Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
読売ブリッジサロン
Twitter
Facebook
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(2146)UTグループ vol.28 2017年03月28日(火)
通期予想が上方修正されたが、依然として保守的。第3四半期決算説明会において、「特に懸念材料はなく、第3四半期までのペースを維持していきたい」といった趣旨の説明があった。売上高570〜580億円、営業利益34〜35億円・・・
ブリッジレポート:(2435)シダー vol.34 2017年03月28日(火)
売上は順調に伸びており介護需要の拡大を着実に享受している。そしてその需要は今後も拡大することが確実視されており、市場環境は良好。しかし、3Q累計は開業費負担が重く営業利益は減益、経常損失となった。通期でも出店に・・・
ブリッジレポート:(3667)enish vol.17 2017年03月28日(火)
コスト削減が進んでおり、売上の減少に歯止めがかかれば、広告宣伝費いかんで営業利益を計上できる体制が整ってきた。売上高については、リリースから6年以上が経過するブラウザゲームアプリ2タイトルは減収が避けられず・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.57 2017年03月22日(水)
同社の17/3期第3四半期累計期間の決算では、好調をけん引してきたフォーバルビジネスグループが前年同期比5.8%の増収、4.4%増益と第2四半期までと比較して成長が鈍化した。フォーバルビジネスグループの今第3四半期・・・
ブリッジレポート:(3031)ラクーン vol.39 2017年03月21日(火)
第1四半期、第2四半期共にやや低調だったスーパーデリバリーの流通総額は第3四半期には25億4百万円と25億円を超し、前期第4四半期以来の高水準となった。客単価、1社当たり販売額は横這いである点は気になるが、購入小売店数・・・
ブリッジレポート:(3134)Hamee vol.2 2017年03月21日(火)
プラットフォーム事業がメイン機能契約数とアプリ契約社数を順調に増やしており、基盤として中長期で同社の収益を支えていく体制が整いつつある。また、コマース事業についても、収益性の向上を伴って売上が増加した事に加え・・・
ブリッジレポート:(3673)ブロードリーフ vol.5 2017年03月21日(火)
注力分野であるネットワークサービスの売上高は前期比増収であったものの、BLパーツシステムの整備工場接続数およびCarpodTabの契約システム数は、2016年12月末でそれぞれ3,000件、4,000件の目標に対し、実績は2,041件・・・
ブリッジレポート:(4849)エン・ジャパン vol.50 2017年03月21日(火)
厚生労働省発表の2016年12月の国内有効求人倍率(季節調整値)は、1.43倍と前月に比べて0.02ポイント上昇。上昇は4ヶ月連続で、1991年7月以来25年5カ月ぶりの高水準となった。また、社団法人全国求人情報協会の調査データに・・・
ブリッジレポート:(6184)鎌倉新書 vol.5 2017年03月21日(火)
同社はリアルなセミナーを月3〜4回の頻度で開催しているが、その際、高齢者が抱える様々な問題や課題について相談を受けている。「子供に迷惑をかけたくない」という思いを皆一様にもっており、「お別れ会」や・・・
ブリッジレポート:(6537)WASHハウス vol.1 2017年03月21日(火)
15年間でFC店舗を業界最大級の361店舗まで拡大しながらも撤退が1店舗も無いというのは驚くべき実績だ。「全店舗一括管理運営方式によるFC本部と加盟店の共栄」、「売上の上がる物件しか扱わない収益性重視」がその要因で・・・
ブリッジレポート:(6669)シーシーエス vol.23 2017年03月21日(火)
決算期変更の関係で前年同期間比較は、前年合計数値に決算処理費用が入っていないため、あくまでも参考という事になろうが、売上を見ると、国内外MV事業、新規事業とも堅調に推移しており、新年度もその基調は続いている・・・
ブリッジレポート:(2437)シンワアートオークション vol.22 2017年03月14日(火)
上期決算は増収減益で売上、利益とも計画に未達だったものの、会社側では下期は両事業とも巻き返し、更なる上積みを目指しており、その進捗を期待したい。一方で、中国企業との意欲的なアライアンスが発表された・・・
ブリッジレポート:(3299)ムゲンエステート vol.10 2017年03月14日(火)
前2016年12月期は増収増益とはなったものの、増益率は1ケタで、計画に対し売上、利益共未達であった。首都圏の中古マンション需要は引き続き堅調と見られるものの、競争激化による仕入価格の上昇が利益率の低下に・・・
ブリッジレポート:(6044)三機サービス vol.2 2017年03月14日(火)
同社の四半期別売上高及び営業利益構成比を見てみると、前期においては売上、利益共に第4四半期のウエイトが高いことがわかる。今期についても同様な傾向にあるとすれば、今後の業績上振れの可能性も高いと見ることができよう・・・
ブリッジレポート:(9441)ベルパーク vol.7 2017年03月14日(火)
消費者保護と通信事業者間の競争促進を目的としたサービス見直しの動きや、MVNO事業者及びMNOのサブブランドのシェア増加等で、引き続きキャリアショップの運営は厳しい環境が続きそうだ。こうした中、同社は・・・
ブリッジレポート:(3254)プレサンスコーポレーション vol.4 2017年03月07日(火)
第3四半期の進捗率は売上高で72.4%、営業利益で80.5%。過去数年と比べるとややスローではあるが、マンション販売事業に関しては、第3四半期終了時点での受注進捗98.4%は例年を上回っており、順調な業績推移といえるだろう・・・
ブリッジレポート:(3457)ハウスドゥ vol.3 2017年03月07日(火)
2月に発表された「1月度月次IRニュース」によればフランチャイズのチェーン店累計加盟契約数は2017年1月末で426店舗、累計オープン店舗数は358店舗となっている。通期計画に対す進捗率はそれぞれ90.3%、92.3%と極めて順調だ・・・
ブリッジレポート:(3675)クロス・マーケティンググループ vol.2 2017年03月07日(火)
国内リサーチ市場は安定成長が続く中で、中小の淘汰と、同社、インテージ、マクロミルの大手3社の寡占化が進みつつあると言う。実際、同社の国内リサーチ事業も拡大が続いている。また、海外リサーチ事業や新規事業も順調だ・・・
ブリッジレポート:(4205)日本ゼオン vol.16 2017年03月07日(火)
第2四半期時点では5割を下回っていた営業利益の進捗率は第3四半期では77%まで上昇している。引き続き高機能材料分野が堅調なことに加え、エラストマー素材分野が、前年同期を大きく下回った第2四半期(7−9月)から・・・
ブリッジレポート:(4319)TAC vol.24 2017年03月07日(火)
個人教育事業は第3四半期累計では増収・増益であったが、四半期ベースでは減収・減益であった。構造改革を終え、事業環境も好転しつつあることから底入れ回復には向かっていると見られるものの、本格的な回復というには・・・
ブリッジレポート:(6890)フェローテック vol.52 2017年03月07日(火)
事業環境の急変で収益が悪化した太陽電池関連事業の立て直しが一巡すると共に、中国、アジア、北米、ロシアを含む欧州、と世界4極で事業体制の整備が進んだため、会社設立以来の目標である売上高1,000億円企業に向けた・・・
ブリッジレポート:(6914)オプテックスグループ vol.59 2017年03月07日(火)
堅調なFA事業、2件のM&Aにより増収とはなったが、為替の影響、主力の国内防犯、国内自動ドアが低調だった前期に対し、今期は各通貨とも円高を想定している中でも2桁の増収増益を計画しており、会社側の意欲的な姿勢が・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.26 2017年03月07日(火)
「食道再生上皮シート」は、患者のリクルートに時間を要したため治験の開始が遅れ、販売承認申請(2018年)及び販売承認取得(2019年)が1年後ろ倒しになったが、現在、9症例でフェーズ3相当の治験が進められている・・・
ブリッジレポート:(9616)共立メンテナンス vol.51 2017年03月07日(火)
着実な業績の進捗を実感。インバウンド需要のピークアウトがささやかれているが、これはあくまで中国からの訪日客を中心とした高額消費の落ち込みによるものである。同社ドーミーインのインバウンド顧客は特定の国に・・・
ブリッジレポート:(2675)ダイナック vol.31 2017年02月28日(火)
16/12期は、原価やシフト管理の徹底等で主力のレストラン・バー事業で収益性の改善が進んだが、売上が伸び悩んだ。秋頃からキャンペーンに対する反応が鈍くなっていると言う。繁忙期の期末にかけて店舗数が減少した事も・・・
ブリッジレポート:(3633)GMOペパボ vol.3 2017年02月28日(火)
2016年12月期より新セグメントとして計上されることとなった「ハンドメイド事業」だが、売上構成比は2015年12月期の10.2%から17.1%へと拡大し、主力事業の一つであるEC支援事業に迫る勢いとなっている。ただ、損失額は・・・
ブリッジレポート:(4783)日本コンピュータ・ダイナミクス vol.46 2017年02月28日(火)
情報サービス産業各社の売上は検収が集中する9月末と3月末に偏る傾向があるが、書き入れ時となる4Qを前に堅調に推移している。11月には売上高を上方修正したが、コスト管理は進展しており、利益面でも会社予想を・・・
ブリッジレポート:(6191)エボラブルアジア vol.1 2017年02月28日(火)
2016年3月に東証マザーズへ上場した同社だが、11月14日開催の取締役会において、2017年9月期中に東証1部への市場変更を目指すことを決議した。もちろん東京証券取引所の承認が必ず得られると現時点で明言できるものでは・・・
ブリッジレポート:(6250)やまびこ vol.4 2017年02月28日(火)
対前年同期比で減収となったが、為替の影響が大きく、実態は国内外ともに総じて堅調のようだ。通期の着地も為替次第の部分があることは否めないが、順調な進捗であり大きな下振れリスクは考えにくいだろう。北米、欧州での・・・
ブリッジレポート:(8912)エリアクエスト vol.23 2017年02月28日(火)
通期予想に対する進捗率は、売上高48.6%、営業利益45.5%、経常利益45.5%、純利益53.4%。業績が下期偏重の同社としては順調な進捗。サブリース物件の新規開拓が順調に進んでおり、期末170物件を計画しているが・・・
ブリッジレポート:(9837)モリト vol.8 2017年02月28日(火)
第2四半期に通期業績予想の下方修正を行い、修正後予想に対しても第2四半期実績の進捗率は利益で約4割と低調な推移となっていたが、結果的には予想を上回る着地となり、年度後半は巻き返すことができたようだ。今期もその・・・
ブリッジメール
説明会の案内、レポート情報、各企業のニュースリリースなどの情報が盛りだくさんのメールマガジン
登録前に「メルマガ利用規約」をお読みください。
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー