PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

仮想通貨TITAN(IRON)はなぜ暴落した?今後の復活予想や現在のチャートを紹介

TITANはわずか1日で42億分の1にまで価格が急落した仮想通貨です。
あっという間に仕組みが崩壊したため、暴落に巻き込まれて大損した人も多くいます。

今回は、仮想通貨TITANの特徴や暴落理由、仮想通貨投資の注意点を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

初心者におすすめの仮想通貨取引所 ▼

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

「いろはにマネー」を運営する株式会社インベストメントブリッジは、20年以上にわたり個人投資家向けに情報提供をしています。100社以上の上場企業のIR活動の支援実績があり、金融や投資のプロフェッショナルが在籍し長年培ったノウハウを活かし当メディアを運営しています。(運営会社情報を見る)

仮想通貨TITAN(Iron Titanium)とは?

仮想通貨TITAN(Iron Titanium)とは?

通貨名TITAN(Iron Titanium)
シンボルTITAN
開発元Iron Finance
主な取引所MEXC・SushiSwap
現在の価格 約0.00000002ドル
発行枚数総供給量:約35兆枚
時価総額完全希薄化後時価総額:約103万ドル
公式HPhttps://www.titandao.finance/
2023年8月時点

仮想通貨TITAN(Iron Titanium)とは、アルゴリズム型ステーブルコインのプロジェクトに用いられるトークンのことです。
DeFiプラットフォームの「Iron Finance」の独自トークンとして利用されています。
※ステーブルコイン…価格が安定するように設計された通貨。ドルと価格が連動するステーブルコインが多い

一時期は「現代の錬金術」と呼ばれるほどの人気があったものの、エコシステムが崩壊し1日で42億分の1まで大暴落しました。

TITANの価格は一時65ドルまで高騰した後、すさまじい勢いで0.000000035ドルまで急落したんだ。

仮想通貨TITANの特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

アルゴリズム型ステーブルコインを発行

アルゴリズム型ステーブルコインを発行

アルゴリズム型ステーブルコインとは、法定通貨や仮想通貨などの担保なしで発行されるステーブルコインのことです。

TITAN運営チームのIron Financeは、独自トークンのTITANと法定通貨担保型ステーブルコインのUSDCを組み合わせて、アルゴリズム型ステーブルコインIRONの仕組みを開発しました。

ステーブルコインの種類

  • 法定通貨担保型(例:USDT・USDC)
    →米ドルや円などの法定通貨を担保にして価格を維持している
  • 仮想通貨担保型(例:DAI
    →イーサリアムなどの仮想通貨を担保にして価格を維持している
  • 無担保型/アルゴリズム型(例:TerraUSD
    →設定されたアルゴリズムによって供給量を調整し、価格を維持している

無担保型のステーブルコインは、IRON以外にも大暴落した通貨があると聞いたけど…

2022年5月には、仮想通貨LUNAを用いたTerraUSDが崩壊したよ。
無担保型ステーブルコインは価格のコントロールが非常に難しいんだ。

ステーブルコインについては「ステーブルコインとは?種類や儲かる手法・仕組みや日本での購入方法を解説」の記事をチェックするワン!

TITANでIRONの価値を担保

TITANでIRONの価値を担保

仮想通貨TITANは、アルゴリズム型ステーブルコインIRONの担保に用いられています。
IRONの担保割合は「USDC 75%:TITAN 25%」となっており、0.75USDCと0.25TITANで1 IRONが発行されます

DeFiプラットフォームの「Iron Finance」は、USDCとTITANを使ってIRONを発行できる仕組みでした。

DeFiプラットフォーム「Iron Finance」

価格が下がった時はトークンをバーン(焼却)して供給量を減らし、価格が上がった時は新しいトークンをミント(鋳造)して供給量を増やすシステムだよ。

ステーブルコインはDeFiでの運用に用いられることが多いワン。
IRONは500%越えのAPR(年換算利回り)で人気を集めたワン!

錬金術と呼ばれ話題に

錬金術と呼ばれ話題に

TITANにはUSDCを安く入手できる仕組みがあり、一時期は「現代の錬金術」と呼ばれるほどの人気を博していました。

TITANは取引所で購入する以外に、「IRONとUSDCをペアで預けた利息」として受け取れたため、以下のような流れで運用が行われました。

TITANの「錬金術」

  • USDCとTITANを取引所で購入
  • 0.75 USDC + 0.25 TITAN→1 IRONに交換
  • IRONとUSDCをペアで預け入れ、利息のTITANを無償で受け取る

→以降は繰り返し。2回目以降は無償のTITANを手順に組み入れることで利益が出せる

なお、IRONとTITANの仕組みについては、IRONの価値が1ドルを下回ると破綻する危険性が指摘されていたよ。

何だか不安な仕組みだけど、どうしてTITANは人気が出たんだろう?

IRONはステーブルコインにも関わらず、高いAPYを維持したことで注目を集めたワン。
100万円分のIRON&USDCを預け入れて、毎日2万円弱のTITANが受け取れた時期もあったワン!

仮想通貨と外国為替を取引できる!GMOコインの詳細を見る
こちらから

【暴落】仮想通貨TITAN/IRONの価格チャート

【暴落】仮想通貨TITAN/IRONの価格チャート
データ出典元:Coingecko

仮想通貨TITANは一時65ドルまで上昇したものの、2021年6月15日に突如暴落しました。
急激な売りが入り、わずか1日でほぼ0ドル(0.000000035ドル)に急落しています。

1日で42億分の1に下落し、多くの投資家が損失を被る事態となりました。

TITANをたくさん持っていたとしても、たった1日でほぼ無価値になってしまったんだね!

錬金術ともてはやされていたけど、TITANとIRONの仕組みは長くは続かなかったんだ。

Iron Financeは「現代の取り付け騒ぎが発生した」と公式ブログにつづっているワン!

【暴落理由】仮想通貨TITANはなぜ崩壊したのか

【暴落理由】仮想通貨TITANはなぜ崩壊したのか

どうしてTITANは暴落したんだろう?

TITANやIRONが崩壊した主な理由を紹介するワン!

大口投資家の売りで価格が急落

大口投資家の売りで価格が急落

TITANは2021年6月16日に65ドルまで上昇した後、60ドル前後での大口投資家の大量売却をきっかけに急落したと見られています。

TITANの大きな売り圧によってIRONのドルペッグ(連動)が外れ、IRONの価格が1ドルから下がり始めたことで、多くの利用者がIRONからUSDCとTITANへの償還(買戻し)を行いました。


その結果、大量発行されたTITANの価格が下落し、他の投資家による売却も加速化して大暴落につながっています。

大口投資家の動きを見てTITANを売却した一般の投資家も多く、すさまじいスピードで下落したんだ。

スマートコントラクトの不具合

スマートコントラクトの不具合

IRONは価格が暴落した際も「1 IRON→75セントのUSDC+25セントのTITAN」に償還できるシステムが導入されていました。
しかし、TITANの価格が0ドルとなったことで、スマートコントラクト(契約の自動執行)が正常に動かない事態に陥ります。

Iron Financeの運営チームは「TITANの価格が0にまで下落したため償還は不可能」と発表し、12時間の償還停止が通知されました。

TITANの急落によって、償還処理が動かなくなってしまったんだワン…。

買い煽りに伴うバブル崩壊

買い煽りに伴うバブル崩壊

SNSやメディアによってTITANの情報が宣伝され、多くのユーザーがTITANに投資したことで、TITANは一時的なバブルが形成されました。
しかし、短期間で生まれたバブルは急落リスクも高く、TITANは一気に暴落しました。

実際の価値と市場価格が釣り合っていない状態で大口投資家の売りが入り、バブルがはじけたと考えられています。

日本では有名インフルエンサーのイケハヤ氏がTITANを紹介した翌日に、TITANが大暴落したことで大きな話題になったんだ。

SNSで有名な人がおすすめしたからといって、慌てて飛びつかないように気を付けないといけないね。

仮想通貨と外国為替を取引できる!GMOコインの詳細を見る
こちらから

【結論】仮想通貨TITANの今後の復活は難しい

【結論】仮想通貨TITANの今後の復活は難しい

TITANは一時的に大きな話題になった仮想通貨ですが、最高値より大きく暴落しています。
取引量も非常に小さく、購入できる取引所も限られているため、今後の復活は難しい状況です。

なお、TITANの運営チームはIron FinanceからTITANDAOに移りました。
公式サイトでは「Memes by TITAN is our DOGE」というNFTプロジェクトが進められているため、「アルゴリズム型ステーブルコインに投資したい」という方は別の銘柄を検討しましょう。

仮想通貨の種類は20,000種類をはるかに超えていて、選択肢はたくさん用意されているよ。
TITANだけじゃなく、他の仮想通貨プロジェクトもチェックしてみよう。

草コインに興味がある人は「草コインのおすすめ銘柄15選|買い方や注意点を初心者向けに解説」をチェックするワン!

【暴落リスク対策】仮想通貨投資の注意点

【暴落リスク対策】仮想通貨投資の注意点

危ない仮想通貨への投資は避けたいな…。

仮想通貨の中には詐欺コインや、仕組みが崩壊してしまうプロジェクトもあるワン。
投資の際の注意点を紹介するワン!

不審なプロジェクトの仮想通貨は買わない

不審なプロジェクトの仮想通貨は買わない

仮想通貨は日々新たなプロジェクトが登場しており、中には設計が不十分なものや、詐欺を目的としたプロジェクトも存在します。

投資を行う際は、該当の仮想通貨の情報をよく確かめたうえで購入を検討しましょう。

不審なプロジェクトに注意

  • ラグプル
    →仮想通貨を投資家に購入させた後、資金の持ち逃げ・大量売却を行う。「ハッキングに遭った」と主張する詐欺プロジェクトもある
  • 情報提供が不十分
    →開発チーム・開発状況などの情報を公開していない
  • 過度な宣伝
    →広告を多用してユーザーを呼び込んだり、高い利益を謳った宣伝文句で資金を集めたりする

投資予算には限りがあるのだから、少しでも怪しいと感じる仮想通貨の購入は避けておこう。

時価総額の小さい銘柄は損失リスクが大きい

時価総額の小さい銘柄は損失リスクが大きい

時価総額の小さい銘柄はビットコインなどの主要銘柄に比べ、ボラティリティ(価格の値動き)が大きい金融資産です。
高騰する可能性がある一方で下落幅も大きく、投資タイミングによっては大損につながる恐れがあります。

短期間での爆上げが注目されやすい草コインですが、その一方で暴落による損失を抱えている人も多い点に注意が必要です。

2021年6月の高値でTITANを10万円分買っていた場合、暴落後には1円以下の価値になってしまったんだね。
あまりにもリスクが高い投資は避けるのが良さそうだよ。

仮想通貨の暴落については「仮想通貨が暴落した理由は?ビットコイン下落は買い時?急落の原因と対策を解説」の記事をチェックするワン!

インフルエンサーの発信を鵜呑みにしない

インフルエンサーの発信を鵜呑みにしない

SNSのインフルエンサーが発信する情報は、必ずしも正しいとは限りません。

フォロワーが多い」「知名度が高い」といった理由だけで、インフルエンサーの発信を盲目的に信じるのは避けましょう

インフルエンサーの発信に関する注意点

  • 意図的なパンプ
    →特定の銘柄の買い煽りを行って価格を上昇させ、高値で売り抜ける行為
  • 詐欺プロジェクトへの誘導
    →トークン・NFTの販売や、オンラインサロンなどへの集客を目的としている可能性がある
  • 短期的なバブル
    →一気に価格が上昇した仮想通貨は投機目的のトレードが多く、価格の急落を引き起こしやすい

偏った情報だけを信じるのも危険だよ。
自分にとって都合の良い情報だけを集め、そうではない情報を無視していると、どこかで損失を被る恐れがあるんだ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

【初心者向け】おすすめの仮想通貨

【初心者向け】おすすめの仮想通貨

仮想通貨に興味はあるけど、無価値になるようなコインへの投資は避けたいな…。

ここからは、初心者向けの仮想通貨を紹介するワン。
仮想通貨の中でも比較的安定していて、取引が活発に行われているのはビットコインとイーサリアムだワン!

ホワイトリストの銘柄を選ぶのがおすすめ

ホワイトリストの銘柄を選ぶのがおすすめ

ホワイトリストとは、金融庁の登録を受けた国内取引所で扱われている、仮想通貨のリストのことです。
日本暗号資産取引業協会(JVCEA)による審査を受けており、ある程度の安全性が担保されています。

ただし、金融庁が安全性や信頼性を保証している訳ではなく、暴落する可能性があることもおさえておきましょう。

以下の表は、国内取引所11社で扱われている仮想通貨一覧だよ。
気になる銘柄をチェックしておこう。

取引所名 銘柄数 販売所 取引所 BTC ETH XRP BCH LTC DOT XLM BAT ADA MATIC LINK ETC ENJ MONA OMG QTUM XEM XYM IOST XTZ DOGE SHIB MKR LSK BNB SOL AVAX TRX JASMY ONT DAI ATOM WBTC ARB OP COT ASTR SAND MANA BOBA CHZ KLAY BSV PLT DEP MV ROND MBX ZPG AXS FLR APE GALA OAS IMX NEAR GRT RNDR FIL EOS HBAR XDC ALGO TON GXE TSUGT FCR FNCT NIDT FTT HT FNSA FSCC CICC NCXC ZAIF CMSX CMSE XCP
bitbank 37 37 37
BitTrade 39 37 28
GMOコイン 26 21 24
DMM Bitcoin 38 38 - ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
bitFlyer 22 22 6
Coincheck 29 27 8
Zaif 22 13 22
BIT Point 21 21 11
SBIVCトレード 20 20 7
コイントレード 14 14 -
LINE BITMAX 7 7 1

◎販売所・取引所/○取引所のみ/△販売所のみ/※1レバレッジ取引のみ/※2パーペチュアル取引のみ

おすすめの仮想通貨①ビットコイン

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

ビットコインは世界で初めて生まれた仮想通貨で、時価総額ランキングで不動の1位をキープしています。
発行枚数が2100万枚と定められており、金(ゴールド)のような希少性があると考える投資家が多くいます。

仮想通貨の中では値動きが安定しており、暴落時の価格変動幅が他の銘柄よりも小さい傾向にあるため、初めて仮想通貨投資をする方におすすめです。
ビットコイン決済の導入増加やETF承認など、需要が拡大すればビットコインの価格がさらに上昇する可能性があります。

ビットコインについて知りたい人は「【図解】ビットコインとは?初心者向けにわかりやすく簡単に解説【仕組み・使い方】」をチェックするワン!

おすすめの仮想通貨②イーサリアム

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアム(ETH)は時価総額ランキング2位の仮想通貨です。
スマートコントラクト(契約の自動執行)」の機能を有しており、DeFiやNFTなどの様々な分野で開発が進んでいます。

大型アップデートが順調に行われており、今後の将来性が有望視されているのもポイントです。

GMOコイン銘柄

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

【金融庁認可】おすすめの仮想通貨取引所

【金融庁認可】おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨を購入するなら、どの取引所を使うといいのかな?

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所を紹介するワン!

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

手数料の安い取引所を利用したい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
仮想通貨の取引にかかる「入出金手数料」や「送金手数料」が無料の上に、20種類以上の仮想通貨がコストの安い取引所形式で購入できます。

積立レンディングステーキングなど、様々なサービスを利用できるのもポイントです。

国内取引所で初となる外国為替FXを開始していて、米ドル&日本円などの取引もできるんだ。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を取引できます。

イーサリアムのステーキングに対応しているので、イーサリアムを長期保有しながら利回りを得たい方に向いています。

日本円だけでNFTを買えるSBI Web3ウォレットSBINFT Marketなど、誰でも簡単に利用できるサービスを提供しているよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ お得に始めるチャンス /

SBIVCトレード新規口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージコインも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

コインチェック|誰でも手軽に始められる取引所

コインチェック公式
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「初心者に人気のアプリを使いたい!」という方には、アプリダウンロード3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。
アプリの操作性が良く、販売所形式を使って誰でも簡単に仮想通貨を購入できます。

Coincheckつみたて」を利用すれば、忙しい人でも簡単にほったらかし投資を始められます。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT」では、NFTアートNFTゲームに関連するアイテムを購入できるんだ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所で発生するスプレッド分のコストを避けられます。

60種類以上のテクニカル分析ができるスマホアプリが用意されており、外出先からでもスムーズな取引が可能です。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

仮想通貨TITANに関するQ&A

仮想通貨TITANに関するQ&A

仮想通貨TITANについて、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、TITANへの疑問を解消するワン!

仮想通貨TITANを買った人はどうなった?

仮想通貨TITANを買った人の中には、利益を出した人もいれば、多くの損失を出した人もいます。

TITANは1日で崩壊したため、撤退タイミングを逃した人も多くいます

TITAN暴落中にはPolygonチェーンのトランザクションが通らず、TITANを売りたくても売れないという状況に陥った人がたくさんいたんだ。

今後TITANが復活する可能性は?

TITANは崩壊以降価格の低迷が続いており、価格をピーク時の水準まで戻すのは厳しい状態です。

現在はTITANDAOによる別のプロジェクトが行われているため、アルゴリズム型ステーブルコインとしての復活は難しいと言えます。

一度エコシステムが崩壊してしまったプロジェクトは、復活するのはかなり厳しいんだワン…。

仮想通貨TITANの現在価格は?

TITANは65ドルの最高値を記録した後に0.000000035ドルに急落し、その後もほぼ無価値と言える価格帯で推移しています。

取引量が非常に少ないため、大口の取引によって激しく価格変動する点に注意が必要です。

TITANは今も存在するけれど、投資をするには向かないかもしれないね。

ハイリスク・ハイリターンの投資は初心者にはかなりハードルが高いんだ。
投資を始めるなら、安定性の高い銘柄から始めるのをおすすめするよ。

【まとめ】仮想通貨TITANの暴落理由

【まとめ】仮想通貨TITANの暴落理由

仮想通貨TITANについて、よく理解できたよ!

今回は仮想通貨TITANの特徴や暴落理由、仮想通貨投資の注意点を解説しました。

最後に、本記事の重要なポイントをまとめます。

  • TITANは1日で42億分の1に大暴落した仮想通貨
  • 大口の売りによってステーブルコインのペグが外れ、投資家による売却が加速化した
  • 仮想通貨に投資する際は不審なプロジェクトを避け、時価総額や取引量の大きい銘柄を選ぶのがおすすめ

これから仮想通貨の購入を検討している方には、世界的にも取引量の多いビットコインやイーサリアムの売買をおすすめします。

手数料の安いGMOコインなどの国内取引所を活用し、仮想通貨の値上がり益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、本人確認までサクッと済ませておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

おすすめの仮想通貨取引所


ブックマークした記事を見る
moonoo banner
Loading...
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU