PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

不動産投資の成功率ってどのくらい?リスクや成功率アップの方法を徹底解説

・不動産投資の成功率ってどれくらいかな?
・そもそも不動産投資ってどんな投資方法があるの?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • 不動産投資の成功率を上げるにはリスク対策が重要
  • 不動産投資は失敗例から対処法を学ぶ必要がある
  • 初心者なら不動産投資クラウドファンディングがおすすめ

不動産投資を検討するうえで気になるのは、成功率がどれくらいかではないでしょうか。

この記事では、不動産投資の成功率がどのくらいなのか解説します。

また、不動産投資の種類についても紹介するので参考にしてみてください。

おすすめ不動産投資サービスも紹介するよ!

おすすめの不動産投資会社/サービス

不動産投資の成功率はどのくらい?

不動産投資の成功率はどのくらい?

せっかく不動産投資するなら成功したいですよね。

どれくらいの確率で不動産投資が成功するのか気になるのではないでしょうか。

成功率に関する公的データは存在しない

結論からいうと、成功率に関する公的なデータは存在しません。

そもそも、不動産投資「成功」の定義が難しいという点があります。

「不動産投資で大きな収益を上げることが成功」という人もいれば、「とりあえず赤字にならなければ成功」または「土地が活用できれば成功」という人もいるでしょう。

何をもって成功とするかは、投資家の目標によって異なります

また、不動産投資の収益は確定申告する必要はありますが、投資結果を何かしら公的機関に報告する義務はありません。

このような理由から、成功率をしめす公的なデータが存在しないのです。

不動産投資の成功率が分かるデータがないと投資するの不安だよ…

ただし、民間会社による大家さんの意識調査などで、大まかな成功率のイメージをつかむことはできます。

また、失敗についての数字を見ることも可能です。

仮に「失敗=ローン返済が滞ること」とした場合、スルガ銀行による不動産投資のローン延滞率は次のように報告されています。

ローン種類 延滞率
ワンルームローン1.79%
一棟収益ローン3.8%
スルガ銀行株式会社 2021年3月期
第2四半期決算説明資料

このように、ローンの返済が滞るほどの失敗をしている人は数%程といえますね。

ただし、実際には赤字だけど自己資金で補填している人は含まれないなど、一部の側面しか分からないので、参考程度にしましょう。

不動産投資で大きな失敗してる人は延滞率だけ見れば、そこまで多くないね

成功率を高める努力をすることは可能

成功率自体は数字で表すのは難しいですが、成功率を高めるための努力はできます。

不動産投資で成功するには、「失敗しないこと」が大切です。

そのためには、不動産投資の失敗例から学ぶ必要があります。

不動産投資でよくある失敗事例には、次のようなケースが挙げられます。

  • 不動産会社の言いなりになって物件を購入してしまった
  • 表面利回りの高さだけで判断してしまった
  • 節税目的で物件を購入してしまった

このような失敗をはじめ、どのような失敗があり、どう対策すべきなのかを理解しておくことが重要です。

成功率を高めるにはリスクを低減することが重要

不動産投資には、さまざまなリスクがつきものです。

そのため、成功率を高めるには、リスク対策が重要なポイントとなります。

不動産投資の主なリスク

  • 空室リスク
  • 家賃滞納リスク
  • 金利上昇リスク
  • 修繕リスク
  • 災害リスク
  • 事故リスク

不動産投資ってリスクがたくさんあるんだね…

これらのリスクに備えていないと、大きな損害を受ける可能性が高くなります。

例えば、地震や風水害・火災などの災害リスクは、ゼロにはできません。

そのうえ発生する確率は低くても、一度発生してしまうと不動産が倒壊するなど大きな財産を失ってしまいます

特に、不動産の知識がない投資初心者が、これらのリスクに遭遇してしまうと、取り返しのつかない負債を抱えてしまう恐れがあります。

不動産投資するならリスクを理解して対策する必要があるんだワン!

おすすめの不動産投資会社/サービス

不動産投資の成功率をアップさせる4つの方法

不動産投資の成功率をアップさせる方法

投資は知識なくいきなり初めても成功率は高くありません。

特に不動産投資は種類によっては初期投資も高く、どうしても足踏みしてしまいがち。

しかし、さきほど説明した「リスクを減らす」ことも含め、成功率を格段にアップさせる方法があるので、いくつかご紹介します。

不動産投資をこれから始める人も既に始めて上手くいっていない人も是非参考にしてください。

投資する周辺環境の調査をする

不動産投資がうまくいく必要条件は「その不動産の調査」です。

例えば以下の例を参考にしてください。

  • 駅から徒歩何分か
  • 近くに工場などの騒音が出やすいものはないか
  • 病院、ショッピングモール等住む人にとって便利なものはあるか
  • 小学校、住宅街か
  • 夜の仕事関連の店がないか
  • 周辺地域の治安はどうか
  • 近隣マンションの家賃や入居率を調べる

どうやったら調べることができるのかな?

上で紹介した内容はあくまで一例ですが、これらはすべてインターネットで調べることができます。

投資をしようと思った物件の住所を地図で検索し、周辺の施設を確認してください。

ほかにも近隣マンションの名前を検索すれば直近の家賃や入居率を調べることができます。

自分の投資予定の不動産の家賃が近隣マンションよりも数万円高い場合は家賃の見直し、そもそも入居率が低ければその物件を投資しなくてもよいでしょう。

不動産登記簿謄本(全部事項証明書)が読めるようになるととても強いワン!

不動産投資の利回りをしっかり理解する

投資と聞くと多くの人は「利回り〇%」の部分を確認しますが、失敗する人の多くは、その数字しか見ていません。

不動産投資を成功させるためには利回りの計算、前提知識を理解することが必要です。

利回りとは、投資してから1年後の収益を考えて計算します。

1年単位で計算した収益が高ければ「高利回り」、低ければ「低利回り」といえます。利回りの計算方法は以下の3つの考え方ができます。

①想定利回り

最大の家賃収入を想定して計算する方法

想定利回り=(満室時家賃)÷購入価格×100

②表利回り

現実性を想定される家賃収入

表利回り=想定家賃収入÷購入価格×100

③実質利回り

現実的な、より細かい経費も加味したうえで計算する方法

実質利回り=(最大家賃-維持管理費)÷(購入価格+諸経費)×100

①と②はあくまで参考程度に、具体的な収益を計算したいときは③の計算方法を使うので、必ずこの3つの利回りの計算方法は理解しておいてください。

想定利回りだけ大きく出している不動産会社につられてしまうと損するかもしれないワン!

不動産投資にかかる費用を理解する

不動産投資は不動産を購入すれば後は放置というわけではありません。

購入代金にかかる費用から、定期的にかかる費用まで確認してみましょう。

購入時にかかる費用

  • 物件の購入費用
  • 物件にかかる税金、保険料等
  • 仲介業者に支払う費用
  • 司法書士等登記申請報酬

例えば1000万円の不動産を購入した場合、登記申請にかかる税金で20万円、仲介業者に支払う仲介手数料で最大約39万円、不動産所得税に15万円、保険や司法書士報酬などを含めると、100万円以上上乗せでかかります。

仲介手数料は最大で1000万円の場合は「1000万×3%+6万円+消費税」かかるワン!

定期的にかかる費用

  • メンテナンス費
  • 毎月の返済
  • 管理費(委託費)
  • 固定資産税、保険料

不動産を購入するとなれば、現金一括でない限りは銀行からの融資を受けることになるので、毎月の返済に数万円かかります。

また、副業で不動産投資をするのであれば、自分で管理するのは厳しいので管理会社に委託するのが基本となります。

管理会社の委託費用は不動産の規模によって変わりますので、見積もりを出してもらうなどで問い合わせてみましょう。

自分に合った不動産投資をみつける

次の項目で詳しく紹介しますが、不動産投資にはいくつか種類があるので、自分にあった不動産投資を始めることが重要です。

自分に合った不動産投資かどうか決めるポイントは以下の通りです。

  • 自己資金がどのくらいあるのか
  • 銀行等の融資を受けられる信用があるか
  • 不動産購入まで検討しているか
  • 不動産投資に費やす時間がどのくらいあるか
  • 不動産業者のとつながりはあるか

これらのポイントをふまえた不動産投資の種類を次で説明しているので、不動産投資で今まで失敗している人は自分に合った不動産投資なのか確認してみましょう。

おすすめの不動産投資会社/サービス

不動産投資の種類5選

不動産投資の種類5選

不動産投資ってどんな種類があるのかな?

ここでは、不動産投資の種類について見ていきましょう。

不動産投資には、主に次の5つの種類があります。

アパート・マンション投資

不動産投資と聞いてイメージするのは、この「アパート・マンション投資」が一般的ではないでしょうか。

アパート・マンション投資とは、アパートやマンションを購入して家賃収入を得る投資方法です。

入居者さえ確保できれば、毎月安定して家賃収入を得られるメリットがあります。

ただし、投資額が大きくなる傾向がありその分リスクも高くなってしまいます。

マンションやアパート一棟となると数千万や億単位で資金が必要になるね

しかし、複数の居室を保有すればリスク分散につながるため、投資先の見極めとリスク分散を意識すれば成功率を上げることも可能でしょう。

さらに詳しくは「マンション投資のリスクやメリット・デメリットとは?失敗しないための必須知識も分かりやすく解説」をご覧ください。

戸建て投資

戸建て住宅を購入して賃貸に出す投資方法が、戸建て投資です。

戸建て投資は、物件によっては数百万ほどで購入でき投資額を抑えることもできます

また、近年は戸建て賃貸の需要が高いわりにまだ供給量が少ないため、立地を間違えなければ入居者を確保しやすいでしょう。

ただし、戸建て賃貸の場合は基本的に1戸で運用するため、入居者がいなければ=収入ゼロになる点に注意が必要です。

駐車場経営

所有している土地を駐車場にして、駐車場代を収入として得る方法です。

駐車場なら建物を建てる必要がないため、初期費用を大きく抑えられます

管理の手間もほとんどかからず、将来売却する際も建物がないので土地単体で売却しやすいでしょう。

なお、駐車場は立地が収益性に大きな影響を及ぼします。

また、仮に立地がよく駐車場としては収益が高い物件であっても、アパート・マンション投資など他の投資と比べるとリターンは低くなりやすい点に注意しなければなりません。

関連記事の「アパート経営って儲かる?マンション経営との違いやリスク・初期費用を分かりやすく解説」もご覧ください。

REIT

REITとは、投資対象に不動産を組み入れた投資信託のことで、不動産投資信託とも呼ばれる金融商品です。

REITの仕組み

投資家から集めた資金を元に運用会社が不動産を運用し、投資家は運用結果に応じた分配金を得られます。

REITのメリット

  • 少額から投資できる
  • 分散投資が可能
  • 投資先の選定や運用はプロ任せ

一般的な不動産投資では数千万や数億円と言った投資資金が必要です。

しかし、REITであれば数万円から投資ができます

また、複数の不動産を組み合わせたREITもあるので、REITを1つ購入するだけで分散投資にもなります。

不動産投資では、投資先の不動産の見極めや運用期間中の管理などに多くの手間やコストが必要です。

REITであれば、それらの手間やコストは運用会社が負担するので、投資家は投資するだけなのも魅力ですね。

REITなら少額からでも不動産投資を気軽にはじめられるね!

不動産投資クラウドファンディング

初心者にもおすすめの不動産投資として近年人気が高まっているのが、不動産投資クラウドファンディングです。

不動産投資クラウドファンディング

不特定多数の人からインターネットで資金を募るクラウドファンディングの一種。

投資家から得た資金を元に運営会社が不動産を運営し、出資者は運営結果に応じた分配金を得られる

不動産投資クラウドファンディングなら、不動産の購入や運営はプロがするので投資家には不動産運営の手間はかかりません。

また、成功率やリスクなどの情報もファンドごとに公開されていることも多いので、初心者でも投資判断しやすい点は安心ですね。

REITと何が違うの?

プロが運営してくれるという点は、不動産投資クラウドファンディングとREITは同じです。

両者の特徴を比較すると、以下のようになります。

特徴 不動産投資クラウドファンディング REIT
物件の選定可能不可
価格変動小さい常に変動リスクあり
換金性低い高い

REITは、投資信託でもあるため、売却すれば換金可能です。

ただし、株価のように市場に価格が左右され常に価格変動のリスクがあります。

一方、不動産投資クラウドファンディングは、投資期間中は基本的に換金できません。

しかし、価格変動が小さくREITのように毎日値動きを気にする必要はないのです。

価格の変動が小さい方が不動産投資の初心者には安心だね

以上から、不動産投資クラウドファンディングは以下のような人におすすめだといえるでしょう。

  • 投資初心者
  • 少額から不動産投資にチャレンジしたい人
  • 価格変動リスクを避けたい人
  • 安定した利回りでコツコツ投資したい人

目的に応じて不動産投資クラウドファンディングとREITを使い分けると良いんだワン!

いろはにマネーの投資診断

おすすめ不動産投資クラウドファンディング3選

おすすめ不動産投資クラウドファンディング3選

不動産投資クラウドファンディングしたいけど、何から始めればいいの?

不動産投資クラウドファンディングではさまざまな運営会社がサービスを提供しているので、どこを利用すればいいのか迷ってしまいます。

ここでは、おすすめの不動産投資クラウドファンディングを3つ紹介します。

COZUCHI (コヅチ)

COZUCHI

「COZUCHI(コヅチ)」はLAETOLI株式会社が運営する不動産投資クラウドファンディングサービスで、区分所有マンション、一棟ビル、ホテル、リゾート開発など多種多様な案件があります

項目詳細
運営会社LAETOLI株式会社
最低投資金額1万円~
利回り2.0%~50.9%
公式サイトhttps://cozuchi.com/

都内を中心に、区分所有マンション、一棟ビル、一棟賃貸マンション、ホテル、リゾート開発など多種多様な不動産に投資できます。

プロが厳選した不動産に投資でき、利回りも比較的高めに設定されており、中には50%を超える魅力的なファンドもあります。

COZUCHIのおすすめポイント

  • 配当利回りに上限がない
  • 途中解約可能
  • 優先劣後方式でローリスク

年283.5%もの驚異的な利回りをたたき出した「練馬区 武蔵関Iファンド」は大きな話題となりなりました。

他にも今後も期待のできるファンドが多い点も魅力ですね。

COZUCHIなら7月限定でキャンペーンが開催されていますので、これを機に始めてみてはいかかでしょうか?

\Amazonギフト券プレゼント/

COZUCHIのキャンペーン

1万円から投資できるCOZUCHIなら、豊富な案件から投資先を選べます。
いろはにマネーからの登録限定でAmazonギフト券キャンペーンを実施中!

さらに詳しくは「COZUCHI(コヅチ)の口コミ・評判」で解説しているので読んでみてください。

CREAL (クリアル)

CREAL Amazonギフト券プレゼント 投資家登録だけでも1,000円分

クリアル株式会社が運営するCREAL(クリアル)は、不動産投資型クラウドファンディングの先駆けのような存在です。

項目詳細
運営会社クリアル株式会社
※東証グロース上場
最小投資金額1万円
参加方法先着
公式サイトhttps://creal.jp/
CREALのHPを元に作成

2011年に創業したクリアル株式会社は不動産投資運用プロセスのDXを大胆に推進し、業務効率向上とリターン向上を目指す新しい資産運用会社です。

2022年4月には東証グロースに上場した、今勢いのあるベンチャー企業だね!

案件によって異なりますが、運⽤物件の空室リスクに対する対策としてマスターリース契約を⾏っているため、賃料収⼊が保証されるのが特徴的です。

さらに、 国土交通省発行の「不動産特定共同事業(FTK)の利活用促進ハンドブック」にCREALの事例が掲載されるなど、実績への信頼も抜群です。

不動産投資型クラウドファンディングを始めるなら、まずはCREALから始めてみるのがおススメですよ。

募集ファンドも他社に比べて多いから、応募しやすそう!

\Amazonギフト券プレゼント/

CREAL Amazonギフト券プレゼント 投資家登録だけでも1,000円分

上場企業が運営・元本割れ0件の不動産投資クラウドファンディング!
初回限定特典でAmazonギフト券最大5万円分プレゼント。
※投資家登録は無料!登録だけでも1,000円分のAmazonギフト券がもらえる!

CREALについて詳しくは、「【口コミも】CREAL(クリアル)の評判・キャンペーンは?仕組みやメリット・デメリットも分かりやすく解説」の記事をご覧ください。

TECROWD (テクラウド)

TECROWD
項目詳細
運営会社TECRA株式会社
最低投資金額10万円~
利回り4.5%~11.0%
公式サイトhttps://tecrowd.jp/

日本のみならず、経済発展の著し新興国不動産に投資できるのがTECROWDです。

海外の不動産ですが、日本の建築会社が品質を管理しているので安心して投資できますね。

最低投資金額は10万円と高額ながら過去の投資案件はすべて完売し、中には即日完売する案件も多く、注目を集めています。

TECROWDでは、日本円で投資して日本円でリターンを得られるという特徴もありますよ。

為替変動リスクが軽減されているんだワン!

\海外の不動産に投資/

さらに詳しくは「【評判】TECROWD(テクラウド)は怪しい?メリット・デメリットや手数料を紹介」をご覧ください。

おすすめの不動産投資会社/サービス3選

おすすめの不動産会社サービス

不動産を購入して管理・運用にも興味あるけど、どんなサービスがあるのかな?

ここでは、不動産を購入して副業というよりも、ビジネスとしてしっかり経営していきたい人におすすめの不動産投資会社をご紹介します。

不動産投資が初めての人でも、しっかりと専門家がサポートしてくれるので、安心して始めることができます。

さらに詳しくは「おすすめの不動産投資会社|大手の特徴や入居率を徹底比較」をご覧ください。

プロパティエージェント

プロパティエージェント

プロパティエージェントは東証プライムに上場している不動産投資会社です。

昔は東証一部と言われていたものだよ!

土地の仕入れから販売、管理、売却まで不動産投資初心者でも1から100まで学ぶことができ、手厚いサポートを受けることができます。

プロパティエージェントの魅力

  • 入居率が99.6%以上
  • 家賃滞納率がかなり低い
  • 無料のセミナーが充実している
  • 確定申告の無料作成サービス導入
  • 賃貸管理手数料が無料

\セミナー参加で不動産投資入門書プレゼント!/

詳しくは「プロパティエージェントの評判は?メリット・デメリットや口コミを分かりやすく解説」をご覧ください。

RENOSY(リノシ―)

RENOSY

RENOSYは、上場企業の「株式会社GA technologies」が運営している不動産投資サービスです。

リノシーの専用資産管理アプリ「OWNR by RENOSY」でいつでも自分の投資不動産や新着不動産の詳細を見ることができます。

なによりRENOSYでは不動産の紹介だけでなく、入居者の募集からクレーム対応まで一括で代行してくれるので、物件管理の手間がかからないのも人気の秘訣です。

RENOSYの魅力

  • 入居率が99.5%
  • 初期費用10万円から投資可能
  • アプリで簡単に物件を管理・運用

\Amazonギフト券プレゼント/

さらに詳しくは「RENOSY(リノシー)ってどうなの?実際の口コミ・評判を紹介」をご覧ください。

イエベスト

イエベスト

イエベストは株式会社ヘイフィールドが運営している不動産投資会社一括比較できるサービスです。

不動産投資を始めたいと思っている人の中には、「どの不動産投資会社がいいんだろう」と悩む人も多いはず。

そんな時にイエベストがおすすめです。

特定の一社だけでなく、良質な不動産投資会社を一括で提案してもらうことができるので、いろいろな不動産管理会社へ足を運ばなくてすみます。

一括提案はネットで1分足らずでできるからとても便利だワン!

イエベストの魅力

  • 良質な不動産投資会社を一括で数社探すことができる
  • 初心者向けにプロの不動産コンシュルジュがサポートしてくれる
  • アプリで簡単に物件を管理・運用

\プロのコンシェルジュに相談できる/

詳しくは「イエベストの評判は?不動産投資の特徴やメリット・デメリットをご紹介」をご覧ください。

【まとめ】成功率を高めるならリスクを意識しよう!

【まとめ】成功率を高めるならリスクを意識しよう!

不動産投資の成功率についてよく分かったよ!まずは不動産投資クラウドファンディングに挑戦してみるね!

最後にこの記事に重要な点をまとめます。

  • 不動産投資の成功率を上げるにはリスク対策が重要
  • 不動産投資は失敗例から対処法を学ぶ必要がある
  • 初心者なら不動産投資クラウドファンディングがおすすめ

不動産投資初心者には、少額から始められて価格変動も小さい不動産投資クラウドファンディングがおすすめです。

投資経験も必要なく少額からリスクを抑えた不動産投資を無理なく始められます。

不動産投資に関心があるなら、まずは不動産投資クラウドファンディングから始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの不動産投資会社/サービス


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU