PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

ビットコインの使い方!決済アプリ・ウォレットや初心者向けの仮想通貨取引所を解説

投資対象として人気の高いビットコインですが、実店舗での決済など様々な用途に活用されています
決済速度を上げる技術開発が進んでおり、将来的には広く実用化が進むかもしれません。

今回は、ビットコインの使い方や注意点、ビットコインを送金する方法を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

ビットコイン購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank
この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

「いろはにマネー」を運営する株式会社インベストメントブリッジは、20年以上にわたり個人投資家向けに情報提供をしています。100社以上の上場企業のIR活動の支援実績があり、金融や投資のプロフェッショナルが在籍し長年培ったノウハウを活かし当メディアを運営しています。(運営会社情報を見る)

目次

ビットコインとは

ビットコインとは?

ビットコイン(BTC)とは、2009年に登場した世界初の仮想通貨のことです。
2008年にサトシ・ナカモトという研究者がビットコインの論文を発表し、現在では「デジタルゴールド」と呼ばれるほどに高い価値を持つ金融資産になっています。

暗号化技術を組み合わせた「ブロックチェーン」という技術が使われており、偽造や改ざんが非常に難しいのが特徴です。

ビットコインには中央銀行や企業などの中央管理者が存在しないよ。
世界中に散らばる1万以上のコンピューター(ノード)が、ビットコインの取引を検証しているんだ。

1つの団体や政府が管理する「中央集権型」に対し、ビットコインは世界中のシステムが分散して管理する「分散型」の仕組みだワン。
中央の管理者に依存せずに利用できるワン!

ビットコインの出庫手数料が無料!GMOコインの詳細を見る
こちらから

【日常編】ビットコインの使い方

【日常編】ビットコインの使い方

ビットコインは投資以外にも使い道があると聞いたよ。
どんな用途があるのかな?

日常生活におけるビットコインの使い方を5つ紹介するワン!

個人間の送金|送りたい相手に直接送る

【世界どこでも】直接送金できる

ビットコインを送りたい相手のビットコインアドレスを指定すれば、金融機関を通さずに直接送金が可能です。

法定通貨に比べ、ビットコイン送金は複雑な手続きが必要なく、国内外の誰にでも送金できる特徴があります。

法定通貨とビットコインの海外送金を比較

  • 法定通貨
    →中継銀行などの処理を待つ時間があり、1週間前後の日数を要する
  • ビットコイン
    →早ければ10分~1時間前後で送り先のウォレットアドレスに着金する

ネットワークの混雑によっては、ビットコインは1時間以上の送金時間がかかることもあるんだ。
最近では送金や決済をスピーディに行う技術開発も進んでいるよ。

実店舗・オンライン決済|両替なしで世界中で使える

【両替いらず】世界中で買い物に使える

ビットコインは世界共通の通貨であり、両替せずに決済に利用できます。

海外旅行者向けサービスの他、様々な実店舗やネットショップでビットコイン決済の導入が進められています。

海外での仮想通貨決済(例)

  • Mastercard
    →仮想通貨を法定通貨に変換し、Mastercardの提携先で支払いできる
  • スターバックス
    →仮想通貨で決済できるアプリ「Bakkt」を導入
  • コカ・コーラ
    →仮想通貨支払いできる自動販売機を設置

日本でビットコイン決済が使える店(例)

  • ビックカメラ
    →10万円までの買い物に利用できる
  • メガネスーパー
    →インバウンド(外国人観光客)需要を想定
  • H.I.S
    →首都圏内の旗艦店が対応

実店舗でビットコイン決済をする場合、どんな方法があるのかな?

海外では仮想通貨決済に特化したアプリが使われているよ。
お店のQRコードをスキャンすれば簡単に支払えるんだ。

公共料金の支払い|電気代やガス料金の決済手段

アメリカ・アリゾナ州のチャンドラー市など、一部の地域ではビットコインによる公共料金支払いが導入されました。
市と提携する決済事業者が仮想通貨を米ドルに変換する役目を担っており、ビットコインの価格変動リスクを抑えています。

日本でも国内取引所のコインチェックが「Coincheckでんき」というサービスを実施しており、ビットコイン決済をすれば割引が受けられるプランが用意されています。

ブロックチェーンの技術革新を推進する海外の自治体では、ビットコイン決済を導入する動きもあるんだ。

フロリダ州のマイアミ市では、市職員の給料の支払い手段にビットコインが導入されているワン!

寄付|支援を必要とする人に素早く送金

寄付

地震や台風などの自然災害など、迅速な支援が必要な場面でビットコインによる寄付が導入されるケースがあります。

法定通貨で寄付をする場合は銀行や第三者機関を挟むため、現地に届くまでに時間がかかるのが一般的です。
一方、ビットコインを使って被災地に寄付をすれば、10分~1時間前後で送り先に直接届きます

仮想通貨で寄付が行われた事例

  • ウクライナへの寄付
    →2022年2月にロシアがウクライナに侵攻。180億円以上の寄付が仮想通貨で行われた
  • トルコ・シリア大地震
    →2023年2月に発生。6億円以上の寄付が仮想通貨で行われた
  • UNICEF(ユニセフ)
    →人道支援活動への寄付にビットコイン・イーサリアムの受け入れを開始

被災地が仮想通貨の寄付を受け付けていて、ウォレットアドレスが公開されているなら、誰でもすぐに寄付を送れるよ。

ビットコインによる寄付は、ブロックチェーンに取引履歴が残るワン。
誰が受け取ったのかを把握できる、透明性の高い寄付だワン!

投げ銭|応援するクリエイターに直接届く

応援するクリエイターに対し、ビットコインを投げ銭できるサービスも登場しています。

X(旧Twitter)に搭載されている「Tips」機能を利用すれば、ビットコインアドレスを登録してBTCの投げ銭を受け取れます。

分散型SNSの「Damus」など、BTCの少額送金を開発するサービスも登場しているよ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

【資産運用編】ビットコインの使い方

【資産運用編】ビットコインの使い方

ビットコインを資産運用に活用する方法も知りたいな。

ビットコインを資産運用に活用する主な方法を紹介するワン!

投資|値動きの大きさを活用

仮想通貨はボラティリティが大きい
ビットコインの価格チャート

仮想通貨のボラティリティ(値動きの幅)の高さを生かし、投資対象として仮想通貨トレードを行う人が多くいます。
特にビットコインは取引量が多く、将来性への期待度から世界中で多くの人々に取引されています。

デイトレードなどの短期投資、長期的に保有して利益を狙うガチホ(長期保有)など、目的やスキルに合わせて投資手法を選択可能です。

短期トレードは上級者向けの投資方法だから、初心者のうちは長期保有を前提としたビットコイン購入をおすすめするよ。

運用|レンディングで利回りを得る

仮想通貨のレンディングとは

ビットコインは「レンディングサービス」による運用ができます。
レンディングとは、保有している仮想通貨を貸し出して利回りを得る投資手法のことで、国内取引所でサービスを利用できます。

保有中のビットコインを有効活用したい場合は、レンディングサービスの利用も検討してみましょう。

資産として保有|希少性のある金融資産

ビットコインは枚数に限りがある

ビットコインは2100万枚の発行上限がある金融資産であり、希少性があると考える投資家が多くいます。

資産保護の観点から、ビットコインを資産として長期保有するのも1つの手です。

資産としてのビットコインの特徴

  • 半減期
    →新しいビットコインの発行は徐々に減少する
  • インフレヘッジ
    →法定通貨は政府の大量発行によってインフレ(価値の減少)が起こる可能性がある
  • 分散性
    →政府や中央機関によるコントロールを受けない

埋蔵量に限りがある金(ゴールド)のように、ビットコインにも希少性があると考える人が多くいるんだ。

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

ビットコインの使い方で注意すべきこと

ビットコインの使い方で注意すべきこと

ビットコインを使う注意点も知っておきたいな。

ビットコインを活用する際の注意点として、以下の3つが挙げられるワン!

決済や送金に時間がかかることがある

決済・送金速度が遅い

送金に特化した仮想通貨に比べ、ビットコインは決済・送金速度が遅いデメリットがあります。

ビットコインの取引(トランザクション)がブロックチェーンに記録されるまで待つ必要があり、大量の取引が行われている場合は待ち行列が発生します。
ビットコインのネットワークが混雑している場合、かなりの待ち時間が発生する点に注意が必要です。

じゃあ、ビットコイン決済を実用化するのは難しいのかな?

ビットコインの取引速度を上げる「ライトニングネットワーク」の開発が進んでいて、将来的には少額取引を素早く処理できるようになると考えられているよ。

ライトニングネットワークが実装されれば、ビットコインの取引はほぼリアルタイムで行われ、手数料も大幅に安くなると言われているワン!

税金が発生することがある

税金が発生することがある

ビットコインの含み益がある状態で決済に使用すると、その時点での利益が課税対象となります。
※含み益…保有中の資産が買った時よりも値上がりしている状態

また、レンディングなどの運用で得た利子も課税対象となるため、ビットコインを活用する際は税金面の知識をつけておく必要があります。

ビットコイン決済を日常的に使うのは、日本の現状の法律だと不便かもしれないね。
仮想通貨に関する規制の整備が進むことに期待しよう。

セキュリティ対策が必要

ビットコインを含め、仮想通貨は管理方法を間違うと盗まれるリスクがあります。

個人の仮想通貨ウォレットで管理する場合は、パスワードやリカバリーフレーズの流出は厳禁です。
※リカバリーフレーズ(シードフレーズ)…ウォレットの復旧に必要な「複数の英単語の組み合わせ」のこと

また、仮想通貨を取引所の口座で管理する場合は、セキュリティ対策を徹底している取引所を選ぶように心掛けてください。

海外取引所は破産・ハッキング時に十分な対応を受けられないケースがあるんだ。
無理にリスクを取らず、国内取引所を使って取引を行おう。

仮想通貨や外国為替FXを取引できる!GMOコインの詳細を見る
こちらから

ビットコイン対応のウォレット・決済アプリ

ビットコイン対応のウォレット・決済アプリ

ビットコインを使うのに便利なツールが知りたいな!

ビットコインウォレットや決済アプリを紹介するワン!

COLDCARD(コールドカード)

COLDCARD
出典:coldcard

COLDCARD(コールドカード)はビットコインに特化した仮想通貨ウォレットです。

セキュリティ性能が非常に高く、ビットコインに精通した投資家に利用されています。

COLDCARDとは

  • 配送時の悪意ある攻撃を検知できる(梱包袋に特殊な加工が施されている)
  • 一度もPCに接続しなくても運用できる
  • ログインを13回連続で失敗すると二度と使用できない

初心者に人気のハードウェアウォレット「Ledger」や「Trezor」に対し、COLDCARDは上級者から多く支持を集めているよ。

ハードウェアウォレットについては「ハードウェアウォレットとは?仕組みや使い方・デメリットをわかりやすく解説」を参考にするワン!

Wallet of Satoshi(ウォレットオブサトシ)

Wallet of Satoshiはビットコインの少額決済(ライトニングペイメント)に対応しているモバイルウォレットです。

ライトニングネットワークに対応しており、ビットコイン決済を素早く低コストで行えます。

Wallet of Satoshiとは

  • QRコードを読み込んで送金する
  • 1 Satoshi(0.00000001 BTC)から送金できる
  • UIがシンプルで初心者も使いやすい

Wallet of Satoshiを決済手段に導入している個人店もあるワン!

Nayuta Wallet(ナユタウォレット)

Nayuta Wallet(ナユタウォレット)
出典:Google Play

Nayuta Walletは日本企業の「Nayuta」が開発中のウォレットアプリです。

ビットコインフルノード・SPVモードのハイブリッドモードを搭載したライトニングウォレットを公開しています。
※フルノード…ブロックチェーン上のすべての取引データを所有しているノード(端末)
※SPV…一部の取引データのみを保有する軽量ノード

Google Play対応のベータ版がリリースされており、ライトニングネットワークを活用したゲームにも利用されています。

Lightning Networkアプリケーションを簡単に開発できる「Nayuta LN environment」など、様々な開発が進められているよ。

GMOコイン銘柄

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

初心者におすすめの仮想通貨取引所

初心者におすすめの仮想通貨取引所

ビットコインはどこで買うのが良いのかな?

初心者も簡単にビットコインを買える、おすすめの国内取引所を紹介するワン!

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

手数料の安い取引所を利用したい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
仮想通貨の取引にかかる「入出金手数料」や「送金手数料」が無料の上に、20種類以上の仮想通貨をコストの安い取引所形式で購入できます。

ビットコインを個人ウォレットに出庫する際に手数料がかからないため、ビットコインの送金を行う予定のある方に向いている取引所です。

国内取引所で初となる外国為替FXを開始していて、米ドル&日本円などの取引もできるんだ。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
銀行や証券事業で培ったノウハウを生かし、堅牢なセキュリティを整えています。

入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えてビットコインを送金できます。

日本円だけでNFTを買えるSBI Web3ウォレットや、人気銘柄のイーサリアムステーキングで利回りを得られるサービスなどに特色があるんだ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

コインチェック|誰でも手軽に始められる取引所

コインチェック公式画像
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「初心者に人気のアプリを使いたい!」という方には、アプリダウンロード3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。

販売所形式で仮想通貨を買えるアプリの操作性が良く、難しい専門知識がなくても手軽にビットコインを購入できます。
仮想通貨の自動積立サービス「Coincheckつみたて」を利用すれば、忙しい人でも簡単にほったらかし投資を始められます。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT」では、NFTアートNFTゲームに関連するアイテムを購入できるんだ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所で発生するスプレッド分のコストを避けられます。

60種類以上のテクニカル分析ができるスマホアプリが用意されており、外出先からでもストレスなくビットコインを売買できます。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

【初心者向け】ビットコインを送金する際の使い方

【初心者向け】ビットコインを送金する際の使い方

ビットコインを送金する方法を知りたいな。

ビットコインの送金は以下の流れでできるワン!

国内取引所で無料口座解説する

仮想通貨取引所の口座を開設する方法

まずは国内取引所の公式サイトにアクセスし、無料口座開設を行います

どの国内取引所でも5~10分程度で登録作業が完了します。登録の流れは以下の通りです。

口座開設の流れ

  • アカウント作成
    →メールアドレス・パスワードの登録
  • 電話番号認証
    →SMS認証・電話認証から選択
  • 基本情報を入力
    →名前・住所・出金先口座情報などを入力
  • 本人確認を行う
    →本人確認書類と顔写真を撮影して提出

本人確認後、最短で当日~翌日には取引を始められるんだ。
サクッと登録を済ませておくと良いよ。

どの取引所にするか悩むなら、ビットコインの出金手数料が無料のGMOコインがおすすめだワン!

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

ビットコインを購入する

ビットコインを購入する

口座開設が完了したら、日本円を入金してビットコインを購入します。

販売所形式・取引所形式のどちらかを選び、ビットコインを取引しましょう。

仮想通貨の買い方を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ!初心者向けにわかりやすく解説」を見ると良いワン!

ビットコインを手軽に買いたいなら販売所形式を、コストを抑えたいなら取引所形式を使えばいいんだね!

送り先のウォレットアドレスを登録して送金する

送り先のウォレットアドレスを登録して送金する

仮想通貨の送付・入出金タブよりビットコインの出庫手続きを行います。

ビットコインの出庫方法

  • ビットコインを送付したい宛先の情報を入力する
  • 出庫先のビットコインアドレスをコピー&ペーストで貼り付け、宛先リストを登録
  • 送付数量を入力し、二段階認証を行ってビットコインを送付する

ウォレットアドレスを間違うとビットコインを失ってしまうから、宛先間違いには十分に注意しよう。

取引所から取引所に送る場合は、トラベルルールに注意だワン。
トラベルルールとは?仮想通貨取引所の対応まとめ」をチェックするワン!

GMOコイン銘柄

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

ビットコインの使い方に関するQ&A

ビットコインの使い方に関するQ&A

ビットコインの使い方について、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ビットコインへの疑問を解消するワン!

PayPayでビットコインを買う方法は?

PayPay残高で仮想通貨を購入するには、PayPayに対応している取引所の「LINE BITMAX」を利用する必要があります。

PayPayで仮想通貨を購入する方法

  • LINE BITMAXの口座を開設(無料)
  • PayPayアカウントを連携させれば購入が可能
  • PayPayマネーの残高があれば別途入金手続きは不要

※出金は1日50万円まで

PayPayを使った仮想通貨の買い方は「PayPayで仮想通貨が購入できる!ビットコインと電子マネーの違いや買い方を紹介」を確認しよう。

メルカリのビットコイン機能の使い方は?

メルカリのビットコイン取引サービスでは、不要品を売って得た売上金やポイントでビットコインを購入できます

メルカリでビットコインを買う方法

  • マイページで「ビットコインを買う」をタップ
  • 本人確認を行って利用申し込みをする
  • マイページで「ビットコイン」を選び、希望金額を入力して購入する

ビットコインのライトニングネットワークとは?

ライトニングネットワークの実装

ライトニングネットワークとは、ビットコインの取引を高速化し、手数料を大幅に削減できる技術のことです。
大量の取引をオフチェーン(ブロックチェーンの外部)で実行し、後でまとめてメインチェーンに記録する仕組みです。

ビットコイン決済は速度やコスト面において課題がありますが、ライトニングネットワークの開発が進めばビットコイン支払いが急速に普及する可能性があります。

ライトニングネットワークを使った投げ銭など、手軽にビットコインを利用できる方法が考案されているよ。
ビットコインの活用方法が増えれば、ビットコイン価格にも良い影響があるかもしれないね。

【まとめ】ビットコインの使い方

【まとめ】ビットコインの使い方

ビットコインの使い方について、よく理解できたよ!

今回はビットコインの使い方や注意点、ビットコイン対応のウォレットや送金方法を解説しました。

最後に、本記事の重要なポイントをまとめます。

  • ビットコインは送金・決済・投資などの使い道がある金融資産
  • ビットコインの少額決済ができる「ライトニングネットワーク」の開発が進んでいる
  • 送り先のウォレットアドレスが分かればビットコインを送金できる

ビットコインを送金・決済に活用したい方には、出庫手数料が無料のGMOコインの利用をおすすめします。

開発が進むビットコインを実際に利用して、ビットコインの将来性の高さを体感しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、本人確認までサクッと済ませておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

おすすめの仮想通貨取引所


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU