ブリッジレポート 2014年12月

2014年12月のブリッジレポート

2014年12月24日(水)掲載

株式会社リニカル

東証1部

(2183)株式会社リニカル

同社のグローバル展開が加速している。念願の欧州子会社を傘下に収めたことで、日亜・米・欧3極による国際共同試験のワンストップでの受託体制が整った。買収したLINICAL Europe(旧Nuvisan CDD Holding GmbH)は、・・・

2014年12月24日(水)掲載

株式会社翻訳センター

JASDAQ

(2483)株式会社翻訳センター

第二次中期経営計画の最終年度2015年3月期「売上高100億円、営業利益7億円」という目標は残念ながら未達となってしまうが、「事業領域の拡大」と「専門性の強化」はどちらも伸ばすことが出来たと同社は考えている。・・・

2014年12月24日(水)掲載

日本エンタープライズ株式会社

東証1部

(4829)日本エンタープライズ株式会社

第1四半期(6-8月)は増収・減益となった他、今般、業績予想の修正に至った主たる要因は、広告宣伝費を中心にした販管費の増加であるが、この先行投資を来期以降に収益化する事で増収・増益を達成する考えだ。・・・

2014年12月24日(水)掲載

ホシザキ株式会社

東証1部,名証1部

(6465)ホシザキ株式会社

第3四半期(累計)売上高の通期予想に対する進捗率78.7%となっている。同社は冷蔵庫、製氷機といった取扱い製品の性質上、気温の上昇する第2四半期(4-6月)ないし第3四半期(7-9月)売上高の構成比が高く、・・・

2014年12月24日(水)掲載

株式会社フェローテックホールディングス

JASDAQ

(6890)株式会社フェローテックホールディングス

装置関連事業は、中国の3大半導体製造装置メーカーや、台湾、中国、及び日本(一部)のデバイスメーカーとの関係強化が進んでいる他、チャンバー関係でMOCVDメーカーの開拓も進んでいる。このため、下期は一部の製品・・・

2014年12月24日(水)掲載

株式会社SHOEI

東証1部

(7839)株式会社SHOEI

(社)日本自動車工業会によると、日本の250CC以上のバイク市場(販売台数)は2011年に底打ちして2013年は60千台を超えた。また、Motorcycle Industry Councilによると海外のバイク市場は、米国が2010年から2011年に・・・

2014年12月24日(水)掲載

株式会社フォーバル

東証1部

(8275)株式会社フォーバル

同社の今第2四半期決算を振り返ると営業利益が前年同期比60%以上増加するなど非常に好決算となった。既存3事業において全てのセグメント利益が前年同期比大幅に増加した。フォーバルビジネスグループにおいてはアイコン・・・

2014年12月16日(火)掲載

株式会社久世

JASDAQ

(2708)株式会社久世

消費税率の引き上げや天候不順による消費の不振が同社の取引先である飲食業各社の経営に影を投げかける中、同社は価格、配送フィー、店着時間の交渉を進めていかなければならず、しかも、波状的で動き出すと一気に進む・・・

2014年12月16日(火)掲載

株式会社インタートレード

東証2部

(3747)株式会社インタートレード

MIOP構想の特長は、国内外の有力パートナーとWin・Winの関係を構築して、証券会社にとどまらない幅広い顧客層を取り込める事。同社の経営リソースのみを使い、証券会社等の顧客と一対一の関係で進めていた従来のビジネスとは・・・

2014年12月16日(火)掲載

株式会社プレステージ・インターナショナル

東証1部

(4290)株式会社プレステージ・インターナショナル

ロードアシスト事業、プロパティアシスト事業、及びインシュアランスBPOの3事業は来期以降の見通しも明るい。ロードアシスト事業では、国内の車両販売が頭打ちとなる中、自動車メーカーや販売会社がサービス収入の拡大に・・・

2014年12月16日(火)掲載

エン・ジャパン株式会社

東証1部

(4849)エン・ジャパン株式会社

内閣府は11月17日に7-9月期の国内総生産(GDP)速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは4-6月期と比べて0.4%減(年率換算では1.6%減)と2四半期連続のマイナス成長になるなど、消費税増税による国内景気の・・・

2014年12月16日(火)掲載

本多通信工業株式会社

東証1部

(6826)本多通信工業株式会社

第2四半期に関して2度目の上方修正を行い、今回は通期予想についても修正を行った。外部環境の良さもあるだろうが、Segments No.1を掲げた事業戦略、コスト低減への取り組みなど同社ならではの要因も大きな背景と・・・

2014年12月16日(火)掲載

株式会社サンゲツ

東証1部,名証1部

(8130)株式会社サンゲツ

今回発表した資本政策は、大きな反響を呼んだようだが、本文中でも触れたように、ROE8~10%を実現するためには資本政策に加えて、マージン(売上高当期純利益率)の改善も必要になると思われる。そうした意味で、新規事業や・・・

2014年12月09日(火)掲載

株式会社システナ

東証1部

(2317)株式会社システナ

市場が縮小傾向にある端末開発支援や利益率の低い物販等のビジネスから、市場の拡大が見込まれるサービスの企画・開発・検証・運用支援や付加価値の高いソリューションへのシフトが進んでいる事が、先行投資負担を吸収して・・・

2014年12月09日(火)掲載

株式会社ムゲンエステート

東証1部

(3299)株式会社ムゲンエステート

収益不動産の販売が好調で、第3四半期時点で売上高は既に過去最高を更新したこと、利益の進捗率も8割を超えたことから、投資家の期待は今期ではなく来期及びそれ以降に向けられることとなるだろう。そうした意味では、・・・

2014年12月09日(火)掲載

日本ゼオン株式会社

東証1部

(4205)日本ゼオン株式会社

急速に進行する円安が同社業績に与える影響は、仮に下期110円/USDであれば営業利益を30億円、115円/USDであれば40億円以上押し上げる要因になるということだが、現時点では他の要素も含め不透明要因が多いため修正は見送った。・・・

2014年12月09日(火)掲載

日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社

JASDAQ

(4783)日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社

情報サービス産業各社の売上は検収が集中する9月末と3月末に偏る傾向があり、パーキングシステム事業で地方自治体等との取引も多い同社は3月期末への偏重が顕著である。このため、上期の決算数値は通期の状況を反映するもの・・・

2014年12月09日(火)掲載

株式会社朝日ラバー

JASDAQ

(5162)株式会社朝日ラバー

同社の15/3期中間決算は、前年同期比で売上高が9.8%の増加、経常利益が37.9%の増加と非常に好決算となった。既存事業であるASA COLOR LEDとプレフィルドシリンジ用ガスケット及び採血用・薬液混注用ゴム栓などの販売が堅調に・・・

2014年12月09日(火)掲載

株式会社セルシード

JASDAQ

(7776)株式会社セルシード

同社のミッションは、再生医療を一日も早く実現する事。そして日本初のユニークな再生医療技術である「細胞シート工学」を世界に発信し、安全で品質の高い製品、サービスを提供し医療の変革に貢献する事である。・・・

2014年12月09日(火)掲載

株式会社エリアクエスト

東証2部

(8912)株式会社エリアクエスト

10月末に、自己株式1,502,900株(発行済の持株比率6.7%)を、同社の役員、顧問及び従業員に第三者割当方式で割り当てた。保有する自己株式を有効活用して経営執行責任の明確化や更なる業績貢献の意欲向上を図ると共に、・・・

2014年12月02日(火)掲載

株式会社キッツ

東証1部

(6498)株式会社キッツ

国内のバルブ販売は未だ力強さに欠けるものの、BBレシオが1を上回る等、受注に底打ち感が出てきた。同社は、第3四半期後半以降、遅れている建築設備向けでバルブの発注が始まるとみている。また、欧州子会社では、・・・

2014年12月02日(火)掲載

フジ住宅株式会社

東証1部

(8860)フジ住宅株式会社

同社の第2四半期決算は消費税増税の反動減の影響により減収減益となったものの、非常に評価できる内容であったと言えよう。評価ポイントとして、第一に中古住宅及び個人投資家向け一棟売り賃貸アパートの好調により・・・

Reports Dec, 2014

Publish:Fri, Dec 26, 2014

株式会社キッツ

(Code:6498) KITZ CORPORATION

Publish:Wed, Dec 17, 2014

栄研化学株式会社

(Code:4549) EIKEN CHEMICAL CO.,LTD

Publish:Mon, Dec 08, 2014

さくらインターネット株式会社

(Code:3778) SAKURA Internet Inc.