PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【2023年】NFTの無料配布とは?受け取り方・配布イベントやメリットを解説

いろはにマネーNFT【図解】NFTとは?仕組みや始め方・買い方を初心者向けにわかりやすく解説 > NFTの無料配布とは?受け取り方・配布イベントやメリットを解説

【2023年】NFTの無料配布とは?受け取り方・配布イベントやメリットを解説

※当記事はLINE BITMAXの「PR」を含みます。

次世代の技術として知られる「NFT」を使ったコンテンツが増えており、様々な日本企業が無料のNFT配布イベントを実施しています
最近ではNFT未経験者でも気軽に参加しやすいイベントが増えました。

今回は、初心者向けのNFT無料配布イベントや、NFTの受け取り方を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

NFT取引との併用におすすめの国内取引所 ▼

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

「いろはにマネー」を運営する株式会社インベストメントブリッジは、20年以上にわたり個人投資家向けに情報提供をしています。100社以上の上場企業のIR活動の支援実績があり、金融や投資のプロフェッショナルが在籍し長年培ったノウハウを活かし当メディアを運営しています。(運営会社情報を見る)

NFTの無料配布(フリーミント)とは?メリットを解説

NFTの無料配布(フリーミント)とは?メリットを解説

NFTの無料配布(フリーミント)とは、特定のNFTを無料でもらえるイベントのことを指しています。
新しいNFTコレクションの知名度を高めるために、様々なNFTプロジェクトや企業が実施しています。

無料配布を受けるには「特定のNFTの保有」といった条件が設けられているのが主流です。
一方で、Twitterのリツイートなどの簡単な条件で無料配布に参加できるコンテンツも多くあります

NFTの様々な活用方法が登場していて、大企業がNFTを無料配布するケースも増えているよ。

NFTの無料配布について、以下の3つの観点から解説するワン!

値上がり益を得られる可能性がある

値上がり益を得られる可能性がある

NFTは需要と供給によって価格が変動する資産であり、コンテンツによっては値上がり益を得られる可能性があります。
無料で手に入れたNFTに価値がつけば、手数料以外の損失なしで稼げるのが大きなメリットです。

2017年に無料配布された「CryptoPunks(クリプトパンクス)」のような値上がりを期待し、NFTを収集する投資家もいます。

無料配布で値上がりしたクリプトパンクス

  • イーサリアムチェーン上で10,000枚が無料公開され、イーサリアムコミュニティのメンバーなどに提供された
  • ガス代とイーサリアムウォレットがあれば、無料でクリプトパンクスを入手できた
  • 2019年までは10,000円以下の価格で推移していたが、2021年のNFTブーム時には数千万~億単位で取引されるようになった

タダでもらったNFTでも、思わぬ価値がつく可能性もあるんだね!

応募条件を満たせば無料でNFTを受け取れる

NFTの無料配布(フリーミント)では、応募条件を満たせば無料でNFTを受け取れる可能性があります。

初心者でも簡単に参加できる無料配布イベントの他、特定のNFT保有特典として配布されるイベントも行われています。

NFTの無料配布の形式(例)

  • エアドロップ
    →すでにNFTを保有しているユーザーに対し、自動でNFTが無料配布される
  • ギブアウェイ
    →フォロー・リツイートなどのアクションを行うと抽選に参加できる
  • 特定のイベントに参加
    →特定の場所を実際に訪れると記念品NFTを受け取れる

様々な企業やプロジェクトがNFTを配布している

NFTを導入する企業は増えており、様々な日本企業やプロジェクトがNFTの無料配布イベントを実施しています。

NFTの無料配布イベントを開催する側のメリットとして、自社ブラントの知名度拡大・新たなユーザー層の獲得が挙げられます。
個人のNFTクリエイターも無料配布イベントを行っているため、X(旧Twitter)などで検索すれば様々なイベントが見つかるかもしれません。

NFTの無料配布を実施した日本企業

  • アサヒ飲料
    →対象商品の応募シールを集めると「新垣結衣NFT」がもらえるキャンペーンに参加できる。LINE NFTを活用
  • カルビー
    →ポテトチップス購入者にポテトNFTを配布するイベントを開催
  • スクエニ(スクウェア・エニックス)
    →NFTプロジェクト「SYMBIOGENESIS」内のNFTアート(メンバーカード)を入手できるイベントを開催

日本企業が実施するNFTの配布イベントは、アンケート回答や対象商品の購入で参加できるキャンペーンが多いワン!

LINEが手掛ける仮想通貨取引所!LINE BITMAXの詳細を見る
こちらから

【2023年】NFTの無料配布イベント

【2023年】NFTの無料配布イベント

NFTの無料配布イベントに参加してみたい!
どんなキャンペーンがあるのかな。

初心者でも気軽に参加できる、NFTの無料配布イベントを紹介するワン!

LINE NFT

LINE NFT
出典:LINE NFT

LINEが手掛けるNFTマーケットプレイスの「LINE NFT」では、アカウントを開設するだけでNFTをもらえるキャンペーンが実施されています。
LINEのアイコンに設定できるプロフィールNFTがランダムで配布され、NFTを保管するウォレットの「DOSI Wallet」から確認できます。

出品や送付はできませんが、誰でも気軽に始められるのが特徴です。
まずはNFTを実際に体験したい」という方に向いている無料配布キャンペーンといえます。

資産性ミリオンアーサー

スクエニが手掛けるNFTゲームの「資産性ミリオンアーサー」では、NFTの無料配布イベントが実施されることがあります
資産性ミリオンアーサーは無料で手軽に始められるゲームとなっており、NFTゲーム未経験でも始めやすいシステムが開発されています。

ゲーム内で利用できるNFTを入手したい方は、資産性ミリオンアーサーのキャンペーンをチェックしておきましょう。

資産性ミリオンアーサーの詳細は「資産性ミリオンアーサーの遊び方!儲かる仕組みで話題のゲーム攻略方法」を参考にするワン!

JR九州NFT

JR九州NFT
出典:JR九州NFT

JR九州NFTとは、現地を訪れた記念や証明に役立つ無料NFTのことです。
保有するNFTコレクションはウォレット内でスムーズに確認できる他、販売されているNFTは日本円で簡単に購入できます。

保有NFTの種類や数量に応じた、限定サービスやNFT配布などの特典が実施される見込みです。

【初心者向け】LINEを使った無料配布NFTの受け取り方

【初心者向け】LINEを使った無料配布NFTの受け取り方

無料配布のNFTをもらってみたい!
受け取り方が知りたいな。

初心者も手軽に利用できるLINE NFTを例に、無料配布NFTの受け取り方を解説するワン!

LINE NFTアカウントを開設

LINE NFTの利用にはアカウント開設が必要です。

LINE NFTの画面右上にある三本線をタップし、LINE NFT公式アカウントの承認を行いましょう。

LINE NFTアカウント開設の流れ

  • LINE NFT公式アカウントの承認を許可
  • DOSI Walletの作成と利用規約の確認
  • メールアドレス・パスワードの認証を設定

DOSI Walletとは、FINSCHIA(LINE開発のブロックチェーン)のNFTや仮想通貨を管理できるウォレットサービスのことだよ。
安全なウォレットを無料で利用できるんだ。

無料配布NFTのURLやQRコードを読み取る

無料配布NFTのURLやQRコードを読み取る

無料NFT配布先のURLやQRコードを読み取ればNFTが発行されます
「NFTエアドロップが完了しました」と表記が出たら、無料配布NFTの受け取りが完了です。

受け取ったNFTは、LINE NFTのプロフィール画面やDOSI Walletで確認できます。

難しい操作なしで、気軽にNFTの無料配布が受けられるんだね!

NFTを取引するならLINE BITMAXへの登録もおすすめ[PR]

LINEBITMAX

LINE NFTでNFTを売買する場合、日本円や仮想通貨FINSCHIA(FNSA)での取引が可能です。
仮想通貨FINSCHIAとはLINEの開発する仮想通貨のことで、LINEの手掛ける仮想通貨取引所の「LINE BITMAX」で購入できます。

無料で仮想通貨FINSCHIAがもらえるキャンペーンが定期的に開催されているので、LINEのNFTに興味がある方は登録しておくのがおすすめです。

LINE BITMAXの登録方法

  • LINE BITMAX公式サイトでアカウントを無料登録する
  • 本人確認を行う(LINE Pay本人確認が済んでいる場合はスキップ)
  • 審査完了後、取引やキャンペーン参加ができる

LINEを売買できる取引所の詳細は「LINE BITMAXの評判は?始め方・手数料・使い方を解説【ラインで始める仮想通貨】」を確認するワン!

\ LINEで仮想通貨デビュー /

【OpenSeaを利用】無料配布NFTの受け取り方

【OpenSeaを利用】無料配布NFTの受け取り方

個人クリエイターやプロジェクトの無料配布NFTは、どうやって受け取るのかな?

NFTマーケットプレイスのOpenSeaを使った、フリーミントNFTの受け取り方を解説するワン!

無料配布を受ける条件を満たす

まずは無料配布イベントに参加したいNFTプロジェクトの内容を確認し、参加条件を満たします。

無料配布の受け取りに必要なホワイトリスト(優先購入権)をもらうために、提示されたタスク(課題)をこなしましょう

NFT無料配布イベントへの参加条件(例)

  • SNSアカウントのフォロー
  • 特定のツイートをいいね・リツイート
  • Discordで特定の活動を行う
  • 指定されたNFTを保有する

配布の対象者が「条件を満たした全員」「抽選」のどちらかを確認した上で、イベント参加を検討しよう。

国内取引所でガス代の仮想通貨を購入

国内取引所を使った買い方

フリーミント企画の場合、NFTをミント(生成)する際にガス代(手数料)が発生します。
NFTが対応しているブロックチェーンを確認し、ガス代用の仮想通貨を購入しましょう

ガス代用の仮想通貨購入には、ウォレットへの出庫手数料が無料のGMOコインやSBIVCトレードの利用がおすすめです。

ガス代用の仮想通貨購入におすすめの国内取引所

仮想通貨の始め方を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ!稼ぐ方法を初心者向けにわかりやすく解説」を見ると良いワン!

仮想通貨ウォレットのアドレスに出庫

ウォレットアドレスにイーサリアムを送金

次に、国内取引所で用意した仮想通貨を、MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットに出庫します。

どの取引所においても、基本的には以下の流れで出庫できます。

  1. MetaMaskのウォレットアドレス(アカウント名の下に表示されている)をコピー
  2. 取引所の送金メニューから送金したい仮想通貨を選択し、宛先の欄にMetaMaskのウォレットアドレスをペーストする
  3. 認証作業を行って宛先を登録する
  4. 送金したい額を入力して出庫する

メタマスクを作成する場合は、シークレットリカバリーフレーズ(12個の英単語)の流出に注意しよう。
人に教えたりサイトに入力したりすると、大切な資産が盗まれてしまうんだ。

メタマスクの詳細は「メタマスク(MetaMask)とは?スマホ版・PC版の登録方法や使い方を解説」の記事をチェックするワン!

指定のサイトでフリーミントを行う

NFTのホワイトリストを受け取れたら、指定されたサイトにウォレットを接続します。

サイトによって表示は異なりますが、基本的には「Mint」や「Claim(請求)」などのボタンが表示されます。
NFTを生成してガス代の支払いを行い、トランザクション(取引)を完了させましょう。

フリーミントNFTを装った詐欺が多発しているから、怪しいNFTのサイトにはウォレットを接続しないようにしよう。

OpenSeaでフリーミントNFTを確認

OpenSea
出典:OpenSea

フリーミントNFTを受け取った後は、OpenSeaのマイページでNFTを確認します
新しいNFTは「Hidden」ページに入って隠れてしまうことがあるため、「Unhide」をクリックして公開ページに移動させましょう。

なお、心当たりのないNFTがHiddenに入っている場合は詐欺NFTの可能性があるため、触ったり移動させたりしないように注意してください

仮想通貨やNFTの経験がない場合、フリーミントNFTのイベントに参加するのはハードルが高いかもしれないね。

仮想通貨やメタマスクを使うフリーミントは上級者向けの無料配布イベントだワン。
初心者は国内企業のサービスから挑戦するのもありだワン!

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

【注意】NFTの無料配布に参加するデメリット

【注意】NFTの無料配布に参加するデメリット

NFTの無料配布に参加するデメリットはあるのかな?

NFTの無料配布について、注意点やデメリットを解説するワン!

詐欺プロジェクトが非常に多い

仮想通貨ウォレットを接続するタイプのNFT配布イベントでは、多くの詐欺行為が横行しています
フリーミントに参加する不特定多数のユーザーを狙い、資産を奪う詐欺師が存在するのが現状です。

悪質な行為は年々巧妙化しているため、信頼できない運営元のNFT配布イベントは避けておくのが望ましいです。

NFT無料配布の詐欺被害(例)

  • ウォレットを詐欺ミントサイトに接続し、ウォレットを承認したら資産を抜かれてしまった
  • 心当たりのないNFTをHiddenから移動させたら資産を抜かれてしまった
  • 人気NFTの名を騙った偽のNFTを売りつけられてしまった

無料配布を受けようと思っただけなのに、資産が抜かれてしまうなんて恐ろしいね!

怪しいプロジェクトへの参加を避けたり、ウォレットを複数に分けたりして、リスク対策を徹底する必要があるよ。

高額なNFT保有が条件の配布もある

無料配布のNFT」と宣伝されていても、実際には高額なNFTの保有を条件としているイベントも多くあります。
無料配布NFTイベントの中には、NFTコミュニティ全体で買い煽りを行ったり、誇大広告による宣伝を行ったりして価格をつり上げようとするプロジェクトも存在します。

NFTに慣れていない方は、高額なNFTやトークンの保有を条件とするイベントには参加しないようにしましょう。

ローンチ直後に価格をパンプ(意図的につり上げ)させ、売り抜けようとするプロジェクトや投資家もいるワン!

宣伝につられて、無料配布NFTを高い二次流通(転売)価格で購入しないように注意しよう。

ガス代が発生することがある

ミントサイトでNFTを生成するタイプの無料配布イベントなど、NFT配布を受けるのにガス代が必要なイベントも多くあります
無料NFTの売却によってガス代分のコストを回収できるとは限らず、特にガス代が高いイーサリアムのNFTは注意が必要です。

売買益を目的として無料配布イベントに参加する場合は、ガス代分を回収できる見込みのあるプロジェクトに絞り込みましょう。

利益を得られないケースが多い

無料配布NFTを受け取ったとしても、労力に見合った利益が得られるとは限りません

新しく発行されたNFTは、市況やプロジェクトの状況によってはほとんど価値が付かない可能性もあります。
一時的に価値が上昇しても暴落するケースもあるため、過度な期待は避けるのが無難です。

仮想通貨やウォレットを使うタイプの無料配布イベントは、参加には手間もかかるし、詐欺行為への警戒も必須だよ。
大変な作業を行ったとしても、十分な利益が確実に得られるわけではないんだ。

NFTの無料配布に関するQ&A

NFTの無料配布に関するQ&A

NFTの無料配布について、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、NFTに関する疑問を解消するワン!

NFTのエアドロップとは?

NFTのエアドロップは、すでにNFT化されたコンテンツの配布イベントを指すことが多い言葉です。
フリーミントは受け取り側がコンテンツをNFT化するのに対し、エアドロップは配布側がNFTの生成(ミント)を行います

エアドロップを受ける場合は配布者に対してウォレットアドレスを伝える必要があるため、DMなどの指定された方法でメッセージを送る手順が発生します。

配布者からNFTが送られてくる形式の場合、ガス代は配布者側が負担するんだ。

NFTのギブアウェイとは?

ギブアウェイはNFTの配布企画のことを指しており、特にエアドロップと同じ意味で用いられることが多い言葉です。

エアドロップは既存ユーザーへの優遇措置として実施されるケースが多く、ギブアウェイは新規顧客の獲得を狙って行われるケースが多くあります
ギブアウェイは参加ハードルが低く、Twitterのフォローやリツイートなどの簡単なアクションで申し込めます。

ギブアウェイは抽選でNFTがもらえる形式が多いワン!

NFTの無料配布イベントの探し方は?

NFTの無料配布イベントは、X(旧Twitter)の検索窓を使って探す方法があります。
検索窓に「#NFTGiveaway」のハッシュタグを入力すれば、世界で実施されているギブアウェイ企画がチェックできます。

日本語のツイートに絞りたい場合は、「#NFTGiveaway lang:ja」で検索してみましょう。

ただし、Twitter上のギブアウェイ企画の中には、詐欺案件もたくさん存在するんだ。
怪しいイベントには注意が必要だよ。

むやみやたらとギブアウェイ企画に参加するよりも、運営元が明確なイベントへの参加をおすすめするワン!

筆者のポイントまとめ

まとめ・NFTの無料配布イベント・受け取り方

NFTの無料配布イベントは値上がり益を期待できる一方、初心者が参加するにはリスクが高いイベントも多く存在します。
NFT未経験の方が無料配布イベントに参加する場合は、運営元がはっきりしているコンテンツを選びましょう。

NFTの無料配布は個人クリエイターやNFTコミュニティに加え、最近では日本企業が実施するケースも増えました。
企業や有名人が参加したNFTに興味を持った方は、まずはLINE NFTなどの企業が開催している無料配布イベントを利用するのがおすすめです。

メタマスクなどの仮想通貨ウォレットを利用する配布イベントは、仮想通貨のセキュリティ面において高い知識が求められます。
不正なNFTやミントサイトによる被害を避けるためにも、仮想通貨やNFTの利用に慣れた上で参加を検討しましょう

NFT無料配布に関するポイントまとめ

  • NFTの無料配布イベントは様々な企業やプロジェクトが実施している
  • 仮想通貨ウォレットを接続するタイプの配布イベントは、詐欺被害も多く起きている
  • 初心者にはLINE NFTの無料配布キャンペーンがおすすめ

LINE NFTを利用する際は、LINEの仮想通貨取引所の「LINE BITMAX」も併用するのがおすすめだよ。
LINE NFTで使える仮想通貨「FINSCHIA」の無料配布キャンペーンが開催されていることもあるんだ。

LINE NFTとLINE BITMAXは初心者でも手軽に利用できるサービスだワン。
興味がある人はサクッと無料登録しておくと良いワン!

おすすめの仮想通貨取引所


ブックマークした記事を見る
moonoo banner
Loading...
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU