【必見】格安SIMでもテザリングは利用可能!使い方・接続手順やおすすめ格安SIMまで徹底解説

格安SIMテザリングアイキャッチ

・格安SIMでもテザリングってできるの?何か注意点はある?
・テザリングができるおすすめの格安SIMを教えて!

このような疑問にお答えします。


この記事の結論

  • 格安SIMでもテザリングは「無料・申し込み不要」で使える!
  • ただしデータとバッテリー消費の激しさはネックのため、対策が必要
  • おすすめSIMは楽天モバイル月額3,278円で高速通信が完全使い放題

外出先でインターネット環境を確保するときによく使われる、スマホの「テザリング」。

手持ちのパソコン・タブレットを気軽にネット接続できて便利ですが「キャリア限定の機能で、格安SIMでは使えないんじゃないの?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

通信費節約のために格安SIMへの乗り換えを検討しているけど、もしテザリングが使えなくなるんだったら不便だな…

結論、格安SIMでもテザリングは使えますが、気を付けなければいけない点がいくつかあるのも事実。

この記事では、テザリングが使えるおすすめ格安SIM5選をはじめ、テザリングを利用するうえでの注意点についてまで徹底的に解説していきます!

OS別の設定方法まで紹介しているから、この記事を読めばすぐ「格安SIMでのテザリング」を使い始められるワン!

テザリングにおすすめの格安SIM TOP3

  • 楽天モバイル おすすめ!
    公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
    月額3,278円でデータ完全使い放題!いくらテザリングしても通信制限にかからず安心です。使わない月は1,078円まで勝手に割引。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    通信速度よりもデータ量を重視する人に!385円のオプションをつければ、1.5Mbpsでデータ使い放題。月額660円~のマイそくプランでも無制限を実現できます。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    セット割を活用すれば最安990円で契約可能!通信制限時の速度も1Mbpsと優秀なため、節約モードに設定しておけば実質中速無制限です。

格安SIMでもテザリングはできる?

格安SIMでもテザリングできる?

テザリング機能はもともとキャリアから提供が始まったということもあり、今でもキャリアでしか使えないものと思われがち。

しかし冒頭でも説明した通り、格安SIMでも問題なくテザリングは利用可能です。

テザリング(インターネット共有機能)とは

スマホのデータ通信を共有することで、Wi-Fi接続に対応したほかの機器をネットにつなぐことができる機能。
スマホがポケット型Wi-Fiのようになるイメージ。公共のフリーWi-Fiを使うより、セキュリティ面で安心な点も魅力。

ちなみにキャリアでテザリングを利用する場合「一部有料+申し込みが必要」の会社がある一方で、格安SIMは「完全無料+申し込み不要」がほとんど

テザリングに関しては、キャリアよりも格安SIMの方が使い勝手がよくなっています。

各携帯会社のテザリング対応状況は以下の通りです。

携帯会社名テザリング利用料申し込み
ドコモ無料不要
au一部有料(550円)
※詳細は公式HP参照
必要
ソフトバンク一部有料(550円)
※詳細は公式HP参照
必要
楽天モバイル無料不要
格安SIM全般無料不要

ただし、格安SIMでテザリングできない会社もゼロではないはずだから、契約前に公式HPをよく確認してね。

キャリアから格安SIMへの乗り換えるとしても、ことテザリングに関しては心配する必要はないということを覚えておきましょう。

テザリングにおすすめの格安SIM TOP3

  • 楽天モバイル おすすめ!
    公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
    月額3,278円でデータ完全使い放題!いくらテザリングしても通信制限にかからず安心です。使わない月は1,078円まで勝手に割引。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    通信速度よりもデータ量を重視する人に!385円のオプションをつければ、1.5Mbpsでデータ使い放題。月額660円~のマイそくプランでも無制限を実現できます。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    セット割を活用すれば最安990円で契約可能!通信制限時の速度も1Mbpsと優秀なため、節約モードに設定しておけば実質中速無制限です。

テザリングができるおすすめの格安SIM5選

テザリングができるおすすめ格安SIM5選

格安SIMでテザリングをするなら、どこの会社がいいんだろう?

格安SIMでもテザリングできるとはいっても、2022年11月現在、格安SIM会社数は1,600以上にも上る状況。

プラン選びは難航必至のため、ここでは「この会社を選んでおけばまずテザリングで不便することはない!」という5社を厳選しました。

何をするためにテザリングを使うのかをよく考えたうえで、最適なプランを見つけてほしいワン!

こちらのおすすめの格安スマホを徹底比較した記事とあわせてチェックしてみてください。

楽天モバイル

楽天モバイル公式画像
携帯会社名楽天モバイル
回線楽天モバイル、au
月額料金/データ量~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
無制限:3,278円
通信速度58.14Mbps
低速通信時最大1Mbps
支払方法クレジットカード
口座振替
デビットカード
楽天ポイント
サポート・オンラインチャット
・電話
・店舗
キャンペーン【iPhone得トク乗り換えキャンペーン】
初回申し込み+対象iPhone購入で最大24,000円分ポイント還元
【スマホ得トク乗り換えキャンペーン】
初回申し込み+対象スマホ購入で最大19,000円分お得
※16,000円割引+3,000円分ポイント還元
特徴・3,278円でデータ完全使い放題
・使わない月の料金も最適化
・楽天ポイントが貯まる・使える
公式サイトhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/

テザリング目的で格安SIMを選ぶなら「楽天モバイル」は欠かせません。

2020年4月からキャリアとなったため厳密には格安SIMではないものの、月額3,278円という安さでデータ完全無制限に使えるのは現状楽天モバイルのみです!

ポケット型Wi-Fiでも月額4,000〜5,000円は当たり前であることを考えると、3,000円で無制限の楽天モバイルがいかにすごいかわかるね…!

テザリングはデータ通信量をかなり消費するため、格安SIMにありがちな小容量プランではすぐにデータ切れを起こしてしまいます。

その点楽天モバイルであれば、テザリングとしてもスマホとしても使い放題でストレスフリー

Wi-Fi不要でスマホ一台あればで完結するため、荷物もかさばらずスマートです。

月によって全然テザリングをしないときがあっても、楽天モバイルは従量制を採用しているため損することがありません。

3GBまでなら1,078円という格安SIM並みの価格に勝手に割り引かれるので、通信費を最適化できますよ!

月々の支払で楽天ポイントを貯めて、そのポイントを支払に充当すれば、理想の循環が完成!
楽天経済圏の人にも特におすすめなんだワン!

\キャンペーン実施中/

格安SIM並みのお得な価格が魅力!3GB1,078円から気軽に使える!
さらに3,278円だと完全無制限で使い放題になります。

さらに詳しくは「楽天モバイルの評判・口コミはどう?電波は悪い?メリットやデメリット、おすすめできる人を徹底解説」をご覧ください。

mineo

携帯会社名mineo
回線MVNO(トリプルキャリア)
月額料金/データ量【マイピタ】
1,298円/1GB
1,518円/5GB
1,958円/10GB
2,178円/20GB
【マイそく】※無制限プラン
660円(300kbps)
990円(1.5Mbps
2200円(3Mbps)
通信速度41.37Mbps
低速通信時最大200kbps
支払方法口座振替
クレジットカード
デビットカード(一部)
サポート・オンラインチャット
・メール
・SNS
・電話
キャンペーン【かけ放題割引キャンペーン】
①10分かけ放題・完全かけ放題どちらも初月無料
②2ヶ月目以降も、1年間各オプションが最大220円割引
特徴・トリプルキャリア対応で端末流用可能
・+385円の中速無制限オプションが便利
・お昼に通信しないならマイそくプランも
公式サイトhttps://mineo.jp/

テザリングにおいて、通信速度よりも維持費とデータ量を重視したいという人に、mineoは非常におすすめです。

+385円のオプション「パケット放題Plus」を使えば、最安1,683円で無制限プランが出来上がります!

通話なしの完全テザリング用にするなら1,265円!圧倒的安さでデータが使い放題になるよ!

さらに、mineoにはもう一つ「マイそく」というデータ無制限の選択肢があります。

お昼12〜13時の間強制通信制限になるデメリットはあるものの、なんと最安660円でデータ無制限を実現可能です!

そのほかトリプルキャリア対応という特徴もあわせもっているので、お手持ちの端末をそのまま流用できる点もmineoの魅力。

テザリングはしたいけど月額料金は高くしたくない!という人は、ぜひmineoの各種プランを検討してみてください!

\格安SIMデビューに/

1GB 1,298円~/月から使える! 3大キャリア回線から選べて乗り換えも簡単。
データ容量をシェア&コミュニティサイトも充実。初めての格安SIMのおすすめです!

mineoの気になる通信速度については「mineo(マイネオ)は遅い?各プランの通信速度を他社と比較!速度低下の原因やその対策法」で詳しく解説しています。

UQモバイル

UQモバイル
携帯会社名UQモバイル
回線au(サブブランド)
月額料金/データ量プランS:1,628円/3GB
プランM:2,728円/15GB
プランL:3,828円/25GB
通信速度65.92Mbps
低速通信時最大1Mbps(プランS:300kbps)
支払方法クレジットカード
口座振替
デビットカード
サポート・オンラインチャット
・電話
・店舗
キャンペーン【オンラインショップ限定キャンペーン】
オンラインショップで他社から乗り換え+増量オプション加入で、
最大13,000円分auPAY還元
特徴・au品質のキャリア回線がお得に使える
・プランM,Lは制限時も1Mbpsで使い放題
・節約モード、データ繰り越しあり
公式サイトhttps://www.uqwimax.jp/mobile/

auのサブブランド「UQモバイル」は、普段はスマホとして快適に使いつつ、必要に応じてテザリングに活用することも可能な柔軟性が魅力のサービスです。

無制限プランはないものの、通信制限時の速度が1Mbpsと比較的早いため、実質データ無制限で使えるようになっています!

ただし、プランSの制限速度は最大300kbpsだから注意してね。

1Mbps使い放題を実現するためにはプランM(2,728円)かL(3,828円)の契約が必須で、月額料金はそこまで格安ではないのが懸念点

ただしもしau系列のインターネットサービスを契約しているなら、自宅セット割の適用で大幅にお得にできるためぜひ活用しましょう。

制限時速度通常月額料金セット割適用後
プランS300kbps1,628円990円
プランM1Mbps2,728円2,090円
プランL1Mbps3,828円2,970円

制限速度300kbpsでも大丈夫という人は、プランSにすれば月額たった990円で契約可能!しかも高速通信も3GBついてくるんだワン!

テザリング用途が「Web閲覧」や「テキストメッセージ」など通信速度を要さない場合には、1Mbps使い放題のUQモバイルでも十分便利に使えるはずですよ!

\安定したau回線の格安スマホ/

迷わないシンプルな料金プランが魅力!
純粋なau回線だからサクサク通信が楽しめます。

詳しくは「UQモバイルは評判悪い?後悔しない?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説」もあわせてご覧ください。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
携帯会社名OCNモバイルONE
回線MVNO(ドコモ)
月額料金/データ量550円/500MB
770円/1GB
990円/3GB
1,320円/6GB
1,600円/10GB
通信速度63.14Mbps
低速通信時最大200kbps
支払方法クレジットカード
(口座振替、デビットカードも条件付き可)
サポート・オンラインチャット
・メール
・電話
キャンペーン【スマホセール】※不定期
人気の格安スマホが最安1円から購入可能
(基本他社からのMNPが条件)
特徴・ドコモ回線格安SIMトップの通信速度
・MUSICカウントフリーが無料で使える
・月額550円から気軽に契約可能
公式サイトhttps://service.ocn.ne.jp/mobile/

テザリングを使う主な目的が「音楽配信サービスの利用」である場合、OCNモバイルONEも選択肢の一つとして非常に優秀。

なぜなら、独自のカウントフリーオプション「MUSICカウントフリー」が、追加料金なしで使えるようになっているからです!

MUSICカウントフリー対象のサービスを以下にまとめました。

  • amazon music
  • AWA
  • dヒッツ
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • ひかりTVミュージック
  • ABEMA (2023年3月30日まで)

音楽再生はもちろん、楽曲ダウンロードにかかるデータ量もフリー!事前に申し込みさえしておけば誰でも使えるよ。

OCNモバイルONEはプランの安さも魅力の一つ。

月額最安550円から用意されているので、格安で契約しつつも、しっかりカウントフリーの恩恵は得ることができます。

通信速度面でも優秀なので、スマホとしての普段使いのストレスも少ないはず。

音楽再生用の端末にテザリングをすることが多いという人は、相性抜群のOCNモバイルONEをぜひ検討してみてください!

\月額550円から契約可能/

大容量10GBでも月額基本料金1,600円(税抜)!
ドコモ回線で通信速度も安心!安さと品質を求める方におすすめの格安SIMです。

気になる方は「OCNモバイルONEの評判解説!料金やメリット・注意点を踏まえておすすめの人を紹介」をチェックしましょう。

リンクスメイト

リンクスメイト公式画像
携帯会社名リンクスメイト
回線MVNO(ドコモ)
月額料金/データ量517円~49,852円/100MB~1TB
※詳細は公式HP参照
通信速度72.01Mbps
低速通信時20GBプラン以上:1Mbps
20GBプラン以下:200kbps
支払方法クレジットカード
リンクスメイトポイント(LP)
サポートチャット
電話
キャンペーン2022年11月現在なし
特徴・全114種類もの料金プラン
・オプション加入で対象サービスの通信料90%OFF
公式HPhttps://linksmate.jp/

ゲームに特化した格安SIMとして知られるリンクスメイトでは、対象サービスのデータ消費量が90%OFFになる「カウントフリーオプション(550円)」が用意されています。

完全使い放題ではないものの、対象サービスがとにかく豊富にある点が魅力です。

以下に、カウントフリーオプション対象サービスの一例をご紹介します。

  • 200種類以上のゲーム(グランブルーファンタジー等)
  • AbemaTV、U-NEXT等の動画配信サービス
  • InstagramやTwitterといったSNS

ゲームのためにテザリングを利用している人も多いんじゃないかな。リンクスメイトならそのデータ量を90%削減できるかも!

さらにリンクスメイトは料金プラン数が全114種類と圧倒的に多く、小容量から大容量まで自由に選択できるのも嬉しいところ。

通話SIMでも最安517円なので、カウントフリーオプションをつけても約1,000円という安さでほぼデータ無制限を楽しめます!

データ専用プランなら最安165円だから、わずか715円でテザリング用SIMが完成するんだワン!

みんなのネット回線速度」の格安SIMランキングで、トップ5に入るほど速度面で優秀なところもポイントと言えるでしょう。

ゲームやSNSのためにテザリングを使っているという人は、リンクスメイトを契約すれば月々の費用をもっと抑えられるかもしれません。

\スマホゲーマー必見/

数百種類以上のゲーム・SNSがカウントフリーオプション対象!
原則通信料がかからないためゲームを思う存分楽しめます。

もっと格安SIMの速度について知りたい方は「【遅すぎる?】格安SIM25社の速度を徹底比較!遅い理由や対処法、おすすめ9社を解説」も読んでみてください。

格安SIMに用意されているテザリングの種類

格安SIMに用意されているテザリングの種類

テザリングって、いくつも方法があるの?

一言で「テザリング」と呼ばれることの多いインターネット共有機能ですが、実は電波の共有方法には以下の3種類が用意されています。

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

私たちが普段よく「テザリング」と呼んでいるのは、一般的に「Wi-Fiテザリング」のことを指している場合が多いワン!

以下の表は、各テザリング方法のメリット・デメリットをまとめたものです。

テザリング方法メリットデメリット
Wi-Fiテザリング・通信速度に優れる
・複数台接続OK
・ほとんどのスマホで使える
・バッテリー消費が激しい
・無線のためセキュリティ面に不安
Bluetoothテザリング・バッテリー消費が少ない
・複数台接続OK
・パスワード不要で接続簡単
・通信速度が今一つ
・Bluetooth対応機器でないと使えない
・無線のためセキュリティ面に不安
USBテザリング・通信速度に優れる
・有線のためセキュリティ面も安心
・接続中は充電されるため長時間使える
・パスワード不要で接続簡単
・データ通信対応のUSBケーブルが必要
・1台のスマホに対して1台の端末しか繋げられない
・共有できる端末が限られる(PCなど)

一番よく知られているのは「Wi-Fiテザリング」ですが、スマホのバッテリー消費が激しかったり、無線接続のため誰かに悪用される可能性があったりといったデメリットも存在します。

それぞれの特徴をよく理解した上で、最適なテザリング方法を選択するようにしましょう。

【OS別】格安SIMでテザリングを利用する手順

【OS別】格安SIMでテザリングする手順

テザリング、実際どうやって設定すればいいの?

ここでは「格安SIMでテザリングを利用する手順」と題して、OS別にテザリングの設定方法を紹介していきます。

難しい手順はないので、一つずつ確認しながら進めてみてください。

Androidのテザリング設定

  1. 「設定」→「ネットワークとインターネット」
  2. 「アクセスポイントとテザリング」を選択
  3. 使いたいテザリングの有効化ボタンをONにする
  4. Wi-Fiテザリングの場合は、接続先でPWを入れる

iPhoneのテザリング設定

  1. 「設定」→「インターネット共有」
  2. 「インターネット共有」有効化ボタンをONにする
  3. Wi-Fiテザリングの場合は、Wi-FiもONにする
  4. Wi-Fiテザリングの場合は、接続先でPWを入れる

使用する端末やOSバージョンによって一部表記が違うことはあるけど、基本的にはすべてこの流れで設定できるはずだワン!

テザリングにおすすめの格安SIM TOP3

  • 楽天モバイル おすすめ!
    公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
    月額3,278円でデータ完全使い放題!いくらテザリングしても通信制限にかからず安心です。使わない月は1,078円まで勝手に割引。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    通信速度よりもデータ量を重視する人に!385円のオプションをつければ、1.5Mbpsでデータ使い放題。月額660円~のマイそくプランでも無制限を実現できます。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    セット割を活用すれば最安990円で契約可能!通信制限時の速度も1Mbpsと優秀なため、節約モードに設定しておけば実質中速無制限です。

格安SIMでテザリングする際の注意点

格安SIMでテザリングする際の注意点

格安SIMでテザリングは便利そうだけど、何かデメリットもありそうで心配…

簡単にネット環境を整えられるテザリングですが、当然ながら注意しなければいけない点がいくつかあることも確かです。

特に気を付けたいポイント5つを紹介しますので、利用を始める前に一度目を通してみてください。

①契約データ量までしか利用できない

テザリングはスマホのデータを共有しているだけであって、一部プランを除いてWi-Fiのように使い放題になるわけではありません

契約しているスマホのデータ量以上使ってしまえば、当然「通信制限」にかかってしまうため注意しましょう。

制限中でもテザリング自体は可能だけど、基本的にはまともに使える速度は出ないはずだよ。

ちなみに、パソコン版サイトはスマホ版サイトよりも表示される情報が多く、データ消費量も多い傾向にあります。

ちょっとしたネットサーフィンだけで大量にデータを食ってしまう可能性もあるため、パソコンにテザリングする場合は特に気を付けてください。

高速通信を要しない作業なら、スマホ側で「節約モード」に入れておけばデータ消費なしにテザリングすることが可能ですので、覚えておくといいでしょう。

②バッテリーが激しく消費される

「他端末にデータを送り続けなければいけない」というシステム上、テザリングはスマホのバッテリーを消費しやすいです。

Wi-Fiテザリング特にその傾向が顕著で、知らない間にものすごい勢いでバッテリーが減っていることも。

長時間使うのであれば、充電できるUSBテザリングを使用したり、充電器・モバイルバッテリーを携行したりするとよいでしょう。

なお使いすぎはバッテリー自体の寿命を早める恐れもあるため、ここぞというときに利用するなど、使い方はよく検討したいところです。

ちなみにUSBテザリングは、スマホは充電されるけどパソコンの充電はどんどん減るから気を付けよう。

https://twitter.com/ws_wsan/status/1594539171606953985

③テザリング非対応機種もある

一部のスマホでは、テザリング機能が搭載されていなかったり、SIMとの相性でテザリングができなかったりする場合もあります。

いくら格安SIMがテザリング可能だとしても、スマホ側が非対応機種なら意味がないね…

テザリングに対応している端末かどうかは、各通信会社の公式HPにある「動作確認済端末一覧」で確認可能です。

格安SIMを契約する前には「手持ちの端末が動作確認済端末であること」「テザリング対応機種であること」の2点は忘れずにチェックしておきましょう。

④スマホの電波環境に左右される

テザリングはスマホのデータ通信を使用しているという関係上、スマホの電波環境が悪ければ十分なスピードが出なくなります

当然ながら、圏外状況下ではテザリングすらできないため注意が必要です。

契約した格安SIMによっては、通信可能エリアがキャリアよりも狭く、テザリングを使える場所が限られてしまう可能性もゼロではありません。

格安SIMの有名どころは大体キャリアと同じ通信エリアのため問題ないですが、いわゆる「2次MVNO」と呼ばれる格安SIMを利用する際には十分気を付けましょう。

2次MVNOの特徴

通常、格安SIM(1次MVNO)はキャリアから回線を借りて運営しているが、2次MVNOは格安SIMの回線をさらにレンタルして運営している。

経費を削減できるため私たちの月額料金にも反映されるが、その代わり通信品質や利用可能エリアの面で劣ることがある。

※通信の安定度:キャリア→1次MVNO→2次MVNO

なお、当然ながらトンネルなどの電波が届きづらいところではテザリングはほぼ利用できないよ。これはWi-Fiも同様だね。

⑤短期間での大量使用は制限がかかることも

通信会社によっては「3日で10GB」というような、ユーザー全員が平等に使えるようにするための制限が設けられているところも少なくありません。

以下は、そのような「短期間でのデータ大量使用制限」を導入している格安SIMの例です。

携帯会社名制限条件
UQモバイル3日間で6GB以上利用
mineo
※各種無制限利用のみ
3日間で10GB以上利用
BIGLOBEモバイル3日間で6GB以上利用
IIJmio
※低速モードのみ
3日間で366MB以上利用

一方MM総研の調査によれば、スマホ利用者のほとんどが月間でも3GB程度しか使っていないとのデータも。

相当思い切り使わないと3日で6〜10GBにはならないとは思いますが、大容量のダウンロード等を考えている場合には注意が必要でしょう。

テザリングを使いすぎると、スマホとして使いたいときに通信制限にかかって使い物にならない…なんてことがあるかもしれません。

こういった制限を取り入れている格安SIMを契約した場合、テザリングの利用は計画的に行うようにしましょう。

テザリングにおすすめの格安SIM TOP3

  • 楽天モバイル おすすめ!
    公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
    月額3,278円でデータ完全使い放題!いくらテザリングしても通信制限にかからず安心です。使わない月は1,078円まで勝手に割引。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    通信速度よりもデータ量を重視する人に!385円のオプションをつければ、1.5Mbpsでデータ使い放題。月額660円~のマイそくプランでも無制限を実現できます。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    セット割を活用すれば最安990円で契約可能!通信制限時の速度も1Mbpsと優秀なため、節約モードに設定しておけば実質中速無制限です。

格安SIMでテザリング利用時によくある質問

格安SIMでテザリング利用時によくある質問

ここでは、格安SIMでテザリングを使うときのありがちな質問事項をまとめました。

テザリング利用時や格安SIM契約時に何かつまずくことがあれば、一度ここを確認してみてください。

テザリングとモバイルルーターはどっちがいいの?

テザリングとよく引き合いに出されるものに「モバイルルーター(ポケット型Wi-Fi)」があります。

どちらも一長一短ありますが、毎日のようにテザリングを使っているのであれば、モバイルルーターの導入を検討してもいいかもしれません。

というのも、テザリングには「スマホのバッテリーをかなり消費する」といったデメリットがあるため、使いすぎるとスマホ自体の寿命を縮めてしまうことにもつながるからです。

テザリングを繰り返してバッテリーが劣化してしまうと、満タンにしてもどんどん充電が減ってしまうようになるよ。

一方でモバイルルーターにも「荷物が増える」「別契約のため通信費がかさむ」といった懸念点があることは確かです。

ご自身の価値観とネット利用状況に合わせて、後悔しないほうを選択してみてください。

そのほか、通信速度面で差が出ることも!ネットの口コミなどをよく参考にしたうえで契約するといいワン!

テザリングによるデータ消費を抑える方法はある?

データを大量に消費するテザリングですが、PCで利用する場合「従量制課金接続」に設定することで通信料を大幅にカットできる可能性があります。

従量制課金接続の設定方法

※すべてパソコン上での操作。スマホ側の設定は特になし。

  1. 「スタート」→「設定」
  2. 「ネットワークとインターネット」を開く
  3. Wi-Fiテザリングをしている場合「Wi-Fi」を選択
  4. つながっているWi-Fiの「プロパティ」を開く
  5. 「従量制課金接続」のトグルをONにする

「従量制課金接続」をONにすると、バックグラウンドで勝手に行われていたダウンロード作業などを控えるようになるため、データ量の節約につながりやすいです。

そのほかにも、テザリングしているスマホ側でデータ量の上限を設定したり、使いすぎている場合に警告したりするという対策もあります。

思いがけないデータ消費を避けるためにも、テザリング中はこまめにデータ使用量を確認するようにしましょう。

格安SIMのテザリングでオンラインゲームはできる?

テザリングは、純粋な通信に比べるとやはり速度が若干低下してしまう傾向にあります。

ましてや格安SIMは回線混雑等の影響を受けやすいため、高速通信が求められるオンラインゲームにはあまり向いていないと言えるでしょう。

一方でネットの情報を見ると、テザリングで快適にプレイできるゲームもゼロではない様子。

気になるものがあれば一度試してみるのもありかと思います。

ただしかなりの量のデータを消費することが予想されるから、通信制限には要注意だワン!

基本的にテザリングは、Wi-Fi環境がないときの一時しのぎとして、Web閲覧やメール返信といった最低限の使い方にとどめたほうが無難です。

格安SIMでテザリング、うまくつながらないんだけど…

先述したこちらの設定手順をもう一度よくご覧いただいたうえで、再度「テザリング有効化ボタン」がONになっているかチェックしてみてください。

機種によっては、接続数ゼロの状態で一定時間経つと自動でOFFになるものもある様子。

iPhoneも、省電力のために1分半程度接続がないとテザリングを自動でOFFにするみたいだよ。

テザリングがうまくいかないときは有効化されていない場合がほとんどなので、設定画面を今一度確認してみましょう。

テザリングにおすすめの格安SIM TOP3

  • 楽天モバイル おすすめ!
    公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
    月額3,278円でデータ完全使い放題!いくらテザリングしても通信制限にかからず安心です。使わない月は1,078円まで勝手に割引。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    通信速度よりもデータ量を重視する人に!385円のオプションをつければ、1.5Mbpsでデータ使い放題。月額660円~のマイそくプランでも無制限を実現できます。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    セット割を活用すれば最安990円で契約可能!通信制限時の速度も1Mbpsと優秀なため、節約モードに設定しておけば実質中速無制限です。

【まとめ】格安SIMでもテザリングは使える

格安SIMテザリングまとめ

格安SIMでもテザリングはできるんだね!スマホ代も浮くし、乗り換え検討してみよう。

この記事では、テザリングが使えるおすすめ格安SIM5選をはじめ、テザリングを利用するうえでの注意点や実際の設定方法まで、詳細に解説してきました。

最後に、この記事の結論を以下にまとめます。


この記事の結論

  • 格安SIMでもテザリングは「無料・申し込み不要」で使える!
  • ただしデータとバッテリー消費の激しさはネックのため、対策が必要
  • おすすめSIMは楽天モバイル月額3,278円で高速通信が完全使い放題

データを大量に使うこと、バッテリーの消費が激しいことなどいくつかデメリットはあるものの、スマホさえあればいつでもネット環境を構築できるテザリングは非常に便利。

格安SIMでも問題なく使える機能なので「月額料金を抑えつつテザリングを楽しみたい!」という人は、キャリアからの乗り換えを検討してみましょう。

楽天モバイルなら、月額3,278円という圧倒的な安さでデータ完全使い放題を実現できます!

使わない月は1,078円まで勝手に安くなる従量制プランなので、テザリングをしない場合でも損にならずおすすめです。

テザリングにおすすめの格安SIM TOP3

  • 楽天モバイル おすすめ!
    公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
    月額3,278円でデータ完全使い放題!いくらテザリングしても通信制限にかからず安心です。使わない月は1,078円まで勝手に割引。
  • mineo
    公式サイト:https://mineo.jp/
    通信速度よりもデータ量を重視する人に!385円のオプションをつければ、1.5Mbpsでデータ使い放題。月額660円~のマイそくプランでも無制限を実現できます。
  • UQモバイル
    公式サイト:https://www.uqwimax.jp/mobile/
    セット割を活用すれば最安990円で契約可能!通信制限時の速度も1Mbpsと優秀なため、節約モードに設定しておけば実質中速無制限です。