PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【初心者向け】仮想通貨のエアドロップとは?受け取り方や税金・デメリットを解説

エアドロップは条件を満たせば無料で仮想通貨を受け取れるイベントのことです。
様々なプロジェクトがエアドロップを実施する一方で、初心者が気軽に参加するのは難しい側面があります

今回は、仮想通貨のエアドロップの特徴や注意点、エアドロップの受け取り方を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

おすすめの国内取引所 ▼

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

目次

仮想通貨のエアドロップとは?メリットを解説

仮想通貨のエアドロップとは?メリットを解説

仮想通貨のエアドロップとは、条件を満たせば仮想通貨を無料でもらえるイベントのことです。

新たな仮想通貨プロジェクトが知名度アップ・ユーザー数の拡大を狙い、エアドロップを実施することがあります。

「エアドロップ(空から落ちてくる)」という名前の通り、空からお金が降ってくるようなイメージだよ。

エアドロップの主な特徴を紹介するワン!

無料で仮想通貨を入手できる

エアドロップに参加すれば、無料で仮想通貨やNFTを得られるメリットがあります。

無料配布でもらった仮想通貨は元手が0円であり、たとえ下落したとしても損をせずに済みます

エアドロップの主な参加条件

  • 特定の期間内に対象の仮想通貨を保有している
  • 特定の期間内に指定のサービスを利用する
  • SNSで指定された投稿をする

エアドロップに参加するには、仮想通貨プロジェクトのDAppsやウェブサイトに直接アクセスする方法が一般的だよ。

国内取引所で仮想通貨を保有するだけでも、エアドロップを受けられるケースもあるワン!

値上がり益を期待できる

エアドロップで得た仮想通貨が将来的に高騰すれば、大きな値上がり益を得られるかもしれません

ただし、無料配布の仮想通貨は売られやすく、イベント直後に急落する銘柄も多くあります。
すぐに売却して利益を確定させるか、ガチホ(長期保有)して値上がり益を狙うかは、事前によく考えておきましょう。

無料配布された仮想通貨だけでなく、エアドロップの参加条件になる仮想通貨も大きく値動きする可能性があるよ。

有望なプロジェクトに参加できる

エアドロップに参加すれば、新たな仮想通貨プロジェクトに初期段階で関われるのもメリットです。

有望なプロジェクトが広く知られる前にコミュニティに参加できる他、関連プロジェクトの情報収集等に活用できます。

仮想通貨市場の最新動向や、新しいビジネスモデルを知るきっかけにもなるワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

【注意】仮想通貨のエアドロップのデメリット

【注意】仮想通貨のエアドロップのデメリット

仮想通貨のエアドロップを受け取るデメリットはあるのかな?

エアドロップのデメリットや注意点は以下の通りだワン!

dAppsの利用は難易度が高い

dAppsのエアドロップは複雑な操作が必要なケースが多く、初心者が受け取るのはハードルが高いのが難点です。

ウォレットの準備・秘密鍵の管理・ガス代やトランザクションに関する知識など、仮想通貨に関するスキルが求められます。

エアドロップ参加条件(例)

  • テストネット用ネットワークでトークンを請求
  • テストネット用トークンのブリッジ・スワップ・流動性提供
  • ネットワーク専用のウォレットのインストール・ガス代の用意

専門用語が英語で並んでいて、慣れた人でないと相当な労力がかかってしまうんだ。

DAppsについて知りたい人は「DAppsとは?おすすめ10選や始め方・ゲームの具体例を分かりやすく解説」を参考にするワン!

詐欺被害に注意

仮想通貨のエアドロップは詐欺に利用されるケースがあり、悪意のあるソフトウェアが仕込まれていたり、個人情報がだまし取られたりする恐れがあります。

エアドロップの申し込みに特定のリンクのクリックを求められる場合、詐欺サイトに誘導されてマルウェアをダウンロードする可能性もあるため注意が必要です。

秘密鍵やパスフレーズの入力を要求するエアドロップは、高確率で詐欺だワン!

利益が出ない可能性がある

エアドロップによって仮想通貨を受け取ったとしても、労力に見合った利益が得られるとは限りません

新しいプロジェクトによって発行されたエアドロップは、市況・開発内容によってはほとんど価値が付かない可能性もあります。
一時的に価値が上昇しても暴落するケースもあるため、過度な期待は避けるのが無難です。

エアドロップの参加には手間もかかるし、詐欺行為への警戒も必須だよ。
大変な作業を行ったとしても、十分な利益が確実に得られるわけではないんだ。

仮想通貨購入におすすめの国内取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    シンプル操作のアプリが初心者に人気!手軽に仮想通貨を購入できます。
  • GMOコイン おすすめ!
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    手数料が安い!オリコン顧客満足度調査No.1の取引所。
  • SBIVCトレード
    公式サイト: https://www.sbivc.co.jp/
    入出金・送金手数料無料!イーサリアムのステーキングも可能。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    全銘柄が板取引に対応!トレード上級者におすすめ。

仮想通貨のエアドロップには税金がかかる

仮想通貨のエアドロップには税金がかかる

仮想通貨のエアドロップを受け取る場合、税金はかかるのかな?

エアドロップを受け取ると税金が発生するワン!

すでに市場価値の付いている仮想通貨の場合

エアドロップで受け取った仮想通貨がすでに市場価値を持っている場合は、エアドロップを受け取った時点での価格を元に課税されるケースが一般的です

入手した時点での時価が取得価格となり、報酬額の全額が課税対象になると考えられます。

もらった仮想通貨であっても税金が発生することを覚えておこう。

まだ市場価値の付いていない仮想通貨の場合

エアドロップで受け取った仮想通貨が取引所で流通しておらず、まだ市場価値を持っていない場合はさらに複雑な税務処理が生まれます。

受け取った仮想通貨の取引が始まって市場価値がつき、売却した際に所得とみなされ課税対象になるという解釈が主流です。

エアドロップでもらった仮想通貨は、枚数や価格をしっかり記録しておく必要があるんだね。

エアドロップの税金に関しては、最寄りの税理士や税務署から最新の情報を得た上での判断をおすすめするワン!

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

仮想通貨のエアドロップはどうやって受け取るんだろう?

エアドロップの受け取り方をざっくり紹介するワン!

dAppsで直接参加する場合

dAppsで直接参加する場合
goerli.hop.exchange/Linea network

dAppsのエアドロップは主に以下の流れで受け取ります。

dAppsで参加する場合

  • ウォレットを準備
    MetaMask等の他、該当ネットワーク用のウォレットを新規作成するケースもある
  • dAppsにウォレットを接続して操作を行う
    →テストネット用トークンのブリッジ・スワップ・流動性提供など、プロジェクトによってタスクは異なる
  • エアドロップの条件を満たす
    →特定プロダクトの利用・スナップショット時点での対象通貨保有など、エアドロップの条件を満たせばウォレットに仮想通貨が送られてくる

dAppsのエアドロップ参加手順(一例)

  • ウォレットにテストネット用のネットワークを追加
  • テストネットで使うトークンを請求
  • テストネットにトークンをブリッジ
  • トークンをスワップして流動性提供を準備
  • 流動性提供を行う

dAppsのエアドロップは手間がかかるんだね。

dAppsを利用してエアドロップに参加すると、ウォレットで直接受け取れるメリットがあるよ。
取引所への上場タイミングで即座に売却できるんだ。

国内取引所でもらう場合

一部の国内取引所はエアドロップに対応しており、プロジェクトによっては簡単にエアドロップに参加できます

国内取引所で参加する場合

  • 国内取引所への登録
  • 対象の仮想通貨を指定日までに購入して保有する
  • 条件を満たせば自動で仮想通貨を受け取れる

国内取引所のエアドロップは、トークンの配布を受けるまでに時間がかかるデメリットがあるけれど、手軽に参加できるのが特徴だよ。

国内の安全なサービスでエアドロップに参加できるのは、初心者にとっては安心感があるね!

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

国内取引所で行われた仮想通貨エアドロップ情報【一覧】

【一覧】国内取引所で行われた仮想通貨エアドロップ情報

国内取引所で実施されたエアドロップが知りたいな!

これまでに実施された、国内取引所のエアドロップを紹介するワン!

シンボル(XYM)

シンボル(Symbol/XYM)は、企業や公的機関のニーズに特化したブロックチェーンプラットフォームです。

仮想通貨ネム(XEM)の大型アップデート時にシンボル(XYM)のエアドロップが行われ、ネムの保有者は1:1の割合でシンボルを受け取れました。


国内取引所のZaifが先駆けてエアドロップ配布を開始し、bitbank・GMOコインなどの大手取引所でも順次配布が行われました。

ボバネットワーク(BOBA)

ボバネットワーク(BOBA)はイーサリアムの課題である「スケーラビリティ問題」の解消を目指す、レイヤー2の仮想通貨プロジェクトです。

OMG NetworkがBOBA Networkに移行した際に誕生した銘柄で、OMG(オーエムジー)の保有者にBOBAが配布されました。


国内取引所ではbitbankがBOBAのエアドロップ付与を行っています。

BOBAはbitbankやビットトレードで取引できる仮想通貨だよ。

フレア(FLR)

フレア(FLR/Flare Network)はリップルのスマートコントラクト実装を目指すプロジェクトです。


2020年12月12日のスナップショット時点でXRP(リップル)を保有していたユーザーに、2023年にエアドロップされました
※スナップショット…特定時期における、該当銘柄の保有量の記録

bitbankやコインチェックなどの大手取引所が配布を実施している他、SBIVCトレードではフレアのデリゲート代行も実施しています。
※デリゲート…該当の仮想通貨をネットワークに預け入れて報酬を得る仕組み

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

過去に実施された仮想通貨エアドロップ情報

過去に実施された仮想通貨エアドロップ情報

これまでに実施されたエアドロップ情報をチェックしたいな!

過去に実施されたエアドロップの一例を紹介するワン!

Arbitrum(ARB)

Arbitrum(アービトラム)はイーサリアムのネットワーク混雑解消を目指す、レイヤー2のプロジェクトです。

2023年3月に大型エアドロップが実施されており、初期供給量のうち12.75%のARBトークンが配布されました


取引の回数や金額などによってエアドロップ量が変わるポイント制が用いられており、600~10,000枚前後のARBが付与されています。

Arbitrumは「Optimistic Rollup」という技術を使って、取引の一部をオフチェーンで処理する仕組みを開発しているよ。

ApeCoin(APE)

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、人気NFTの「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連する仮想通貨です。

「BAYC」「MAYC」のNFT保有者に対し、APEcoinのエアドロップが実施されました
関連プロジェクトの「BAKC」のNFTを同時に所有していた場合は、さらに多くのAPEを受け取れる仕組みが用いられています。

Uniswap(UNI)

UNIはイーサリアム基盤の人気DEX(分散型取引所)である、Uniswap上で用いられる仮想通貨です。

2020年に大型エアドロップが実施され、Uniswapの利用経験があるユーザーには一律400UNI(当時レートで1600ドル)が配布されて話題になりました。


Uniswapに流動性を提供していたユーザーには貢献度に応じたUNIが付与されており、中には1億円以上(当時レート)のUNIを受け取ったユーザ―もいます。

当時はDeFiブームでUniswapの利用者も増えていて、エアドロップ実施によってさらなる盛り上がりを見せたんだ。

トロン/APENFT

トロン(Tron/TRX)はクリエイター支援を目的とした「Tronプラットフォーム」を開発している仮想通貨プロジェクトです。


TRXの保有者にはAPENFT(NFTトークン)のエアドロップが実施されており、2021年6月から複数回のスナップショットが行われました。

なお、トロンが上場している国内取引所のDMM BitcoinBITPOINTでも、スナップショットが実施されています。
APENFTトークンの取扱いは未定となっているものの、APENFTトークンが上場されればエアドロップを受け取れる可能性があります。

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメン(XLM)は国際送金に特化した「ブリッジ通貨」として利用される仮想通貨です。

発行初期に大規模なエアドロップを行っており、特定の仮想通貨取引所のユーザーに対してXLMの配布が実施されました

なお、コインチェックは2020年にステラルーメンのエアドロップに対応しており、2017年時点でのビットコイン保有者にXLMが付与されました。

Blur

Blur(ブラー)は2022年にローンチされた新興のNFTマーケットプレイスです。

BlurでNFT取引を行ったユーザーを対象にBLURトークンのエアドロップが実施されており、NFTトレーダーによる取引量が増加しました。


独自の「ロイヤリティスコア」が設定されており、BlurのみでNFTをリスティングしたり、多くのNFTを出品したりすれば多くのエアドロップが得られやすくなります。

仮想通貨購入におすすめの国内取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    シンプル操作のアプリが初心者に人気!手軽に仮想通貨を購入できます。
  • GMOコイン おすすめ!
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    手数料が安い!オリコン顧客満足度調査No.1の取引所。
  • SBIVCトレード
    公式サイト: https://www.sbivc.co.jp/
    入出金・送金手数料無料!イーサリアムのステーキングも可能。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    全銘柄が板取引に対応!トレード上級者におすすめ。

【初心者向け】手軽にエアドロップに参加できる仮想通貨取引所

【初心者向け】手軽にエアドロップに参加できる仮想通貨取引所

エアドロップに参加してみたい!
気軽に利用できる仮想通貨取引所が知りたいな。

エアドロップの実施例がある、おすすめの国内取引所を紹介するワン!

コインチェック|誰でも手軽に始められる取引所

コインチェック公式
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「初心者に人気のアプリを使いたい!」という方には、アプリダウンロード3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。


販売所形式で仮想通貨を買えるアプリの操作性が良く、難しい専門知識がなくても手軽に仮想通貨を購入できます。

なお、コインチェックでは過去にFLR(フレア)やステラルーメンのエアドロップが実施されています。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

積立サービスCoincheckつみたてを使えば、忙しい人でも簡単にほったらかし投資ができるよ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

手数料の安い取引所を利用したい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
入出金手数料や送金手数料が無料の上に、20銘柄以上を取引所形式(板取引)で購入できます。

GMOコインではこれまでにシンボル(XYM)やフレア(FLR)のエアドロップ付与が実施されています。

ステーキングレンディングに加え、国内取引所で初となる外国為替FXが利用できるのも特徴だよ。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を取引できます。

SBIVCトレードではFLR(フレア)のエアドロップが実施されている他、Flareネットワークへの接続が必要な「デリゲート」の代行も行われています。

自動円転機能を持つSBI Web3ウォレットSBI NFTマーケットなど、独自のWeb3.0事業を進めている取引所だよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所スプレッドの高いコストを避けられます。

bitbankはエアドロップへの対応が他の国内取引所よりも早い傾向があり、BOBAやFLRの付与をいち早く実施しています。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

仮想通貨のエアドロップに関するQ&A

仮想通貨のエアドロップに関するQ&A

仮想通貨のエアドロップについて、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、仮想通貨のエアドロップへの疑問を解消するワン!

エアドロップとGiveaway(ギブアウェイ)の違いは?

エアドロップとギブアウェイはどちらも仮想通貨の無料配布が受けられるイベントですが、ニュアンスに若干の違いがあります。

エアドロップは特定の条件を満たすユーザーに実施され、先行者への優遇措置という側面が見られます。

一方、ギブアウェイは抽選に当選したユーザーに対して行われることが多く、SNSアカウントのフォローやリツイートなどが条件に指定されるケースが一般的です。

ギブアウェイは個人のNFTクリエイターによるイベント開催が多く見られるよ。

エアドロップとホワイトリストの違いは?

仮想通貨プロジェクトが配布を行っているホワイトリストは、新しい仮想通貨やNFTの購入に早期に参加できる権利を指しています。


エアドロップは仮想通貨の無料配布を受けられるイベントであり、ホワイトリストの獲得よりも参加条件が高めに設定されています。

ホワイトリストはSNSフォローやDiscord参加などが求められるケースが主流で、100%確実に獲得できるわけではない点に注意が必要です。

ホワイトリストの配布はNFTアートNFTゲームで多く取り入れられている手法だワン!

エアドロップの最新情報を入手する方法は?

エアドロップの最新情報を入手する方法は?
出典:airdrops.io

エアドロップの最新情報を入手するには、各プロジェクトの公式SNSや、情報発信しているインフルエンサーをフォローするのがおすすめです。

エアドロップの情報をまとめたポータルサイトをあわせて活用すれば、より効率よく情報収集できます。

エアドロップの情報収集ができるポータルサイト

  • DappRadar
    →Dappsに関する総合情報サイト
  • airdrops.io
    →エアドロップに特化したポータルサイト

詐欺案件が紛れていることもあるから、自分の目でプロジェクトを精査した上で参加を検討しよう。

【まとめ】仮想通貨のエアドロップ情報・受け取り方

【まとめ】仮想通貨のエアドロップ情報・受け取り方

仮想通貨のエアドロップについて、よく理解できたよ!

今回は仮想通貨のエアドロップの受け取り方やデメリット・エアドロップ実施情報を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • エアドロップは条件を満たせば仮想通貨を無料でもらえるイベントのこと
  • dAppsのエアドロップは個人ウォレットで直接受け取れるが、複雑な操作が必要で手間がかかる
  • 国内取引所のエアドロップは受け取るまでに時間が発生するものの、誰でも手軽に参加できる

エアドロップに初めて参加しようと考えている方には、国内取引所のエアドロップへの参加をおすすめします。

安全性の高い日本の取引所を利用して、エアドロップによる利益獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、本人確認までサクッと済ませておくワン!
早ければ即日~翌日には取引を始められるワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

【消費者庁・金融庁提供】暗号資産投資に関する注意喚起


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU