SIMです。

この会社は、グランブルーファンタジーなど数多くの人気ゲームを提供する「Cygames」の子会社となっています。

親会社の影響を受けて、LinksMateもゲームに特化した格安SIMになっているんだよ。

LinksMateの最大の特徴は、対象サービスの通信料が90%カットになる「カウントフリーオプション」が提供されていること。

+550円というお手頃な価格で、ほとんどデータ無制限のように楽しむことができます!

カウントフリーオプションの対象サービスの一例は以下の通りです。

  • 200種類以上のゲーム(グランブルーファンタジー等)
  • AbemaTV、U-NEXT等の動画配信サービス
  • InstagramやTwitterといったSNS

大量のゲームが遊び放題なのはもちろん、日常的に使うであろうSNSまでカウントフリーなのは嬉しいね!

一方懸念点としては、本来であれば便利機能である「節約モード」が、LinksMateに限ってはなぜか節約モード中でもデータ量を消費してしまうようになっているところ。

さらには低速通信に「3日間300MBまで」の制限もあるため、他の格安SIMと比べて節約モードがあまり機能していません。

低速通信で速度制限にかかると、カウントフリーオプションまで無効になってしまうみたいなんだワン…

一部デメリットはあれど、数百種類ものサービスがほぼ無制限で使える格安SIMは現状LinksMateのみ。

対象サービスに自分がよく使っているものがある人は、LinksMateへの乗り換えを考えてみてもいいかもしれませんね。

\スマホゲーマー必見/

数百種類以上のゲーム・SNSがカウントフリーオプション対象!
原則通信料がかからないためゲームを思う存分楽しめます。

関連記事

■LinksMate(リンクスメイト)のより詳しい特徴・口コミ評判を知りたい人はこちら↓

リンクスメイトの評判は本当にいいの?口コミをもとにメリットデメリット・おすすめできる人まで徹底解説

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル公式画像
帯会社名BIGLOBEモバイル
回線MVNO(ドコモ、au)
月額料金(6GB)音声SIM:1,870円
データSIM:1,595円
通信速度24.22Mbps
※2023年12月現在
低速通信時最大200kbps
各種便利機能・データ繰り越し
支払方法クレジットカード(KDDI支払)
サポート・チャット(AI/有人)
・メール
・電話
特徴・通信事業35年以上のビッグローブが運営
・通信速度で最高評価の実績あり
・月額308円のカウントフリーオプションが魅力
公式サイトhttps://join.biglobe.ne.jp/mobile/

BIGLOBEモバイルは、通信事業35年以上の「ビッグローブ株式会社」が運営する格安SIMです。

その豊富な実績と培ってきた技術は伊達ではなく、MM総研「MVNOネットワーク品質調査」の通信速度で最高評価を獲得した実績も。

格安SIMは速度面がネックだから、これはありがたいね!

また、BIGLOBEモバイルには独自のカウントフリーオプション「エンタメフリー・オプション」が用意されているのも魅力です。

月額308円という驚きの価格で、全21種類ものエンタメサービスがデータ消費ゼロで楽しめます!

エンタメフリーオプション対象サービス

  • 動画配信
    YouTube、ABEMA、U-NEXT、YouTube Kids
  • 音楽ラジオ配信
    YouTube Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、
    radiko、らじる★らじる、dヒッツ、楽天ミュージック、TOWER RECORDS MUSIC
  • 電子書籍配信
    dマガジン、dブック、楽天マガジン、楽天Kobo
  • その他
    Facebook Messenger、au PAY マーケット 

スマホの使用用途が大体カウントフリー対象に含まれているという人は、極端な話「1GBプラン+エンタメフリー・オプション」でも事足りるかもしれませんよ。

6GBプランを契約するよりも、大幅に通信費を節約できるはずだワン!

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、2023年6月26日をもって新規申し込みを停止しています。

現在すでに契約中の方は、そのままサービスの継続利用が可能です。

携帯会社名OCNモバイルONE
回線MVNO(ドコモ)
月額料金(6GB)音声SIM:1,320円
データSIM:1,188円
通信速度50.81Mbps
※2023年12月現在
低速通信時最大200kbps
各種便利機能・節約モード
・データ繰り越し
・初速バースト機能
支払方法クレジットカード
(口座振替、デビットカードも条件付き可)
サポート・オンラインチャット
・メール
・電話
特徴・ドコモ回線格安SIMトップの通信速度
・MUSICカウントフリーが標準付帯
・節約モード搭載で賢く使える
公式サイトhttps://service.ocn.ne.jp/mobile/

OCNモバイルONEは、日本の大手電気通信会社「NTT」のグループ会社である「NTTレゾナント」が運営する格安SIMです。

3大キャリアの一つ「ドコモ」と同じ親会社を持ち、ドコモ同様に通信速度面で圧倒的に優れているのが特徴。

ドコモ回線を使っている格安SIMのうち、4期連続で通信速度No.1獲得という輝かしい実績を収めています!

みんなのネット通信速度」によると、ドコモ回線どころか格安SIM全体でトップ5に入るほど優秀みたいだよ!

さらに、音楽配信サービスのデータ使用量がゼロになるオプション「MUSICカウントフリー」が無料で使えるのも嬉しいところ。

SpotifyやLINE MUSICといったサービスをよく利用している人は、OCNモバイルONEなら大幅にデータ使用量を削減できるはずですよ!

月額料金に関しても、6GBで1,320円と相場と比べても安めなので申し分ないでしょう。

格安SIMに乗り換えたいけど、通信速度は妥協したくない!」という人に、OCNモバイルONEは特におすすめです。

関連記事

■OCNモバイルONEのより詳しい特徴・口コミ評判を知りたい人はこちら↓

OCNモバイルONEの評判は悪いの?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査!おすすめできるのはどんな人?

【ポイント別】月5GB~7GBプランがある格安SIMランキング

【ポイント別】月5~7GBプランがある格安SIMランキング

ここでは、今回紹介した格安SIM7社を各ポイント別に比較してランキングにしてみました。

5GBプランを契約するうえであなたが最も重視する点が何かをよく考えて、自分に合った項目をチェックしてみてください。

【5GB格安SIM】月額料金の安さランキング

やっぱり、格安SIMは月額料金の安さで選びたいかな!

今回紹介した7社のうち、月額料金の安さに一番優れるのは「HISモバイルです。

他社の小~中容量プランより多めの7GBが990円で使えるという、圧倒的なコスパが魅力。

携帯会社名月額料金(音声SIM/データSIM)
HISモバイル【7GB】990円/880円
NUROモバイル【5GB】990円/880円
IIJmio【5GB】990円/900円(660円)
y.u mobile【5GB】1,070円/800円
UQモバイル【4GB】1,078円/-
LinksMate【5GB】1,210円/990円
イオンモバイル【5GB】1,298円/1,078円
OCNモバイルONE【6GB】1,320円/1,188円
mineo【5GB】1,518円/1,265円
BIGLOBEモバイル【6GB】1,870円/1,595円

ただし、HISモバイルは「節約モード」「データ繰り越し」といった各種便利機能がないという使いづらさもあります。

もしその点が気になる人は、データ量は減るものの、同価格かつサービスも充実している「IIJmioNUROモバイルを選択してみても良いでしょう。

【価格で選ぶなら】5GB格安SIMおすすめトップ3

【5GB格安SIM】 通信速度の速さランキング

格安SIMは通信速度が心配だから、少しでも速度の快適なところがいいな…

いくら価格が安くても、まともに通信できずにストレスが溜まってしまうようでは本末転倒。

より通信速度を重視したいという人には、auサブブランドの「UQモバイル」をおすすめします。

携帯会社名通信速度(実効値)
HISモバイル120.49Mbps
UQモバイル94.12Mbps
y.u mobile66.38Mbps
LinksMate64.58Mbps
OCNモバイルONE50.81Mbps
NUROモバイル48.92Mbps
IIJmio47.13Mbps
mineo42.4Mbps
イオンモバイル37.7Mbps
BIGLOBEモバイル24.22Mbps
2023年12月現在

みんなのネット回線速度」を見ても、UQモバイルは常にランキング上位を維持しているほど優秀

ユーザーの満足度も非常に高くなっています。

純粋なau回線を使えるということもあり、お昼時などの混雑時間帯でも快適に使えて隙がありません。

ただし月額料金は少々高めなので、格安スマホ(SIM)に抵抗がないのであれば「HISモバイル」を検討してみるのもいいでしょう。

【速度で選ぶなら】5GB格安SIMおすすめトップ2

【5GB格安SIM】 サポートの充実度ランキング

スマホの取り扱いにあまり自信がないから、手厚いサポートは欠かせない!

全国に店舗が充実しているキャリアと違って、格安SIMはコスト削減のためにサポートが手薄になっているところも少なくありません。

格安SIMでも充実したサポートを提供してもらいたいという人は「y.u mobile(ワイユーモバイル)」を選ぶといいでしょう。

携帯会社名店舗サポート
y.u mobileあり(全国のヤマダ電機)
イオンモバイルあり(全国のイオン)
UQモバイルあり(全国のauショップ・UQスポット等)
mineoあり(全国約200店舗)
OCNモバイルONEあり(全国のドコモショップ)
NUROモバイルなし
HISモバイルなし
LinksMateなし
IIJmioなし
BIGLOBEモバイルなし

y.u mobileは、U-NEXTで知られる「株式会社USEN-NEXT HOLDINGS」と、ヤマダ電機を展開する「株式会社ヤマダホールディングス」が共同で運営しています。

特に後者のヤマダホールディングスが関わっていることにより、全国のヤマダ電機で契約可能なのが強みです!

ヤマダ電機は全国に800店舗近く展開していると言われているよ!自宅の近くにあるという人も多いんじゃないかな。

そのほか、全国のイオン店舗に窓口を構えている「イオンモバイルauショップで契約・相談が可能な「UQモバイルなどもおすすめです。

プラン内容などを鑑みて、お好きなところを選ぶとよいでしょう。

【サポートで選ぶなら】5GB格安SIMおすすめトップ2

月5GB~7GBの格安SIMを検討する際によくある質問

月5GB~7GBの格安SIMを検討する際によくある質問

5GB格安SIMへの乗り換え、まだちょっと不安だな…

格安SIMへの乗り換えは、慣れていない人にとっては一苦労かと思います。

ましてや5GB程度の小~中容量だと、契約後に「データが足りない!」といったことも起こりがち。

乗り換えで後悔しないために、事前にぜひ確認しておいてほしいポイントを3点ご紹介していきます。

データ通信量5GBだとどれくらいのことができる?

以下は、一般的なスマホ用途で消費するデータ量の目安をまとめたものです。

スマホの用途データ消費量5GB使う場合の
一日あたりの利用料
通常通話
(1分あたり)
0.3MB9時間/日
ビデオ通話
(1分あたり)
5.1MB32分/日
Web閲覧
(ニュースなど)
0.3MB555ページ/日
テキストメール送受信
(300文字/通)
5KB33,400件/日
写真付きメール
(1通あたり)
3MB55件/日
動画視聴
(Youtube標準画質/時間)
450MB22分/日
Spotify楽曲再生
(高音質160kbps/5分)
6MB2時間19分/日

出先でガンガン動画視聴するならまだしも、メール・LINE・ネットサーフィンといった一般的な使い方なら、5GBで困ることは少ないはず。

Spotifyで1時間音楽を楽しみ、50ページ程度ネットサーフィンをしつつ、LINEで15分程度の通話をする毎日だとしても、月あたりのデータ使用量は4.9GBで収まります。

ただしそこまで余裕があるわけでもないから、重い作業・大容量ダウンロード等をするときは、意識的にWi-Fiを利用するようにしたいね。

スマホ利用者の平均データ使用量はどれくらい?5GBで足りるの?

リサーチ会社「MM総研」がスマホ利用者を対象に行った調査では、約60%のユーザーが月間データ使用量3GB以内で事足りているとの結果が出ています。

Wi-FiのないところでずっとYouTubeやオンラインゲームをするといったことがなければ、5GBで足りなくなることはほとんどないでしょう。

加えて節約モードやWi-Fi等もうまく併用するようにすれば、さらにデータに余裕を持たせることも可能。

格安SIMはデータ量の少ないプランがほとんどのため、賢くデータのやりくりできる人ほど得すると言えるでしょう。

小容量プランで運用している人のほとんどが、節約モードの使いどころを把握して、意識的にONにする癖がついているワン!

自分はどれくらいデータ量があったほうがいいのかわからない…

1GB以下〜20GB以上までの各データ量におけるモデルケースを以下にまとめてみました。

自分のスマホの使い方だと月どれくらいのデータ量になりそうか、よく確認したうえで契約に踏み込むようにしてみてください。

契約データ量モデルケース
1GB以下・出先でのスマホ利用はほぼメールやLINE
・職場・自宅ではWi-Fiを利用する
3GB・メール・LINEを日常的に利用する
・1日30分~1時間程度はSNSやWeb閲覧も
5GB・出先でSNS・Web閲覧をする機会が多い
・Wi-Fiを使える場面が少なく、基本データ通信
10GB・積極的にSNSで発信したり、頻繁にWebで調べ物をしたりする
・Wi-Fiのないところでも動画やゲームを楽しむことがある
20GB以上・Wi-Fi有り無しに関係なく、思いっきりゲームや動画を楽しむ
・ほぼ1日中スマホを利用していることが多い

出先でスマホを使う機会の多い人は、5GBでは足りなくなるかも!スマホの使い方や契約データ量を再検討して、最適なプランを見つけよう。

\7GB990円の圧倒的なコスパ/

【まとめ】月5GB~7GBプランがあるおすすめの格安SIM

5gb格安SIMまとめ

月5GBでも快適に使える格安SIMはありそうだね!スマホ代も節約できて一石二鳥!

この記事では、中容量プランを選ぶときに押さえておきたいポイントや、月5GBプランのあるおすすめ格安SIM会社10選について、価格・速度・サポート等を比較しながら解説してきました。

最後に、この記事の結論を以下にまとめます。


この記事の結論

  • 小~中容量プランを契約する際は、価格だけでなくサービス面にも着目するべき
  • データを賢くやりくりするためにも「節約モード」や「バースト機能」は重要
  • 5GB程度の格安SIMを選ぶなら「HISモバイルがおすすめ!7GB使えて990円!

5GBプランを提供している格安SIMは数多くありますが、選び方を間違えると「データがすぐなくなる」「まともに通信できない」といった後悔につながりかねません。

選び方のポイントをしっかりと押さえて、評価の高く使いやすい格安SIM会社を選定するようにしましょう。

どこにしたらいいか迷ったときには、ぜひこの記事で紹介した10社から選んでみてください。

中でもHISモバイル」は業界最安級の価格が魅力の格安SIMとなっているので、特におすすめですよ!

\今すぐ料金プランをチェック/

音声通話格安SIMが月額290円(税込)~! *データ100MB未満の場合
通話料もキャリアの半額以下!とことん安さにこだわる方におすすめです。

関連記事

■乗り換え先選びに難儀している人へ。キャンペーンなどをもとにおすすめをご紹介↓

スマホ乗り換えに一番おすすめなサービスはどれ?全11社のお得なキャンペーンを比較!乗り換えタイミング・手順も解説

月5GB~7GBプランのあるおすすめ格安SIM10選

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU