PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

メタマスクにポリゴンネットワークを追加する方法!ブリッジ・反映されない時の対処法も紹介

Polygon(ポリゴン)ネットワークはNFTゲームなどのプラットフォームに広く活用されており、設定を行えばMetaMask(メタマスク)でも利用できます
設定自体は簡単にできますが、MATICを移動させたりブリッジさせたりする際は注意が必要です。

今回は、メタマスクにポリゴンネットワークやMATICトークンを追加する方法や、MATICをブリッジする方法を紹介します。

\ 気になる方はこちら /

PolygonチェーンのMATICを購入できる国内取引所 ▼

  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引でMATICを買いたい人
    bitbank
  • NFTゲームに興味がある人
    Zaif
  • めずらしい仮想通貨を買いたい人
    BITPOINT
この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

「いろはにマネー」を運営する株式会社インベストメントブリッジは、20年以上にわたり個人投資家向けに情報提供をしています。100社以上の上場企業のIR活動の支援実績があり、金融や投資のプロフェッショナルが在籍し長年培ったノウハウを活かし当メディアを運営しています。(運営会社情報を見る)


メタマスクでポリゴンネットワークを利用するには設定が必要

メタマスクでポリゴンネットワークを利用するには設定が必要

仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」はイーサリアムネットワーク用のウォレットですが、設定を行えばPolygon(ポリゴン)ネットワークにも対応できるようになります。

ポリゴンネットワークはイーサリアムネットワークに比べて処理速度が速く、NFTゲームやNFTアートのサービスに多く利用されています。
ポリゴン対応のプラットフォームを利用する際は、まずはメタマスクにPolygonネットワークを追加する必要があります。

ちなみに、Polygonネットワーク上のMATICを用意したいなら、国内取引所のSBIVCトレードbitbankを使うのが手っ取り早いよ。
ブリッジなどの手間をかけずに、MATICのネイティブトークンを調達できるんだ。

下記は実際のアプリ画面だワン。
MATICを手軽に買える上に、Polygonネットワークでの入出庫に対応しているワン!

MATICの実際の取引画面

PolygonネットワークのMATICを調達できる!SBIVCトレードの詳細を見る
こちらから

メタマスクにポリゴン(Polygon)ネットワークを追加する方法

メタマスクにポリゴン(Polygon)ネットワークを追加する方法

メタマスクにポリゴンネットワークを追加する方法が知りたいな!

ポリゴンネットワークを追加する手順は以下の通りだワン!

ネットワークの追加を選択

ネットワークの追加を選択

まずはメタマスクを起動し、パスワードを入力してロックを解除します。

左上にあるメニューをクリックし、「ネットワークの追加」に進みましょう。

初期状態ではイーサリアムネットワークに設定されているよ。

ポリゴンのネットワーク情報を追加

ポリゴンのネットワーク情報を追加

ネットワークの追加画面で、Polygonネットワークの追加を行います。

人気のネットワークのリストから追加」か「ネットワークを手動で追加」が選べます。
どちらの追加方法を使う場合でも、ネットワーク情報に間違いがないかをよく確認した上で追加を行いましょう

Polygon公式サイトによる、ネットワーク情報の表記は以下の通りです。

ポリゴンのネットワーク情報
出典:Polygon

「人気のネットワークのリストから追加」の場合は、以下の画面が表示されるよ。
情報に間違いがないかをよく確認して、承認に進もう。

ポリゴンのネットワーク情報を追加

「ネットワークを手動で追加」の場合は、下記のネットワーク情報をコピー&ペーストして保存するワン!

ネットワーク名Polygon Mainnet
新しいRPC URLhttps://polygon-rpc.com/
チェーンID137
通貨記号MATIC
ブロックエクスプローラーのURL
(オプション)
https://polygonscan.com/
出典:Polygon
ポリゴンのネットワーク情報を追加

ポリゴンネットワークに切り替える

ポリゴンネットワークに切り替える

「ネットワークが追加されました!」という表示が出れば、Polygonネットワークの追加完了です。
Polygon Mainnetに切り替える」をクリックして、ネットワークを切り替えましょう。

ネットワーク追加後は、左上のメニューから自由にネットワークを切り替えできるようになります。

メタマスクにポリゴンネットワークを追加するのは、意外と簡単なんだね!

\ お得に始めるチャンス /

SBIVCトレード新規口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージコインも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

メタマスク(イーサリアムネットワーク)にMATICトークンを追加する方法

メタマスク(イーサリアムネットワーク)にMATICトークンを追加する方法

取引所からメタマスクのアドレスに送ったMATICトークンが、メタマスクに表示されないんだけど…

イーサリアムネットワークのMATICの場合、MATICトークンの表示を追加する必要があるワン!

イーサリアムネットワークの場合はMATICトークンを追加する

MATICはイーサリアムネットワーク上のERC-20トークンと、ポリゴンネットワーク上のネイティブトークンが存在します。

メタマスクのイーサリアムネットワークの初期状態ではMATICが表示されないため、MATICトークンを登録する必要があります。

メタマスクのPolygonネットワークを利用する場合は、初期状態でMATICが表示されているよ。

国内取引所で買ったMATICをメタマスクのアドレスに出庫する場合は要注意だワン。
国内取引所が対応しているネットワークが、イーサリアムネットワークかPolygonネットワークなのかをよく確認するワン!

「トークンをインポート」から追加する場合

「トークンをインポート」から追加する場合

メタマスクがイーサリアムネットワークになっていることを確認したら、「トークンをインポート」に進みます。

検索窓に「MATIC」と入力し、「Matic Network Token(MATIC)」を選択して「次へ」をクリックします。
確認画面でトークンを確認後、「インポート」を行いましょう。

広く知られているトークンなら、検索機能で表示されるワン。
似た名前のトークンが出る可能性もあるから、間違えないようにするワン!

CoinMarketCapから追加する場合

CoinMarketCapから追加する場合

検索窓を使わない場合は、仮想通貨の価格を確認できるサイトの「CoinMarketCap」を利用するのが便利です。

Polygon(MATIC)のページを開き、「コントラクト一覧」のイーサリアムの欄に表示されたメタマスクのマーク(キツネ)をクリックします。
自動的にメタマスクが表示されるので、「トークンを追加」をクリックすれば追加完了です。

ちなみに、CoinMarketCapにメタマスクのマークが表示されていないトークンを追加する場合は、コントラクトアドレスをコピーして「トークンをインポート」の「カスタムトークン」の項目に進めばOKだよ。

メタマスクのポリゴン(MATIC)をブリッジする方法

メタマスクのポリゴン(MATIC)をブリッジする方法

メタマスクにはブリッジ機能があると聞いたけど…

ブリッジ機能を使えば、仮想通貨を異なるネットワークに移動させられるワン。
イーサリアムネットワークのトークンを、ポリゴンメインネットにブリッジする方法は以下の通りだワン!

メタマスクのブリッジ画面を開く

メタマスクのブリッジ画面を開く

まずはメタマスクに接続し、「ブリッジ」をクリックします。

ブリッジ画面に移動するよ。
英語表記だから、英語が苦手な人は翻訳サイトを併用しよう。

イーサリアムからポリゴンへのブリッジを設定

イーサリアムからポリゴンへのブリッジを設定

次に、転送するネットワークやトークンの設定を行います。

From this network」にイーサリアム、「To this network」にPolygonを設定し、送るトークンはMATICを選択します。

用語解説

  • From this network
    →転送元のネットワーク
  • You send
    →送るトークン
  • To this network
    →転送先のネットワーク
  • You receive
    →受け取るトークン

なお、10ドル以下の数量はブリッジできないから、10ドル以上の額を入力するワン!

ガス代を確認してブリッジを行う

ガス代を確認してブリッジを行う

Best Price」の右側に表示された矢印をクリックすると、ブリッジにかかるガス代と時間の目安が分かります
「Choose a different quote」ではブリッジ速度の選択が可能です。

内容を確認して承認に進み、ブリッジを実行しましょう。

イーサリアムチェーンでブリッジをする際は、ガス代がかなり高くつく可能性があるから注意が必要だよ。

イーサリアムネットワークからのブリッジはガス代が高く、手順も複雑になるため初心者にはおすすめしません。

執筆者から一言

ブリッジを使えば異なるブロックチェーン間で仮想通貨を移動できますが、ハッカーからの攻撃対象となりやすく、資金の流出が発生しやすいツールである点には注意が必要です。
Polygonネットワークで利用できるMATICを調達する場合は、Polygonネットワークでの入出庫に対応している国内取引所を利用するとスムーズです。
もしブリッジ機能を使う場合には、ガス代はかかりますが最初は少額で試した上での利用を推奨します。

ポリゴンネットワークのMATICを購入できる仮想通貨取引所

ポリゴンネットワークのMATICを購入できる仮想通貨取引所

ポリゴンネットワークで使えるMATICは、日本の仮想通貨取引所で買えるのかな?

国内取引所の中でも、ポリゴンネットワーク上のMATICを買える取引所もあるワン!
ポリゴンネットワークでゲームをしたり、NFTを買ったりしたい人は、以下の取引所でMATICを買うといいワン!

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、MATICを出庫する際の手数料がかかりません。

イーサリアムSolanaなど、人気銘柄のステーキングも利用できる取引所です。

PolygonのNFTが買える「SBINFTマーケット」や、保有するだけでイーサリアムステーキングができるサービスなどに特色があるんだ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ お得に始めるチャンス /

SBIVCトレード新規口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージコインも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所で発生するスプレッド分のコストを避けられます。

2023年11月よりポリゴンのマルチチェーン対応を開始しており、イーサリアムネットワーク・Polygonネットワークの両方でMATICを入出庫できます。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

イーサリアムの入出庫がArbitrum・OP Mainnetに対応するなど、マルチチェーン対応を進めているんだ。

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

Zaif(ザイフ)|独自サービスに特色あり

Zaif公式
Zaifの手数料(クリックで開きます)
取引所名Zaif(ザイフ)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:385~770円
送金手数料(BTC):0.0001〜0.01BTC
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker 0%/Taker 0.1%
口座管理維持手数料 100円~※本人確認が完了していない場合のみ発生
積立手数料:100円~
最低購入金額0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・自動売買サービス・積立・レンディング・ソーシャルチップ
公式サイトhttps://zaif.jp/
取扱い仮想通貨(22銘柄)の詳細(クリックで開きます)

NFTゲームに興味がある方には、NFTゲーム関連のサービスを利用できるZaifがおすすめです。
新しく販売されるNFTを扱うINOプラットフォームの「Zaif INO」を手掛けており、今後の伸びに期待できるNFTゲームのコンテンツを購入できます。

自動売買サービスやソーシャルチップなど、独自のサービスを提供している取引所です。

NFTゲームの 「ポルカファンタジー」とのコラボや、「元素騎士オンライン」との提携も行っているよ。

\ 独自通貨を買いたいならココ /

Zaifのみ取り扱いのトークンが豊富!
毎月1,000円から始められる「Zaifコイン積立」も大人気。

BITPOINT(ビットポイント)|めずらしい仮想通貨が買える

BITPOINT公式
BITPOINT 公式サイトより
BITPOINTの手数料(クリックで開きます)
取引所名BITPOINT(ビットポイント)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料:無料
最低購入金額0.00000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング・ステーキング
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/

BITPOINT(ビットポイント)は金融大手SBIグループ傘下の仮想通貨取引所で、入出金・送金・取引手数料が無料という特徴があります。
他の取引所では扱いの少ない仮想通貨を多くそろえており、めずらしいアルトコインをいち早く入手可能です。

不定期でお得なキャンペーンを行っており、新規口座開設キャンペーンでは1,500~3,000円相当の仮想通貨の無料配布が実施されることがあります。

日本発NFTゲーム「PROJECT XENO」で流通する仮想通貨GXEを買える取引所だよ。

\ 簡単3ステップで口座開設 /

各種手数料無料!500円以下から仮想通貨を買うことができます。
お得なキャンペーンも実施中なので今すぐ詳細をチェック!

メタマスクとポリゴンに関するQ&A

メタマスクとポリゴンに関するQ&A

メタマスクでポリゴンを利用する際の、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ポリゴンを活用する際の疑問を解消するワン!

スマホ版メタマスクでポリゴンネットワークを追加する方法は?

スマホ版メタマスクでポリゴンネットワークを追加する方法は?

スマホ版メタマスクでポリゴンネットワークを追加する際は、PC版と同様の手順で追加できます。
ネットワークを追加」に進み、Polygonのネットワーク情報を確認して追加しましょう

「ネットワークを追加」から追加する際は、下記の公式サイトの情報と合致しているかどうかをチェックしてください。

ポリゴンのネットワーク情報
出典:Polygon

ネットワークを手動で追加する際は、以下の情報をコピー&ペーストしてください。

ネットワーク名Polygon Mainnet
新しいRPC URLhttps://polygon-rpc.com/
チェーンID137
通貨記号MATIC
ブロックエクスプローラーのURL
(オプション)
https://polygonscan.com/
出典:Polygon

ネットワーク情報は、Polygon公式サイトから確認すると安心だよ。

ポリゴンからイーサリアムにETHをブリッジする方法は?

Polygonネットワーク上のETHをイーサリアムネットワークのETHにブリッジするには、メタマスクのブリッジ機能を使ったり、Polygon公式のブリッジ機能を使ったりする方法があります。

転送元のネットワークをPolygon、転送先のネットワークをイーサリアムに設定してブリッジを行いましょう。

ガス代が発生するから、利用の際は計画的に行うワン!

メタマスクにポリゴンの入金が反映されない原因は?

メタマスクにポリゴン(MATIC)が反映されない原因として、トークンが追加されていない・ウォレットアドレスの間違いなどが挙げられます。

ネットワークが混雑している可能性もあるので、慌てずに確認してみましょう。

ポリゴンが反映されない原因(例)

  • トークンが追加されていない
    →イーサリアムネットワークのMATICを送った場合、メタマスクにMATICを登録していないと反映されない可能性がある
  • ネットワークを間違えている
    →送ったMATICのネットワークに切り替える
  • ネットワークが混み合っている
    →反映に時間がかかることがある
  • ウォレットアドレスが間違っている
    →取り戻すのが難しいため事前の送金テストを推奨

初めてメタマスクにMATICを送金する際は、少額の送金テストを行ってから出庫するのをおすすめするよ。

筆者のポイントまとめ

【まとめ】メタマスクにポリゴン(Polygon)ネットワークを追加する方法

メタマスクにPolygonネットワークを追加したり、トークンを登録したりするのは意外と簡単にできます。
ただし、MATICトークンの移動を行う際は、送金テストを行った上での利用を推奨します。

ガス代の安いPolygonネットワークを使ったゲームやプラットフォームの開発が進んでおり、今後もWeb3.0関連プロジェクトでの利用が広がる可能性があります。

Polygonネットワークを使用する際は、メタマスクにPolygonネットワークを追加した上で、「イーサリアムネットワーク」と「Polygonネットワーク」を混合しないように気を付けましょう

メタマスクとポリゴンに関するポイントまとめ

  • メタマスクで初めてPolygonネットワークを利用する際は設定が必要
  • PolygonネットワークやMATICトークンの追加を状況に合わせて行う
  • 取引所によっては、PolygonネットワークにMATICを出庫できる

Polygonネットワーク対応の取引所を使いたいなら、出庫手数料が無料のSBIVCトレードが便利だよ。
PolygonのNFTが買える「SBINFTマーケット」も利用できるんだ。

実際に利用すれば、金融大手の安心感があるサービスだと分かるはずだワン。
興味がある人はサクッと無料登録しておくと良いワン!

\ キャンペーン延長!4/26まで

SBIVCトレード新規口座開設キャンペーンバナー


ブックマークした記事を見る
moonoo banner
Loading...
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU