セントラリティ(CENNZ/センズ)とは?ニュージーランド発の仮想通貨は今後どうなる?価格予想・将来性を徹底解説

セントラリティとは

・CENNZ(セントラリティ)ってどんな仮想通貨なんだろう?
・今後CENNZが値上がりするのか知りたいな…

このような悩みを解決します。


この記事の結論

  • セントラリティはDApps(分散型アプリ)のプラットフォームを開発するプロジェクト
  • ニュージーランド政府からのサポートを受けており信頼性が高い
  • CENNZ(センズ)の購入には、国内取引所&海外取引所への登録が必要

CENNZ(センズ)は2018年にローンチされた仮想通貨です。
セントラリティのICOは6分で約100億円のトークンが完売し、大きな話題となりました。

今回は、セントラリティの特徴や今後の将来性について分かりやすく解説します。

この記事を読めば、セントラリティの将来性が期待されている理由が分かるワン!

海外取引所への送金におすすめの取引所

  • GMOコイン おすすめ!
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    手数料が軒並み無料!送金手数料や販売所スプレッド分のコストを減らせます。
  • Coincheck(コインチェック) 
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    アプリダウンロード数No.1の大手取引所。初心者でも簡単操作で送金可能!
  • bitbank(ビットバンク)
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    板取引に強いのはココ!トレードにこだわる方におすすめ。

仮想通貨CENNZ(セントラリティ)とは? 3つの特徴を解説

セントラリティとは
通貨名Centrality/CENNZnet
シンボルCENNZ
主な取引所MEXC・Bithumb
現在の価格 約6円
発行枚数発行上限:なし
時価総額約70億円
時価総額ランキング:350位台
ツイッターhttps://twitter.com/CENNZnet
Twitterフォロワー数:8,000人以上
公式HPhttps://cennz.net/
※2022年7月中旬時点

セントラリティはDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームを開発しています。
プラットフォーム上で利用される仮想通貨は「CENNZ(センズ)」です。

ニュージーランドで運営されており、ニュージーランド政府から資金面のサポートを受けているプロジェクトです。

ちなみに、プラットフォームの名前は「Centrality」から「CENNZnet」にリブランドされているよ。

CENNZ(セントラリティ)の特徴は以下の3つだワン!

  • 誰でも使いやすいプラットフォームを提供
  • DAppsの開発がしやすい
  • 様々な企業やプロジェクトと提携している

誰でも使いやすいプラットフォームを提供

セントラリティはユーザーが使いやすいプラットフォーム作りを目指しています。
ブロックチェーンに関する難しい知識がなくても、CENNZnet上で簡単にNFTの作成・販売が可能です。

ユーザー機能を1つの場所に統合する「CENNZnetアプリハブ」の開発も進んでいます。

アプリ間のデータ共有ができるのは便利だよね。

DAppsの開発がしやすい

セントラリティはDApps(分散型アプリ)の開発を簡単にする「モジュール」を提供しています。

モジュールとはDApps作成の手間を減らせる「部品」のようなもので、開発者はモジュールを使うことでDApps開発に参入しやすくなります

モジュールはCENNZトークンで購入できる仕組みワン!

様々な企業やプロジェクトと提携している

セントラリティは多くの企業やプロジェクトと提携しながら、事業を拡大しています。

セントラリティの提携先

  • コカ・コーラ
    →オーストラリア・ニュージーランドの自動販売機でCentrapay決済ができる
  • Amazon
    →テクノロジーパートナーシップを締結
  • Jasmy
    →IoT技術を発展させるための戦略的提携を結ぶ

Jasmyは日本発のブロックチェーンプロジェクトだよ。
セントラリティは世界各国の企業と開発を行っているんだ。

仮想通貨CENNZ(センズ)の価格推移

セントラリティの価格推移

CENNZ(センズ)の今までの値動きが知りたいな。

ここからは、CENNZの価格推移をチャートで見ていくワン!

  • CENNZ(センズ)の全期間チャートを確認
  • 2021年までの値動き【チャート】
  • 2022年の価格動向【チャート】

※価格は2022年7月中旬の為替レートで計算しています。

CENNZ(センズ)の全期間チャートを確認

セントラリティ全期間チャート
出典:CoinMarketCap

CENNZの最高値は、2018年4月につけた58円台です。

ICOで即座に売り切れてしまうほどの注目を集めており、上場直後に急騰しました。
しかし、2018年の終わりには2円台まで価格を下げています。

2021年には大きく高騰しましたが、2021年の年末には下落傾向に転じています。

上場直後の高騰が目立つけど、2021年の後半にもかなり価格を上げているんだ。
仮想通貨市場に活気が戻ってくれば、CENNZの価格も上昇するかもしれないね。

2021年までの値動き【チャート】

セントラリティチャート2021
出典:CoinMarketCap

CENNZは11月に急騰しました。

12月はじめに33円台を記録し、その後は下落傾向を見せています。

11月の主な出来事

  • トークンブリッジ「Emery」のローンチ(CENNZnetをイーサリアムブロックチェーンに接続)
  • 仮想通貨市場全体の好況

1日で3倍に爆上げしたのはびっくりだね!

2022年の価格動向【チャート】

セントラリティチャート2022
出典:CoinMarketCap

2022年の仮想通貨市場は冷え込みが続いており、CENNZも他の銘柄と同様に下落傾向を見せています。

2022年の初頭は15円台でしたが、市況の悪さもあり6月には4円台を割り込みました。

Emeryブリッジと連携する「State Oracle」がローンチされるなど、セントラリティには明るい話題もあったんだ。
DAOによる分散化計画も進んでいるよ。

今は下落しているけど、ポテンシャルを秘めた銘柄だワン!
買い時をしっかり見極めるワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施中!
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

セントラリティ(CENNZ)の将来性・今後の価格予想

セントラリティの将来性

セントラリティには、今後の将来性はあるのかな?

価格予想と合わせて、セントラリティの将来性をチェックしてみるワン!

  • ニュージーランド政府のサポートを受けている
  • NFT・メタバース関連のプロジェクトを進めている
  • 価格は上がらない?セントラリティの将来価格を予想

ニュージーランド政府のサポートを受けている

セントラリティはニュージーランド政府から研究助成を受けており、民間・政府が連携した「Digital Identity NZ」において分散型システムの構築を行っています。

国からの支援を受けている点や、メンバーが実名・顔写真を公開している点から、信頼性の高いプロジェクトとして注目を集める可能性があります。

ニュージーランド政府から、返済義務のない1,500万ドルの援助を受けているんだ。
政府からの信頼の表れだよね。

NFT・メタバース関連のプロジェクトを進めている

CENNZnetは2022年以降も精力的にプロジェクトを進めています。

2022年のロードマップ

  • NFTプロジェクト
    →NFTマーケットプレイス「Litho」のUI改良、新しい通貨の導入
  • メタバース事業
    →大規模メタバースプロジェクトとの提携を発表予定
  • CENNZnet App Hub
    →CENNZnetのすべてのユーザー機能を1つの場所に統合
  • EVMスマートコントラクトモジュール
    →イーサリアムエコシステムに関わる開発を進めやすくする

使いやすいプラットフォームを目指して、様々なプロジェクトが動いているワン!

価格は上がらない?セントラリティの将来価格を予想

海外の仮想通貨価格予想サイトによる、セントラリティの価格予想は以下の通りです。

今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

5年後(2027年)の価格予想

※2022年7月中旬の為替レートで計算

2022年7月中旬に約6円台だったセントラリティが、5年後には2~14倍に高騰するという価格予想が出ているよ。

あくまでも価格予想だから、プロジェクトや市場の状況をチェックして投資判断するワン!

仮想通貨CENNZはどこで買う?【購入できる取引所】

セントラリティはどこで買う?

CENNZはどこで買えるのかな?

国内取引所ではCENNZを買えないから、海外取引所を使う必要があるワン!

CENNZは海外取引所で購入できる

CENNZは海外取引所のMEXCで購入できます。
MEXCは1,100種類以上の銘柄を扱う取引所で、草コインの上場スピードの早さが特徴です。

海外取引所を利用する際は、国内の取引所で送金用の仮想通貨を用意する必要があります。

送金用の仮想通貨は、以下の国内取引所で準備するのがおすすめだよ。

取引所特徴取扱い銘柄数主なサービス入出金手数料送金手数料取引手数料
GMOコイン・初心者向け
手数料が安い
オリコン満足度調査No.1
全23銘柄
・販売所:23
・取引所:21
・積立
・レバレッジ取引
・レンディング
・ステーキング
無料無料取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
Coincheck・初心者向け
・手軽に買える
アプリダウンロード数No.1
全18銘柄
・販売所:16
・取引所:4
・積立
・NFTマーケット
・レンディング
・ステーキング
入金:無料
出金:407円
BTC:0.0005BTC無料
bitbank・中級者向け
・板取引に強い
取引量国内No.1
全20銘柄
・販売所:18
・取引所:20
・レンディング入金:無料
出金:550円/770円(3万円以上)
BTC:0.0006BTC販売所:無料
取引所:Maker -0.02%/Taker 0.12%
(一部銘柄を除く)
Huobi Japan・上級者向け
・板取引銘柄が豊富
取扱い銘柄数No.1
全23銘柄
・販売所:19
・取引所:22
・レバレッジ取引
・レンディング
入金:無料
出金:330円~
BTC:0.0005BTC販売所:無料
取引所:銘柄により変動
2022年8月上旬時点/右にスクロールできます

取引所に関する詳細は、「仮想通貨取引所おすすめ徹底比較」の記事をご覧ください。

手数料が安いのはGMOコイン

GMOコイン
取扱い仮想通貨の詳細(タップで開きます)

手数料を少しでも抑えたい方は、GMOコインを経由してCENNZを購入するのがおすすめです。
手数料のほとんどが無料となっており、取引や送金にかかるコストを減らせます

積立レンディングステーキングなど、多彩なサービスで資産運用できるのも特徴です。

取扱い銘柄の多くが板取引に対応しているから、販売所で発生するスプレッドを避けてトレードできるんだ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施中!
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

初心者にはコインチェックがおすすめ

コインチェック公式
取扱い仮想通貨の詳細(クリックで開きます)

仮想通貨の取引に慣れていない方は、国内大手取引所のCoincheckを経由するのがおすすめです。
Coincheckのアプリは初心者向けに作られており、誰でも簡単に送金用の仮想通貨を購入できます。

NFTマーケットプレイスやCoincheck IEOへの参加など、様々な方法で利益を狙える取引所です。

国内初のIEO銘柄となるパレットトークンは、取引開始直後に20倍に急騰したワン!
今後のIEOにも注目が集まっているワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

CENNZ(センズ)の買い方・購入方法

セントラリティの買い方

CENNZの購入方法を詳しく知りたいな。

ここからは、仮想通貨CENNZの買い方を紹介するワン!

  • 国内取引所で送金用の仮想通貨を購入する
  • 海外取引所に仮想通貨を送金する
  • 海外取引所でCENNZを購入する

国内取引所で送金用の仮想通貨を購入する

まずは国内取引所で送金用の仮想通貨を用意しましょう。

仮想通貨を送金する際は送金手数料が発生します
コストを抑えたいなら、送金手数料無料GMOコインや、XRP(リップル)の板取引に強いbitbankへの登録がおすすめです。

XRPは送金手数料がとても安く済むから、送金に手数料がかかる取引所で使うといいよ。

取引量国内No.1のbitbankや、取扱い銘柄数国内No.1のHuobi Japanなら、XRPを取引所で買えるワン!

海外取引所に仮想通貨を送金する

次に、CENNZを購入する海外取引所の口座を開設します。

MEXCは日本語に対応しており、比較的スムーズにアカウントを作成できます。
国内取引所の登録と同じ流れで口座を開設しましょう。

バイナンスやBybitなどの大手海外取引所には、CENNZはまだ上場されていないんだ。

仮想通貨の送金方法

  • 海外取引所のマイページから、送金する仮想通貨の入金アドレスを取得
  • 国内取引所のマイページで送金する仮想通貨を選択し、海外取引所の出金先アドレスを追加
  • 数量やネットワークなどを入力して送金する

ウォレットアドレスなどの登録内容にミスがあると、仮想通貨を失う恐れがあるから注意ワン!

海外取引所でCENNZ(センズ)を購入する

MEXC
出典:MEXC

MEXCでは、CENNZはUSDTの取引に対応しています。

送金した仮想通貨とUSDTをトレードし、手に入れたUSDTを使ってCENNZを購入しましょう。

1ステップずつ順番に進めれば、意外と簡単にCENNZを買えるんだね!

セントラリティ(CENNZ/センズ)に関するQ&A

セントラリティに関するよくある質問

セントラリティのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、CENNZ購入の参考にするといいワン!

CENNZ(センズ)に対応しているウォレットは?

セントラリティは仮想通貨ウォレットを手掛けるMoonstakeと提携を発表しており、Moonstakeウォレットを使ってCENNZを管理できます。

MoonstakeはiOS・Android対応のモバイルアプリで、2,000以上の仮想通貨を管理できるウォレットだよ。

CENNZ(センズ)のステーキング方法は?

CENNZはMoonstakeウォレットを使ってステーキングできます。

MoonstakeでCENNZをステーキングすると、ステーキング報酬として「CPAY」が受け取れます。

用語解説

  • ステーキング
    →仮想通貨を保有することで利回りが得られる仕組み
  • CPAY
    →CENNZネットワーク上のガス代(手数料)として利用されるトークン

ステーキング報酬率は8~10%前後だワン!

CENNZ(センズ)は過去に何倍まで高騰した?

CENNZ(センズ)は2021年に大きな価格変動を見せました。

  • 2021年11月3日~4日
    1日で約3倍
  • 2020年11月から2021年11月
    →1年で約6倍

CENNZは突然爆上げすることがあるから、公式の最新情報をチェックしておくといいよ。

CENNZ(センズ)の現在価格は日本円でいくら?

CENNZ(センズ)の価格情報

  • セントラリティの現在価格
    →上記画像データを参照
  • セントラリティの最高値
    約58円(2018年4月)
  • セントラリティの最安値
    →約1.4円(2019年8月)

※コインマーケットキャップ参考(データは2022年7月中旬時点)

CENNZが安いうちに、何枚か買っておくのも良いかもしれないね!

最高値の更新に期待しながら、投資やステーキングをするのも1つの手だワン!

【まとめ】仮想通貨CENNZ(セントラリティ)とは

セントラリティまとめ

CENNZ(セントラリティ)について、よく理解できたよ!

今回はセントラリティの特徴や今後の将来性、買い方について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • セントラリティはDApps(分散型アプリ)のプラットフォームを開発するプロジェクト
  • ニュージーランド政府からのサポートを受けており信頼性が高い
  • CENNZ(センズ)の購入には、国内取引所&海外取引所への登録が必要

CENNZを購入する際は、手数料の安いGMOコインなど好みの取引所を選んで無料登録するのがおすすめです。

自分に合った取引所で仮想通貨を用意して、トレードによる利益を狙いましょう!

取引所によっては口座開設キャンペーンが開催されているワン!
期間や詳細については公式サイトで確認してほしいワン!

海外取引所への送金におすすめの取引所