ブリッジレポート 2018年02月

2018年02月のブリッジレポート

2018年02月27日(火)掲載

Shinwa Wise Holdings株式会社

JASDAQ

(2437)Shinwa Wise Holdings株式会社

中核事業となるオークション関連事業は増収増益で黒字化したものの、子会社Shinwa ARTEXの太陽光発電施設販売が前年同期を下回ったため減収減益決算となった。ただ、持株会社体制への移行により、来期を初年度とする・・・

2018年02月27日(火)掲載

株式会社ウイルプラスホールディングス

東証1部

(3538)株式会社ウイルプラスホールディングス

増収ながら減益だった第1四半期を受けた前回レポートでは、「良好な事業環境の下、コストが通常ベースに戻る第2四半期以降の進捗を注目したい。」と書いたが、第2四半期累計は増益に転じ、進捗も順調だ。また新たな・・・

2018年02月27日(火)掲載

株式会社enish

東証1部

(3667)株式会社enish

「17/12期は赤字だったが、18/12期は投資回収」、「18/12期は利益にこだわる」と言うのが、安徳社長の考え。このため、17/12期第4四半期の営業損失の主因となった広告宣伝費については、一旦、ニュートラルに戻し・・・

2018年02月27日(火)掲載

日本ゼオン株式会社

東証1部

(4205)日本ゼオン株式会社

引き続き旺盛な需要に支えられ数量・価格ともプラス寄与し2度目の上方修正となった。第3四半期までの進捗率は売上、利益ともに上方修正後でも高水準であると言っていいだろう。ただ、全ての事業単位においてほぼフル操業・・・

2018年02月27日(火)掲載

株式会社IDホールディングス

東証1部

(4709)株式会社IDホールディングス

同社の18/3期第3四半期累計期間決算は、売上高が前年同期比1.9%増加したものの、営業利益は同7.6%の減少となった。これは上期に発生したソフトウエア開発事業における2件の不採算プロジェクトの発生が影響した。・・・

2018年02月27日(火)掲載

株式会社フリークアウト・ホールディングス

東証マザーズ

(6094)株式会社フリークアウト・ホールディングス

減益となったがエンジニアの採用など積極的な仕込みを進めているためであり、進捗率も含め会社側想定通りの今期スタートとなったようだ。また、海外事業もEBITDAベースでは黒字化となり、「2020年9月期 売上高330億円・・・

2018年02月27日(火)掲載

株式会社ビジョン

東証1部

(9416)株式会社ビジョン

グローバルWiFi事業では、ARPUの低下の可能性を受け、レンタル件数の増加に取り組んでいる。レンタル件数の増加とは顧客基盤の強化・拡大であり、周辺ビジネスを収益化させるための原動力にもなる。同業他社に圧勝して・・・

2018年02月20日(火)掲載

日本エンタープライズ株式会社

東証1部

(4829)日本エンタープライズ株式会社

同社はモバイルインターネット黎明期からコンテンツプロバイダとしてモバイルコンテンツを配信し、モバイル市場の拡大に貢献してきた。スマートフォンの普及期には、ヘルスケア、電子書籍、交通情報等のスマホアプリの・・・

2018年02月20日(火)掲載

株式会社朝日ラバー

JASDAQ

(5162)株式会社朝日ラバー

同社の18/3期第3四半期決算は、ASA COLOR LED、RFIDタグ用ゴム製品、卓球ラケット用ラバーなどの工業用ゴム事業の好調が寄与し、前第2四半期に続き過去最高の売上高及び各利益となるなど好調の継続が確認された。・・・

2018年02月20日(火)掲載

株式会社キッツ

東証1部

(6498)株式会社キッツ

18/3期の好業績をけん引する国内建築設備向けや半導体製造装置向けは、来19/3期も好調が続く見込みだ。国内では、首都圏を中心に鉄骨やセメント等の建築資材の価格が上昇しており、日本経済新聞のマーケット商品欄では・・・

2018年02月20日(火)掲載

株式会社SHOEI

東証1部

(7839)株式会社SHOEI

北米は、足元の市場環境が今一つだが、2代理店制の効果が顕在化してきた。前17/9期の販売数量は、国内の120千個に対して北米は71千個にとどまったが、今期は主力2モデルのフルモデルチェンジにより、拡大をねらう。・・・

2018年02月20日(火)掲載

株式会社サンゲツ

東証1部,名証1部

(8130)株式会社サンゲツ

第3四半期累計の営業減益率は第2四半期より縮小したものの、現在の同社は物流拠点整備、基幹システムの再構築準備など投資フェーズにあることから通期での減益は避けがたいが、短期的にはここからどれだけ上積みして・・・

2018年02月20日(火)掲載

株式会社エリアクエスト

東証2部

(8912)株式会社エリアクエスト

同社は不動産セクターに属するため、業績が不動産市況の影響を受けると思われがちだが、現在の事業規模に比べてマーケットが極めて大きいため、ほとんど影響はない。影響を受けるとしたら、不動産市況よりも企業の出店意欲で・・・

2018年02月20日(火)掲載

モリト株式会社

東証1部

(9837)モリト株式会社

17年11月期は上期の進捗がややスローで、下期に挽回したものの若干の未達となった。中計最終年度となる今期は、M&Aも含めてどれだけの上積みが行われるか注目したい。同社株価は過去2年間、ほぼ市場全体と連動して・・・

2018年02月13日(火)掲載

株式会社システナ

東証1部

(2317)株式会社システナ

成長分野へ経営資源をシフトしつつ、主力である通信キャリアをはじめとしたネットビジネスの顧客のIoT関連システムの構築・検証業務に注力しているソリューションデザイン事業の売上が収益性の改善を伴いながら・・・

2018年02月13日(火)掲載

株式会社ピックルスコーポレーション

東証1部

(2925)株式会社ピックルスコーポレーション

同社は20/2期に売上高406億円、営業利益15億円を目指す中期経営目標を掲げているが、課題は全国的な生産体制の整備。健康志向の高まりもあり、サラダ感覚で食べる事ができる浅漬・キムチや総菜の需要は強く供給が追い付かない・・・

2018年02月13日(火)掲載

株式会社イントラスト

東証1部

(7191)株式会社イントラスト

「保証会社に求められるものは、コンプライアンス重視と強固な財務基盤である」と言うのが同社の考え。その実証として、潤沢なキャッシュの維持とコンプライアンスの徹底がクライアントからの信頼の源泉となっている。・・・

2018年02月06日(火)掲載

ライク株式会社

東証1部

(2462)ライク株式会社

同社が意識しているのは社会的な影響力を有する企業。現在進行中の中期経営計画では19/5期に売上高552億円の達成を目指しているが、社会的な影響力を有するためにはより大きな売上規模が必要との認識だ。そして、そのために・・・

2018年02月06日(火)掲載

株式会社キリン堂ホールディングス

東証1部

(3194)株式会社キリン堂ホールディングス

引き続き順調な進捗を見せている。既存店の客数伸び率は9月、10月の台風の影響で第3四半期(9-11月)も前年同期比マイナス1.6%となったものの、11月は回復し今期累計ではプラスを維持。客単価もプラスで推移している。・・・

2018年02月06日(火)掲載

株式会社モバイルファクトリー

東証1部

(3912)株式会社モバイルファクトリー

主力サービスである「駅メモ!」は、広告宣伝による会員獲得と獲得した会員のマネタイズ化が会社側の想定通りに進んでいる。「駅メモ!」はゲームと旅のツールと言う二つの顔を持つため会員の離脱率が低く・・・

2018年02月06日(火)掲載

本多通信工業株式会社

東証1部

(6826)本多通信工業株式会社

総じて業績好調な主要コネクタメーカーの中で売上高、時価総額規模からは下位に属する同社だが、過去1年間の株価パフォーマンスはTOPIXおよび上位企業を大きく上回っている。各中期経営計画の確実な進捗によるスケールの・・・

Reports Feb, 2018

Publish:Mon, Feb 26, 2018

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

(Code:6090) Human Metabolome Technologies, Inc

Publish:Fri, Feb 23, 2018

株式会社フリークアウト・ホールディングス

(Code:6094) FreakOut Holdings, inc.

Publish:Tue, Feb 20, 2018

日本ゼオン株式会社

(Code:4205) ZEON CORPORATION

Publish:Tue, Feb 06, 2018

株式会社伊藤園

(Code:2593) ITO EN, LTD.

Publish:Fri, Feb 02, 2018

Hamee株式会社

(Code:3134) Hamee Corp.

Publish:Thu, Feb 01, 2018

日本ピストンリング株式会社

(Code:6461) Nippon Piston Ring Co.,Ltd.