仮想通貨のレバレッジ取引はおすすめ?やり方やデメリットを徹底解説

仮想通貨のレバレッジ取引はおすすめ?

・仮想通貨のレバレッジ取引について知りたいな…
・レバレッジ取引のデメリットは何だろう?
・レバレッジ取引できる取引所も知りたい。

このような悩みを解決します。


この記事の結論


仮想通貨のレバレッジ取引は少ない元手から利益を狙える投資方法です。
リスク管理をしないと損失につながる一方、下落相場でも稼げる可能性があります。

今回は、仮想通貨のレバレッジ取引のやり方や、おすすめの取引所を分かりやすく解説します。

この記事を読めば、レバレッジ取引のリスクやデメリットが分かるワン!

レバレッジ取引におすすめの取引所

  • bitFlyer(ビットフライヤー) おすすめ!
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    セキュリティに定評あり!ビットコイン取引量の多い取引所を使いたい人におすすめ。
  • GMOコイン
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    オリコン満足度調査No.1!手数料を安く済ませたい人におすすめ。
  • DMM Bitcoin
    公式サイト:https://bitcoin.dmm.com/
    レバレッジ銘柄数No.1!口座開設で全員2,000円が即時もらえるキャンペーンを実施中!

目次

仮想通貨のレバレッジ取引とは?仕組みや現物取引との違いを解説

仮想通貨のレバレッジ取引とは?

仮想通貨のレバレッジ取引とは、口座に預け入れた資金(証拠金)を担保にして、証拠金よりも大きな金額を取引できる仕組みのことです。

レバレッジは「てこの原理」を意味する言葉で、小さい力で大きな物を動かすことを「レバレッジが効く」と表現します。
仮想通貨取引でレバレッジをかければ、元手が少ない状態でも自己資金を膨らませて投資の収益を高められる可能性があります

例えば、資金100万円を用意して2倍のレバレッジをかけると、200万円分の仮想通貨を取引できるよ。

レバレッジ取引と、一般的な現物取引の違いは以下の通りだワン!

手持ちの資金以上の取引が可能

一般的な現物取引の場合、手元にある資金以上の取引を行うことはできません。

しかし、レバレッジ取引を利用すれば、預け入れた証拠金を担保にして手持ちの資金以上のトレードが可能です。

100万円で取引して価格が10%上がった場合

  • 現物取引
    →100万円の10%(10万円)が利益になる
  • レバレッジ取引(2倍)
    →200万円の10%(20万円)が利益になる

レバレッジ取引をうまく活用できれば、元手が少なくても効率的に利益を増やせる可能性があるんだ。

ショート(空売り)ができる

ショート(空売り)とは、「先に売って後で買い戻す」という取引手法です。
価格が高い時に仮想通貨を売り、下落したタイミングで買い戻せば利益が得られます

レバレッジ取引を使えば空売りができるため、下落相場でも利益を狙えます。

両建て(買いと売りのポジションを同時に持つ)をすればリスクヘッジもできるワン!

建玉は送付・決済に利用できない

レバレッジ取引で保有中の建玉は、実際に仮想通貨を購入しているわけではありません。

そのため、送付・決済などへの利用はできません

建玉とは

  • 信用取引において、未決済のまま残っている契約総数のこと。ポジションとも呼ばれる
  • 取引所の規定時間をまたいで建玉を保有した場合、レバレッジ手数料が発生する

トレード以外の使い道を予定している仮想通貨は、現物取引で購入しよう。

仮想通貨レバレッジの特徴・メリット

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引をするメリットは何だろう?

レバレッジ取引のメリットは以下の3つだワン!

下落相場でも利益が出せる

レバレッジ取引では新規の売り注文から取引ができるため、下落相場でも利益を狙えます

投資は基本的に持っている資産が値上がりしたら利益が出せますが、売り注文からの取引では仮想通貨の価格が下がった場合に利益が出せます。
レバレッジ取引は買いと売りの両方から取引できるので、相場の状況に応じた柔軟な投資が可能です。

仮想通貨は株式などの金融資産よりも値動きが激しいから、大きな下落相場を利用したレバレッジ取引で利益を狙うのも手だよ。

少ない元手から利益が狙える

レバレッジ取引は預け入れた金額以上のトレードができるため、短期間で資金効率よく利益を上げられる可能性があります。

レバレッジ倍率の高い海外取引所を使うと、さらに大きな金額を動かせるようになります。

ハイレバレッジは利益が大きくなる分、判断ミスをしたときは損失がふくらむワン!
リスクを理解した上でトレードするワン!

24時間いつでも取引ができる

仮想通貨の取引は24時間365日、いつでも行われています

株式でもレバレッジ取引は出来ますが、日本の株式市場の取引時間は平日の9時~15時です。
「平日は時間が取れなくて株式投資ができない」という方は、土日や平日の夜などの空いた時間を使って仮想通貨のレバレッジ取引ができます。

サラリーマンなど、平日の日中に時間が取れない人でもチャレンジできるよ。

仮想通貨レバレッジのリスク・デメリット

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引にはリスクもあると聞いたけど…

レバレッジ取引のデメリットは以下の3つだワン!

損失が膨らむ可能性がある

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンの投資手法であり、判断を誤れば損失が膨らむ恐れもあります

金融資産の中でも仮想通貨は特にボラティリティ(値動きの幅)が大きいため、取引は慎重に行いましょう。

損失を焦って取り返そうとすれば、あっという間に資産が溶けてしまうよ。

詳しくは「レバレッジ取引は危険?仮想通貨や株でのメリット・デメリットを解説」をご覧ください。

借金を負うリスクがある

レバレッジ取引で大きな損失を出すと、口座にある資金以上の金額を失う恐れがあります

損失が拡大した場合はロスカットされますが、急激に損失が膨らんだ場合はロスカットが間に合わず、追証を受ける可能性があります。

用語解説

  • 証拠金
    →口座(運営会社)に預け入れる資金
  • ロスカット
    →あらかじめ決められた損失に到達すると、損失拡大を防ぐためにポジションが強制的に決済されること
  • 追証(追加保証金)
    →運営会社から追加の保証金の入金を求められること

無理なトレードは危険だワン!
余剰資金の範囲内での取引を心掛けるワン!

手数料が発生する

レバレッジ取引の際は、取引手数料とは別の手数料が発生します

レバレッジ取引で発生する手数料

  • レバレッジ手数料
    →建玉を翌営業日まで持ち越すと発生する手数料
  • ロスカット手数料
    →ロスカット発動時に発生する手数料

十分な証拠金を口座に入れておかないと、相場の価格変動ですぐにロスカットが発動してしまうんだ。

仮想通貨のレバレッジ取引のポイント

仮想通貨レバレッジ取引のポイント

レバレッジ取引をする時のコツが知りたいな。

3つのポイントをおさえて、効果的にレバレッジ取引を行うワン!

証拠金維持率を意識する

証拠金維持率とは、時価評価総額に対する必要証拠金の割合のことです。

証拠金不足になる危険性がどれだけ高まっているのかを示す、重要な指標となります。

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率(%)=純資産(その時点で全ての取引を終了した場合の資産)÷必要証拠金×100

純資産は、持っている資産から負債を引いた額です。
例えば10万円の証拠金を保有し、レバレッジ10倍で100万円の取引を行い、価格が1%下落して損失が1万円出ると純資産は9万円になります。
この場合、証拠金維持率は90%となります。

証拠金維持率を守るロスカット

レバレッジ取引は証拠金を担保にした取引です。
証拠金維持率が低くなりすぎると、証拠金を守るために取引所からロスカット(強制的に決済)されてしまいます

仮に大きく損失が出ている価格でも、追加資金を投入するなどして証拠金維持率を保つとロスカットは避けられます。

レバレッジ取引を利用する際は必ず証拠金維持率を意識して、証拠金維持率が低くなりすぎないように資金管理するワン!

損切りラインを決める

損切りラインとは、損切りを実行する価格のことです。
損切りラインを決めずに取引をすると、損失が想像以上に膨れ上がる恐れがあります。

また、損切りを怠ると資金が拘束されるため、他の投資チャンスを逃すことにもつながります。

損切りラインを決めておけば、大きな痛手を負わずに済むんだ。
他の有望な銘柄に投資できるとポジティブに考えよう。

情報収集や分析を行う

レバレッジ取引を行う際は、チャート分析や情報収集を欠かさずに取り組みましょう

米国雇用統計やFOMCなど、金利政策や経済指標の発表は相場に大きく影響します。
また、TwitterやYouTubeで発信しているトレーダーをチェックして、取引のコツをつかむのもおすすめです。

ただし、ネットには間違った情報もあふれているから、1人の情報発信をすべて鵜呑みにするのは危険だよ。

複数の発信者の情報を比較しながら、レバレッジ取引のやり方を覚えていくといいワン!

仮想通貨のレバレッジ取引はおすすめ?

仮想通貨レバレッジ取引はおすすめ?

仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンであるため、全ての人におすすめできる取引方法ではありません

レバレッジ取引をおすすめしない人

  • 仮想通貨投資の初心者
  • これから投資を始めて資産形成したい人
  • トレードを行う時間が取れない人

あまり時間が取れない場合は、どんな投資方法を選べばいいのかな?

忙しい人には、長期投資(ガチホ)積立投資がおすすめだよ。
レバレッジをかけたトレードは、相場の急変に対応できる時にチャレンジしよう。

一方、レバレッジ取引に向いている人の特徴は以下の通りです。

レバレッジ取引に向いている人

  • 資金効率の良い取引をしたい人
  • 下落相場で利益を狙いたい人
  • チャート分析や情報収集を怠らない人

レバレッジ取引を始めたい人は、「仮想通貨デイトレードのやり方|デイトレのコツや向かない人・おすすめ銘柄・取引所を解説」の記事もあわせてチェックするといいワン!

レバレッジ取引でおすすめの仮想通貨取引所

レバレッジ取引おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨のレバレッジ取引ができる取引所が知りたいな!

レバレッジ取引ができる、おすすめの国内取引所は以下の通りだワン!

取引所評判特徴レバレッジロスカットレベルレバレッジ手数料入出金手数料送金手数料(BTC)取引手数料取引所形式
bitFlyer評判を見るビットコインの取引量が多い
セキュリティに定評がある
Braveブラウザを連携できる
2倍50%建玉ごとに0.04%/日入金:無料
出金:220円~770円
0.0004BTC販売所:無料
取引所:約定数量×0.01~0.15%
あり
GMOコイン 評判を見る仮想通貨の種類が多い
スマホアプリで板取引できる
ステーキング対応銘柄が多い
2倍取引所(レバレッジ):30%
暗号資産FX:75%
建玉ごとに0.04%/日無料無料販売所:無料
取引所:Maker -0.01%/Taker 0.05%
あり
DMM Bitcoin 評判を見る ・レバレッジ対応銘柄数No.1
販売所スプレッドが狭い
チリーズアバランチを買える
2倍80%建玉ごとに0.04%/日無料無料無料
※BitMatch取引手数料を除く
なし
2022年12月時点の特徴・手数料/右にスクロールできます

国内取引所について詳しくは「国内のおすすめ仮想通貨取引所を比較」の記事をチェックするといいよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーキャプチャ
取扱い銘柄(18銘柄)の詳細(クリックで開きます)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量が6年連続で※日本国内1位の取引所です。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

また、ビットフライヤーは仮想通貨取引所セキュリティNo.1を獲得した実績があり、安心して取引できます。
※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所

実際に、規制が厳しいヨーロッパへも取引所として進出しているほどなんですよ。

投資家保護に力を入れているんだね!

ビットフライヤーの取引ツールは高性能で、注文方法も多数あります。

板情報などのトレードに必要な指標も確認できるので、本格的に仮想通貨の取引をしたい人におすすめです。

\限定タイアップ実施中/

bitFlyerの口座開設&暗号資産購入で、もれなく3,000円相当のビットコインをプレゼント!
2月28日までの期間限定タイアップキャンペーンです。

GMOコイン

GMOコイン
取扱い仮想通貨(23銘柄)の詳細(タップで開きます)

GMOコインは、インターネット回線の大手であるGMOグループが展開する仮想通貨取引所です。

東証一部上場のインターネットグループで培われた技術が活かされており、安心した暗号資産取引ができます。

PCからでもスマホのアプリからでも様々な注文方法で取引が可能だワン!

GMOコインではレバレッジ取引に対応している仮想通貨の銘柄数も多いので、使い勝手も良いですよ。

しかもMaker注文ではレバレッジ手数料がマイナスなので、報酬として手数料を受け取ることもできます。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施中!
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン
取扱い仮想通貨(25銘柄)の詳細(タップで開きます)

DMM BitcoinはDMM.comグループが運営する仮想通貨取引所で、コールドウォレットでの資産管理や二段階認証など、セキュリティ面にも力を入れています。

4分割チャートやレートアラート機能など、高機能のツールも無料で利用することが出来ます。

ツールが使いやすいのは嬉しいよね。

レバレッジ取引では25種類の暗号資産を取り扱っており、国内ではNo.1の取り扱い数となっています。(2022年12月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ)

しかも今なら新規口座開設キャンペーンも実施中なので、まずは無料口座開設から始めてみましょう。

\キャンペーン実施中/

DMM Bitcoinなら、口座開設完了で即時に2000円プレゼント* スマホで簡単に受け取りが可能!
*期間:2023年2月1日(水)7時00分~2023年8月1日(火)6時59分

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方

仮想通貨のレバレッジ取引をやってみたいな!

ここからは、GMOコインを使ったレバレッジ取引のやり方を紹介するワン。
基本的な流れは他の取引所でも同じだワン!

口座を開設して日本円を入金する

まずはGMOコインのホームページにアクセスし、無料登録を行います

早ければ即日で口座開設が完了します。
口座が開設されたら、レバレッジ取引に使う日本円を入金しましょう。

ここまでは一般的な現物取引を始める手順と同じだよ。
口座開設の流れや現物取引の方法を確認したい人は、「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ」の記事をチェックしよう。

「レバレッジ取引」で新規注文を行う

GMOコインのレバレッジ取引

次に、レバレッジ取引の新規注文を行います。

新規注文とはポジション(建玉)を建てるための注文です。
ポジションを手仕舞いする際は決済注文を行います。

新規注文の流れ

  • 「取引所 レバ」をタップし、銘柄を選択
  • 「注文」をタップし、「成行」「指値/逆指値」を選択
  • 取引区分は「新規」を選択
  • 売買区分・取引数量・注文タイプ・注文レート・ロスカットレートを入力する
  • 「確認画面へ」をタップし、問題がなければ「確定」を選択

必要証拠金やロスカット予想値が表示されるから、しっかり確認しておくワン!

決済したいタイミングで決済注文を行う

保有したポジションを決済する際は、決済注文を行います

決済注文の流れ

  • 「取引所 レバ」をタップし、銘柄を選択
  • 「注文」をタップし、「成行」「指値/逆指値」を選択
  • 取引区分は「決済」を選択
  • 取引数量・注文タイプ・執行数量条件・注文レートを入力する
  • 「確認画面へ」をタップし、問題がなければ「確定」を選択

決済注文が約定した後、損益の結果は「取引履歴」から確認できるよ。

仮想通貨レバレッジに関するQ&A

仮想通貨のレバレッジ取引に関するQ&A

仮想通貨レバレッジのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、レバレッジ取引の疑問を解消するワン!

国内取引所のレバレッジは最大で何倍?

日本国内の仮想通貨取引所では、最大で2倍のレバレッジ取引ができます

改正資金決済法によってレバレッジ規制が実施されており、取引所や銘柄に関わらず2倍までに制限されています。

消費者保護の観点から、日本ではレバレッジ規制が厳しくかけられているんだ。

仮想通貨レバレッジの規制とは?

仮想通貨の証拠金取引について、2019年の法改正によって規制が強化されました

以前は国内の仮想通貨取引所でも25倍のレバレッジ倍率で取引ができました。
しかし、現在は金融庁の法整備によって、最大2倍に規制されています。

出典:金融庁|暗号資産(仮想通貨)に関連する制度整備について

証拠金取引を提供する仮想通貨取引所には、「第一種金融商品取引業」への登録が求められるようになったワン!

100倍のレバレッジをかけられる海外取引所はどこ?

ハイレバレッジ取引ができる海外取引所をご紹介します。

10倍・100倍のレバレッジをかけられる取引所(例)

  • FXGT
    →最大レバレッジ1,000倍・ロスカット水準20%
  • OKEx
    →最大レバレッジ125倍・トレード上級者に人気
  • Bybit
    →最大レバレッジ100倍・日本語対応で使いやすい

※2022年12月時点

10倍・100倍のレバレッジ取引はリスクも増すから、レバレッジ取引のやり方に十分慣れてから挑戦しよう。

レバレッジ取引と暗号資産FXの違いは?

レバレッジ取引と暗号資産FXは、ロスカットルール・取扱い銘柄・利用できる注文機能などが異なります

利用予定の仮想通貨取引所を確認し、仕様を把握した上で取引を行いましょう。

ちなみに、FXとは「外国為替証拠金取引」を指す言葉だよ。
暗号資産FXとは、仮想通貨を対象にした証拠金取引を指すんだ。

仮想通貨レバレッジで税金は発生する?

仮想通貨のレバレッジ取引は税金が発生します。

申告分離課税は適用されず、雑所得として総合課税の対象になります

確定申告の際は注意が必要だワン!

仮想通貨レバレッジで借金を抱える可能性は?

レバレッジ取引ではロスカットが行われるため、損失が拡大するとポジションが強制決済されます。

ただし、相場の急激な変動が起きた場合にロスカットが間に合わず、追証(追加証拠金)が発生する可能性はあります

投資は余剰資金で行うのが鉄則だよ。
レバレッジ取引も無理のない範囲で行おう。

現物取引とレバレッジ取引の違いは?

一般的な現物取引とレバレッジ取引の違いは以下の通りです。

現物取引とレバレッジ取引の違い

  • 現物取引
    →仮想通貨と手元の資金を受け渡して行う通常の取引方法。持っている資金の範囲内で仮想通貨を取引できる
  • レバレッジ取引
    →証拠金を担保に、持っている資金以上の仮想通貨を取引できる取引方法。空売り(ショート)ができる

空売りを活用すれば、下落相場でも利益を狙えるワン!
仮想通貨のトレードで収益を狙うなら、覚えておきたい投資手法だワン!

仮想通貨レバレッジでおすすめの国内取引所は?

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所は以下の通りです。

おすすめの国内取引所

  • bitFlyer
    →ビットコインの取引量が多く、トレードが成立しやすい。セキュリティ面に定評がある
  • GMOコイン
    →入出金・送金手数料無料。板取引に強く、スマホアプリから取引板を使ったレバレッジ取引ができる
  • DMM Bitcoin
    →手数料が軒並み無料。レバレッジ対応銘柄数が国内No.1

用途に合った取引所を選んで、レバレッジ取引を始めてみよう。

【まとめ】仮想通貨のレバレッジ取引

仮想通貨レバレッジ取引のまとめ

仮想通貨のレバレッジ取引について、よく理解できたよ!

今回はレバレッジ取引の特徴やメリット・デメリット、取引のやり方を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • レバレッジ取引を活用すれば、手元にある資金以上のトレードができる
  • 下落相場でも利益を狙えるメリットがある
  • レバレッジ取引におすすめなのは、ビットコイン取引に強いビットフライヤーや、コストカットできるGMOコイン

レバレッジ取引を始める際は、大手取引所のビットフライヤーなど、用途に合わせた取引所への登録をおすすめします。

少ない元手から始められるレバレッジ取引を活用して、下落相場でもトレードの利益を狙いましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日には取引を始められるワン!

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所

LINEのバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。