ブリッジレポート 2014年05月

2014年05月のブリッジレポート

2014年05月27日(火)掲載

株式会社ピックルスコーポレーション

東証1部

(2925)株式会社ピックルスコーポレーション

14/2期は営業減益となったものの、売上が過去最高を更新した事に注目したい。関西以西で事業拡大余地が大きい事に加え、札幌で増産投資を実施したように既存エリアも深耕余地は大きい。15/2期は広島工場が通期で稼働し、・・・

2014年05月27日(火)掲載

株式会社テー・オー・ダブリュー

東証1部

(4767)株式会社テー・オー・ダブリュー

同社グループが属する広告業界は、当面消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減の影響を受けるものと予想される。同社においても、今後業績にどのような影響を及ぼすのか見通しがつきにくい状況にあり、それが進捗率の・・・

2014年05月27日(火)掲載

オプテックスグループ株式会社

東証1部

(6914)オプテックスグループ株式会社

足元の業績は順調だ。第1四半期実績の上期及び通期予想に対する進捗率を見ると、売上高はそれぞれ51.5%、24.3%とほぼ巡航速度で推移しているが、営業利益は92.3%、37.3%とかなりのハイペースで進んでいる。・・・

2014年05月27日(火)掲載

フジ住宅株式会社

東証1部

(8860)フジ住宅株式会社

消費税増税前の駆け込み需要の反動から15/3期の同社業績は減収減益が避けられないものと予想される。一方で、同社が属する不動産業界においては、超低金利の住宅ローン金利の継続と住宅ローン減税の実施により、・・・

2014年05月20日(火)掲載

さくらインターネット株式会社

東証1部

(3778)さくらインターネット株式会社

同社のビジネスは、本来、固定費(先行投資)負担が重いものの、限界利益率の高い装置産業的なビジネスだ。また、契約を積み重ねる事で安定した収益が期待でき、かつ収益性も高まっていくストック型ビジネスでもある。・・・

2014年05月20日(火)掲載

栄研化学株式会社

東証1部

(4549)栄研化学株式会社

今期は研究開発及び設備投資の増加で減益予想となっているが、国内でのシェアアップ、海外市場における競争力強化のためには必要な投資であり、中期的な視点で来期以降の成果に結び付けるスピードを注目したい。・・・

2014年05月20日(火)掲載

株式会社インテリジェント ウェイブ

東証1部

(4847)株式会社インテリジェント ウェイブ

カードビジネスのフロント業務の事業環境は良好だ。例えば、従来、提携カードを発行していたが、カード会社に依存し主体的に対応していなかった企業が、自ら前面に出てカードサービスを強化するケースが増えており、・・・

2014年05月20日(火)掲載

株式会社SHOEI

東証1部

(7839)株式会社SHOEI

通期の業績予想が据え置かれたが、足元の好調な販売に加え、新製品が高い評価を得ている事から先行きに特段の不安はない。日本では景況感の回復を追い風に二輪車市場が回復基調にあり、二輪車市場にようやく底打ち感が・・・

2014年05月20日(火)掲載

株式会社エリアクエスト

東証2部

(8912)株式会社エリアクエスト

サブリース物件の順調な獲得で今期業績の上振れ期待が高まっている上、来期以降の業績見通しも一段と明るさを増している。清原社長の説明を聞くと、サブリース物件は乗降客の多いJRの都心駅周辺や人気のある私鉄の主要駅・・・

2014年05月20日(火)掲載

和田興産株式会社

JASDAQ

(8931)和田興産株式会社

1997年以来、17年ぶりに消費税率が引き上げられた。住宅業界のみならず、駆け込み需要の反動が気になるところだが、大手住宅メーカーでは、昨年の9月以降、減少傾向にあった住宅展示場への来場者が、2014年に入り、増加傾向に・・・

2014年05月20日(火)掲載

モリト株式会社

東証1部

(9837)モリト株式会社

会社側が期初見込んだように、為替差益は前年同期に比べ縮小したため経常利益は減益となったが、地域別の各セグメントとも2ケタの増収で、本業の利益を示す営業利益も大幅な増益となった。第1四半期の進捗率は利益において・・・

2014年05月13日(火)掲載

ライク株式会社

東証1部

(2462)ライク株式会社

来年の話になるが、改正労働者派遣法が2015年4月1日に施行される。改正のポイントとしては、①専門26業種の区分をなくし派遣期間の上限を「業務」から「人」へ(キャリア形成の実現機会が増えるため、登録者の増加が・・・

2014年05月13日(火)掲載

株式会社enish

東証1部

(3667)株式会社enish

2014年は同社にとって「ネイティブ元年」。ネイティブでヒットを出す事を至上命題としている。2012年の上場以来、資金調達と人材確保に力を入れてきたため、ネイティブ開発のための基盤整備は進んだ。・・・

2014年05月13日(火)掲載

株式会社フォーバルテレコム

東証2部

(9445)株式会社フォーバルテレコム

同社の子会社の業績が順調に拡大している。当第3四半期のセグメント利益の構成を見ると、ドキュメント・ソリューション事業とコンサルティング事業で全体の約83%を占めている。特に、(株)保険ステーションは営業拠点拡大に・・・

2014年05月07日(水)掲載

株式会社コシダカホールディングス

東証1部

(2157)株式会社コシダカホールディングス

景況感の回復がカラオケ事業にも波及してきたようだ。足元のカラオケ事業は懸念された消費税率引き上げの影響もなく客数が堅調。水道光熱費の上昇分等も含めて価格改定した効果もあり、既存店の売上高は前年同月を上回って・・・

2014年05月07日(水)掲載

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア

東証1部

(2687)株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア

14/2期は主力のコンビニ事業が復調したものの、同事業は会社の思惑ほどには回復は進んでいない。しかし、その他の事業は悪くはない。特に「CVS・BAY HOTEL」は好調であった。15/2期はコンビニ事業の既存店売上の・・・

2014年05月07日(水)掲載

地盤ネットホールディングス株式会社

東証マザーズ

(6072)地盤ネットホールディングス株式会社

株式市場ではややもすると、バイオテクノロジー株に代表されるように、画期的な新技術や新製品を発明・開発した企業が、投資家の大きな注目を集めるものの、収益化という観点からは、苦戦を強いられているケースが・・・

Reports May, 2014

Publish:Wed, May 28, 2014

株式会社enish

(Code:3667) enish,inc.

Publish:Thu, May 22, 2014

日本エンタープライズ株式会社

(Code:4829) Nihon Enterprise Co., Ltd.