PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

ハードウェアウォレットとは?仕組みや使い方・デメリットをわかりやすく解説

・ハードウェアウォレットの仕組みを知りたいな。
・ハードウェアウォレットにデメリットはあるのかな?
・ハードウェアウォレットの使い方も知りたい。

このような悩みを解決します。


この記事の結論


仮想通貨の相次ぐハッキング事件を受け、ハードウォレットを導入する人が増えています。
大手海外取引所の破綻による出金停止問題など、資産の管理方法をあらためて見直すべき事件も発生しました

今回は、おすすめのハードウェアウォレットや使い方を解説します。

この記事を読めば、ハードウェアウォレットのメリット・デメリットが分かるワン!

\最短翌日到着/

ハードウェアウォレットであなたの資産を厳重管理。
日本語マニュアル付きでセットアップも簡単!正規代理店からの購入が安心です。

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

目次

仮想通貨のハードウェアウォレットとは?仕組みやメリットを解説

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは、デバイスを用いて仮想通貨を管理できる仮想通貨ウォレットのことです。

仮想通貨ウォレットとは

  • 厳密には仮想通貨そのものを保管しているのではなく、仮想通貨へのアクセスに必要な「秘密鍵」を保管するツールを指す
  • ホットウォレット
    →インターネットに常時接続されている仮想通貨ウォレット。手軽に利用できる仮想通貨アプリが多い
  • コールドウォレット
    →オフラインで管理される仮想通貨ウォレット。セキュリティ性能が高い

ハードウェアウォレットはコールドウォレットに分類されるよ。

ハードウェアウォレットの特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

セキュリティに優れる

オフラインで仮想通貨を管理できるハードウェアウォレットは、セキュリティに優れるのが大きな特徴です。

仮想通貨取引所やDEX(分散型取引所)ハッキングの標的になりやすく、仮想通貨の流出事故が多発しています。
一方で、ハードウェアウォレットはインターネットから切り離されているため、ハッキングやウイルス感染などのリスクを回避できます。

マウントゴックス事件のように、仮想通貨のハッキング事件はホットウォレットが狙われるケースが大半なんだ。

様々な仮想通貨を管理できる

ハードウェアウォレットを利用すれば、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)など様々な仮想通貨を管理できます
めずらしいアルトコイン草コインなどに対応したハードウェアウォレットが多く、資産の安全な保管場所として活用可能です。

デバイスは持ち運びできるため、専用のアプリをインストールしたパソコンにデバイスをつなげば、どこでも自分の資産にアクセスできます。

取引所が破綻してしまうと、預けている資産を自由に動かせなくなったり、返還されなかったりするワン。
取引所の倒産リスクを避けられるのもポイントだワン!

バックアップが取れる

ハードウェアウォレットはバックアップができるため、破損・紛失した際も復元可能です。

リカバリーフレーズがあれば、デバイスが使えなくなっても資産を失わずに済みます。

用語解説

  • リカバリーフレーズ(復元用パスフレーズ)
    →故障やエラーに伴い、秘密鍵を復元したい場合に用いる。12~24個の英単語が一般的
  • 秘密鍵
    →受信者だけが知っている鍵。秘密鍵の内容が流出すると、仮想通貨を盗まれる恐れがある
  • 公開鍵
    →取引を行う全員に公開される鍵。公開可能なウォレットアドレスが生成される

万が一に備えて、リカバリーフレーズを安全な場所に保管しておこう。

\最短翌日到着/

ハードウェアウォレットであなたの資産を厳重管理。
日本語マニュアル付きでセットアップも簡単!正規代理店からの購入が安心です。

ハードウェアウォレットのリスク・デメリット

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットのリスクも気になるな。

ハードウェアウォレットのデメリットは以下の3つだワン!

デバイスの購入費用がかかる

ハードウェアウォレットは数千円~数万円のデバイス購入費用が必要です。

資産管理の初期コストが発生するため、無料で利用できるホットウォレットに比べると導入しにくいと言えます。

セキュリティ性能に優れているけれど、有料になってしまうのはハードウェアウォレットのデメリットと言えるね。

リカバリーフレーズの管理が必須

リカバリーフレーズを紛失してしまうと、万が一の際に資産を復元できなくなってしまいます

金庫などの安全な場所にリカバリーフレーズを保管し、資産を守る意識を高める必要があります。

秘密鍵をオンライン上で記録するのも避けるワン!

正規販売店以外での購入は危険

中古で売られているハードウェアウォレットは、資産流出に直結する細工が仕込まれている恐れがあり非常に危険です。

ハードウェアウォレットを購入する際は中古品の販売サイト・ECサイトを避け、必ず正規販売店を利用しましょう。

リカバリーフレーズが抜かれていると、別のデバイスを使って簡単に資産を盗まれてしまうんだ。

中古品には不正なマルウェアが仕込まれている可能性もあるワン。
絶対に利用したらダメだワン!

おすすめのハードウェアウォレット8選

おすすめのハードウェアウォレット

おすすめのハードウェアウォレットを知りたいな!

人気のあるハードウェアウォレットを厳選して紹介するワン!

名称価格運営会社形状
Trezor Model One69ドル(約9,200円)チェコUSB型
Trezor Model T219ドル(約29,100円)チェコUSB型
Ledger Nano S PLUS12,499円フランスUSB型
Ledger Nano X23,999円フランスUSB型
SafePal49.99ドル(約6,600円)セーシャルカードタイプ
CoolWallet149ドル(約19,800円)台湾カードタイプ
SecuX18,571円台湾2.8インチのタッチパネル
COLDCARD147.94ドル(約19,700円)カナダキーボード型

Trezor Model One(トレザーモデルワン)

Trezor

Trezor(トレザー)はチェコに拠点を持つSatoshi Labs社が開発したハードウェアウォレットです。

ソフトウェアがオープンソースで公開されており、透明性の高さで支持を集めています。

Trezor Model Oneとは

  • 14種類以上の仮想通貨に対応
  • セットアップが簡単(日本語マニュアル付き)
  • 公式サイトの価格は69ドル(約9,200円)

※価格は2023年4月上旬時点

ドージコインモナコインなど、日本で人気のアルトコインにも対応しているよ。

Trezor Model T(トレザーモデルT)

Trezor

Trezor Model Tは多くの仮想通貨に対応しているハードウェアウォレットです。

1,400種類以上のトークンを管理でき、様々なプラットフォームで利用できます。

Trezor Model Tとは

  • 1,400種類以上の仮想通貨に対応
  • デバイスが大きく操作しやすい
  • 公式サイトの価格は219ドル(約29,100円)

※価格は2023年4月上旬時点

フルカラーのタッチスクリーンが搭載されていて、デバイスからの入力がスムーズにできるワン!

Ledger Nano S PLUS(レッジャーナノSプラス)

LEDGERNANOS
出典:Ledger

Ledger NanoはフランスのLedger社が販売しているハードウェアウォレットです。

管理アプリの使いやすさから人気が高く、世界中で利用されています。

Ledger Nano S PLUSとは

  • 5,500種類以上の仮想通貨に対応
  • NFTを管理できる
  • 公式サイトの価格は12,499円(税込)

※価格は2023年4月上旬時点

DeFiNFTの取引をしているなら、Ledger社のハードウェアウォレットが便利だよ。

Ledger Nano X(レッジャーナノX)

LEDGERNANOX
出典:Ledger

Ledger Nano Xは、Bluetoothに対応したハードウェアウォレットです。

外出先でもスマホから資産状況を確認できます。

Ledger Nano Xとは

  • 5,500種類以上の仮想通貨に対応
  • Bluetoothに対応・NFTを管理できる
  • 公式サイトの価格は23,999円(税込)

※価格は2023年4月上旬時点

BTC・ETH・XRPなど、多種多彩な仮想通貨を保管できるワン!

SafePal(セーフパル)

SafePal(セーフパル)はハードウォレットとスマホアプリ版のウォレットを提供しています。

SafePalとは

  • 20,000種類以上の仮想通貨に対応
  • スクリーン付きのカードタイプで、QRコードによる読み取りが可能
  • 公式サイトの価格はSafePal S1が49.99ドル(約6,600円)

※価格は2023年4月上旬時点

SafePalは独自の仮想通貨「SFP」を発行している点に特色があるよ。

CoolWallet(クールウォレット)

CoolWallet
出典:CoolWallet

CoolWallet(クールウォレット)はBluetoothでスマホアプリと接続できる、カード型のハードウォレットです。

CoolWalletとは

  • 10,000種類以上の仮想通貨に対応
  • 防水仕様のカードタイプ
  • 公式サイトの価格はCoolWallet Sが99ドル(約13,000円)、CoolWallet Proが149ドル(約19,800円)

※価格は2023年4月上旬時点

CoolWallet Proはステーキングにも対応しているワン!

SecuX(セキュエックス)

SecuX
出典:SecuX

SecuX(セキュエックス)はパソコンとスマホの両方に対応しているハードウォレットです。

SecuXとは

  • 1,000種類以上の仮想通貨に対応
  • 大きいタッチパネルで操作できる
  • 公式サイトの価格はSecuX V20が18,571円、SecuX W20が21,777円

※価格は2023年4月上旬時点

タッチパネルの文字入力はキーボードタイプになっていて、初期設定がしやすいんだ。

\最短翌日到着/

ハードウェアウォレットであなたの資産を厳重管理。
日本語マニュアル付きでセットアップも簡単!正規代理店からの購入が安心です。

COLDCARD(コールドカード)

COLDCARD
出典:coldcard

COLDCARD(コールドカード)はビットコインに特化した仮想通貨ウォレットです。

COLDCARDとは

  • セキュアエレメントを2つ使用してセキュリティを向上
  • 一度もPCに接続しなくても運用できる
  • 公式サイトの価格はCOLDCARD  Mk4が147.94ドル(約19,700円)

※価格は2023年4月上旬時点

ログインを13回連続で失敗すると、使用できなくなる仕組みが導入されている徹底ぶりだワン!

ハードウェアウォレットの使い方|トレザーを例に解説

ハードウェアウォレットの使い方

ハードウェアウォレットを使ってみたいな!

人気のTrezorを例に、ハードウェアウォレットの使い方を紹介するワン!

公式サイトでデバイスを購入

Trezorは日本の正規代理店で購入できます

種類や色を選んで購入手続きに進み、受取先・支払方法などを入力してデバイスを購入してください。

大手海外取引所の破綻を受けて、ハードウェアウォレットを購入する人が増えているんだ。
品薄が続いている点に注意しよう。

Trezorが届いたら、中身がそろっているかを確認してから次に進むワン!

公式サイトからアプリをダウンロードする

次に、Trezorの公式サイトからアプリをダウンロードします

アプリのダウンロード方法

  • Trezor公式サイトの「App」よりダウンロードに進む
  • 指示通りに進み、Trezorのデバイスを接続する
  • PINコードを入力する

パスワードを設定する際は、できるだけ強力なパスワードを入力するワン!

リカバリーフレーズを確実に記録する

リカバリーシードは、デバイスの故障・紛失時の復元に必要なコードです。
24の英単語が次々に表示されるので、順番通りにメモを取りましょう

リカバリーシードが流出すると資産の盗難につながるため、金庫などの安全な場所での保管をおすすめします。

24の単語が合っているかどうか、万が一に備えて確認作業をしておこう。

\最短翌日到着/

ハードウェアウォレットであなたの資産を厳重管理。
日本語マニュアル付きでセットアップも簡単!正規代理店からの購入が安心です。

ハードウェアウォレットに関するQ&A

ハードウェアウォレットに関するQ&A

ハードウェアウォレットのよくある質問をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ハードウェアウォレットの気になる疑問を解消するワン!

仮想通貨ウォレットの種類は?

仮想通貨ウォレットはインターネットに常時接続されている「ホットウォレット」と、オフラインで管理されるコールドウォレットに分類されます。

それぞれのウォレットの主な種類は以下の通りです。

ホットウォレット

  • ウェブウォレット
    →Webブラウザから利用する
  • デスクトップウォレット
    →パソコンにダウンロードして利用する
  • モバイルウォレット
    →スマホアプリから利用する

コールドウォレット

  • ハードウェアウォレット
    →専用のデバイスに仮想通貨を保管する
  • ペーパーウォレット
    →秘密鍵などを紙に印刷して保管する

NFTゲームの利用やNFTアートの取引には、ネットに接続できるホットウォレットが必要だよ。

大きな資産を管理するならハードウォレットがおすすめだワン!

ハードウェアウォレットへの送金方法は?

ハードウェアウォレットに仮想通貨を送る方法は以下の通りです。

ハードウェアウォレットに送金する方法(Trezorの場合)

  • Trezorのマイページより、送金したい仮想通貨を選択
  • PINコードを入力し、アドレスとQRコードを表示させる
  • 取引所から送金手続きを行うイスを用いて仮想通貨を

意外と簡単に仮想通貨を送れるんだね!

ハードウェアウォレットに送金すると税金が発生する?

利用中の取引所から自分のハードウェアウォレットに送金する場合は、自分の資産内で移動しているため税金はかかりません

一方、他者のハードウェアウォレットに送金する場合、所得税・贈与税などの税金が発生する可能性があります。

仮想通貨の税金は税務署によって対応が変わることがあるから、心配な場合は地元の税務署や税理士に確認するワン!

ハードウェアウォレットが壊れたらどうする?

ハードウェアウォレットのデバイスが壊れても、リカバリーフレーズがあれば復元できます

新しいデバイスを公式サイトで購入し、復元作業を行いましょう。

故障しても焦らないように、初期設定の際に復元作業を試しておくといいよ。

NFTの保管におすすめのハードウェアウォレットは?

NFTを保管したい方には、Ledger Nanoがおすすめです
Ledger Nano S PLUS・Ledger Nano Xともに、ERC-721・ERC-1155規格のNFTに対応しています。

メタマスクなどのホットウォレットに接続し、Ledger NanoにNFTを送るとスムーズに管理できます。

高価なNFTをホットウォレットに置いたままにするのは危険だワン!
ハードウェアウォレットの導入を推奨するワン!

ハードウェアウォレット利用時におすすめの取引所は?

ハードウェアウォレット利用時におすすめの国内取引所は以下の通りです。

おすすめの国内取引所

  • GMOコイン
    →入出金・送金手数料無料。送金時にコストカットできる上に、換金した日本円を出金する際に費用がかからない
  • bitFlyer
    →セキュリティ施策で業界をリードする取引所。創業以来7年連続ハッキング0を継続しており、安全性の高さで人気を誇る
  • SBIVCトレード
    →入出金・送金手数料。金融大手のSBIグループが手掛ける仮想通貨取引所

仮想通貨取引所について詳しくは「仮想通貨取引所おすすめ徹底比較!初心者に人気11社の手数料や特徴を紹介」をチェックするといいよ。

スマホだけでもハードウェアウォレットを利用できる?

スマホだけで仮想通貨を取引している方も、ハードウェアウォレットを導入できます

Bluetooth対応のSafePal S1を利用すれば、カード型のデバイスとスマホアプリを使って仮想通貨を管理できます。

パソコンなしでもハードウェアウォレットで資産管理できるんだね!

【まとめ】ハードウェアウォレットおすすめ7選

ハードウェアウォレットまとめ

ハードウェアウォレットについて、よく理解できたよ!

今回はハードウェアウォレットの使い方やメリット・デメリット、おすすめのハードウェアウォレットを解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • ハードウェアウォレットはセキュリティに優れる仮想通貨ウォレット
  • おすすめのハードウェアウォレットはTrezor・Ledger Nanoなど
  • ハードウェアウォレットを使う際は、必ず公式サイトから購入して初期設定を自分で行う必要がある

ハードウェアウォレットを導入するなら、有名メーカーのTrezorやLedger Nanoがおすすめです。

ハッキングや取引所の破綻リスクから資産を守るためにも、セキュリティの高いハードウェアウォレットを活用しましょう!

注文後はデバイスが届くまでに時間がかかることがあるから、早めの購入がおすすめだワン!
品切れにも注意するワン!

\最短翌日到着/

ハードウェアウォレットであなたの資産を厳重管理。
日本語マニュアル付きでセットアップも簡単!正規代理店からの購入が安心です。


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU