ブリッジレポート 2013年09月

2013年09月のブリッジレポート

2013年09月24日(火)掲載

アグロ カネショウ株式会社

東証1部

(4955)アグロ カネショウ株式会社

東日本大震災は同社に大きな打撃を与えたが、委託先を含めた周囲の協力に加え、極めて良いタイミングでバイエルクロップサイエンス社の旧結城中央研究所を取得できたことにより、新たな成長へ向けた第1歩を踏み出すことが・・・

2013年09月17日(火)掲載

ウェルネット株式会社

東証1部

(2428)ウェルネット株式会社

EC市場の成長は今後も年率8~10%程度のスピードで着実に拡大することは間違いなく、同社活躍の場は今後も広がっていくことだろう。そうした中、今年度中にリリース予定の「バスIT化プロジェクト」が大いに注目される。・・・

2013年09月17日(火)掲載

株式会社テー・オー・ダブリュー

東証1部

(4767)株式会社テー・オー・ダブリュー

(株)電通発表の「日本の広告費」によると2012年の国内総広告費は、5年ぶりの増加となった。更に、2013年に入り、アベノミクスによる円安・株高による景況感の改善から企業業績も回復傾向が強まっている。企業業績の回復は・・・

2013年09月17日(火)掲載

日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社

JASDAQ

(4783)日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社

情報サービス産業各社の売上は検収が集中する9月末と3月末に偏る傾向があり、パーキングシステム事業で地方自治体等との取引も多い同社は3月期末への偏重が顕著である。このため、1Q決算数値は通期の状況を反映するものでは・・・

2013年09月17日(火)掲載

株式会社セルシード

JASDAQ

(7776)株式会社セルシード

4月に成立した再生医療推進法は再生医療の実用化を目指すもので、生命倫理に配慮しつつ、安全な研究開発や普及に向けて総合的に取り組む事が基本理念に盛り込まれている。また、普及を促進する施策を策定・実施する責務が・・・

2013年09月10日(火)掲載

オプテックスグループ株式会社

東証1部

(6914)オプテックスグループ株式会社

07/12期の221億円をピークに下降トレンドをたどった売上が、13/12期は6期ぶりに過去最高を更新する見込み。円高是正の追い風もあるが、国内外での防犯ニーズの高まりが追い風となる中、価格競争力のある汎用品と・・・

2013年09月03日(火)掲載

株式会社久世

JASDAQ

(2708)株式会社久世

今期の取り組みは、①徹底的な攻めの営業、②すべての業務プロセスの品質向上、③海外事業展開の促進及び、④グループ力の強化、の4点。①については、商流が順調に伸びており、価格政策も取引先の理解を得られているようだ。・・・

2013年09月03日(火)掲載

株式会社IDホールディングス

東証1部

(4709)株式会社IDホールディングス

1Qは増収、黒字転換となった。前期一時的に減少した一部顧客における運用構築業務が回復した。高収益案件の獲得、事業構造改革実施に伴う収益体質の改善、低採算案件の見直しによる効果も大きいと思われる。・・・

2013年09月03日(火)掲載

エン・ジャパン株式会社

東証1部

(4849)エン・ジャパン株式会社

アベノミクスによる景気回復期待から、6月の国内有効求人倍率は、2008年6月以来の5年ぶりの水準となる0.92倍まで回復した。また、完全失業率(季節調整値)も5月の4.1%から3.9%まで低下するなど雇用環境が急速に・・・

2013年09月03日(火)掲載

イー・ガーディアン株式会社

東証1部

(6050)イー・ガーディアン株式会社

投稿監視業務で培った技術とノウハウを活かせる分野へ幅広く展開する事で、多様なニーズの取り込みと顧客層の拡大に成功している。このため、主要取引先であるグリー(3632)が苦戦を強いられているものの・・・

2013年09月03日(火)掲載

株式会社キッツ

東証1部

(6498)株式会社キッツ

第1四半期は厳しい決算となったが、建築設備市場及び機械装置関連市場向けを中心に国内バルブ事業の見通しが明るさを増している。東北地方で東日本震災後の復興需要が本格化しているが、バルブ需要は工事の最終段階で・・・

2013年09月03日(火)掲載

株式会社フォーバル

東証1部

(8275)株式会社フォーバル

新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大している。今四半期もフォーバルビジネスグループの売上高は前年同期比4.5%増加した。反面、事業拡大のための積極的な人材採用を・・・

2013年09月03日(火)掲載

フジ住宅株式会社

東証1部

(8860)フジ住宅株式会社

今四半期は、収益性の高い土地有効活用事業が端境期となったことから、ほぼ横ばいの利益成長に留まった。しかし、販売状況を示す契約高は分譲住宅事業や土地有効活用事業がけん引し前年同期比34.3%増加した。・・・

Reports Sep, 2013

Publish:Fri, Sep 27, 2013

株式会社テー・オー・ダブリュー

(Code:4767) TOW CO., LTD

Publish:Tue, Sep 24, 2013

ウェルネット株式会社

(Code:2428) WELLNET CORPORATION

Publish:Tue, Sep 10, 2013

オプテックスグループ株式会社

(Code:6914) OPTEX GROUP Company, Limited