PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【仮想通貨】AI銘柄一覧まとめ!OpenAIの仮想通貨や投資リスク・買い方を解説

AIのテクノロジーの進化が加速しており、仮想通貨とAIを組み合わせたプロジェクトにも注目が集まっています。
2023年初頭にはAI関連の仮想通貨の価格が上昇し、1か月で10倍に暴騰した銘柄もありました

今回はAI関連の仮想通貨について、特徴・投資リスク・買い方を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

送金用の仮想通貨の調達におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • AI&ビックデータ銘柄のGRTを国内取引所で買いたい人
    bitbank
この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

「いろはにマネー」を運営する株式会社インベストメントブリッジは、20年以上にわたり個人投資家向けに情報提供をしています。100社以上の上場企業のIR活動の支援実績があり、金融や投資のプロフェッショナルが在籍し長年培ったノウハウを活かし当メディアを運営しています。(運営会社情報を見る)

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • ビットコインのトレンド ◀注目度激高!
  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

仮想通貨のAI関連銘柄とは?

仮想通貨のAI関連銘柄とは?

仮想通貨のAI関連銘柄とは、AIに関連する仮想通貨プロジェクトが発行したトークンのことです。

2023年にOpenAIがリリースしたAIチャットサービス「ChatGPT」を皮切りに、AI技術は注目度を高めています。
AIと仮想通貨の最新技術を掛け合わせたプロジェクトにも期待が集まっており、今後のAIトレンドに乗るべく投資を検討している人も多くいます。

ChatGPTの登場に沸いた2023年2月頃には、CoinMarketCapの「AI&Big Data」カテゴリーの仮想通貨が上昇を見せたんだ。

今後もAI技術への期待値が高まれば、AI関連の仮想通貨が値上がりする可能性があるワン!

仮想通貨のAI関連銘柄【時価総額ランキング上位】

仮想通貨のAI関連銘柄【時価総額ランキング上位】

AIに関連する、おすすめの仮想通貨が知りたいな!

時価総額ランキング上位のAI関連銘柄を紹介するワン!

Render Token(RNDR)

Render Token(RNDR)は分散型クラウドレンダリングサービスを開発しているプロジェクトの仮想通貨です。
※レンダリング…データの処理・演算によって画像や映像を表示させること。3Dアニメーションなどの制作に用いられる

RNDRネットワークを活用すれば、コストや時間を大幅に削減しつつレンダリングサービスを利用できます。

仮想通貨RNDRとは

  • 分散型クラウドレンダリングサービスを開発
  • GPUの計算能力をネットワークに貸し出すと報酬が得られる
  • 海外取引所のBinanceや分散型取引所のUniswapで購入できる

2023年初頭には、1か月で5倍に高騰した仮想通貨だワン!

SingularityNET(AGIX)

SingularityNET(AGIX)は分散型のAIマーケットプレイスを開発するプロジェクトです。

様々なAIサービスを購入できる他、AGIXトークンのステーキングにも対応しています。

仮想通貨AGIXとは

  • AIサービスの作成・マネタイズができるプラットフォームを構築
  • イーサリアムカルダノチェーンを基盤としたAIプラットフォームを開発
  • 海外取引所のBinanceや分散型取引所のUniswapで購入できる

AGIXは2023年初頭に、1か月で10倍に暴騰しているよ。

OceanProtocol(OCEAN)

OceanProtocol(OCEAN)とは、分散型のデータ共有プラットフォームを開発するプロジェクトの仮想通貨です。

データやAI技術を少数企業が独占している現状を打破し、データを資産として扱える技術の構築を目指しています。

仮想通貨OCEANとは

  • ブロックチェーンベースのデータ共有プラットフォームを提供
  • データをトークンやNFTの規格で発行し、利用者同士がデータ共有・売買しやすい仕組みを構築
  • 海外取引所のBinanceや分散型取引所のUniswapで購入できる

Ocean Protocolは、ドイツの中央銀行にも採用されたプロジェクトだワン!

Fetch.AI(FET)

Fetch.AI(FET)とは、AIによる自動データ収集が行われるプラットフォームの仮想通貨です。

2019年に行われたバイナンスICOでは、トークンセール開始からわずか22秒で完売するほどの人気を集めています。

仮想通貨FETとは

  • AIによる自動データ収集・分析が行われるサービスを提供
  • 旅行の交通手段の最適化・観光業などへの活用が見込まれる
  • 海外取引所のBinanceや分散型取引所のUniswap・PancakeSwapで購入できる

AIが収集したデータを、FETトークンを使って取引できるんだ。

The Graph(GRT)【日本で買えるAI&ビックデータ銘柄】

The Graph(GRT)は分散型の検索システムのプラットフォームで利用される仮想通貨です。

分散型アプリケーション(DApps)からブロックチェーンのデータを効率的に取得できるAPIを提供しており、Uniswapなど様々なDAppsに用いられています。
※API…アプリケーションとプログラムを繋ぎ、情報の交換・機能の拡張ができるインターフェイス

仮想通貨GRTとは

  • CoinMarketCapの「AI & Big Dataトークン」に分類される仮想通貨の中でも時価総額が大きい
  • 検索サービスの支払い・ネットワーク維持の報酬にGRTトークンが用いられる
  • 2023年初頭、1か月で約4倍の価格上昇を記録

国内取引所で買えるAI銘柄はほとんど無いけれど、「AI & Big Dataトークン」の中で時価総額の大きいGRTはbitbankに上場されているよ。

ビットバンク

\ 全銘柄が板取引に対応 /

OpenAI創業者の仮想通貨ワールドコインがリリース

OpenAI創業者の仮想通貨ワールドコインがリリース

話題のOpenAIに関連する仮想通貨があると聞いたよ!

OpenAIの創設者が進める「Worldcoin(ワールドコイン)」について解説するワン!

ワールドコイン(Worldcoin/WLD)とは

Worldcoin(WLD)とは、ChatGPT開発元・OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏らが進める仮想通貨プロジェクトです。

AIの台頭によって人間とボットの区別が難しくなる時代を見越し、人間の虹彩スキャンによる個人識別IDの付与を行っています。

仮想通貨WLDとは

  • 全世界の人々にベーシックインカムの提供(年齢や所得水準などに関係なく一律の金額を恒久的に支給)を目指す
  • 各地に設置されたオーブで虹彩をスキャンし、World IDを取得すればWLDトークンが受け取れる
  • 2023年7月、バイナンスなどの海外取引所に一斉上場して注目を集める

Worldcoinは2023年に1億1500万ドルの大規模な資金調達に成功しているよ。
ChatGPTへの関心が高まる中で、Worldcoinのプロジェクトも加速しているんだ。

ワールドコインの注意点

Worldcoinはプライバシーのリスクが指摘されており、フランス・ドイツ・イギリスの規制当局は個人情報保護の観点で調査を行っています。
オーブによる虹彩スキャンで認証された100万人の初期ユーザーは、大半が規制の緩い発展途上国に住む人々であり、現金などの報酬を対価に認証が実施されたと指摘がなされています。

今後の規制次第ではプロジェクトの進行に影響が及ぶ可能性があるため、ワールドコインに投資する際は最新情報を確認しましょう。

日本でも東京の数か所にオーブが設置されているけど、認証を考えている人はリスクを踏まえた上で慎重に検討するワン!

AI系仮想通貨の投資リスク・注意点

AI系仮想通貨の投資リスク・注意点

AI関連の仮想通貨に投資する際の注意点が知りたいな!

AI関連銘柄への投資リスクとして、以下の3つを紹介するワン!

著名人の名を騙る詐欺コインがある

仮想通貨には著名人の名前を無断で使用する詐欺プロジェクトが多く存在し、AI関連銘柄も詐欺が横行しています。
前澤友作氏・イーロンマスク氏・ソフトバンクの孫正義氏などの名前を騙った詐欺プロジェクトが確認されており、フェイクニュースやWeb広告が大々的に展開されています。

投資を行う際は必ず公式サイトやホワイトペーパーを確認し、少しでも違和感のあるプロジェクトへの参加は避けてください。

個人情報を奪う目的の悪質サイトもあるから、無料登録できるからといって安易に利用しないように注意しよう。

AIと自動売買を組み合わせた仮想通貨詐欺が起きている

優秀なAIによる高利回り」を謳った自動売買サービスが増えており、中には詐欺プロジェクトも存在します。
指定された海外取引所にビットコインを預け入れた結果、価値のない草コインにすべて換えられてしまったという事例も発生しています。

AI技術は魅力的である一方、資金をだまし取る目的の詐欺師も増えているため注意が必要です。

うまい儲け話には裏があるワン。妄信しないように気をつけるワン!

唐突にAIを導入したプロジェクトに注意

仮想通貨プロジェクトが唐突にAI導入を発表した場合、単なる話題作りの可能性があります

AIの導入は専門的な知識や経験が必要であり、プロジェクトにAIを深く結びつけるのは簡単ではありません。
トレンドワードが盛り込まれているからといって、最先端のプロジェクトだと決めつけるのは避けましょう。

ホワイトペーパーやロードマップを確認して、AI技術がプロジェクトにどのくらい関わっているのかをチェックしておこう

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • ビットコインのトレンド ◀注目度激高!
  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

仮想通貨とAIに関するニュース

仮想通貨とAIに関するニュース

仮想通貨とAIに関連するニュースをチェックしておきたいな。

話題になったAI関連の仮想通貨ニュースを紹介するワン!

AIの基軸通貨にビットコインが使われる可能性

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

BitMEXの元CEOであるアーサー・ヘイズ氏は、ビットコインが人工知能(AI)の基軸通貨になり得る可能性を指摘しました。
大量のデータをやり取りするAIプラットフォームにおいて、中立性・プライバシー・決済コストなどに強みを持つビットコインのライトニング決済の相性が良いと考えられています。

ビットコインがAIプラットフォームで活用されれば、ビットコインの需要増による価格の上昇が期待できます。

グローバルなデジタルマネーを使った、AIマシーン同士による自動決済サービスが広がる可能性があるね。

ビットコインについて知りたい人は「【図解】ビットコインとは?初心者向けにわかりやすく簡単に解説【仕組み・使い方】」をチェックするワン!

AIDOGEがエアドロップ後に暴騰

AIDOGE(ArbDoge AI)とは、Arbitrumブロックチェーン上にローンチされた犬系ミームコインです。
Arbitrumネットワーク参加者にガバナンストークンARBがエアドロップされた際、ARB保有者にはAIDOGEのエアドロップが実施されました。

AIDOGEはエアドロップ直後の価格から100倍に暴騰し、Arbitrum関連の「給付金」として注目を集めました。

ソフトバンクがAI分野の投資に注視

様々なブロックチェーン事業への出資を行っているソフトバンクグループが、AI分野へのさらなる投資を進めています。

次の時代に求められるものを先読みし、事業を拡大してきたソフトバンクがAIテクノロジーに注視しており、今後のAI分野の成長に期待が寄せられています。

ソフトバンクが出資したプロジェクト(一例)

  • トラクタブル
    →損保向け画像認識AIを手掛ける
  • Symbotic
    →サプライチェーン向けAI搭載自動化技術を手掛ける
  • The Sandbox
    メタバース系ブロックチェーンゲーム
  • Sorare
    →現実のサッカーの試合と連動するNFTゲーム
  • Polygon
    →イーサリアムの課題解決を目指すブロックチェーン

AIやブロックチェーンの技術は、機関投資家からも熱視線が注がれている分野だよ。

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

AI関連の仮想通貨の買い方

AI関連の仮想通貨の買い方

AI関連銘柄の買い方が知りたいな。

AI系仮想通貨は国内取引所であまり扱われていないから、購入が少し難しいワン。
国内のサービスで買いたい人は、The Graphの取り扱いがあるbitbankを使うと良いワン!

国内取引所を使った買い方

国内取引所を使った買い方

国内取引所のbitbankでは、AI&ビッグデータ銘柄で時価総額上位の「The Graph(グラフ/GRT)」を購入できます。
bitbankで口座開設を行って日本円を入金し、GRTを取引しましょう。

初心者でも迷わずに買える「販売所形式」、多くのトレーダーが利用する「取引所形式」の両方でGRTを購入可能です。

bitbankは取り扱い銘柄数が国内でも最多クラスなんだ。
今後も様々な銘柄が追加される可能性があるから、登録しておいて損はない取引所だよ。

ビットバンク

\ 全銘柄が板取引に対応 /

海外取引所を使った買い方

海外取引所を使った買い方

AI関連銘柄は主に海外取引所で取引されています。
海外取引所を利用する際は、国内取引所から海外取引所の口座に仮想通貨を送金し、着金した仮想通貨を使って希望のAI関連銘柄を購入しましょう

なお、2023年6月より施行された「トラベルルール」によって、国内取引所・海外取引所間で送金制限が課せられたケースが多々あります。
トラベルルールについては最新の情報を確認し、少額のテスト送金を行った上で出庫するのがおすすめです。

海外取引所を利用する流れ

  • 国内取引所で送金用の仮想通貨(BTC・XRPなど)を購入
  • 海外取引所のマイページで、送金する仮想通貨の入金アドレスを取得
  • 国内取引所のマイページで、送金用の仮想通貨を海外取引所の自分の口座に出庫する
  • 海外取引所に着金した仮想通貨をUSDTに換金
  • USDTで希望の仮想通貨を購入する

分散型取引所を使った買い方

分散型取引所を使った買い方

分散型取引所のUniswapでは様々なAI関連銘柄をトレードできます。
国内取引所でETHを用意して仮想通貨ウォレットのアドレスに送り、Uniswapに接続して希望の銘柄をスワップ(交換)しましょう

分散型取引所を使う場合はセキュリティ対策をより徹底し、資産の流出防止に努めてください。

Uniswapの使い方

  • 国内取引所でイーサリアムを購入
  • メタマスクなどの仮想通貨ウォレットをインストール
  • 購入したイーサリアムを、仮想通貨ウォレットのアドレスに送金
  • Uniswapに仮想通貨ウォレットを接続
  • 希望のAI関連銘柄をスワップ

メタマスクの準備方法は「メタマスク(MetaMask)とは?スマホ版・PC版の登録方法や使い方を解説」の記事をチェックするワン!

仮想通貨の送金手数料が無料!GMOコインの詳細を見る
こちらから

仮想通貨とAIに関するQ&A

仮想通貨とAIに関するQ&A

仮想通貨とAIについて、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、仮想通貨やAIへの疑問を解消するワン!

仮想通貨のAI価格予想ができるサイトは?

海外のAI価格予想サイトである「Digital Coin Price」や「Price Prediction」では、様々な仮想通貨のAI価格予想が可能です。

なお、価格予想サイトは必ずしも正確な情報を提供しているわけではないため、過度に信用するのは避けましょう。

AI価格予想はあくまでも参考程度にとどめよう。
投資判断は自己責任で行うのが鉄則だよ。

仮想通貨のAIファーミングとは?

仮想通貨のAIファーミングとは、仮想通貨の取引を最適化するためにAI技術を用いる仕組みのことです。
複数のDeFiサービスを組み合わせるイールドファーミングとAIを組み合わせて運用を行います。

なお、AIファーミングという謳い文句で投資を促す詐欺が起きているため、初心者を狙った悪質なプロジェクトには注意が必要です。

新しい技術には詐欺師もつきものだワン。
うまい話には要注意だワン!

AI系仮想通貨のトレード方法は?

AI系仮想通貨は国内取引所での扱いがほとんどないため、海外取引所や分散型取引所を使ったトレードが基本となります。

海外取引所を利用する際は、国内取引所・海外取引所間で仮想通貨の送金規制がある「トラベルルール」に注意が必要です。
分散型取引所(DEX)の利用時は、仮想通貨ウォレットの安全管理を徹底し、資金の流出を防ぐ意識を高めておきましょう。

AI&ビックデータ銘柄のThe Graphなら、国内取引所のbitbankで購入できるよ。

【まとめ】仮想通貨のAI関連銘柄おすすめ5選

【まとめ】仮想通貨のAI関連銘柄おすすめ5選

AI関連銘柄について、よく理解できたよ!

今回はAIに関連した仮想通貨の特徴や話題のニュース、購入時の注意点や買い方を紹介しました。

最後に、本記事の重要なポイントをまとめます。

  • 注目度の高いAI関連銘柄として、RNDRやAGIXが挙げられる
  • AI関連銘柄は詐欺プロジェクトが増えているため注意が必要
  • AI&ビッグデータ銘柄のGRTは国内取引所のbitbankで買える

AI関連銘柄の購入は、国内取引所のGMOコインbitbankを使って仮想通貨を調達し、海外取引所や分散型取引所を利用すれば取引可能です。

投資家からの注目度が高いAI系仮想通貨をチェックして、トレードによる値上がり益獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、本人確認までサクッと済ませておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

送金用の仮想通貨の調達におすすめの国内取引所


ブックマークした記事を見る
moonoo banner
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU